FC2ブログ
2019-01-18

半衿付けっぱなしでついでなので、正装系な南天コーデも♪

――――――ああ、ようやっとダイニングテーブルに小僧によってベタベタ貼りまくられたシールを剥がせましたわ

しかし年数が経ってるシールを剥がすのは大変でしたわ。シール剥がしですらなかなか効かないったら


さて、先日は南天コーデで久々に南天の半衿を引っ張り出しましたのでね。

1月ですし、『ああ、そう云えば南天柄の絵羽ものがまだあるなあ』と思い出しまして、こんなコーデ。







浦和の骨董市で500円だった、前から見ると南天柄の色留袖。

…でも背中側には訪問着のように肩から柄が…、だから一体どーゆーカテゴリーなんだ、こーゆー着物は

羽織は『シンエイ』さんで1800円だったっけ。絵羽柄刺繍の長羽織。



この衿の折り返し部分にギリギリ隠れるところに煙草の灰を落としたような焼け焦げ穴があるのでこのお値段でした。

なんだかんだで結構この羽織も使っております。





帯は前柄が南天柄刺繍。…お太鼓はこのようにおめでた過ぎてなかなか人目に晒す機会がない(笑)

まだ観光地価格が当たり前になる前の川越の骨董市で400円でした。



帯留めはくるみボタンで作った南天柄。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2019-01-17

毎年成人の日は、神社へ初詣。

――――――我が家は基本、土日関係ない仕事でございますが、なぜか毎年毎年成人の日は必ずお休みになる。

ので、初詣客も落ち着いたこの頃に初詣に行くことにしておるのです。

…お寺で頂いたお守りはお寺、神社で頂いたものは神社でないと引き取ってくれないので、結局、お寺と神社、両方に行かねばならない。おのれ明治の神仏分離令。



さすがに正月から半月の経てば多少はお客も減っている。…これが1週遅れたりすると今度は受験生神頼み組でまた混みあう(笑)



本年の巨大絵馬。…これって記憶にある限り同じ人がずっと奉納してるんですが、毎年新しいものを奉納してるんだろうか。

長年奉納していれば、12年前のものとか使いまわしてもいいんではないか(笑)

で、成人の日に行くのは、振袖姿のお嬢さんのお参り姿を拝みたい、ってのもあるんですが、去年からさいたま市の成人式が午後開催になってしまい、式が終わってお参りにやって来る頃には午後4時近くになってしまう。

故に去年からかなり振袖姿のお嬢さんをお見かけする数が少なくなりました





今年はこの2名だけ。下のお嬢さんは襟巻も毛皮だし、振袖の雰囲気が今のものとは違うので、今年流行だった『ママ振』での参加だったのかな。

…そう云えば、このようなお参りの振袖お嬢さんてば、基本母親とかの女系家族と一緒か、もしくは彼氏と二人だけってパターンなんですよねえ。

――――――父親はどうした(笑)…本当に父親も一緒にお参りしてる姿って今まで見たことないんですのよ。なぜだ。

そしてワタクシの着姿はこちら。





――――――やっぱり、紅葉に見えると思います…

そして羽織なし画像ではもちろん背中にお太鼓背負ってませんが、それが見えるのは天神さんのみ(笑)

今更学業で天神さんの威光にすがることもないので、平気で不敬を働きます(笑)



足元はたぶん赤唐辛子さんからの頂きもの、の南天柄の足袋靴下&3cm踵のカレンブロッソ。

このような砂利多めの地ではこちらの方が安定感抜群でした。



かんざしはタンタン氏からの頂きもの。万年青なんだか千両なんだか南天なんだか、それの全部を網羅しているのかわからない、赤い実のもの。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 



2019-01-16

☆手芸部☆ダイソーの正月用タペストリーが可愛かったので、作り帯にした。

――――――本当は年末までには作って正月コーデで使いたいところでしたが、おはるちゃんカウントダウン(…イベントか
)の最中でもあり、結局作り終わらず。



ダイソーの今季の正月用タペストリーが可愛かったんですよ。

去年あたりから可愛い干支物のタペストリーが出るようになった記憶がありますが、このような干支全部揃ってる柄だったら『…今年の干支は可愛くねーなー…』って時でも干支物アイテムとして使える。

これ、ちょっとお太鼓幅よりは狭いが、それでもほぼお太鼓を覆えるサイズなのでお太鼓な作り帯にしようと2枚購入。



ふでぺんさんから頂いたこの帯を土台に使う。

土台帯を色々見繕っていて、試しにこの帯の上にタペストリーを置いてみたらば布が足りない部分から見えるこの帯の柄が正月な華やかさを添えて結構いい感じでしたのよ。

この帯を正しく帯として使いたくなった時のために、今回は『裁ほう上手』での貼り付け帯ではなく、ざっくりながらも縫い付け帯です。



で、完成したのがこちら。なかなか可愛いでございましょ?


このような柄でしたら干支が変わろうとも毎年使える(笑)

使える時期としては年末から1月いっぱいがしっくり来る感じですかね。

まあ、1月もまだ半分残ってるので早速使いましょうかねえ。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 



2019-01-15

期待の大型(まさに)新人?のご尊顔を拝しに、川越の『ねこかつ』さんへ。

――――――さて、ワタクシの川越における行動ルート、最後の〆はいつも保護猫カフェ『ねこかつ』さんでございます。

おだん様&おはるちゃんの出身地。

今回はおはるちゃん逝去の報告&もう不要となった補液とか針とかを差し入れの為、それと新人紹介記事であっしが爆笑したあの方のご尊顔を拝みに来たのです。



最近ずっと大宮日進店の方に通っていたので、夏以来でございます。

…日進店に通っていたのは小僧のお目当ての猫がいるからです。

実は日進店には小僧が飼いたい、飼いたいと云い続けている方がいて、『…うーんじゃあもう1匹お迎えするかね…』という流れになった矢先におはるちゃん腎不全発覚。

そして闘病になったのでおはるちゃんのストレスを鑑みて『…じゃ、おはるちゃん逝去後にまだお声が掛かってなかったら…』ということにしたのだった。

で、いざ解禁となってみると小僧はあれこれと目移りして迷い始めた(笑)

それにおだん様ハートブレイクもまだ続いているので、のんびりと我が家の新メンバー選びは進んでいるのでございます。

…ちなみになぜ小僧の意見が最優先されるかと云うと、小僧が受け入れなかったためにおだん様&おはるちゃんは3年4ヵ月の長きに渡り、ほぼ猫部屋生活を強いられる羽目になったからだ。

おはるちゃんと朝から晩までずっといられたのって結局闘病期間中だけだったんですのよ

今度お迎えする誰かさんには、リビングで転がる小僧の上をのしのし歩いていけるようになって頂かなければ(笑)

んで、日進店も川越店もチェックを入れていたのですが、川越店のTwitterで大型新人を目に!!



――――――いた。

熊本のセンター出身、まだねこかつにやって来たばかりの『タイ』氏。

あれ?でもこの方はもうフロアデビューしてなかったか??なぜにケージにお住まいで??



――――――こりゃあっしが爆笑するのも無理はないと思いませんか、奥さん。

巨体に、この柄。

これでキャラクター的におだん様とやっていけるようであればあっしの一存でこの方をお迎えしたいところであったが世の中そうそう甘くはなかった…

ケージに隔離されていたのは『この巨体からか、我こそはねこかつのボスに…と思ったのか色んな猫にケンカを吹っ掛ける』のだそうで

しかもこの隔離政策がお気に召さず、ずーっとだみ声で文句鳴きをされている。

あっしらがいた小一時間、ずーっと鳴いていた
…ああ、これじゃうちでは無理ですわねー



ああ、こんなにフォトジェニックなタイ氏なのに…

1匹だけで猫可愛がりしてくれるご家庭に迎えられるといいねえ。

期待のタイ氏は撃沈であったので、あとはもう普通に他の猫と遊ぶ。



…あの新入り、ずっと鳴いててうるせえな…な顔の子爵も健在。



猫店長くりおが寝ていて仕事をしないのも相変わらず(笑)



本日の『ビビり猫の溜まり場』。



――――――なんだか得も言われぬ方もいる(笑)



そしてこの日は妙に小僧が猫にモテた日であった。



明らかに一筋縄ではいかない性格の持ち主というのがご面相に現れているたすきちゃん。



そしていつの間にか黒猫在籍率が異様に高くなっているねこかつ川越店。

黒猫マニアとしては黒猫チェックは怠りませんが、もう誰が誰だかわからんのだよーっ

特に同じようなサイズで同じ首輪付けてる黒猫女子軍団が!!

あっしの膝に乗ってるのはその中の誰か(笑)



―――――この方は黒猫の中でも飛びぬけて大きいので個体識別可能なオリオン氏。



お会計の際、小さい籠にみっちり入られていた黒猫女子がいたので、500円玉をお供えしておいた(笑)



――――――本日の『カトゥ ジドゥシャ』は趣向を変えて撮ってみました(笑)


そして、新メンバー選定まで我が家のねこかつ通いは続くのであります…



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
2019-01-13

お正月コーデその3で、川越へ。

――――――…ワカメの約半分が炭水化物で出来てると知ってショッキングなワタクシです。

だから海藻だからって迂闊に食べ過ぎてもよろしくないのでは。でも食物繊維も同じくらい入ってるので拮抗?してダイエット的にはいいのかしらね。

でも糖質制限だけを考えるのならワカメってば結構な糖質素材でしたわ。


さて、川越に対し常に尊大な態度を取り続けているワタクシですが。

今年は正月2日目に徳光さんの路線バスの旅にて川越が出てきましたので。

まあ、毎年正月シーズンには川越に足を踏み入れてるんですが、今年もやっぱり踏み入れてやることに致しましたよ。



いつものルート。時の鐘通りからの一番街(有名な蔵の街の観光地区)→猫のいる無料休憩所→菓子屋横丁でございます。



お約束写真。この日はかなり暖かく、川越は大変賑わっておりました。



そして川越の観光地区に乗り込んで20分内にこれだけの着物姿に遭遇致しました。

まあ、暖かい日ではありましたが、寒い日であっても羽織はおろかショールですら羽織っていないレンタル着物のお嬢さんの冷えっぷりを想像するに、常々『…羽織は好き嫌いが別れるにしても、せめてショールくらいはサービスで激安でプラスしてやっても…』と思っていたのですが、今年はそのようなレンタル店が増えてきたのか、着物ショールを巻いてる方がそこそこいましたわ。

…着物ショールなんてリサイクルではお安いのだから、サービスで貸し出しても何ら問題ないと思うんだがね。

これだけレンタル着物激戦区となった今、他店との差別化のためにもサービスの拡充は必要だと思うだよ。



猫のいる無料休憩所。もう3匹しかいないのだが。…ハロウィン川越の時に出てきたご主人はこの日はおらず、開放的(笑)

そして我が家の猫の口に合わなかったドライフードをまたしても差し入れするワタクシ。

ありがたいことにこの方々はがっついて下さいます。

好き嫌いなく食べてくれるからこその巨体の維持でありましょう。



並んで爪バリバリする方々。



そして珍しくも小僧が猫にモテた(笑)

膝と見れば乗ってくる白い猫は『ゆきちゃん』、お隣のもっさもさは『銀ちゃん』だそうです。

…ご主人はいなかったが、この地に通い詰めている事情通と思われる男性がご丁寧にも教えてくれた(笑)





いつもの寺で着姿撮影。いつもだったら門が閉まってる時間ですが、この日は開いてて観光客が割と入って来てはすぐに出ていく(笑)…特に何もないから。



足元は白足袋&3cm踵カレンブロッソ。



髪飾りは自作のつまみ細工の群れ。あ、梅のは市販品です。

松竹梅を結集させてみた次第。



菓子屋横丁もまだまだ人が多い。



川の流れも澱むようなL字の通りは、人も溜まって澱む(笑)



…ワタクシは毎回菓子屋横丁に来るたびに、この釣りしのぶの生存確認をしてしまう(笑)

トキワしのぶなので冬でも枯れないようだが、去年は正月でもわっさわさと緑の葉を茂らせていたのに今年は寂しいものです…





小僧がいつも行く駄菓子屋(…それ言ったら菓子屋横丁は全部駄菓子屋だが)には、こんなものがあって、銀杏の殻を使った民芸な細工物のようですが結構小さいながらも凝っております。そしてお値段は250円。

干支が全部揃っていたらうっかり全部揃えちゃうかもーな、可愛さでした。買ってないけど

そしていつも菓子屋横丁で菓子は買わないのに、今年は珍しくも買った。



路線バスの旅で出てきた芋けんぴ。…ハロウィン川越の時に皆さん、お土産で買っておりましたがあっしは買わなかった…なのに今頃買ってる(笑)

袋がボロボロなのは、買ったそばから小僧がぼりぼりかじり続けたからでございます。

市販のものより甘さ控えめな感じでしょうか。

そしてハロウィン川越の時にはゴマとか塩だとかの味があったのに、書き入れ時の正月なのでプレーンのみで勝負していた(笑)

通常モードになったら再びいろんな味が戻るであろう。

それからよその店で芋ドーナツを芋まんじゅうと芋ようかんを買った。

…ああ、そうだった。遠い記憶を手繰ってみると、今は普通にあちこちの店で見られる芋ドーナツはこの店が発祥だったかな。

少なくともあっしが高校生の頃は芋ドーナツはこの店くらいしか売ってなかったような気が。

『芋ようかんが甘すぎる…』と言い続けたお店は火事で焼け、そして廃業されてしまったようなのですが、別の店の芋ようかんは至って普通の甘さでした。

―――――あの店だけだったのか、甘すぎたのは


さて、川越の観光地区に別れを告げ、向かうは『ねこかつ』さん。

おはるちゃん死亡の報告をしなくてはなりますまい。

てな訳で記事を分けますわ。次回は猫しか出てこないよ(笑)

いつもなら着物記事と一緒にねこかつ紹介もしちゃうんですが、実はねこかつ紹介をしちゃうとTwitterにそのまま記事が転載されちゃうんですわーっ

だから着物も含めた記事にしちゃうとあっしもろともねこかつTwitterに載ってしまう…

何も知らずに今までTwitterを覗かずにいたあっしは、Twitterにてあっしの記事が転載されていると知り腰を抜かした。…それからTwitterを監視するようになった(笑)

ちゅー訳で、猫だけ記事を転載してね、ねこかつさん(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2019-01-11

1年持ち越しの南天トータルコーデ♪

――――――ああ、強風がさぶい…そして10月、台風による強風で停電を経験した小僧は、冬の当り前な木枯らしでさえ『停電する!?停電する!?』と怯えるようになってしまったのだった…

いや、普通の台風の強風だってここらへんでは滅多なことでは停電しないから…


さて、コーデそのものは1年前に考えて、小風呂敷に全部揃えてぶち込んでおいたのに、なんだかいつのまにか着そびれて南天の季節が終わっていたこのコーデ。

今年こそはと準正月コーデとして着るつもりで、年末から積み上げておりました(笑)

それがこちら~









骨董いアンティークフェアで『アンティーク・ジョン』さんのとこで3000円で買った南天柄の着物。

…紅葉柄だと思い込んで買った(笑)



え、だってパッと見、色の印象が強く残ってこの葉っぱが紅葉に見えませんか?

紅葉着物だと思い勢い込んで買ってみたものの、家で冷静に広げてみたら、白南天の実がいっぱい。

――――――更に冷静になると葉っぱも南天のそれに見え、そして紅葉柄として買ったつもりのあっしはやさぐれた。

そんないきさつから、南天着物として速攻に切り替えが出来ずウダウダ。

紅葉柄としては好きだけど、南天柄として見るとあまり好みではないので、もうヤフオクで手放そうと考えた。

しかし1回も着ないまま手放すってのもどうよ?とコーデするも結局1年寝かせたのでございます…

妙な展開のある着物って結局なんだかんだで着る機会逃しますよねえ。

羽織はメガトンマーケット上尾にて540円。

…この羽織の一部分を、うちのデジカメは顔認証するのです、何度も



この着物、このように薄く円形で暈したような色抜けがあちこちにあるので『オーブ羽織』と呼んでるんですが、本当にオーブが内蔵されてるんじゃなかろうね!?



半衿は自分で描いた南天柄。



帯留めは、100均ダイソーの貝で出来た扇面型の箸置きに、つまみ細工&赤マッキーで色を塗ったパールをくっ付けて南天帯留めにしたもの。

あ、そうだ。帯は菊、梅、南天の柄の入ってるものをぶった切って、南天が見えるように巻いてみた。

今は亡き戸田公園の『百彩』さんで3点1000円コーナーから発掘した帯です。


このコーデで成人の日に神社にお参りに行きますわ~




                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2019-01-10

正月3日目はお正月その2コーデでお寺に初詣。

――――――…ボイジャーって、まだ1号も2号も元気?に稼働中ですのね

打ち上げから40年以上経ってるのに!!

いやね、小僧がなんかの本で気に入ったのか『ボイジャー、ボイジャー』と騒ぐもんだから『ボイジャーはもう任務を終えてどっかに行っちゃったんだよ』と説明したはいいが、一応調べてみたら未だに絶賛お仕事中。

あたしゃボイジャー2号の最後の任務、かれこれ30年前に海王星接近後『この後ボイジャーは太陽系を離れ宇宙の旅へ』というのに激しくロマンを感じた少女だったんですがね。

電波の届く限り地球と交信し続けるとは知っていたものの、まさかそれから30年も経ってるのにまだ電波が届くとは

しかもちゃんと現在地まで知らせてくる…40年以上前の機材で。

まあ、これもある意味壮大なロマンではあろう。

あ、ちなみに現在ボイジャーは『太陽圏』を抜けたそうです。太陽系ではない。

今後地球と交信できなくなっても悠久の宇宙の旅を続けるボイジャーに対し、『はやぶさ』は日本人好みの切ない最期であったなあ。

行方不明や致命的な故障に見舞われながらもボロボロ状態でちゃんと地球まで帰ってきて、任務を果たして燃え尽きた。

はやぶさが燃え尽きていく時の動画に入ってるJAXAの人の声がもう切ないんですのよ。

『おかえりーはやぶさ。おかえりー』と燃え尽きてしまっても言ってる。きっと彼は泣いてたと思うな。

てな訳でうっかりボイジャーから横滑りしてはやぶさ、更に横滑りして宇宙の動画とか見続けてしまったので記事の更新がこの時間になりました(笑)


さて、もう1週間経ちましたが正月3日目。ここ数年毎年初詣に行ってる川口のお寺『錫杖寺』に行きました。



このお寺は『今年の漢字』があるのですが、今年は『結』のようです。



このような意味合いだそうな。



正月三賀日なので夕刻でも人がそこそこ。…4日目以降だとほとんどいなくなるんですがね



あっしはおみくじ引かないが、夫と小僧は揃って大吉を出す、という珍しい事態に。



このお寺は正月は『四国八十八か所お砂踏み』をやってるんですが、どんなことをやるんだかもよくわからないまま、とりあえず今年はやってみることにした。

んが!!

ちょろっと覗いて帰るつもりだったのにとんでもなく時間を喰うお参りだったのだ…

作法としては手に塗香を塗りこんで、左足から砂袋の上に乗り、3回踏み、『南無遍照大師』と唱えて、右足から降りる。それを88回繰り返すわけですよ。

だって八十八か所だから(笑)

四国八十八か所の本尊の掛け軸と、その地の砂が入った袋がずらっと並べられてるんですが、予備知識なしにうっかり入り込むと逃げるに逃げられません(笑)

もちろん子供なんて誰一人真面目にできるものはいなかった…

こんな面倒なお参りと知ってたら近寄らなかったが、うっかり入ってしまった以上はやるしかない。

ただ、もう願うのは命のカウントダウンが始まってるおはるちゃんの冥土の旅路の安寧のみ。



お参りが終わるとこのような証明書?を貰えます。…でもこれ、どうすりゃいいんだろう…ととりあえずお守りの中にぶち込んでおいたが(笑)

ちなみにお砂踏みって結構あちこちでやってるものでして、デパートの催事とかでもあったりする(笑)

でもその場合入場料も取って納め札も買わせて、2000円くらいは使わせるようなので、このお寺はあくまでもこころざしな賽銭だけで済むので大変リーズナブルでございます。

―――――と云うかこのお寺ってば立派な個人の名前入りお守りも500円なので、異様にリーズナブルなんですのよ。功徳?を積んでるねえ。



本日の無修正。―――――お砂踏み、やべえ…



正しい定型バージョン。



羽織なしバージョン。…どうでもいいが、この寺の隣は消防署。去年はあっしが門前で撮影する様を観察する署員がいたが、今年は宴会をやってると思われるような音が中から響いていた…いや、いつ呼び出しがあるかわからんのだから正月だからって浮かれてるのはちょっと



足元はわかりにくいが雪輪柄が入っている足袋&3cm踵カレンブロッソ。



かんざしも雪輪柄。

――――――おはるちゃんの命のカウントダウン、『もう本日中にお亡くなりになるであろう』ってな状況ではあったのですが、この子は絶対家人が留守の間は死なないな、と確信があったので、しっかりお寺近くのショッピングセンターで買い物してから帰ってみれば、おはるちゃんはもうほぼ歩けないのにどうやってここまで移動したのか、リビングと玄関の境にへたり込んでいた。

…きっと這うようにして玄関近くまで移動したのだろう。我らを待って。

その2時間半後、おはるちゃんは旅立ったのだった。

お砂踏みの効果でその冥土の旅路が安寧なものであることを祈るばかりなり。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2019-01-09

お正月コーデ・2019。その3

――――――…傷心のおだん様が…やたらと喰ってるんです、奥さん

そうか、寂しさが食欲に向かうタイプであったか(笑)


さて、ようやく正月コーデもこれにておしまい。

今年は『黒系羽織を着る』と決めたので、その3ももちろん黒系羽織なり。









黒地に赤漆で柄が染められている羽織。『ちゃくちゃくちゃく南中野』店にて100円(笑)

あの店はよっぽどのことがない限り羽織は100円でございますよ、常に。

蘭、菊、梅、竹の四君子柄でございます。

で、黒地でもこのように赤漆で柄がびっしりですと、黒と云うより『どす赤い』感じなんですよねえ。

その1コーデのまごうかたなき黒羽織と明らかに違う色をしております。

着物はメガトンマーケット上尾にて540円の糸菊柄の着物。



クリスマスコーデで着られなかったので正月コーデで採用。紅白ものはどっちでも使えて便利だなあ(笑)

朱赤の着物ですが、糸菊の柄が妖しくも大人っぽいので大人の赤で着ますよ。

…ちゅーか、薄いピンク系より、こっちの色の方が年齢肌にはちょうどいい明るさを添えて顔写りがいいんですわ(笑)



帯もメガトンマーケット上尾にて540円の七宝柄。

七宝柄って着物の柄を選ばなくて結構便利ですね。



半衿はひめ吉さんとこのお正月なもの。アウトレットに出るのを虎視眈々と狙って何年目かでゲット(笑)



半衿に羽子板がないので(笑)、帯留めに羽子板を採用。

今は亡き、場末のスーパー2階に入ってた屋内フリマの店で50円の箸置き。


――――――今年の正月はおはるちゃんカウントダウンな日々だったので、これでもかってくらいに赤を着て気分を盛り上げていたのでございます。

でも『着物を着ない』という選択肢はなかった(笑)

                  ↓で、結局今年のアイコンは『凶悪雀』になった…



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2019-01-07

お正月の飾り付け・2019。

―――――本日で冬休みが終わりますわ…で、七草なんですのね。

そろそろ正月飾りを撤去しなくちゃならないのかしら。ってことで今年の正月の飾り付けでございます。



今年はクリスマスの飾り付けが異様に遅く、正月飾りはそれに比べれば27日に終わったので立派なものなのですが、出窓側を一切飾らなかったので何とも言えない…



タペストリーな小風呂敷は正しい正月柄。飾りは100均ダイソーに去年置いてあった熊手。…この冬は見なかったなあ…

季節限定飾りも次の年に出ている保証がないので、気に入ったらば必ずその場で買っておくことをお勧めします。



いつもは松と竹と雪柳?な造花をぶち込み、庭の水仙を追加してそれとなく正月花に見せているんですが、今冬は水仙の花が1本しか咲いてくれず…

余りにもさみしいので、大晦日に安くなってた千両、菊、水仙を買ってきた。



…飾り棚には明らかに異質な方がいます(笑)

いや、100均でも干支ものの立派な置き物売ってるんだけど、どうにも気に入らなくてさあ。しっかり民芸していて。

その代わりに気に入ったのがこのソーラーでゆらゆら揺れるヤツ(笑)

だってレジンものに近い脱力の顔なんですもの。

この顔のレジンの置き物作ってくれれば買ったのになあ。





現在我が家の生黒猫は絶滅してしまったが、こちらの黒猫は不滅?です。



苔玉様は相変わらず季節もののピックの安置場所として活躍しておられます。



玄関扉の正月飾りはダイソーで300円だったものに、100円の破魔矢をトッピングしてちょっくら豪華に見せてみました(笑)


                ↓…しかし今年は何の柄を使おうかしら…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
2019-01-06

お正月コーデ・2019。その2

―――――ああ…おだん様が下僕を失ったショックで初期化されてしまった…

猫部屋に引きこもって、人間が近寄ると隠れるんだよー

夏からこっち、ずっとリビングで生活していたのに…

しかし一番下僕をこき使い、迫害していたのは他でもないおだん様。…おはるちゃんが亡くなる4日前までおはるちゃんをぶん殴っていたし

そしてショックのあまり食べないかと思いきや、むしろ今までよりもよく喰っている…どっちやねん


てな訳で明日で冬休みも終わりですが、お正月コーデの続きです。









正月はおはるちゃんのカウントダウン真っ最中でしたが、無理やりにでも寿いでおりますよ。

で、今年は黒地羽織で通すことに決めた。

去年の正月に着るつもりで着そびれた、メガトンマーケット上尾で540円で買った着物。

梅だの菊だの扇面だの雪輪だのが散りばめられております。

しかしうちには雪輪柄のこの黒羽織もあるので『雪輪コーデ』にしてみました。

羽織は今は亡き場末のスーパーの2階の片隅にあった『百彩』さんで3点1000円コーナーから発掘したもの。…これ買ったときはいいものが揃っていたんですのよ、3点1000円でも。

帯は雪輪&雪の結晶柄のアンティーク刺繍帯。うーん、これ、幾らくらいで落札したのか。5000円以下だとは思う。





羽織なし。…この着物、肉眼だと雪和柄が主張するのに、このように画像で引きになると雪輪が一切存在感を消す

帯は塩瀬で刺繍という、アンティークには珍しいタイプで大人なシンプルデザインなのですが、妙に重くて出番が全然ない



半衿も雪輪柄に桜の刺繍。…これまた桜と雪輪、という組み合わせが微妙で使ってない(笑) せめて桜が梅であれば冬に使いやすいのになあ。



羽織紐はozawami さんから頂いた謎柄のモノトーン大粒ビーズをメインにして自作したもの。

羽織紐って謎モチーフものの方が出番が多い。これ、結構使ってます。

帯揚げはおめでたく紅白なビンボーダー。

帯締めは着物柄の色から取りました。


この格好で寺に初詣に行きましたですよ。


                  ↓ああ、まだまだ戌年のままだわ…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ