FC2ブログ
2019-06-24

☆手芸部☆おてがる組紐第19作目・100均レース糸で小桜源氏組に飽きて(笑)、片矢羽根の笹波組。

――――――悲報です、奥さん

IMG_20190624_105937.jpg

長きに渡り、我が家の玄関で4体1組として活動してきた『やーねーカルテット』の一員を落として割ってしまいましたの

…このように顔面が粉々になり、もう直しようもない…そしてこれがダイソーで売ってたのは遥か昔。10年近く前。ハロウィンものとして並んでいたが、その年以降同じものを見たことがない…

なのでカルテットは解散。これからはトリオとして活動することになりますわー  合掌。


さて、小桜源氏組の帯締めの注文ばっかり続くので、それはそれで色の配分で感じが変わって面白いんだが、さすがに組み続けていると飽きが

たまにリフレッシュで、自分用の違う組み方のものを組まねばなりません。

IMG_20190615_202029.jpg

矢羽根柄が出る『笹波組』。 1個ずつ矢羽根の色が変わる組み方もあれば、このように片矢羽根で交互に色が変わるものもあります。

こっちの方が同じ色の並ぶピッチが狭いので、コントラストが柔らかくなり、強めの色も優しくなります。

IMG_20190615_202247.jpg

実は以前、たまさん用に組んだものは、まさにこの柄になるように組んだつもりだったのだが、実際はこんな柄が出てしまった…

blog_import_5ccb41b4b19df.jpeg

柄が崩れて、矢羽根と云うより謎の絣柄。

『組み方間違ってないはずなのにおかしーなー』とほざいておりましたが、今回自分用を組んでみて、しっかり間違っていたことに気が付きました(笑)

まあ、この柄が滲んだような組み方は、二度と同じものができる保証はないのである意味貴重ではありますが(笑)

黄色と白の糸の太さが違うものしか用意できず、白糸の方は使う糸の本数で太さをカバーする戦法で乗り切ったのですが、それでもやっぱり太さの違いからくる影響か、こんな柄が生まれたのでありましょう。

その後、candoで同じ太さの白糸を発見し、無事にあっし用のはまともな片矢羽根柄に出来上がったのでありました(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ