FC2ブログ
2019-02-02

『着物警察、私はうれしい』という新聞投書に寄せて。

――――――先日読売新聞(…徹底的に新聞を活用しておりますな、私は(笑))にこんな投書がございましたの。まあ、お読みくださいまし。



…お名前出しちゃったけど、そもそも新聞で堂々とお名前出してるからいいかと。

最近何かと話題になる『着物警察』ですが、あっしは今まで出会ったことがないんですのよ。

で、スタンスとしてはこの方と同じなんです、私。

だって帰り着いてふとお太鼓見てみれば、とんでもなく崩れていたりして『…お直しおばさんでも着物警察でもいいから飛んできて、直してくださっても構わないんですのよ、奥さん!!』と思ったこと数知れず(笑)

そう、意外と自分の着姿のまずさって自分で気が付かない。着崩れも案外気が付かない。

そして崩れっぷりに気が付くのは遠くから引きで見ている、着物好きな方だったりするのです。

まあ、着物警察の餌食になりそうな着付けしてる割には今まで出会ったことがないあっしなので、着物警察には色んなタイプがいて、中には本当にとんでもない『着物テロリスト』な輩もいるとは存じておりますが、むしろ大半の方は『ただただ善意の、着物好き』なのだと解釈しております。

…そう、余計なお世話でありがた迷惑であろうとも、本人は善意なのです。

で、そのような方は着付けが常に怪しく、自信がない方にしてみれば通りすがりの救世主的な役割も担うことがあるのです。

しかしそれらを総じて『着物警察』と断じてしまいがちな方って、基本的にとんがった個性の持ち主と云いましょうか、世間様に対し斜に構えたところがあると云いましょうか、権威に対して根拠もなくとにかく対抗的と云うか、『こちとら、個性!!お洒落!!喧嘩上等!!』な一種挑むような感じで着物を着て歩いているような感じがするんですよ。

で、そのような好戦的な『…これが私のお洒落よ。何か文句あんの!?』な好戦的なオーラって全身からやっぱり滲み出てしまうので、同じく好戦的な着物警察的な人間を引き寄せてしまう。

…チンピラが肩で風切って繁華街歩けば、同じチンピラが『なんだよ、いきがりやがっておめえ』って喧嘩吹っ掛けてくるような(笑)って例えが悪すぎるか(笑)

――――――ただね、『類は友を呼ぶ』って本当のことだからね

善意のお直しおばさんではなく、明らかに嫌味な負のオーラ満載の『着物警察』にやけに目を付けられるって方は、自分の中に、そのような人種と同じ部分が渦巻いていないか一度冷静に内観してみては如何かと。

だってほんわかほにゃららしてる人は、たとえきつめに注意されたりしても『あー、そうなんですねーわざわざありがとうございますー』ってな感じでやっぱりほにゃららしてて、そこで『あ!?何か文句あんの!?
』と怒らない。

怒らないから『着物警察』と相手を蔑んで、自分を優位に保とうとも思わないんですよ。

『着物警察』=『自分の着物の知識が絶対で、それから外れた格好が許せずそのような格好の人に対しあれこれ手出し口出ししてしまう人』のことだとすると、逆に『着物警察許せねえ!!絶滅しろ!!』な人も同じ穴のムジナかと。

だって、『着物警察絶滅しろ派』の人も、『自分の個性が大事、自分の好きな格好して何が悪い!!』と自分を譲らないわけで、自分を譲らないところは一緒。

ただ主義主張がお互い違うからやり合うだけで、根っこ部分は一緒かと。

『着物警察』は基本年配が多いと思いますが、それはその方の知識が古いままアップデートされてないからであって、いわば一種の情報弱者なのではないかと。

一方着物警察の被害者ってのはとにかくSNS世代で、Twitterとかで腹立ちまぎれにあくまで自分のスタンスで拡散するする。

で、そーゆーのを散見すると『…この人って着物に限らず、自分のやることなすこと、誰かにちょっと注意でもされようものなら待ってましたとばかりに理論武装、ネットの民の意見まで総動員して『だから私は悪くない』って方向にもっていく人なんじゃないかなあ』とか思ってみたり。

人は、自分の持ち合わせている知識が判断基準なのです。それは当たり前のことなのです。

それを踏まえて、たとえ何か言われても『ああ、そうなんですよね。ちょっとびっくりさせてすいません。でも私、こーゆー着方が好きなんです。最近はこんな風に着てお洒落を楽しむ人も多くなってきてるんですよ』と笑いながら返す余裕と強さが若い世代にもう少しあれば、と思う。

そこまで出来れば、たとえ悪意があって近寄ってきた人でも『…ふーん』と引き下がると思う。笑顔の力は絶大。

『でもあんた、それはおかしいってどーたらこーたら』と言ってくるような人はまずいないかと(笑)

…それをその場で出来ず、ネットで憂さ晴らししてる人が多いと思うんだよ…

『着物警察』って、掘り下げていくと大本は『世代間の断絶』ってところにあるんじゃないかしらねえ。

着物に限らず、年上は若いものに対し何かとアドバイスのつもりで余計なお世話な言葉をいちいち投げつけてくるものです。昔からそうですってば(笑)

それが当たり前のことだったので『ああ、ハイハイ』で流せて、昔ならそのまま問題にもならなかったことが、今いちいち問題になってるような気がするなあ。

以前dolceさんがお書きになっていた文章で、『何か言われて『うるせえくそばばあ』と思うか、ありがたいアドバイスだと思うかによってその後の人生大きく違ってくるよ』(←どの記事だったか忘れて探したのですが見つけ切れなかったのでうろ覚えではありますが、大意はこんなところかと。)に拍手喝采したい気持ちになったワタクシ。

うん、結局は言う方よりも言われる方に余裕がないんだよね。肩に力が入り過ぎてる。

だって自分の着こなしがお洒落だと思っててそれにゆるぎない自信があるのなら、批判も冷ややかな視線もどこ吹く風だもの。

ちょっと言われたことを気にしてしまうのは、自分でも『ちょっと変かも…』な負い目的な感情があるからかと。

そして『言いたい奴には言わせておけ』とまとめていたりするんですが、いや、気にしているのは他でもないあなたではないの?と思う。それは強がりではないの?と。

『着物警察のせいで着物人口が…』とか人のせいにする人もいますが、基本、女性は本当に着たいものであるなら、どんな障害があろうとも頑張って着ようとするものです(笑)

『着たいブランド服があるから20キロやせる!!』とかね(笑)

着物を本当に好きで着たい人であれば、何言われたってむしろそれをバネにして、より洗練された高みを目指すでしょう。

あれこれ言われて嫌で…というお人はただ単に『着物着るのってめんどくせえ』、それだけなのに、着なくなった理由をあれこれあちこちに押し付けてる人も多いのでは。


あああ、長くなって何が言いたいんだかわからなくなってきましたが、あなたが『着物警察』と思うから着物警察、『頼もしき通りすがりのアドバイザー』と思えば本当にアドバイザーなのです。

アドバイスを受け入れるかどうかは自分次第でございましょう?アドバイスはあくまでも一意見。

渡る世間を鬼ばかりと思うか、仏ばかりと思うかはあなたの心がけ次第。

とにかく肩から力、抜きましょうよ。

そして自分にも他人にも寛容になりましょうよ。


                  

                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ