FC2ブログ
2018-10-25

暑くて断念!大正時代まつり用コーデ案・その1

――――――さて、10月らしからぬ真夏日で、用意していた袷コーデが着られなかったとご報告した、先日の大正時代まつりでしたが。

当日は着られなかったが、別に着るのは真夏日の当日でなくたって問題ないのです。

着物や帯に『大正時代まつり』と入っているわけではないのだから(笑)

だからせっかく用意した以上、そのうち着るつもりでコーデのご紹介。

今回は1パターン目です。









我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて、100円均一セールデーでゲットしてきた菊柄の色留袖…と云いたいところだが背中側にいっぱい柄。

こーゆーのはどんなカテゴリーの着物なのだ

アンティークっぽくはありますが、おそらくはセミアンティーク。

でも袖丈長く、地色の紫がアンティーク色を強く出しますね。

帯は今は亡き『バザールdeバザール与野本町店』で1000円で買ったもの。

ターコイズグリーンの地色にシックな菊の柄です。

…地産地消の着物ブロガーを標榜しているので、帯は大正時代まつり開催地の与野で買ったもの、着物も一応同じ市内で買ったものでございます(笑)



菊の帯留めはヤフオクで3000円くらいだったかね。樹脂製。

三分紐は着物と同じ色のものにしてみました。

帯揚げはアンティークの絞り。自分の結婚式で使ったもの。



半衿は菊がメインで松竹梅ぎっしりな豪華刺繍。でも隠れちゃうけど(笑)

結局ここが目立つので、菊の時期以外には使えないのでございました。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ