FC2ブログ
2018-12-24

熊手市、『十二日市』・2018に行ってきました。

―――――――本日は世の中はクリスマスイブですが、もちろん我が家のクリスマスは明日なので平常営業でございます。

…それにしても、ふとあちこちのスーパーの年始の営業日を見てみれば、3日から営業ってとこも増えておりまして、ここ20年ばかりの元旦から営業とかに慣れてしまっている身におかれましては、年末にうっかり買い忘れがあったとしても、正月買いに行けないという事態が発生。

十分お気を付けくださいまし。って地域差にもよるんでしょうが


さて、去年から『毎年恒例行事』との位置付けとなりました地元の熊手市『十二日市』。

本年も行って参りました。

しかし今年はお目当ての熊手とか福桝はないので、純粋にお祭りを楽しむのです。

着ていったコーデはこちら。



…羽織の絞りの中の水色に合わせたつもりの帯の色が、自然光撮影だと全然違って丸っきり別物

帯の色だけがやけに浮いておりますが、『ポイントです』と言い張ればいいか(笑)

この着物、黄色の花が派手な印象ですが、着てみると『小花密集』な感じなので思ったよりも普通です(笑)



足元は黒繻子でネル裏の紳士もの黒足袋。紳士ものにしては小さいサイズが『メガトンマーケット上尾』で210円で売っていた(新品)ので買ってみたが、別珍足袋のように明らかに冬、って見かけじゃなくてもネル裏はとても暖かいと判明。

たまに白足袋でネル裏って売ってますが、白足袋派の方におかれましては足袋インナーも役に立つかも知れませんが、ネル裏も侮れないのでは、とお伝えしておきます。



髪飾りはocarinさんからの頂きものの絞りのシュシュ&タンタン氏の姪っ子の成人式前撮り用にお貸ししたものが手元に戻って来たばっかりだったので、仕舞う前についでに使ってみたかんざし。芙蓉なんで夏の柄だと思うが黙っておこう。



熊手市は夜の方が盛り上がり、お客も増えるんですが、夕方5時過ぎの方が一般客&学校終わった小中学生がやって来て一番お客としては多いのでは、という感じ。

もっと遅い時間になると子供らだけグループは家に帰っちゃうからねえ。

今年は昼間に雨がパラついたのでブルーシートの覆いが。




――――――何ということでしょう。毎年一際大きくて目立つ『伊勢丹浦和店』様がお隣の『渡邊組』様に負けております!!(笑)



相変わらず顔と名前が一致しないサッカー選手の熊手も。



熊手を真摯に買い求めるよりも、多くの人の目当はこちら。

本当に熊手市の夜店は『射的』とか『くじ引き』とかがすごく多くて和風ゲーセンとても云おうか。アミューズメント的。



和風アミューズメントの真骨頂『お化け屋敷』もございます。…そのうち入りてーな(笑)



お客はほぼいないけど、必ず花関係の露店もございます。

よく見りゃ珍しい球根とか売ってるのでゆっくり見たいなあ…←小僧連れだと無理



そんな小僧は宝石すくいとかにハマる。…他のお客は女子ばっかりなんですがね(笑)



真冬にLED内蔵水槽で七色変化な金魚すくい。

毎年冬に金魚すくいはもういい、とスルーしておりましたが、今年は小僧はやるという。



実はやらないまでも毎年チェックは入れていて、ここの金魚は大きめ、しかも水面近くにいっぱいたむろしていないのですくいにくそうだなあ、というのが印象。

…すくいやすいのは小さめ、水面近くに大量にたむろしているとこですが、まあそれはつまり弱りやすい金魚でもあります…だからすくいやすいが、死ぬ確率高し。

だから冬ってことも鑑みれば、すくいにくいが長生きはしそうな金魚でございます。

―――――すくうとなったらあっしも参戦でございますよ(笑)

冬でも金魚すくいに興じる人はそれなりいますが、夏のように客が引きも切らずってことはなく、波がある。誰もいない時だってある。

その中で長い時間金魚すくいに居座るワタクシ達親子(笑)

しかし1回300円、小僧2回、ワタクシ1回の計3回の釣果としてはなかなかのものでございました。



6匹中4匹が変わり種。しかも近所のホームセンターで1匹380円くらいなのが4匹。

十二分に元を取りましたよ、奥さん!!しかも今でも普通に元気でございます。

――――――これからは金魚すくいは冬が本番だと思おう(笑)

ただしこのLED内蔵水槽ってば、バックライト状態になっちゃって狙ってる金魚がシルエットになってしまい見失うこと度々。見た目が綺麗かも知れんが金魚すくいにくいったらありゃしない



去年売ってたこいつ、今年も売っておりましたが、今年は買う人が多かった!!…去年はほとんど買ってる人いなかったのよ。

しかしお祭りは夏だってあるのに、夏に売ってるのは見かけない…いつも冬だけ…なぜだろう。

イルミネーションとして今年も我が家で活躍しているので、1500円でも決してぼったくりではないな(笑)

あ、そうそう。この日は昼間に雨が降ったのです。

だから熊手市会場の神社内とかは砂利がないとこはぬかるんでたりしたんですが。

『水はね防止用カットを施されているカレンブロッソ草履だから大丈夫』とか思いつつも、それなりに気を付けて歩いていたのに。



わかるかしら、がっつり着物の裾にはぬかるみがはねた跡が…

カレンブロッソでもダメなのか、それともカレンブロッソだからこの程度で済んだのかは謎です。

いずれにせよカレンブロッソだからって(5cm踵)油断は禁物よ。



小僧の宝石すくいが初めて役に立った瞬間。キーホルダー穴が開いてるものが多いので、糸通してクリスマス飾りとして活用してやった。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ