FC2ブログ
2018-10-04

葡萄コーデ・2018

――――――小僧がリンゴ病なんです、奥さん。…昔の田舎の子供みたいな赤い頬っぺで生きております(笑)

…毎日リンゴゼリーとリンゴヨーグルトを喰い続けた祟りであろう…ってお子様のうちに1回は罹るものなんだが。


さて、今回のコーデはリンゴではなく葡萄。

ふでぺんさんに葡萄柄の帯を頂いて以来温めてきたものでございます。でも着るのが遅れて9月前半だったらいいけど後半だとちょっと微妙よね、なコーデになっております…







あら、斜めからの角度の画像を撮り忘れてるわ。

有松絞りの葡萄柄浴衣(でもこれ広衿仕立てになってるので着物としても着る前提で作ってあると思う)、我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて210円だったか150円だったか…

帯はふでぺんさんからの頂きもの。パンチの効いた柄でございます。



陶器市で100円で買ったものの、全然出番がなかった葡萄の箸置きもようやくデビュー。



葡萄柄の半衿がなかったので、このコーデのために濱文様の葡萄唐草柄手ぬぐいを買いに走った。

絶妙な柄の大きさ、色合いが半衿向きな手ぬぐいだと思います。

帯揚げ、帯締めは葡萄カラー。


そう、これは夏の余韻残る9月前半までなら有松絞りの浴衣もいいんですが、着たのが9月後半。

ちょっと季節的にもう有松な感じじゃなかったです~
この藍の絞りが夏の気配濃厚で。

そりゃ体感気温で着るものを決めていいと思うんだが、やっぱり色合い、雰囲気って大事ですな。

これが現代ものプリントの葡萄柄の浴衣だったら、別にいつ着ようが気にはならないものなんですが

てなわけで葡萄柄の浴衣を探しますわ~←正絹着物で探そうと思わない。だって葡萄柄着る時期ってまだまだ暑いもん



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 




スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ