FC2ブログ
2019-01-06

お正月コーデ・2019。その2

―――――ああ…おだん様が下僕を失ったショックで初期化されてしまった…

猫部屋に引きこもって、人間が近寄ると隠れるんだよー

夏からこっち、ずっとリビングで生活していたのに…

しかし一番下僕をこき使い、迫害していたのは他でもないおだん様。…おはるちゃんが亡くなる4日前までおはるちゃんをぶん殴っていたし

そしてショックのあまり食べないかと思いきや、むしろ今までよりもよく喰っている…どっちやねん


てな訳で明日で冬休みも終わりですが、お正月コーデの続きです。









正月はおはるちゃんのカウントダウン真っ最中でしたが、無理やりにでも寿いでおりますよ。

で、今年は黒地羽織で通すことに決めた。

去年の正月に着るつもりで着そびれた、メガトンマーケット上尾で540円で買った着物。

梅だの菊だの扇面だの雪輪だのが散りばめられております。

しかしうちには雪輪柄のこの黒羽織もあるので『雪輪コーデ』にしてみました。

羽織は今は亡き場末のスーパーの2階の片隅にあった『百彩』さんで3点1000円コーナーから発掘したもの。…これ買ったときはいいものが揃っていたんですのよ、3点1000円でも。

帯は雪輪&雪の結晶柄のアンティーク刺繍帯。うーん、これ、幾らくらいで落札したのか。5000円以下だとは思う。





羽織なし。…この着物、肉眼だと雪和柄が主張するのに、このように画像で引きになると雪輪が一切存在感を消す

帯は塩瀬で刺繍という、アンティークには珍しいタイプで大人なシンプルデザインなのですが、妙に重くて出番が全然ない



半衿も雪輪柄に桜の刺繍。…これまた桜と雪輪、という組み合わせが微妙で使ってない(笑) せめて桜が梅であれば冬に使いやすいのになあ。



羽織紐はozawami さんから頂いた謎柄のモノトーン大粒ビーズをメインにして自作したもの。

羽織紐って謎モチーフものの方が出番が多い。これ、結構使ってます。

帯揚げはおめでたく紅白なビンボーダー。

帯締めは着物柄の色から取りました。


この格好で寺に初詣に行きましたですよ。


                  ↓ああ、まだまだ戌年のままだわ…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ