FC2ブログ
2019-03-13

梅コーデ・2019。その2

――――――遂にスマホユーザーになっちまったんざます…だって今まで使ってたガラケーよりも月々の料金が安かったんですもの(笑)

ただしほとんど家でしか使わないので0.5Gですよ(笑)だからこそお安い。

まあ、ぼちぼち操作に慣れていくことに致しますわ~


さて、みたらしさんのパンチでパンチドランカー状態になってる(爆)間に、梅もあっという間に散り始め、桜ももう咲きそうじゃございませんか、奥さん
 

何をとち狂ったか、今年は梅コーデを4つも考えてしまったのにアップも終わらぬまま我が家の庭の梅は散ってしまったですよ

毎年恒例の大宮第二公園の梅まつりも今週末で終わる。

ちゅー訳で連日梅コーデをぶち込みの日々となりますわ。ご容赦を。









『ちゃくちゃくちゃく上尾』店の催事、全品100円均一セールの時に購入の、カラーセロファン重ねて作った梅みたいな柄の銘仙。

色そのものは決して地味ではないはずなのに、どうにもこのミチミチな柄の具合が『一昔前のおばちゃんのダボダボの謎の花のプリントシャツ』みたいで(笑)

花柄の迷彩っぽくもある。

可愛いはずなのにどうにも微妙な気分になるのです。

しかしこれはやっぱり梅の柄なんだろうなあ、と今の時期に使ってやることにしました。

帯は『メガトンマーケット上尾』にて540円。…上尾コーデですな。

お太鼓には牡丹に梅に桜に菊に椿、と年中OKな柄が刺繍されておりますが、前帯がすっごく物足りない梅の刺繍。

そう、足りない。おしべがないのですっごく物足りないんですわ(笑)

なので自分で刺繍を付け足そうと思ってましたが、これはもうネタとして使ってやらねばと、そのまんまの状態で使うことにしました。

…しかしお太鼓の梅の刺繍はむしろ多色使いで凝ってるのに、なぜ前帯でこんな脱力?(笑)



これも、地色はいいのに、梅の刺繍が花びらが変に長くて妙なので、あまり使う気が起きない半衿。



梅の箸置きを帯留めにしております。

帯締めは自作。


このコーデは羽織なしですが、梅コーデの他のパターンは羽織あり、しかもまだまだ冬の色彩という有様ですよー




 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物





スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ