FC2ブログ
2018-08-19

力強い花柄と矢羽根の綿絽浴衣で、蕨の『機まつり』へ。…そして金魚の惨劇は続く。

――――――…こんなに涼しいのに、あまり虫の声がしないという不思議。

やっぱり涼しくなるにしても、異常高温からいきなりスコーンと涼しいってパターンだと、虫だって心の準備ができていないのかもしれない。…と云うか生きてるんだろうか、虫は

気が付けば、庭にいっぱいいた小さいバッタが消えている…

クロハウリムシだけはどんな気候だろうが必ずナデシコ科の植物を狙ってやって来て、蕾を食い散らかしてくれるんだけどよ


さて、金魚の話ばっかりで申し訳ありませんが、今年は金魚の話題しかないので仕方がない(泣き笑い)

浦和まつりで黒出目金含め11匹をすくったにもかかわらず、全滅。

…仕方がないので翌週の蕨市の『機まつり』に賭けることにした。



この祭り、合計4日間もあるんです…そして激暑の時期。金魚、大丈夫なのかしら…

と危惧されたので初日に行きたかったのだが間に合わず、2日目に参戦。



今年は私はやけに紺地の浴衣をよく見ましたわ。実際は全国的には白地浴衣が流行っていた模様ですが。

去年も思いましたが、なぜか浦和まつりと蕨の祭りとでは、客層が違うのかかなり浴衣姿のレベルが違う。

…こちらはお洒落な人が多い!!と云うかカップル、若い人が多いんですな。

浦和まつりは割と中学、高校生くらいが多い印象です。

なので中高生が多いと作り帯率が高くなりますが、それより上の20代が多くなるとお値段もちょっとお高めでちょっと洗練。ヘアメイクも気を使います、な感じの綺麗な子が多くなります。



あっしはこのコーデです。着るとかなり地味な印象になるんですわ。



連日の小僧のプール通いに付き合って、日焼けでおっさん風味な足ですが、何か?

…もう爪に何か塗る気も失せてしまったらしい。素足にウレタン草履です。



かんざしは薄い紫に何かの花のとんぼ玉。



機まつりは月遅れの七夕みたいなもんなので、七夕飾りがメインストリートを飾ります。

ここは電動でディズニーキャラが動くという凝った作りなので、常にこのようにお子様の撮影スポットと化しておりました。



蕨市には河鍋暁斎の美術館があるんですわ。だからこんな飾りも。



…それにしてもプラスチックの七夕のべらべらした飾りは、ちょうど顔の位置に低く設置されてると汗ばんだ肌にへばりついて大変遺憾



去年この金魚すくい屋ですくった金魚、まだ元気なんですよ。だから数軒ある金魚すくいの中からこの店を選んだ。

んが、この店には黒出目金がいなくて、他の店にまで遠征。

そしてそっちの店であっしは黒出目金を含む丸系金魚を合計7匹もすくった…持ち帰りは5匹までだったけど。

そして合計11匹の色とりどりの金魚の戦果に浮かれた。なぜそこまで簡単に大量すくえたのか考えず。

家から持参した500mlくらい入る容器に8匹入れ、残りはそのまんま1匹ずつ持ち帰り袋に入れたまま、金魚を車に置いて小一時間ご飯喰いに行ってしまった。

夜であろうとも車内の温度は暑いままだった。

――――――帰ってきたら、容器の中の7匹は死んでいた…かろうじて黒出目金が1匹生き延びていた。

1匹ずつの袋入りの金魚も無事。



11匹が4匹に減ってしまった。私の完全なる油断と不手際により

しかし生き残った4匹も翌日には全滅した…ちゃんとケアしたのにもかかわらず。

なのでもしかしたら、速攻で家に持ち帰って万全の体制で面倒見ても、結局はちょっとだけ生き永らえるだけだけだったのかも知れない…


11匹が丸1日で全滅してしまったので、翌日も再びまつりで金魚すくいのリベンジです。

もちろん家では万全の体制で金魚を待つ。

――――――そして、金魚の惨劇はまだまだ終わらないのでありました…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 




スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ