FC2ブログ
2019-12-14

☆手芸部☆おてがる組紐43作目・頂いた糸を使って金剛組の『まだらの紐』。

―――――――柿を一刻も早く送らねばならなかったんです…

ええ、毎年恒例行事『義父母宅の庭の柿を固いまま速攻でたまさんちに送る』の勃発でありますが、冗談抜きで速攻で送らねばならないのです。…ガリガリに固い柿をお好みのたまさんなので、1日の遅れが命取りになる。

個体差もありますが、たった1日で急激に柔らかくなるものもあれば、平気で5日くらい固いまんまのものもある。

だからとりあえずは何が何でも瞬発力が必要な柿配送行事なわけですが(笑)

…ああ、そういえばこの糸、たまさんから貰ってたんですわねえ…

IMG_20191010_093357.jpg

せっかく送るんだから柿だけでなく、せめてこの糸使って帯締めでも一緒にぶち込んでやるか、と思ったのが運の尽き。想像を絶する戦いが待っていたのだった。

別に急ぐものでなければゆっくり組めたであろうが、なんせ柿の固さの維持のために一刻を争うのです。

スピーディーに組まねばならないのに、遅々として進まぬ『まだらの紐』。

ああ、なんでこんな柄を選んじゃったかなーと泣きが入っても、もう糸を用意した以上は撤退は許されない。

その戦いの結果がこちら。

IMG_20191102_022840.jpg

IMG_20191102_023142.jpg

組み方そのものは非常にシンプル、一気に組めてしまう金剛組。

しかしこの3色の糸を使って組むものは、間違った組み方してないはずなのに柄がどんどん崩れてしまい、やり直してはまた崩れ、を繰り返し、結局諦めて『…いいや、どうせここら辺は隠れて見えないはずだし』ってところはその崩れた柄のまま組み続けられたのだった。

IMG_20191102_022856.jpg

しかし最後の最後になってなぜか綺麗な理想形が出来たのだった(笑)

まあ、この手の柄もの帯締めは、案外その柄のおかげで不手際が目立ちにくいものなので、型崩れしていようともそれほど気にならないものではあるんですが。

…しかし、たまさんはやたらと「なぜかこんな柄になった…」という帯締めを押し付けられてるな(笑)


―――――――レシピ本にこの柄の作り方が載っていて、それが面白い柄だったものだからちょうど必要な3色分の糸もあることだし、と出来心が起きたのがまずかった。

結局丸1日半くらい格闘する羽目になった。…ちなみに同じ組み方でも単色であれば3時間もあれば終わりますよ(笑)

配色にもよるのかも知れませんが、この苦労の割にはそれほど出番がありそうな柄とも思えず(それを押し付ける人でなし)、もう二度とこの柄は組まないと思われます…


そして、何とか柿は固いままたまさんちに届いたのでありました。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ