FC2ブログ
2019-01-19

別に集めてるわけでもないけど、意外と多いのが桐の柄。で桐コーデ♪

――――――いい加減小僧の夏休みの宿題のナスがいよいよもって枯れ果てモードに到達したので処分しなくてはなりません…

いや、だって12月になっても花が咲き、漬物用の小ナスみたいなのがなる有様だったんですもの。処分しようにも処分できない(笑)

結局通常サイズのナスは合計20個収穫であった。まあ、なかなかの成績であろうか。


さて、今回のお題の『桐』柄でございます。

特に意識して集めているわけでもないのに、いつの間にか集まっていた柄。

桐だけ、ってことは割と少なく、基本他の柄との抱き合わせではありますが、その中でも桐が一番目立つってパターンが多い。

そして数年前にもそのようなテイストの羽織をマド☆さんから頂いており、着よう、着ようと思ってるうちに春になってしまうことを繰り返していたので、さすがに意を決して『桐コーデ』を敢行。

それがこちらでございます~









主役はマド☆さんから頂いた羽織。大叔母様のお下がりだそうです。

…なんで着る機会を逃し続けていたのかと云うと、桐以外では菊の柄が割と目立つからなんですね。

で、秋以降になるとそれが気になってうーん…となっていたのだった。

しかし今年はもう正月コーデで菊着てたりしますし、大体正月花には菊がふんだんに使われているので別に変じゃなかろう。

あ、でもこのコーデ全体としては秋の色彩ですがね(笑)



着物はメガトンマーケット上尾にて540円。破れ立涌に桐の柄。

柄部分にところどころ刺繍が施されていて凝っています。

帯は今は亡き川越の『栄屋』さんで1000円の矢羽根柄。矢羽根の中に桐と橘の柄が入っていて、作り帯なので桐が見えるように閉めております。もちろんお太鼓はない(笑)

半衿が桐柄がないのでどうしようか迷ったが、迷ったときの100均からし色花亀甲手ぬぐい(笑)

ああ、本当にこの手ぬぐいは優秀だなあ。

でよく見りゃ、羽織の綸子の地紋は花亀甲だったのでした。

あらやだ、偶然だけどさりげない上級者コーデみたいじゃないの(笑)

帯揚げ、帯締めは朱赤系オレンジで。

帯揚げはダイソーのスカーフ。…そう云えば最近このスカーフを目にしなくなりましたわ。

1つの商品の息の長いダイソーですが、さすがにスカーフの新商品も増えてきた以上、かなり前からあるこれはもうそろそろ廃盤でありましょうか。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ