FC2ブログ
2019-04-07

☆手芸部☆おてがる組紐第10作目・100均レース糸で小桜源氏組、再び。

――――――この組み方の帯締めを初めて見たのは君野倫子さんの本だったかしら。

で、この本以外で見たことがなかった。もちろん実物なんか手にしたこともない。

なので超専門的な組み方の帯締めなのかと思っていたら、入手した帯締め教科書的な本には組み方が載っていたのだった。

ちゅー訳で、自力で作れるものなのだ!と感激し、1本目を組んでみたのがこちら

…糸の分量が多すぎて、分厚く、花の形いびつ…

なのでレース糸で組む、ちょうどいい糸の分量を探らねば、とか思ってはいたのだが、予想外にこの帯締めが珍品だったようで、『自分も欲しい‼』という方がおられましてね。

組み始めると特段難しい組み方でもなく、私の組み方だと10cm組むのに15分あればいい、ってな感じだったのでどんどん安請け合いしておりますよ(笑)

と云うわけで、ご注文いただいたのがこちら。





自分用に作ったものと、ピンク色部分の色を変えただけ。こちらはベビーブルー。

…ああ、でも黄緑とブルー部分が妙に馴染んじゃってなんだか全体的にぼやけた感じに

もっと濃いめブルーの方がアクセントになってよかったですね。

ちなみに、自分用に作ったものと比べて糸の分量はお花部分はそのまんまですが、他の部分の糸をかなり減らしてみたら、ちょうどいい厚さの帯締めになりました(笑)

…組紐教科書的なレシピ本には、正絹の帯締め用糸の分量は明記してありますが、私は100均レース糸使ってるので手探りなんです(笑)


まだまだこの小桜源氏組による冒険?は続きます~(笑)



 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ