FC2ブログ
2018-08-15

葡萄柄有松絞り浴衣&国芳猫半幅で、帯周りだけ変に妖怪風味(笑)

―――――――綿絽浴衣ばっかり続くのもつまらん(10年くらい前のプレタ安価浴衣ばかりだから
)ので、たまには絞り浴衣も。

…と云うかこの半幅を使おう、と思うと浴衣を選ぶのです…









―――――えーっと、この浴衣は『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で150円だったんだっけ、210円だったんだっけ。いずれにせよ定価の300円では買っていない(笑)

大人の雰囲気の葡萄柄の有松絞りでございます。

こう暑いとできるだけ涼しい浴衣を着たい。絞りは涼しいですからねえ。他の浴衣に比べれば。

帯は居内商店さんの国芳の東海道猫半幅。…9800円だったかしら…結構なお値段だったはず。

しかしこれねー、綿キャンバス地にプリントされててどうにもプリントの再現率が微妙な上に芯が入ってない。綿キャンバスの厚さで誤魔化そうとしている(笑)

なのでふにゃふにゃで。トルソー着付けてる分にはいいんだけど、実際着るとなると体から出る湿気でどんどんくたくたになっていくのさ

…これ買った当時は国芳のこの猫の柄の帯なんて他にはなかなかなかったが、その後、貼り付け帯に最適な小風呂敷も売られるようになったりして、『…ああ、タイミングがもう少し遅ければ買わなかったのに…』な代物です。

地色は綺麗なんですけどねー



帯周りは不気味です(笑)

骨董市で買った1000円の謎の猫の駕籠屋の根付け。帯留めに加工。

根付けは国芳の踊る猫又。国芳展の400円のガチャでございます。

帯締めはワンポイントで赤にしてみました。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ