FC2ブログ
2018-12-31

2019年用年賀状コーデ着姿で、2018年にお別れ。

――――――ようやっと、年賀状の印刷が終わりましてございます…個々の方への一言コメント、ペンを握るのが大変なので書けるんだかどうだか

年賀状が届いて、一言も手書きコメント入ってなかったらごめんなさいねーっ
…書けなかったのだと思っておくんなせえ。

さて、今年はあまりにも押せ押せなので大晦日の記事更新ができるのかとヒヤヒヤでしたが何とかなりそうです。



年賀状用コーデは無事に撮り終わった…年賀状に使った画像は違うけど、こっちの方があっしの写りがいいので公開(笑)

相変わらず西郷テイスト満載の小僧でございます…



…似たような着物と羽織だと、袖口から着物が出ていても馴染んでわからないのでお勧めです(笑)



新しい髪形にチャレンジ。思った以上に髷が綺麗にできたが、やっぱりデニッシュに見えるな

地毛なのに取って付けたような付け毛に見える(笑)



足元は裏ネル黒繻子足袋&3cm踵カレンブロッソ。このような砂利のとこでは安定感抜群です。

大分目が馴染んできて、生成り色に見えてきた鼻緒。でもまだツボの赤がまぶしいんだが。



髪飾りは自作の菊のつまみ細工。



…寺に伐採ゴミとして落ちていた松の枝があったので頂いて、家でアリものと共にミニ正月飾りに。


んで、年賀状用画像を撮った後、何となく思い立って『場末のスーパーの2階にある着物古着屋』に行ってみたのです。



何となく随分とすっきりとしてるなあ、と思ったら。



何と、この日が閉店最終日!!
…全く知らなかったぜ
よくぞこのタイミングで来たものよ。虫が知らせたのかしら。



着物売り場もこのように片付け撤収モードであるが、皆セール価格になってたりするのに、この着物コーナーだけはセール一切なし。

このコーナー『百彩』さんは大江戸骨董市にも出ているから店舗があってもなくても困らないんだろう。だからセールで売らなくてももちろん困らない。



羽織540円~ってコーナーがあったので覗いてみた。



540円だったら買ってもいいが、このお値段なら要らないわ(笑)

と云うわけで、どんどんあっしの行きつけ古着物屋さんが姿を消していくのでありました。

ああ、今年は2軒なくなってしまった…まあ、滅多に行かない2軒だったんだけどさ。


さて、本年の着物を着た回数を数えてみたら92回でした…92回!?

例年60回以上70回未満なので今年は異常に着ていることになる

やっぱり『お犬様コーデ』の12回分が増えてる分だけ、短いスパンで頻繁に着物を着る癖がついちゃったのかしら。

思った以上に買い物記事が多くなかったせいでコーデ記事が増えて、それに伴い着姿も増えたのかも。

しかしここまで増えると『コーデ、着姿、コーデ、着姿』のオンパレードでつまらないので来年はもう少し工夫が必要だと思うなり。



それでは今年も残り僅かでございますが、皆さまよいお年をお迎えくださいませ。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


スポンサーサイト



2018-12-30

2019年用年賀状コーデ♪

――――――ああ、餅買ってこないと…

調べてみたら、近所のスーパーは軒並み3日から営業になってましたわ。正しい昭和スタイルに戻ってきたようです。

でもまあ、コンビニは普通営業ですからそれほどの不便はないんですがね。

…そう云えば子供の頃は大晦日、営業終了間近のスーパーに行って大幅値下げになった正月食品を買うのを毎年繰り返していた我が家でしたが、2日から営業、元旦から営業が当たり前になったこの20年の間にそのような大幅値下げはなくなり…

また今年から復活するかも知れませんねえ。


さて、30日ですが、もちろんまだこの年賀状コーデだって着てないんですよ(笑)

本日着て画像を撮ってから年賀状作るのです。どんだけ押し迫っているのか(笑)









…今回の年賀状用コーデは毒々しいです(笑)

骨董アンティークフェアの時『アンティーク・ジョン』さんとこで買った3000円の羽織が主役。

雲取りに梅の柄です。

着物はヤフオクで5500円でしたわ、確か。しかしこの配色で矢羽根…見逃すはずがありません(笑)

まあ、後生大事にし過ぎて結局まだ1回しか着てないような気がするんだけど

着物の色に合わせた帯はヤフオクで3600円でしたかね。作り帯に加工したのでもちろんお太鼓背負っておりません。



半衿は梅の刺繍。…これ、刺繍の色といい柄の大きさとしい優秀なので、色違いで何枚か買っておくべきだったと思ってます。もう売ってないんですものー


んで、年賀状コーデと云えば小僧用のも。

小僧用に買い溜めていたものが軒並みサイズアウトしてしまい、『ああ、今回から小僧は洋服か…』と思っていたのだが、そう云えば5年くらい前にふでぺんさんから頂いた男児用アンサンブルがあったのでした。

頂いたときはとにかく『…大きい』という印象で、パッと見高学年くらいにならないと着られないかな、と思っていたのだが、とりあえず今回引っ張り出して小僧に着せてみたところ、上げをほんの少しだけ調節すれば今年から着られるサイズだと判明。それがこちら。



ウールのアンサンブル。羽織がちゃんと羽織紐になっている。普通幼児ものは共布。

羽織には綿が入っております。

肩上げ、腰上げがしてあるので、それを調節していけば来年もまた着られるようです。

…ああ、よかった。小僧も和装の連続記録が途絶えなくて。


懸案としては『着るのを拒否』ですが、これが夏の甚平はもう嫌がって着やしないのに、このような着物ですと割と得意げな顔で着るという小僧の七不思議なのでありました。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 




2018-12-29

クリスマスコーデ・その1で3cm踵のカレンブロッソ初下ろし。

―――――もちろん年賀状作りはおろか年賀状コーデすらも未着手ですよ、29日ですが


さて、今年のクリスマスコーデでございます。

その1コーデはクリスマスまでには着終わらなかったものの、『これ、クリスマスじゃないですよ…』な涼しい顔して27日に着たのです(笑)

羽織物の印象で着姿なんて変わるのだから、とりあえず引っ張り出しやすいとこにあった菊柄羽織を引っ掛けて出かけてみた。



―――――ええ、クリスマスよりも新春寄りでございます(笑)



羽織の下はクリスマス仕様。…前帯がたまたま綺麗な斜めになったので、そのまま生かしちゃろ、と思って直さなかったのだが、帯揚げが変な出方になってて結局斜め帯の面白さ生かせず

で、撮影場所は竹林(笑)

足元が安定しないとこなので、ここでこそ3cm踵のカレンブロッソの威力発揮!?と思い、初下ろし場所にしてみた。



100均の足袋靴下&3cm踵カレンブロッソ。

色が濃い足袋だと、ベージュ鼻緒は生成りに見えます(笑)

で、履き心地としましては、確かに5cm踵のものよりはこのようなとこでは安定して歩けます。

しかし足袋靴下が滑りやすいので、安定してんだかどうだかよくわからなかった(笑)

色んな足袋で履いてみて、鼻緒が自分の足に馴染んでくるまで正しい検証結果は出ないでしょうな。

引き続き検証に勤しみますわ。

あ、この撮影場所には『エセおだん』様がよくいらっしゃるのだが、さすがに真冬の寒い日にはどっかに隠れている模様で年末のご挨拶は出来ず



髪飾りは自作の菊のつまみ細工。


―――――さーて、年賀状用コーデを考えないとねえ(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-12-28

クリスマスコーデ・その2でケーキとチキンを買い、そしてご近所イルミネーション探索。

――――――ああ、年内のごみ取集は本日が最終だったですよ…うっかりしていて捨てようと思っていたものが捨てられなんだ

皆さまにおかれましては年末大掃除ははかどられているでしょうか。


さて、クリスマスネタでございます。

今年のクリスマスコーデはその1は菊柄で赤が勝るので『…場合によっては正月に何食わぬ顔で着ても問題ないんじゃ…』との判断で着用を先延ばしし、明らかにクリスマスの柄が入っているその2コーデをとにかくクリスマスに着たのです。

あ、でも一応その1コーデも昨日着終わり、何とか今年中に着るミッションは完了しましたが。

で、クリスマスは基本、ケーキとチキンを買いに行き、そして衰退著しいご近所のイルミネーションのレポート、それしかしない(笑)



このコーデは帯回りの赤が物凄く効くコーデでしたね。

ポリのプレタ羽織はやけに丈が長いものが多いので、これも長いかと覚悟していたらとてもいいバランスの丈でした。

裾の折り返し部分にいっぱい雪の結晶柄が配置されていたので、このようにめくれる羽織の性質上、とてもいい仕事をする羽織だったと思います。

クリスマスコーデ以外でも使ってあげなくては。



足元は深緑の別珍足袋&サンタ柄の『きもの遊び・net』のウレタン草履。



髪飾りは100均『can do』の雪の結晶モチーフのもの。

例年はちょっと離れたイオンとかに買いに行っていたのだが、今年は車で5分圏内のドンキに入っているモス、更に我が家に近付いた場所にある『シャトレーゼ』、もっと近寄った場所にあるイルミネーション地帯にしか行かないので買い物があっという間に終了。



チキンセットを作ってもらっている間にドンキのクリスマスコーナーで撮る。

誕生日なので肌に修正多めに入れさせていただきます(笑)

ケーキも無事に買い、帰る頃には真っ暗になる冬の日。



かつての繁栄はどこへやら、なご近所イルミネーション密集地帯。

ああ、10年ほど前はクリスマスには見物客がいっぱいウロウロしていたのになあ。今や人っ子一人おりませぬ。





この地区も古い家が建て替えられたり住人が変わったりで、それを機にイルミネーションをしなくなるようでしたが、去年はやってなかったと思うが今年になって復活してくれたとこもあり。



暗めではあるものの壁面全体のイルミ。





2軒合作さんたちは今年も頑張ってくれています。





長年ずっと頑張っているお宅だけが引き続き伝統?を守り続けているようです。

今年は数年お休みしていた家が小規模ながら復活、ってパターンもありますが、どんどん増えてる新しい家への移住組はやってくれないんですねー(笑)

また来年も古参組には頑張って頂きたいところでございます。



我が家と目と鼻の先、結婚式場のような豪邸は今年もご立派。…画像だと青のイルミしかあまり映らないのねえ

実際はカラフルで派手でございますよ。



今年のケーキ。選択権は小僧にあり。狙っていたケーキが巨大ホールのものしかなく、結局お高いこっちになってしまった…

…それにしても今年のクリスマスパーチー画像では、あちこちのお宅で『ニトリ帯を正しい使い方をする裏切り者』が続出しているようで頼もしいですわ(笑)

もちろん我が家もフルに活用する裏切り者。これは去年は帯として使った(笑)



●おまけ画像●

おだん様が我が家のぶら下がりサンタに難色を示されていた。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-12-26

年末恒例、おだん様&おはるちゃんの暮らしのありがたいお言葉。



2018-12-25

クリスマスコーデ・2018。その2

――――――ああ、当日までなだれ込んでしまったわ
今年のクリスマスコーデ。

しかもクリスマスまでに着終わらない予定です(笑)…何と珍しい。

まあ、その1コーデは菊の柄なので、色がクリスマスってだけでいくらでも言い逃れができるのですが。

しかし本年中には着終わりたいと思っとります。


で、今年のクリスマスコーデ、その2。

その1だけで終わるかなーとか思ってましたが、さすがにクリスマス柄が1個も入ってないコーデがないってのもあれかと。

大人なクリスマスコーデにしてみました。









クリスマスコーデではありますが、雪の結晶に特化しております。



羽織なしだとこんな感じ。もちろんニトリ帯1枚だけ(笑)

このニトリ帯はいつのものだったかしら…2年くらい前? もう量が多すぎて何が何だかわかりません。

着物は『ICHIROYA』さんで3000円くらいだったかね。深緑の地に雪花紋の柄の着物。

羽織はポリ。これも3000円代でしたかしら。羽衣牡丹さんとお揃い。



半衿はひめ吉さんちの雪の結晶柄、黒地。



帯留めは原宿の娘っ子向けの300円アクセショップ『Paris kids』のブローチ。金銀の2個使い。

羽織紐は手持ちのビーズネックレスを解体し、100均のパーツを混入して作り直したもの。


…我が家のクリスマスは本日なので、この格好でケーキとチキンを買いに行きますわー…

ああ、ご近所の衰退著しいイルミネーション地帯も撮影に行かなくっちゃね(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-12-24

熊手市、『十二日市』・2018に行ってきました。

―――――――本日は世の中はクリスマスイブですが、もちろん我が家のクリスマスは明日なので平常営業でございます。

…それにしても、ふとあちこちのスーパーの年始の営業日を見てみれば、3日から営業ってとこも増えておりまして、ここ20年ばかりの元旦から営業とかに慣れてしまっている身におかれましては、年末にうっかり買い忘れがあったとしても、正月買いに行けないという事態が発生。

十分お気を付けくださいまし。って地域差にもよるんでしょうが


さて、去年から『毎年恒例行事』との位置付けとなりました地元の熊手市『十二日市』。

本年も行って参りました。

しかし今年はお目当ての熊手とか福桝はないので、純粋にお祭りを楽しむのです。

着ていったコーデはこちら。



…羽織の絞りの中の水色に合わせたつもりの帯の色が、自然光撮影だと全然違って丸っきり別物

帯の色だけがやけに浮いておりますが、『ポイントです』と言い張ればいいか(笑)

この着物、黄色の花が派手な印象ですが、着てみると『小花密集』な感じなので思ったよりも普通です(笑)



足元は黒繻子でネル裏の紳士もの黒足袋。紳士ものにしては小さいサイズが『メガトンマーケット上尾』で210円で売っていた(新品)ので買ってみたが、別珍足袋のように明らかに冬、って見かけじゃなくてもネル裏はとても暖かいと判明。

たまに白足袋でネル裏って売ってますが、白足袋派の方におかれましては足袋インナーも役に立つかも知れませんが、ネル裏も侮れないのでは、とお伝えしておきます。



髪飾りはocarinさんからの頂きものの絞りのシュシュ&タンタン氏の姪っ子の成人式前撮り用にお貸ししたものが手元に戻って来たばっかりだったので、仕舞う前についでに使ってみたかんざし。芙蓉なんで夏の柄だと思うが黙っておこう。



熊手市は夜の方が盛り上がり、お客も増えるんですが、夕方5時過ぎの方が一般客&学校終わった小中学生がやって来て一番お客としては多いのでは、という感じ。

もっと遅い時間になると子供らだけグループは家に帰っちゃうからねえ。

今年は昼間に雨がパラついたのでブルーシートの覆いが。




――――――何ということでしょう。毎年一際大きくて目立つ『伊勢丹浦和店』様がお隣の『渡邊組』様に負けております!!(笑)



相変わらず顔と名前が一致しないサッカー選手の熊手も。



熊手を真摯に買い求めるよりも、多くの人の目当はこちら。

本当に熊手市の夜店は『射的』とか『くじ引き』とかがすごく多くて和風ゲーセンとても云おうか。アミューズメント的。



和風アミューズメントの真骨頂『お化け屋敷』もございます。…そのうち入りてーな(笑)



お客はほぼいないけど、必ず花関係の露店もございます。

よく見りゃ珍しい球根とか売ってるのでゆっくり見たいなあ…←小僧連れだと無理



そんな小僧は宝石すくいとかにハマる。…他のお客は女子ばっかりなんですがね(笑)



真冬にLED内蔵水槽で七色変化な金魚すくい。

毎年冬に金魚すくいはもういい、とスルーしておりましたが、今年は小僧はやるという。



実はやらないまでも毎年チェックは入れていて、ここの金魚は大きめ、しかも水面近くにいっぱいたむろしていないのですくいにくそうだなあ、というのが印象。

…すくいやすいのは小さめ、水面近くに大量にたむろしているとこですが、まあそれはつまり弱りやすい金魚でもあります…だからすくいやすいが、死ぬ確率高し。

だから冬ってことも鑑みれば、すくいにくいが長生きはしそうな金魚でございます。

―――――すくうとなったらあっしも参戦でございますよ(笑)

冬でも金魚すくいに興じる人はそれなりいますが、夏のように客が引きも切らずってことはなく、波がある。誰もいない時だってある。

その中で長い時間金魚すくいに居座るワタクシ達親子(笑)

しかし1回300円、小僧2回、ワタクシ1回の計3回の釣果としてはなかなかのものでございました。



6匹中4匹が変わり種。しかも近所のホームセンターで1匹380円くらいなのが4匹。

十二分に元を取りましたよ、奥さん!!しかも今でも普通に元気でございます。

――――――これからは金魚すくいは冬が本番だと思おう(笑)

ただしこのLED内蔵水槽ってば、バックライト状態になっちゃって狙ってる金魚がシルエットになってしまい見失うこと度々。見た目が綺麗かも知れんが金魚すくいにくいったらありゃしない



去年売ってたこいつ、今年も売っておりましたが、今年は買う人が多かった!!…去年はほとんど買ってる人いなかったのよ。

しかしお祭りは夏だってあるのに、夏に売ってるのは見かけない…いつも冬だけ…なぜだろう。

イルミネーションとして今年も我が家で活躍しているので、1500円でも決してぼったくりではないな(笑)

あ、そうそう。この日は昼間に雨が降ったのです。

だから熊手市会場の神社内とかは砂利がないとこはぬかるんでたりしたんですが。

『水はね防止用カットを施されているカレンブロッソ草履だから大丈夫』とか思いつつも、それなりに気を付けて歩いていたのに。



わかるかしら、がっつり着物の裾にはぬかるみがはねた跡が…

カレンブロッソでもダメなのか、それともカレンブロッソだからこの程度で済んだのかは謎です。

いずれにせよカレンブロッソだからって(5cm踵)油断は禁物よ。



小僧の宝石すくいが初めて役に立った瞬間。キーホルダー穴が開いてるものが多いので、糸通してクリスマス飾りとして活用してやった。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
2018-12-22

自分へのクリスマスプレゼント用にオーダーした、カレンブロッソ・カフェ草履が届きました♪2018。

――――――ああ、シリーズ化している…シリーズ化しているよおおおお(笑)

てな訳で、去年も自分のクリスマスプレゼント用にオーダーし、今年もオーダーしたカレンブロッソでございます。

『納期3週から4週くらい』のところ、去年は2週間ほどで届いてしまったが、今年は更に納期がかかるという3cm踵なのです。

『今年中に間に合わないかもなー』とか思っていたが、そこはシーズン的にクリスマスプレゼントであろうと踏んだのか、クリスマス前に頑張って制作、発送してくださり本日届いた(笑)

今年はオーダーから18日目に届きました。やっぱり早いよね。


さて、今年はこのような動機から、定番の5cm踵ものではなくあえて低めの3cm踵をオーダーしてみたのでございます。現物や如何に。



…一目見て『あ!!鼻緒選び失敗!?』とか思ってしまった…

というのもオーダーシュミレーター画面とかなり印象が違ったからなんですわ。



こちらがシュミレーター画面。

この画像よりも現物は思った以上に鼻緒と本天の色が濃く、前坪の色が鮮やかだった。

台の色も画像ではこげ茶とわかりますが、一番上の現物画像では黒にしか見えないのでは…



3cm踵なので一般的な草履のシルエットです。



去年オーダーしたカレンブロッソと並べるとこのような高さの違い。…黒台と並べればこげ茶である、ということがわかります。



ワタクシ、去年と同じ鼻緒の色にしたつもりでいたんですが、違う色で頼んでいたようです。

微妙に違うのお分かりいただけるでしょうか。肉眼だと歴然なんですが。

今年のは本天の色が濃い目ベージュな黄土色ってやつなので、それに引きずられて余計に鼻緒がベージュに見えます(笑)

本天が去年と同じ葡萄色とかの赤系だったらば、多分この鼻緒ももっと明るい印象になったかと。

生成りの鼻緒が一番使いやすい色ではあるんですが、まあベージュでも案外自然光では大した違いがなくって問題なかったりするので、履き馴れて目も馴れてきたら『うーん、失敗かも…』な感想はきっと消え失せると思われる(笑)


で、とりあえず家の中で足袋靴下で履いてみた印象は『こっちの方が歩きやすいかもよー』でした(笑)

…ブランド側推奨の5cm踵の厚底ものだと、厚底で重みがある分だけ台全体に体重が乗ってドスドス歩いてるような感覚が出てくる時もあるんですが、3㎝踵は軽やかです。

まあ、実際屋外をそこそこ歩いてみないと自分にはどっちが合うのかわかりませんが。

年末年始は着物を着る機会が増えるので、検証に絶好の時期でございます。

使用感レポート、乞うご期待。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2018-12-21

当日までに間に合うか危惧されたものの、予想外に派手になってるクリスマスの飾り付け・2018

―――――ああ、クリスマス用のチキンを予約すべきかどうか悩んでおりますわ。

…なぜなら去年、勇んでケンタのチキンを予約してみれば、25日受け取りの人は24日の人に比べりゃかなり少ないようで、ケンタ前ガラガラ。25日平日ですしね。

それなのに一応クリスマスってんでケンタはバイトをフルに投入。

なんだか暇を持て余している者どもが突っ立っており、『…予約、要らなかったんじゃ…
』な状態であった。まあ、店舗によるでしょうが。

今年はもう、モスでいいや(笑)


さて、今年は11月からこっち体の不調故になかなかクリスマスものの飾り付けに着手できず、『このままでは今年はクリスマス飾りができないかも…』と焦ったワタクシは、歯を喰いしばって飾り付けに勤しんだのでございます。クリスマスまで10日ばかりって時に

そしたらなんだか例年よりも派手になっておりました





クリスマス柄の手ぬぐいも少々増えてきて、この小風呂敷の出番が数年なかったので今年は採用。

サンタが地味に可愛いんですが、地色が深緑なのでシックなイメージです。



そして上空には100均ものオンパレード。



ニトリ帯を…ニトリ帯を正しくテーブルランナーとして使った裏切り者のワタクシを許してええええ

―――――ここまで世間にニトリ帯が浸透してしまうと、逆に真っ当な使い方をしてしまう捻じくれた根性の持ち主ざますよ(笑)

しかしやっぱり帯としてもいい仕事するだけあって、布の高級感は素晴らしいですわね。

100均もののランチョンマット使うよりも見栄えが全く違います。

……『毎年毎年ニトリ帯買っても、使い道ないしさあ…』と仰る貴女。

正しい使い方をすればいいのです!!帯だと思うからいけない(笑)





採光窓にもべたべたと100均のフェルトクリスマス飾り。



苔玉ダバリア様にはクリスマスケーキにぶっ刺されているピックをてんこ盛り。



リビングのクリスマス仕様。…小僧がツリーの飾り付けをしたが結局私が手直し。

カーテンレールが昭和のクリスマスモードです(笑)



屋外のクリスマス飾り付け。…どこまで頑張るマリーゴールド…



出窓側。ここの飾り付けが最後の最後になってしまい。『もう今年はこの家はイルミネーションしないのかな…』と思われていたであろう。

やっと飾り付けと思ったら延長コードが足りなくて、点灯はその翌日になったし。

ああ、今年も何とかここを飾れて本当によかった…



夜はこうなる。



画像だと暗いんだけど、肉眼ではそこそこ明るい玄関側イルミネーション。

この100均の割には優秀なスティック状の飾り物、買って3年目ですが、ここに来て6本中2本が点灯しなくなりました。

まあ、100均の割には本当に健闘しました。そしてやっぱり優秀で毎年毎年出ているものなので、来年再び買い足そうと思います。



元々は薄ぼんやりとサンタだけが光っていたこの場所、去年からは熊手市で買った謎のLED風船が加わり、今年は更に光ものが増えた。



100均ダイソーの電池式イルミネーション。数年前に一度他のを試しに買ってみたら、なんだか薄ぼんやりな光り方で、『ああ、やっぱり100均はこんなもんなのねえ』と見切りを付けたんだったが、今年ふと見ると、いつの間にか電気コードは透明になって使いやすくなっており、『うーん、とりあえず1個だけ試しで買ってみるか』と買って点灯してみたらば、これがまたよく光る、光る!!

きっちり点滅もしてくれます。

所詮100均…と言われぬように日夜企業努力してるんですねえ。

結局3本買ってサンタ周りに吊るしたら、すんごく派手になった(笑)

家庭内の小振りなツリーとか、狭い範囲内を光らせたい場合はこれ、結構お勧めです。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
2018-12-20

クリスマスコーデ・2018。その1

―――――ああ、冬休み目前ですわー
…なんだか年の瀬の気が全然しないけど。って年賀状すら買ってないんだけど!!


さて、今年のクリスマスコーデ。

この着物をタマさんに頂いてから、ずっとクリスマスコーデで使おうと思っておりました。









赤黒ストライプの菊柄の錦紗縮緬。タマさんからの頂きものでございます。

時期的に菊柄は遅いですが、このカラーリングはクリスマス!!

なので菊シーズンに黙って耐え、クリスマスシーズンまで待ちましたとも。

…なぜなら、緑地の菊柄の帯もある。

帯は今は亡き『バザールdeバザール蕨店』にて540円。

うーん、短くてお太鼓の柄が出しにくい。どうするべか。



半衿はキラキラホログラムラメ糸刺繍の市松柄半衿。このホログラム糸が肌に痛いので、パーティーシーズンに我慢して使うアイテムです(笑)



帯留めは頂きものの大粒クリスタルなアンティーク。

二分紐くらいしか通らない細さなので全然使ってないですが、見えにくいヘアゴムを使えば帯締めに括り付けられますわね。

見えにくいヘアゴムはヘアゴム以外の用途が多彩ですなあ(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ