FC2ブログ
2019-09-01

銘仙風プリントが一時的に流行った時の浴衣&からし色博多献上でこの夏最後の浴衣コーデ。

―――――――4年間生き続け、フナみたいに巨大になった和金『デカキン』が遂に亡くなりましてございます、奥さん…でも巨大な和金って気持ち悪い(笑)ので写真はない…

これで我が家で一番最初の金魚すくいですくった方は絶滅しましたわ。…ああ、今年はメンバーが入れ替わる年回りなんざますねえ。

……ハムスターのハム男氏も今月で2歳なのでいつお迎えが来てもおかしくないお年頃。…普通に元気だけど(笑)

つー訳で、今年の夏の金魚すくいでお亡くなりになった方々だけでなく、従来メンバーもそれなりに亡くなったので『金魚供養風鈴』用の死亡金魚カウントがややこしくなっております。

つーかもう、今更風鈴作ってどうする、な9月なんだけども。


さて、今年も順調に浴衣を浴衣として着続け、多分もうこの夏はこのコーデで『浴衣コーデ』はおしまいだと思われます。

他にお祭りの予定もないしさ。

浴衣を衿付きで着るパターンはありますですよ。

今年入手の浴衣を着尽くした後は、手持ち浴衣の中で『これ、着てないなあ…』ってのを発掘して着るように努力しておりますが、こちらの浴衣もかれこれ何年着ていないやら…

IMG_20190901_104419.jpg

IMG_20190901_104449.jpg

IMG_20190901_104520.jpg

IMG_20190901_104633.jpg

多分買ったのは2008年。…真夏に着る、アンティーク着物風味な浴衣を集めていた時期です。当時はアンティーク風味柄が流行っていたので。

んで、その時期だけで終わってしまいましたが、銘仙風味にプリントしたような柄も数多く出ていたんです。ポリの袷着物でも。

今は完全に『復刻銘仙』として元の銘仙の柄そのまんまをプリントで再現しているものが、お高い価格帯の浴衣の中ではございますが。

んで、その銘仙風味プリント浴衣もそろそろ流行は終了?って時期にお安くなっていたのがこの浴衣。うーん、2000円くらいだったと思う。

見える部分は手縫いだかわからんがくけ縫いされている、妙に贅沢な仕立てです。

この浴衣は2回ほど衿付きでアンティーク着物代わりとして着たことがありますが、浴衣として着るのは初めて。

…多分、この浴衣に合いそうな半幅が手持ちになかったのと、浴衣で着ようという発想がそもそもなかったからだな(笑)

540円と、私にしては割高な値段でこの渋めのからし色献上半幅、買っておいてよかったなあ。

大概の浴衣に合って、大人テイストに抑えめにしてくれる優秀アイテムでした。

IMG_20190901_104553.jpg


そして青ばっかり使って出番が少なく、気の毒だったダイソーの紫の飾り紐も登場。…このコーデには紫でしょう!

帯留めはタンタン氏からの頂きものの水引コースター。…コースターとして売られていたそうですわ(笑) でも同じ形のが帯留めとして売られてるんですよね(笑)



このコーデで『南越谷阿波踊り』の2日目に行ったのでございます。…金魚すくいを求めて(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村














スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ