FC2ブログ
2018-10-21

戌年・今月の、お犬様コーデ。~10月~

―――――…ようやくハロウィン飾り付けが全部終わったんですよ…残すところ10日だっつーのに


さて、10月のお犬様コーデ。せっかくだからハロウィンテイストにすれば、って話ですがお犬様コーデは今年いっぱいなのです。毎月出るのは。

残すところあと3回分。ハロウィンで消費するのも勿体ない話だ。

今月は、見た瞬間に『これは犬コーデで使おう!』とコーデが思い浮かんだ着物を使用。









ようやく暖色系のお犬様帯が戻って参りましたなあ。袷のシーズンです。

アヤさんから頂いた赤黒金市松に狆の帯。

この帯は優秀で、割とどんな着物にでも合います。

着物は我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』の全品100円l均一セールデーの時にゲットしてきたお召し。

もちろん100円ですよ、奥さん(笑)

何の柄?、と言われると説明が難しい柄ですが、モードに走り過ぎるわけでもなく、でも民芸チックに陥るわけでもないカッコいい着物なのです。

で、この帯はもちろんの事、色々な帯を当ててみましたが、全ての帯を許容した懐の深い着物でした。

手持ちのお犬様帯とも全部合ったので、正直どの帯使うか迷った

決して主張は強くはないですが、どの帯とも相性がいい優秀な着物です。

100円でゲットできて嬉しいですわ(笑)

半衿は帯の市松つながりで、黒白市松柄。

帯揚げは紅白ビンボーダーの細ボーダー。

帯締めはかなり太い、立涌柄のもの。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2018-10-19

色々と見て回るよ@きものサローネ

――――――うちの前で交通事故ですわ、奥さん…

車とバイクの接触事故。まあ、バイクの人は別に命に別状はないんだけれども。

まだ現場検証中なのでうちの車が出せません。


さて、きものサローネのレポートの最終回。

ひめ吉さんのブースを後にし、あちこちのブースを見て回ります。



…相変わらずきものサローネの画像はボケる(笑)会場が暗いわけでもないのになぜ

まず100体コーデ、毎年恒例になってますがこれが負担になっている出展者も多いのではあるまいな?という印象。

いや、帯、着物を出してるとこはいい宣伝だと思いますが、小物類や、カラーコーディネート業とかは、いい着物、とか思うと実は帯留め屋さんのコーデだったりして見る方もがっくり。

今回かなり苦慮感が漂っていたのはカラーコーディネートのとこですかね。

確か春カラーの人用コーデとか、そんな感じでまとめてあり『…えーっとこれは実際その人が着てないことにはいいんだか悪いんだかよくわからんな
』って感じでした。

コーデそのものはアンティークのいいものだったんですがね(笑)

うーん、出展者一律にトルソーコーデのノルマを課すんじゃなくて、希望者だけに絞った方がいいんじゃないのかなあ。それか小物は小物だけで単体で飾るとか。



頑張っているコーデが多い中、すっきり黒。の振袖。

こーゆーのは都会では受けそうですよね。…そして案外成人式でこーゆーのを着たがるお嬢さんも多いかと。←そして親類一同に猛反対されるってパターン(笑)



羊が密集の帯、だと思ってたら今よく見りゃ鳥だのサル?だのも混入していた。

でも干支の帯ってわけでもないんだな。うーん。

当日、しっかり見ているようで全然見ていないってのが、後日画像を見返すとよくわかります。



黒の繻子帯にラインストーンで麻の葉柄。パーティーの照明だとキラキラして綺麗だと思います。



菱田春草黒猫リスペクト、なバッグと帯。

…タンタン氏と『うーん、椿、椿がなあ…季節限定になっちゃうじゃん。季節問わずの柄ならいいのに~』と惜しんでおりました。



去年から随分と奥まった部屋に設置されるようになったステージ。…ホワイトボードに手書きなプログラム…せめてちゃんと印刷したものを貼って差し上げたら如何か。

ステージの場所は以前の吹き抜けの方がいいと思う。

そして去年までは立ち飲み角打ちな場所があり、着物でお酒なかっこいい方々が集ってましたが、今年はどこの事務所の休憩所かって感じのしょぼいコーナーに…酒は消えた。

―――――なんだか、結構予算が減ってない?(笑)

美しいキモノの撮影コーナーも消え、着物ボランティアスタッフも減り、多分出店数もかなり減っている。

なので通路がかなり広くゆとりがあり、ブースそのものもゆったり設計。

それって一長一短で、狭い通路の方が物が売れやすい時がある。通路が狭い分、どうしても店の目前を通らねばならないから品物がそれだけ目に入りやすい。

…通路広いと、遠目で興味があるものがない店はそのまま遠巻きに見てスルーされますよね(笑)



かと思えばぎゅうぎゅう感のある部屋もある(笑)…すっきり広々なブースと、ぎうぎうブースの落差が激しいです。



そして何気なくフラーっと小部屋内をうろついていたところ、壁にバッグがいっぱいなお店。

『あ、ここのお店は確かブログ村でバッグの画像をアップしているお店だ…』と思って眺めていたところ、店主の女性と目が合う。

そして『あすかさんですよね!?』と仰るではありませんか

なんでもこちらのkoruriさん、あっしとお住まい地域が近いので、あっしのブログに出てくるサイタマローカルネタが大受けなのだそうです(笑)

で、私とkoruriさんがローカルネタで盛り上っていると、背後をふらふらとたまさんが回遊していたので『これがたまです』と物扱いにして紹介するワタクシ。

そして他人のふりをして近くで佇んでいたタンタン氏を『あれがタンタンです』と巻き込み、義妹氏もウロウロから帰ってきたので『あちらが義妹さんです』とオールスター総出演にしてみた(笑)



で、画像はkoruriさんとこの富士山バッグがいたくお気に召したたまさん。

うん、たまさんは好きそうだと思ったら、案の定がっつり喰い付いた(笑)すんごく笑顔なのよ。

お値段がセオα浴衣1枚分くらいなので、最初からこれを買うつもりでお金用意してないといきなり衝動買いできるものではありません。

500円玉貯金でもして買うのよ、たまさん!!(笑)



そう云えば義妹さんはこの日『番長』と名付けられた帯を締めておりましたが、『義妹さんです』と紹介すると皆さんもれなく「ああ、あの番長帯!」と仰る。

…どんだけ知名度があるのよ、番長帯(笑)決して目立つ派手な帯でもないのに。と云うか皆さん、しっかり読んでらっしゃるのよねえ、たまさんとこのブログもうちのブログも。

わざわざお声掛け下さる方々は、こっちが忘れているような記事でもがっつり読んでしっかり覚えている方々である、と判明。

ああ、悪いことはできません


さてここからがたま武勇伝。

常日頃『あたしゃ人見知りで感じ悪い女なんだからねーっ』と宣言しているたまさんですが、『私、●●な人で―』と言い張る女に限ってそうではない、という図式がたまさんにも当てはまった。



100体コーデ撮ろうとしたらたまたま目の前を横切った画像が撮れてました。ボケてますけど勝手に使わせて頂きます。

こちらのブルーの暈しに雲、見えにくいけど飛行機の柄が入っている羽織の方。

会場内でもかなり目立っていたので『あちらはアンティークの羽織なのかなあ』『面白い柄ですよねえ』とかたまさんたちと話していたのです。

で、ちらちらとたまさんが見ては探りを入れるわけですよ。

あっしはあっしで『アンティークっぽい柄だけど、アンティーク独特のくすみ感がなく、白が真っ白。生成りががってないから新品なのかな?』とか思っていたのだが、ふと目を離したらたまさんがこの女性に話しかけているではありませんか。

そしてこの羽織の来歴を聞いていた(笑) 新品の反物から誂えたものだそうです。

どうにもこうにも気になってご本人に聞きに行ってしまったらしい(笑)

まあ、確かに至近距離でお召し物についてあれこれぶつぶつ憶測言ってるより、ご本人に直接聞いた方が嫌味じゃないよね(笑)



100体コーデのトルソーを見ていた方。お太鼓が遠めに斬新なデザイン、と思っていたら、よく見りゃ猫。しかも太い(笑)

なので、『たまさん、たまさん、見て見て猫が太いの』と報告したらばそこで『太ってるーっ!!』とたまさん絶叫(笑)

…何事かと思ってこの女性が振り向き、そしてまたしても帯の来歴をうかがうことに。

こちらは作家もの。マツコ・デラックスがモデル(笑)な猫柄帯だそうですわ。

黒猫柄ってどうしてもスタイリッシュな細い綺麗なシルエットの猫柄ばかりなので、これはいいなあ

今回、コーデ全体としてはじけた格好の方はいらっしゃいませんでしたが(なぜか男性着物スタッフにはそんな恰好が多かったが)、帯が面白い方がとても多かったです。

そして極めつけ。

そろそろ階下に降りて喫茶店でお茶するべし、とサローネ入り口脇のカウンターのような場所でとりあえずバッグの中の荷物の整理とかをしていたのです。

あっしは別のテーブルに置いてあるチラシを取りに行って、振り向いたらなんかたまさんが隣にいた方とおしゃべりをしている。

…あたしゃ『あら?珍しくもこんなところでたまさんのお知り合い?』とか思って声掛けたら『ああ!?あああ、こっちがあすかです!!』と急にワタクシを紹介される…

たまさんはバッグの整理をしつつ、お隣の方の着姿チェックもしていたそうなんですわ(笑)

そして『帯は博多のあのメーカーだとわかるが、着物はどこのなんだろう…』とか横目でちらちら見ていたそうなんです。

そしたらその方が『失礼ですが、まおじゃらんのたまさんではないでしょうか!?』と

あたしゃ顔出してるから身元が判明しやすいが、たまさんは顔が隠れているのです。

それでもわかるってことは相当ブログを読んでいる方です(笑)

もちろんしっかりワタクシ、義妹さんの事はわかっておられます。

yoshizouさん、その節はいきなりこのメンバーで取り囲んで申し訳ありませんでした。

着物歴がまだ浅くてらっしゃるのに、この綺麗な着姿。

義妹さんは『いーなー。私はこーゆー人になりたい』とかわけのわからない発言をしていた(笑)



…たまさんの腰が引けていて、若干うろたえているのがよくわかる画像でございましょう(笑)

たまさんたら、人見知りだとか公言してるくせに気が付きゃフレンドリーに話しかけに行き、そして着物やら帯やら色々触らせて貰っている…

そーゆーのは人見知りとは言わないんですよ、奥さん。


今回は、その後コメント頂き身元が判明された方以外からも良くお声掛け頂きました。

遠目に見ていて結局お声掛け下さらなかった方も、次回我らが一行を見かけたら是非お声掛け下さいませ。←ただし場合によってはネタにされる(笑)

ああ、それにしても今年はかんたーびれさんこと朝香さんと遭遇できなかったのが残念

                         ●完●


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 









2018-10-18

お客さんが引きも切らずで大盛況なひめ吉ブース@きものサローネ

――――――さて、きものサローネのお話の続きです。

…車で駅に向かおうとすると、車の『外気温表示』が32℃とかなってて、嘘だろう!?と思ったのだが、パーキングに停め、徒歩で駅に向かうと、確かに暑いような気がする…

湿度が高いので息苦しい感じなんですわ。

でもそれはあっしが袷なんぞ着ているせいかと思っていたが。

駅のホームで電車待ちしていたら、向かいの下りホームでは、半袖の高校生がタオルでしきりに汗をぬぐっていた…

暑いんじゃないか、やっぱり暑いんじゃないかああああ



もちろん電車にはクーラーが入ってはいたが、真夏と違って今の時期のクーラーは微妙な効き加減よね



そして会場の日本橋はYUITO前。…ご年配は長袖多し。でも若い人は半袖でしただよ…

相変わらず会場付近に着物姿がなく、着物イベントが開催されているとはわからない…

と思ったらば、喫茶店に入ろうとしている着物姿を発見。

その方、ひめ吉さんちの紅葉半衿に、ひめ吉さんちでお買い物した袋を持ってた(笑)

ひめ吉半衿愛用者が増えて本当に嬉しい限り~


きものサローネってば毎年運営形態と云うか、色々な企画が変わるのです。

同日に別会場で着物ファッションショーをやってる年もあれば日を分けてる年もあり、今年も日を分けて開催だったようです。←ろくに調べもしていない。

まあ、ワタクシ達はただただこの機にしか上京しないひめ吉さん姉妹に会いに行くのが目的なので、本当にきものサローネでもひめ吉ブースがメイン(笑)

いっつもひめ吉さんブースで何時ごろ待ち合わせ、という、待ち合わせ場所として利用している(笑)



ブースの場所のせいかお客さんがとても多い、とのひめ吉報告でしたが、本当にお客さんが多くて近寄れない(笑)

ちょうど会場階に上がって最初に見える売り場なのでお客さんが立ち寄りやすいんですね。

しかもお手頃価格の小物類なのでお客さんも物色に時間がかかる。

これが明らかにお高い帯とか着物が並んでたらスルーで閑古鳥だと思うんですよ(笑)



で、ワタクシはお客の中に紛れているこのヒトがたまさんだとわからなかった…あまりにもたまさんらしくない雰囲気で(爆)

染織こだまのご主人に『優し気に見える』との太鼓判?を頂いたこの縞の綿着物。

それでもあっしは着物だけの画像見て『…でも着るのがたまさんだからなあ。着物そのものは優し気でも、着る人の内面が出るんじゃないのか?』的な罵詈雑言を吐いた覚えアリ。

―――――着る人がたまさんでも(爆)、ちゃんと優し気に見えるよ!!

そして不穏だと思っていた100均手ぬぐいで作った顔だけ猫の帯、この着物と色が合ってて可愛く見えるよ!!


…あたしゃこの100均手ぬぐい、タンタン氏から送って頂いたので『…不穏な猫柄だからハロウィン用にでもするか』とか思ってたんだが、たまさんが締めてるの見たら、ちっとも不穏じゃなかったわ

あ、でもこれはまさしく着る人の内面が作用するのかも。あっしが締めたらハロウィンで横溝が出るかもよ(笑)

ここにはタンタン氏とたまさん義妹『冷え対策委員長』氏もたむろしておりました(笑)

本当に我らの溜まり場と化すひめ吉ブースでした。

お客さんが引きも切らずなので、ひめ吉姉妹と一緒に写真がなかなか撮れない

なのであっち行ったりこっち行ったりウロウロ会場内を物色しては戻る、を繰り返していたんだが、いっつもこんな風に大盛況。



そしてお客さんが多いもんだから、あっしはさっさと半衿の物色を諦め、こっちに賭ける。



画像ボケてますが、なぜかガチャがある(笑)…好きよね、こーゆーお遊び企画。

あっしが狙ったのはグリーンがかったブルーのアンティーク着物に合いそうなもの。

しかし出たのはピンク…

なので欲しい色に替えてもらうという、ガチャの意味なしな狼藉を働くワタクシ達。



結局ひめ吉さんとこではこれだけが戦利品。

…ちゅーか毎年『ああ、これはきものサローネで現物見て、その場で買おう』とか思っている半衿があるんだが、なぜか毎年会場でそれを忘れる

そんな大盛況のひめ吉ブースも、突然客が切れる瞬間があり、その隙に撮影。



この間義妹さんはどっかに散歩(笑)に行っており、タンタン氏は洋服なので写っておりませぬ。撮ってるのはみーちゃん。



ゆうかさんの帯。踊る猫~



で、画像に写りこんでいるこちらが、大忙しの一因でもあった。

ひめ吉オリジナルトリプル仮紐の使い方としての帯結び。

こちらが結構人気でしてね。

お若い方だと『自分でもやってみるんですけどどうにも上手くいかなくて…』、ご年配は『あら、面白い結び方ね、どうやるの?』ととにかく実演希望が多く、あっしが眺めている間でも4回くらい実演させられていた(笑)

そして実演していると人が立ち止まる→更にお客が増えるで忙しくなり、『来年からはDVDよっDVD!!エンドレスで流すのよ!!』とアドバイスしたワタクシ。


ひめ吉ブースにたむろし、大きな態度で居座るワタクシ達は身元がバレていたようで、と云うか当日あっしは着ていくコーデをアップしているのだからそりゃバレて当たり前であろう
、今年は比較的よくお声を掛けて頂きました。

ひめ吉ブースでお声掛けくだすったかしわさん、その節はありがとうございました。

開口一番たまさんが、かしわさんがお持ちの山葡萄のかごを『お高いものを…』と喰い付いた(笑)

それはお買い上げ品ではなく自作だそうです。画像撮らせて貰えばよかったですわ~


ひめ吉さんたちとも撮影が終わり、また来年の再会を約束してひめ吉さんたちとはお別れ。

他のブースを見て回ります~

                     ●続く●


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2018-10-16

柿コーデで、きものサローネ・2018

――――――ああ、ようやくきものサローネの記事まで到達しましたわ。…まあ、本日は着姿だけなんだけれども(笑)

既にたまさんとこ、ひめ吉さんとこで着姿が暴露されているので目新しさもございませんが(うちのブログをご覧になっている方は当然上のお二人のブログはチェックしていると思っている)、とりあえずは自分で毎度お馴染み横顔アングルを撮ってはいるのでアップしますわ。



――――――一体どこで撮っているのかと云うと、これはお会いする方々への手土産『はにわサブレ』を売っている十万石饅頭の駐車場なんですのよ(笑)

和風で綺麗なので、出かける前に手土産を買った際にはここで撮る。

…この時点では、まだ袷はそれほど暑くはなかったのです…徐々に来る。

今回のコーデの肝はこの帽子なのか、いつもサブレを買いに来ても特に何も言われないのに、今回は『お着物、素敵です!』と店員さんに言われたのだった。

まあ、本当はこの帽子をコーデに組み込む予定ではなかったんですがね。

――――――当日、頭頂部のつんつんアホ毛がすさまじく、どうにもこうにも毛が寝てくれなかったので帽子で隠す、という手に打って出ただけ(笑)



この帽子はあっしがまだ学生であった25年ほど前の頃、学校の近くの池袋はサンシャインの中に入っていた古着屋で見つけたもの。1000円でしたわ。

…他にもレースカーテンみたいな生地で出来てるワンピースとかドレスとか、60年代な服を買ったなあ(笑)

その後金子服とかでもかなり使い、更に着物姿でもたまに使っている。



かぶりが浅くて安定しないので、自分でピンを縫い付けてかぶる時は留めております。



髪飾りはダイソーの玉かんざし。…チープなり(笑)

ここは帽子に合わせて洋風かんざしにした方が合うかとは思ったが、ダイソー玉かんざしの色は着物の色と合ったので。



たまさんとこから画像拝借。この髪形を見てたまさんの義妹『冷え対策委員長』はこう言った。

『…これはどのように組んでらっしゃるの!?』

―――――――組紐か(笑)

いや、ただ単にハーフアップしたところを2回くるりんぱ、その毛束も使って残りの毛と共に三つ編みにしたものをとぐろ巻きにしてみただけなんですがね。

しめ縄みたいなボリュームが出て、なんだかポンデリング的なシルエットになってたんですね(笑)

この三つ編みとぐろ髷は、同じように作ってても常に形が若干変化するので、次回も同じ髪形にはならないだろうなあ…


あ、足元は撮り忘れた。熟柿色とカラー足袋&黒のカレンブロッソでございます。


――――――そしてこれから日本橋へと向かうのです。…晴れ間が出てきて徐々に気温が上昇…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-10-15

葡萄コーデで4年ぶりに大江戸骨董市に。

――――――ああ、なんということでしょう。…我が家の飾り付けがまだ十五夜のままなんです、奥さん

ハロウィンまで残り2週間だっつーのに、ハロウィンものだって地味に小物が増えてるっつーのに一体何やってるんでしょうかね

これだからお盆前から100均でハロウィングッズが並ぶのは良くない、と申しているのです。

10月末までにすっかり見慣れて油断してしまい、急いで飾らねばという気が削がれる。と、またしても人のせいにする(笑)

いい加減この記事にアップが終わったら、ハロウィンの飾り付けに着手しなくちゃなー…


さて、もうすっかり寒くて寒くて、先週の日曜にクーラー付けてたのに本日は朝から暖房…

そんな今見ると、寒々しいことこの上ない葡萄コーデで4年ぶりに大江戸骨董市に出かけたのです。あ、先月の話ですよ。

東京駅に用事があったもので、ついで。



大江戸骨董市、過去2回ほど行っておりますが、いっつも閉会間際にやって来るという迷惑な客
今回は閉会まで2時間くらいあるという優秀な到着時間でした(笑)

4年ほど前まではお馴染み『tento 』さんが出店されてましたが、大江戸骨董市から撤退されてしまったので、それ以来こちらはご無沙汰でした。

んで、4年ぶりに来てみればこの盛況っぷり。

外国人観光客が本当に本当に増えてるおかげで、東京駅近くの有楽町の東京国際フォーラムが会場という立地だと、それはそれは海外からの観光客の恩恵を受けている様子。

―――――『YOUは何しに』の取材クルーもいましたよ(笑)

そして、やっぱり品揃えが着物よりも小物骨董とかの店が増えているようです。



からくりものを売ってるお店。この鳥かごの中の鳥、どんなからくりなのか動くんですのよ。

まるで博物館のような商品説明がくっ付いてます(笑)



もちろん着物の店もありますが、やっぱりこれは!と思うアンティークのお店はお高い。

大人しめの柄の銘仙とかは1000円ぐらいで売っておりました。

…でもサイタマの価格破壊リサイクル着物地帯に住んでいる身としては『…うーん、メガトン上尾で540円で買えそうだなあ…』とか思って、欲しいものは見つからず。

お客さんが多いので、目ぼしいものは午前中に全部売れちゃってるのかもしれませんね。



多分こちらは以前浦和の骨董市に毎月出ていたお店。…浦和に出なくなったと思ったら大江戸に移住していたのねー…まあ、売り上げが全然違うからね(笑)

十五夜前だったので、着物見ている女性のお召しの着物がススキ柄なのがとても素敵でしたわ。

あ、そうだ。一際安い店があるなあと思って覗いてみたら、それは『百彩』さん。…ええ、ワタクシが常々『場末感漂うスーパーの2階にテナントで入っているリサイクル着物屋さん、3点1000円コーナーあり』と紹介しているあの店ですよ。

…こんなところで支部?が行商していたのねー(笑)

でもどうせだったら店舗の品と行商の品、入れ替えて循環させた方がいいと思うぞ。

だって店舗での売れ残りは数か月以上も延々売れ残っている…

客数が違う分だけ店舗で売れないものもこっちなら売れるんじゃないかなあ。



こちらの女性も十五夜コーデだと思います。お月さまを意識した色合いに、丸紋の帯。

それにしてもこの日見かけた着物姿の方々が低めの位置にお団子、なフネさんスタイルで、あっしのこの夏のマイブームもフネさんスタイルだったものだから『あらやだ。あっしがブーム作ってる!?』とか驕り高ぶってみたのだが、考えてみりゃそもそもあっしのマイブームなフネさんスタイルは七緒を見てて『いいなあ』と思ったわけで。

――――――ただ単に七緒スタイルがお好きな方々が東京には多い、ってことでしょうな(笑)


で、小僧も持参でしたが、先に東京駅の目的地をバラすとそっちに先に行きたがり、骨董市が終わってしまうと懸念されたのであっしは黙っていた。

そして浦和の骨董市と違って手頃な価格のミニカーなどが全くない大江戸骨董市…

故に小僧は特に楽しくもなく、無言であっしの後をついて回っていたのだったが。

以前浦和の骨董市に出店なすっていた『青空レトロ雑貨店』さんを発見。

―――――なんと、以前は扱ってなかったミニカーを大量に持ってきているではないですか!!

……そして小僧は延々物色し、計8個のミニカーを買った……

途端にあれだけテンション低めだった奴がハイテンションに

ちなみにあっしは何も買っておりませんよ。我が家の骨董市あるあるでございます



思わず横溝も出るってもんです。

一通り見て回り、時間的にそろそろ撤収作業も始まっているので、大江戸骨董市では私は買い物もせずに退散。

本来の目的地の東京駅に向かうのです。



建て直しで綺麗になってから東京駅に来たのは初めてですわ。車で通り過ぎながら横目で見ることはあったが。



用事があったのは東京駅内の一番街。キャラクターストリート奥に鎮座する店。



トミカショップでございます…だってトミカショップ限定の、この赤丸で囲んだパーツを選んで作れるトミカがこの日程で作れるのってここだけだったんだもの。

10日ごとに作れる車種が変わるので、お盆に横浜に行った時には横浜のトミカショップでは別の車種だった。

そしてスカイツリータウンの中のトミカショップではこれはやってない…うちから一番近いのは東京駅しかないじゃん

これだけのために東京駅にわざわざ来ることもないが、まあ、大江戸骨董市と日程も合い、骨董市会場から徒歩で移動できる距離だったので予定に組み込みました。

…骨董市でミニカーを8個もゲットの後にこの目的地を告げられ、小僧は狂喜した(笑)



狂喜のあまり、東京駅の外で腹ばいになってこんな画像を撮らせる始末。





ワタクシもようやく全身画像。



あっしが三脚振り回してセルフ撮影していようが、小僧が馬鹿げたポーズで撮っていようが、ご覧の通りに常に観光客があちこちで撮影している、それが東京駅。

誰も見咎めずにスルー。

と云うかとにかくこの場所が広いので、通行人の邪魔にならないんですよね。

アンティークなコーデで大江戸骨董市においでの際には、東京駅まで移動してアンティークに似合うこの駅を背景に撮影されては如何か(笑)



本日の無修正。…なんだか盆踊り。



足元は自作のレース足袋&カレンブロッソ。



髪飾りは100均ダイソーの玉かんざし。葡萄カラーに合わせて紫。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2018-10-13

真夏日な気温で途方に暮れ、茫然自失気味な大正時代まつりコーデ・2018

――――――ああ、先週末の真夏日な気温は何だったんだ…今は寒いったらないぜ。

なぜ先週、このような気温になってくれなかったのかしら。

着物イベントを狙い撃ちにしているとしか思えない。


てな訳で、土曜はきものサローネに袷を着ていき、それはそれは暑かったのでしたが、その翌日の日曜は地元はさいたま市の与野にて大正時代まつりだったのです。

―――――土曜よりもさらに気温が上がる予報。そしてそれは守られた…

実は大正時代まつり用にコーデは2パターン用意していた。

でも両方とも袷。1パターンは『汗かいてもシミが目立たないから大丈夫だろう』と思って用意したものだったが、もう袷を着られる気温ではなかった、当日は

袷着たらば汗をかくどころじゃなく気持ち悪くなるであろう必至。

――――――おかげさまで茫然としたまま、しばしコーデを新たに考える気力も湧かず。

2時間ぐらいうだうだして、ようやく『しょうがない、単衣ものを探すか…』と重い腰を上げ、何とか必死にコーデしたのがこちら。









…やっつけ仕事でうだうだコーデした割には、大正時代まつり的に完成度高いのがまた口惜しい(笑)

浦和コルソの骨董市で2000円で買った子供着物。袷でもちろんサイズが子供だったのだが、縫込み部分を延ばせばギリギリ大人サイズになるか、と全部解体し、再度単衣として再構築した。

んで、無駄に身幅だの裄だのを最大限に出してしまったため、着丈は短いのに身幅だけは既製品のポリ並みにある、という有様。…つまり着にくい着物になった

着にくい着物である上に、どうにも着丈も短いので出来れば着たくない着物なのだが、パッと見華やかな単衣の染めの着物の手持ちが少ないのです。

もう1枚は去年の大正時代まつりで着てしまったので2年連続は避けたい。

ちゅー訳で涙を呑んでこの着物…

地味な銘仙とかの単衣ならいっぱいあるんだがな
 大正時代まつりは大手を振って派手な格好ができる日なので出来るだけ地味系は着たくないのです。

この着物の柄そのものは気に入っているので、また着やすいように手直しすべきだろうか…胴はぎして着丈伸ばせばそれだけでも着やすくなるのだし。うーん…面倒だ。

帯は、実家近くのハッチ似のカエル顔親父のいる激安着物店で買った端切れを作り帯にしたもの。橘柄。元々は長襦袢だったと思われる。

なるべく薄い芯入りの作り帯でとにかく暑さを軽減。



去年も同じ半衿でしたわ(笑) …だって去年も橘柄コーデ…

橘は本来冬の柄なのでこのような微妙な時期に使いたくはないのだが、着物の選択肢がなかったのでねえ

桐柄でコーデしてもよかったんだが、桐柄の半衿がない…どうせならトータルコーデしてやる。

帯揚げは骨董アンティークフェアで800円で買った、水浅黄色に赤紫の麻の葉柄の絞り。

気に入ってるのに全然出番がなく、ようやく使えて嬉しい。

帯締めも赤紫に白の矢羽根刺繍入り。


―――――そして出向いた大正時代まつりは、皆さん着るものに苦慮した感じでした…

完全な夏ものスタイルの方もいらっしゃれば、袷に羽織!まで着用と云うコスプレ魂(いや、まさにそれだと思う)の方までいたのでした。

…ああ、10月頭でなければ着るものには悩まないのに…

ああ、10月末開催に戻してほしい



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 



2018-10-12

ハロウィン



yahooブログは訪問者数に応じてTポイントに還元されるのですが、現在、その還元されたポイントが地震関連募金、及びその他の災害募金へと寄付できるようになっています。

なので日々の還元されたポイントは寄付しております。

皆さまの訪問が被災地へのほんの小さな一助にもなります。訪問してくださりありがとうございます。

2018-10-11

久々に、着物半額デーからのサイタマリサイクル着物店巡りをしてみた。

――――――さて、昨日は我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』店が着物半額デーだったんですがね。

ワタクシ、今回は『よさげな色無地があったら買おう』と云う明確な目的があったのですわ。

…別に色無地が必要なお出かけがあるわけではない。

ハロウィンコーデ用に、色無地にクモの巣柄でも描こうかなーとか思ったのだった。

だってクモの巣柄って案外簡単な図案なんですもの。そして着物として売られているものはお高い。だったら自分で描くよ(笑)

てな訳で珍しくも欲しいものが頭の中にある状態で着物半額デーに参戦。

…前回行った『100円均一デー』の時にあったけど「綺麗だけど使い道がない…」でスルーした、ターコイズっぽい地色の色無地、残ってればいいなあと思ったんだがやっぱり残ってなかった…

濃いめオレンジ系の色無地もなく、見事撃沈でございました(笑)

まあ、色無地は常に入荷し続けているので、来年に向けて地道に探すことに致しましょう。

ハロウィンコーデ向き着物は大量に所持しているので切羽詰まらない(笑)

で、結局着物半額デーには買うものなし、なちゃくちゃくちゃく南中野でございました。

…そう云えば七五三ものもまだ入ってないなあ。そろそろ並ぶ頃なんだけど。

そして相変わらず帯がほぼない


買うものが何もなかったので、『うーん、じゃあ上尾にも行ってみるべか~』と約1ヶ月ぶりに上尾にも足を延ばします。

上尾のメガトンマーケット。そこそこ場末の地にあり、店内にもいっぱい人がいるってわけでもないのになぜか駐車場が結構埋まっているという不思議(笑)

店員はモード系なんだか妙におしゃれな若い人ばっかりなんだが、お客は時間帯にもよるのかもしれんがジジババ率高いっすよ(笑)

そして買ったものがこちら。



椿、と云うより山茶花っぽい柄の帯。こーゆー紫色の地色の帯って滅多にないんですよ。

オペラピンク寄り赤紫だったら割とあるのに。540円なり。



竹に雀の帯。540円なり。…ほら、必ず見つけちゃうんですよあっしは
自分で作った後に。

あ、でも竹に雀…のようでいながらお太鼓の鳥は雀ではない(笑)



しかも折り畳んで隠れる部分にこのように雀が集う(爆)

…デザイン考えた者、一体何を考えているのか。なぜ素直に雀を全面に出さない!?

先日プリントオーダーで作った竹と雀帯とはニュアンスが違うので、これはこれで活用致しますわー



ハロウィンテイストなオレンジ白な帯締め、210円。

そして黒繻子の紳士用の黒足袋、210円。いえね、このような紳士用の黒足袋は新品でも割とどこでも売ってるものですが、『いいなあ』と思ってもサイズが紳士用。

一番小さくて24・5しかなかったので諦めてたんですが、これ、ふと見たら24cmで未使用。裏がネルと云うものでした。

通常ワタクシのサイズは23・5ですが、裏がネルの場合はボリューム出るので24でOK。


なかなか有意義な買い物を終え、今度は『ちゃくちゃくちゃく上尾』店に行きます。

時期的に七五三ものが揃ってるかな、と思って。――――まあ、実際は1つもなかったんだけど

うーん、まだ出してないのかなあ。去年大量に出てたし、七五三シーズン終わっても大量に残ってたから売り切れたって訳でも無かろうに。

んで、南中野店はほぼ帯がないのですが、こちらは逆に帯が多かった。

まあ、着物や帯の絶対数が少ないのでその比率に対して帯が多いってことなんですが。

ちなみに着物の量は南中野店の10分の1くらいしか置いてないです

しかしたまにアンティークの掘り出し物があったりして侮れないのです。

今回はこれを発見。



アンティークの絽の撫子柄の帯。

南中野店は着物半額デーだったが、こちらの店は定価の300円であろう、と携帯クーポン使って3割引きの210円で買おうとしたらば、なんと!こちらはこちらで『女性限定半額デー』でした!!

なので150円でゲット(笑)

…たまにこのような僥倖もございます。

今年は酷暑で着そびれた、頂きものの銘仙の撫子柄着物があるので来年それに合わせて使いたいと思います。


――――――ちゃくちゃくちゃく南中野店は帯が全然なかったが、他の店にはいっぱいいいものがあった、というお話(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-10-09

アザラシ推し!な水族館仕様コーデでマクセルアクアパーク品川に。

――――――ああ、ハロウィンのイラストまだ描いてないんですよ、奥さん。

気が付けば10月も9日。アップしても20日あまりですぐにイラストの変更でございます。

―――――面倒な。…しかしいつまでもこの寒々しい浴衣着ているイラストを引っ提げているわけにもいかない…

しょうがない。ぼちぼち描きますわー


さて、9月の半ばに行ってきた水族館ネタでございます。

『マクセルアクアパーク品川』、ここに行けば関東近郊の水族館はほぼ制覇したことになります。

品川駅前のプリンスホテル内にあるので、まあ、デートスポットでございますな。

各地の水族館を放浪しておりますが、やっぱり都内になればなるほど客が若く、おしゃれです(笑)



ここってば屋内の狭い中にこのような海賊船アトラクションまである…若干いろいろ盛り込み過ぎている感あり。



どこに行っても暗くてよく撮れないクラゲ展示。基本クラゲと云うかイルミネーションですからなあ(笑)

特に変わり種の展示があるわけでもなく、水族館馴れしている身としてはさっさと素通りする場所も多いです。

ちゅーか、小僧はアシカとアザラシが見られればいい。



こちらのアシカは笑顔が下手でしたわ(笑)…そう考えると、本当にニヤニヤ顔が作れる鴨川シーワールドのアシカは凄いんだなあ。



こちらが鴨川シーワールドのアシカ。



ここのイルカショーはとにかく『観客に水をぶっかける』のに命を懸けているようで、これでもかと水をかけられた人が避難してくる場面も。



そしてゴマフアザラシ。…基本、じっとしていないのでこのような画像は貴重。



アザラシ推しコーデであるのに、一緒にアザラシと映ってる画像はこんな



どこにでもいるチンアナゴ。あ、でもどこにでもいるタカアシガニがここにはいなかったな(笑)



なぜだかまるで動かないピラニア。



このような海中トンネル的なものはあちこちにも増えましたね。



――――――でも横溝が出るワタクシ。

場所もコーデも選ばず横溝が出るという、特異体質なワタクシですが水族館は割と出やすい模様。



アザラシがメインのつもりだが、こうしてみると帯は干されシロクマの割合が高いですな。

…そして誰も着物姿には喰い付かない(笑)

ものすごいガン見してきたのは、帰り、駐車場に向かうエレベーター内にいた赤子だけでした(笑)



足元はレース足袋&カレンブロッソ。


―――――うーん、やっぱりアザラシメインなコーデならば品川は品川でも大森海岸の方の『しながわ水族館』の方がいいですな。

アザラシ館あるし、頭数も多いし、アザラシのやる気のないショーもあるし、『あすか』と云う名前のアザラシいるし(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
2018-10-08

彼岸花コーデを何とか彼岸花の前で着る。…色の加工をして(笑)

―――――――連日の着物(を着て出かける)イベントが終わりましてございます。…終わった途端に涼しい袷日和…おのれ~

さて、きものサローネだとか大正時代まつりとかありましたが、とりあえず鮮度が古い(笑)物からアップしなくてはなりません。

と云うわけで今頃彼岸花コーデの着姿。

…先日竹と雀コーデで彼岸花が出てきたもんだから、もう彼岸花コーデも出てしまったような気がしておりますが、まだなんですよ、奥さん。

見頃の時期を逸して、もう花が白っぽく枯れ気味の中で撮影ですので、画像の彩度をあげて赤みを足しておきました(笑)

それがこちら。





…昔のモノクロ画像ハガキに後から彩色してある物みたいな、とって付けたような赤でございますわ

そしてコーデの赤が際立ったおかげで、背後の枯れ気味彼岸花のみすぼらしさもより際立ってしまった…

ええ、来年は見頃の時期きっちりに撮れるよう心掛けたいと存じます。



足元は生成りの自作のレース足袋&カレンブロッソ。



髪飾りはこれまた自作の彼岸花つまみ細工。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ