FC2ブログ
2019-03-22

☆手芸部☆おてがる組紐第7作目・100均レース糸で桜柄な小桜源氏組帯締め。

――――――とうとう桜が開花しちまったんですね、奥さん。

桜の開花までには何とか組み終わりたい、と思っていたこの帯締め、ギリギリ間に合いました。



小桜源氏組という、お花柄が出る組み方です。

――――――いきなり難易度が上がっております(笑)

複雑な組み方なのでしばらく本を片手に組んでおりましたが、さすがに同じ組み方が延々続くのでそのうち覚えまして、何とかフリーハンド?で組めるようになりました。



100均レース糸3玉使っております。レース糸使うとなんだかフォークロアなチロリアンテープみたいな感じ。



正しい糸で正しい分量使うとこのような感じに。

お花部分以外の糸の分量がちと多すぎて、花部分がつぶれ気味になっております、私の作品は。

糸の分量を変えてみればレース糸でもこんな感じに仕上がるかしら。

そのうち2本目にチャレンジしてみましょう。

――――――そして番外編。



組紐台一式を頂いたとき、途中まで組まれた平源氏組の帯締めがあったのですが、糸が絡んでしまい、巻き直そうとすればするほどドツボにハマっている状態がこちら

それでも巻き直して帯締めとして完成させるつもりでいたのですが、どうにもこうにも糸が解けず、歯が立たない部分が出てきてしまい涙を呑んで棄権。

幸いにして、ギリギリ帯留め用帯締めなサイズ分だけは組まれていたので、その長さで仕上げ。



帯留め用の帯締めにしてしまえば、逆にこのシンプルさが生きるかと。

K様、結局帯締めとしてちゃんと完成させることが出来なくて申し訳ありません~

でもしっかり、帯留め用帯締めとして活用させていただきます!



 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物




スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ