FC2ブログ
2018-08-31

戌年・今月の、お犬様コーデ。~8月~

――――――ああ、8月最終日。ギリギリ間に合いましたわ、8月のお犬様コーデ。

もちろん着るのは9月(笑)









我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて150円だった、トンボ柄の夏お召し。

…トンボ柄がでっか過ぎてパッと見何の柄なんだかよくわからない…

そしてこの帯は優秀ですな、な虚ろ犬帯。…帯にさっさと加工しておけばよかった…

色味も綺麗でかなりの着物に合います。



半衿はひめ吉さんちのトンボと水玉柄。



帯留めもひめ吉さん。

                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


スポンサーサイト



2018-08-30

8月も終わり。…供養金魚風鈴だの金魚ちょうちんだの、で辛気臭い飾り付けでした…

――――――今年の十五夜は9月24日なんですのね、奥さん。…ああ、のんびり十五夜コーデだの飾り付けができる…

年によっては9月の頭とかに来やがるときがあるからさー


さて、気が付けば8月の終わり、つーかどうも『新学期は9月から』って子供のころからの刷り込みがあるもんだから、小僧の新学期が始まって3日目、しきりとカレンダー見て『あ、まだ8月になってる。9月にしないと』とか思う。―――――まだ8月でんがな。

しかしまだ8月でよかった。8月中にアップしておかなければならない記事がまだあった。

それは夏全開、そして今年の我が家の夏を象徴するかのような飾り付けでございます…



大変すっきりしているようですが、そこには浮かばれたんだか浮かばれてないんだか、金魚の供養のためのグッズが山ほど。



山口は柳井市の金魚ちょうちんを模したペーパークラフトの金魚は、去年の夏休み中に金魚すくいでゲットしたもののお亡くなりになった方々の供養のために作った。7匹分。



そしてこっちの釣りしのぶにぶら下がる風鈴は、今年の金魚供養。第1弾。

11匹のお亡くなり金魚が描かれております。



そして今年の激暑による悲劇が終わらず、更に金魚が犠牲になり追加で23匹分

あ、先日また行った金魚すくいでゲットした10匹の中の1匹が、『猫による狩り』と思われる死に方で干からびていたので更にもう1匹追加ですな。

…ちなみに残り9匹はまだ元気バリバリで生きておりますのよ!!この方々は生き残ると思うんですのよ!!
――――ああ、この夏の悪夢がようやく終わる…

で、23匹も描いてられないので、大きいの2匹に小さい和金3匹を描くことで手を打った。



そしてよく見りゃタペストリーにしてる濱文様の絵手ぬぐいにも、金魚柄風鈴が。



ついでだからあちこちに風鈴を設置。

やーねーカルテットの敷布は100均セリアの朝顔柄&和金柄の手ぬぐい。



このステンドグラス風飾りにも風鈴が描かれておりますな。



玄関横のブ室入り口にはぎっしり金魚の暖簾。…こんなところに風鈴ぶら下げても鳴らないだろう、と思われるだろうが、風が抜けるので割と鳴ります。



『西洋しのぶ』の名で呼ばれるダバリアは相変わらずわっさわさ。



この小鉢のが本物のしのぶさん。…2年前に地元で買った帆掛け船の釣りしのぶはどんどん枯れてとうとうこれだけになってしまった…

でもこの鉢に入れる方法だと水切れしにくいので、徐々にまた増え始めております。



…そう云えば例年ではこの時期に庭の萩が咲いてるんだが、今年はようやく蕾らしきものが付いた感じですわ。

暑過ぎて秋の花がなかなか秋の到来を感じられないのでしょうな。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-08-29

メガトンで540円のセオα強烈ヒマワリ柄浴衣でヒマワリコーデ…

――――――ようやく酷暑も落ち着いてきて、今更ヒマワリも何もないもんですが…

しかし今頃ヒマワリまつりをやるようなとこもありますのでね。まあ、大半の家のヒマワリは既に枯れておりますが。

先日、上尾の『メガトンマーケット』で発見し、その強烈さに頭痛がしながらもセオαだからってんでとりあえず買った浴衣。…だって着られるサイズのセオαが540円…もう柄はどうでもいい(笑)←本末転倒

来年に持ち越したら更に賞味期限切れ感が凄くなるだろう、と、もうさっさとコーデして、着てしまいましただよ。

そのコーデがこちら。









…この浴衣の緑色系が強いので、通称『ミドラー』の方は好きそうですな。

手持ちのヒマワリ柄帯ととにかく全然合わないのでトータルコーデができない…

帯は無地系に近いもので引き算するしかないな、と全然使ってない夏の雰囲気のレースの自作の作り帯。

…この布、今は亡き『キンカ堂』で1m390円でしたわ。

日傘でも作るにはよさそうなしっかりした厚地のレースに刺繍してあるもの。

これ1本あれば大概の夏の着物には合いそうな気がしますが、それ故逆に滅多に使わないというジレンマに陥りやすい帯です(笑)



半衿はひめ吉さんちのヒマワリ柄刺繍半衿。



帯留めはjasminさんからの頂きものの菊、なんだろうけどどうしても配色がヒマワリを思い起こさせるので、ヒマワリということにしているつまみ細工。

…帯揚げはヒマワリの種のイメージで(笑)、黒白ビンボーダーにしてみました。



一応まだ咲いていたひまわり畑で着姿撮ってきましたよ

ちゃんとセオαでしたわ。で、もう気が済んだ…

この浴衣をご所望のナンネル姫さん、ご連絡ください(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 



2018-08-28

撫松庵のセオα『芙蓉と猫』浴衣&芙蓉柄絽帯コーデ♪庵で年1回の横浜詣で…

―――――昨日、夏休み最終日。上尾にある牧場に行ったんですがね。

その近くの菖蒲田撮影にも行った丸山公園にて大豪雨に見舞われ、枯れ果てた菖蒲田眺める東屋で全身ずぶ濡れ(強風なので屋根があってももう無理)になり、ようやく上尾から脱出したと思ったらば、雲は基本的に上尾方面から我が家の方へ移動するもんだから、まさに雷雨と共に家に向かう有様で、ずっと豪雨。

…初めて『洗車機の中』みたいな一切前が見えない車道を体験しましたさ。もう危なくって路肩に一時停止ですよ。いやー怖かった

で、ようやく雨も落ち着いたと思ったらば今度は大雨によるあちこちの冠水で通行止めやらで大渋滞。

それでも何とか帰り着いたらば、こっちはたいして降ってなかったのでした…

全身ずぶ濡れで数時間いたのに小僧は風邪もひかず、無事に本日学校に行きましたわ。


さて、お盆の時期には毎年横浜に行くのです…

『トミカ博』がパシフィコ横浜で開催されるんだもの

会場付近は毎年同じ時期にポケモンイベントが開催中なのでそれだけでも混むんですが、今年はちょうど天気が悪い予報の日だったのでその日のイベント中止だったりして予想外に人がいなかった…まあ、でもポケモンGOの衰退っぷりと無関係ではないだろうな。

明らかにポケGOやってると思われる人、横浜ですらめっきり少なくなったもの。



トミカ博。…こんなに空調が効く会場だったっけ?と思うくらい涼しかった。天気が悪い予報故会場内の人は例年よりも多かったんだけど。

小僧はトミカ博にはただただ限定のトミカを買いに来るだけなのですが、今回はパーツ選んで組み立てるトミカや写真撮ってそれをトミカ内部に貼り付けてくれるヤツとかも『いい車がない』とやらなかったので、本当に物販コーナーにしか行かなかった。

…入場記念トミカが貰えるのでなければ、本当に入場料が無駄で口惜しいところですわ。

ちなみに入場記念トミカは場合によっては入場料より高くヤフオクで売れ、入場料を取り返すことが可能です(笑)



小僧が欲しかったのがこれ。…豚運搬車…なぜ?  豚、取り外せます。

これ、去年のトミカ博の限定ものだったのに去年は売り切れてたんですわ。まあ、当日搬入分が売り切れだったのでしょうが。

その年売り切らず在庫になったものは翌年だって売っているので、『…これが本当に売り切れてるわけはない』と今年に賭けたら本当にまだ売っていた(笑)



ちなみに昨日行った牧場にいた、ミニブタの赤ちゃん。子猫サイズで可愛いですわ。そしてキャットフードを食べてた(笑)

このサイズのままなら飼いたいくらいだが、ミニブタはミニブタで大きくなりやがりますからねえ…



トミカ博では見るものがない小僧だが会場横で開催の『のりもの大集合』には行きたかったのだった。

しかし展示車両が少ない。特殊車両含めて7台くらいですわ。



オペラピンクなランボルギーニはこのような音がこもる場所でエンジン音をサービスで鳴らしてくれたもんだから、号泣な幼児&赤ちゃん続出。



そして小僧は基本的に海外スポーツカーよりも、このような国産のちっこい車が大好き。

これ、横浜でしか走ってないレンタル車『ちょいモビ』です。こんなにちっこいのにガルウィング。

そして会場を後にして海を見るのです。



――――――波打ち際に、明らかに仏花の一部だと思われる竜胆は流れ着いているのがまた怖い
…お盆だからねえ。



そのせいでもないが、なぜか『いつの間にか服毒していて、金田一の謎解きの後、海に倒れこむ真犯人未亡人』な横溝画像が。



なぜか知らんが、いつだって晴れてようが曇ってようが海を背にすると逆光で暗く撮れるので修正が大変。

今回はこの時点で雨がポツポツなので全体が暗いんですが。



中華街に着く頃には雨本降り。…このような場所での傘って本当に邪魔だと思い知る。



光ってただぐるぐる回るだけの鯉。…だからなぜ鯉!?な謎のムービング系中華雑貨。



中華街の中なのに、和物屋な『伽耶』。…タンタン氏がよくここの足袋靴下を送ってくれ、結構マニアックないいデザインのが多いので初めて赴いた次第。

今回は欲しいものがなかったので何も買わなかったが、1足600円もしやがる足袋靴下だったのねーっ

高いのにタンタン氏、ありがとうよ



去年改修工事真っ最中だった関帝廟は綺麗になってました。

…埼玉の聖天宮を見慣れている身には小さいですが、狭い中華街の中にこれがあるのを見ると結構大きく感じます。



そしていつだって手はグーなワタクシ。

今回はようやく小僧が店の中に入って喰うことを望んだため、適当な店に入って適当なラーメンにチャーハンやら小籠包が付いてるセットを頼んで喰った。画像なし。

―――――来年に向けて、お勧めの店があれば情報求む。



お土産で買ったもの。正しい中華街土産(笑)

半端な夕方に食事してるので、絶対夜9時あたりに腹が減るだろう、と予測して買っておいたミニ豚マンがその夜役立った。



ハリネズミまんじゅうが可愛いですよー

…もちろん小僧は可愛いものは喰えないのでワタクシが顔から食す。



この日のかんざしはタンタン氏からの頂きもの、一瞬どこに猫がいるんだかわからないがじっと見てもやっぱりわからない人もいる猫のかんざし(笑)



足元はレース足袋&ウレタン草履。

このレース足袋、生意気にも一応撫松庵。蓮柄撫松庵浴衣を買った際、ネットショップがサービスで入れてくださったもの。

しかしレース足袋なんざどれでも同じかと思ったらば、レース足袋ってば1回履いただけでも毛羽立ったりレース内のゴム糸が出てきたりするものですが、これは綺麗なままだった。

高級なだけはあるようです(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 



2018-08-26

2018年の浴衣企画・『綿絽浴衣を浴衣として着よう。』~朝顔柄編~

――――――数日前に『もう今年の夏は金魚すくいはするまい…』と言ったくせに、舌の根も乾かぬうちに、昨日金魚すくいをやった(笑)

あ、でも今回の方々は生き延びそうな気がするのよーっ!!だってすっごく生きがいい。

まあ、そうは言っても5日経つまでは予断は許さんのだが。

…供養風鈴で描いたような柄の金魚たちなので、供養の甲斐あって生き延びればいいなあ…


さて、今年の綿絽浴衣を浴衣として着る企画のラストを飾るのはこちらでございます。









この綿絽浴衣は手持ちの綿絽の中で一番稼働しておりますわ。そしてなぜだかすっごく皆さんに羨ましがられる浴衣。

実物は地味系なんですが、画像的に綺麗なんですかねえ。

これ、生成り地に黒の線で朝顔の柄の色違いもあったんですが、その年以降この浴衣を売ってるのを見たことがない。

特に高値になるわけでもなく、皆、3800円でいっぱい出品されてたのにその後同じもの着てる人にもネットでも遭遇しない。不思議なことよのう。

稼働率が高い割には今まで浴衣として着たことはなかったですわ。

帯は大人シンプルに頂き物の紗献上。

…『七緒』で見た割り角だし風半幅結びにチャレンジしたら、謎の帯結びになった。


で、これにて綿絽浴衣の手持ちは全部吐き出しました。

浴衣として着るために掛け衿ほどいて衿芯を入れる作業があったんですが、全部ちゃんと掛け衿が縫い付けられてましたわ。

結構見せかけの『つまみ掛け衿』って存在するからねえ(笑)

そりゃ、有名ブランドの高級浴衣には存在しないが、それ以外の1万以下の有象無象浴衣には、1万近くでもたまにつまみ掛け衿が存在する。

現に7800円だった浴衣はつまみ掛け衿でしたわよ

それ考えたら、定価が綿絽という素材で3800円(人気があれば高騰するが)だったこの浴衣シリーズは、かなりの優れモノだったのでございましょう。

―――――ああ、復活を望む


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2018-08-25

絞り浴衣&国芳半幅コーデで、猫と屋上遊園地と花火な日。

――――――ああ、そろそろ新学期に供出しなくてはならない雑巾を縫わなくてはねえ…

夏休みの終わりもカウントダウンです。


さて、お盆のお話。

久々に川越の『ねこかつ』さんに行こうと思い立ち、着たのはこちらのコーデ。



帯周りが不気味な猫だらけ。…この帯ってば芯が入ってなくてフニャフニャなので『うきーっ!後ろの羽根が下がる!!』と思っていたのだが、画像で見るとそうでもなかった…

つまり普段の帯の位置が高過ぎるってことよ



ねこかつさんに入るには靴下が必要なので足袋靴下。寝る三毛猫の柄です。&ウレタン草履。



かんざしは赤のとんぼ玉&ozawami さんの個展で一緒に作品を出してらした方のガラスもの作品。『キシャーっ猫』のかんざしです(笑)



…本日も『カトゥ ジドゥシャ』は健在でございます。



川越丸広の屋上遊園地。…相変わらず小僧は怖がって観覧車に乗せてくれない…



屋上遊園地横には昭和の時から健在のペットショップがありますが、金魚がふざけた値段でした。…うちの近くのホームセンターでは1匹380円でしたけどね、出目金。



和金に至っては1匹300円ですよ、奥さん。金魚すくい1回分のお値段ですわ。

しかしここってば屋根はあるけど屋外。この夏の酷暑であろうとも真冬であろうとも変わらず屋外。

その厳しい環境で生き残っているサバイバーな個体だから、このお値段なのかしら…

さて、お次はねこかつさん。



あまりに巨大な黒猫。前回行った時にいた『ビッグ・ダディ』だと思っていたら、その子はもう里親が決まっており店におらず、この方はビッグ・ダディそっくりな茨城から来た『イバラディ』だと判明。

…しかしよくぞここまで生き写しな猫が2匹も…



我が家のおだん様の弟分、ただしお互いの面識はない子爵もお元気。寝てるけど。



…そしておだん様に始まる立派な髭柄の持ち主の名前の系譜は子爵で止まり、女子なのにおだん様そっくりなこの方の名前は『ヒゲママ』。…ひねりがないと思うな(笑)



決して夏にお近づきになりたくないタイプの方もいた(笑)



猫店長くりおは働かないことで有名だが、寝っ転がってるところを夫が撫でたら『キシャーっ
』と言った。

…殿様商売なんでしょうか、くりお氏は(笑)



ビビり系猫のたまり場(笑)…ああ、おだん様に最初にお会いしたのもここだったなあ(笑)


そして地元の花火大会だったので、とんぼ返りで家に帰る。





…ちょっとこの交通規制はふざけていると思う。車両通行止めで歩行者道路にしてあるのに、歩行者が立ち止まったらいけない、入ってもいけないんですぜ。

2年前からこうなった。それ以前はここにシート敷いて見物する人がいっぱいいたのに。

そしてこうなってからは見物客がどんどん減っていると思う。居場所が変わっちゃったんだとは思うが、それにしたって今年は本当にお客さんが少なかったですわ。

おかげでろくに浴衣姿を拝めず甚だ遺憾。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 

2018-08-24

撫松庵のセオα『芙蓉と猫』浴衣&芙蓉柄絽帯コーデ♪

――――――ああ、金魚の供養週間がようやく終わりましたわ…ってことで通常モードに。

今年の浴衣企画『綿絽浴衣を浴衣として着る』、のために綿絽を引っ張り出してるときに、『あ、この浴衣も全然着てないなあ…』と思い、しばらくぶりに着ようと思い立った。

うーん、これ、最後に着たのって5年前!?そんなに着てなかった!?









撫松庵の『芙蓉と猫』のセオα浴衣。この浴衣が新作で出た年に勇んで買ってみたが、その後毎年のように色展開を変えてふりふで販売したりして、もっと好みの配色のものが出たりして口惜しや。

―――――さらにこの柄ってば、マグカップとかまであるのねーっ(笑)

どんだけ多角経営な柄なのよ
…まあ、ヒット作ってことなんでしょうな。

ちなみにこの黒猫の顔が当時ご存命だったうちの『お嬢さん』にそっくりだったから買ったのだが、そのお嬢さんも鬼籍に入って久しい。

帯は『ちゃくちゃくちゃく南中野』で150円だった。絽の芙蓉柄。…なぜだか知らんがやけにちゃくちゃくちゃくではピンクの絽を発見することが多いワタクシでした



帯締めは自作のビーズ帯締め。…これ、手描き帯とかよりも遥かに手間がかかるのに、自作であろうとも特に称賛されないのであった(笑)



そしてさらに手が込んでて、どうやって編まれたのか見当もつかない、くろりんさん作の矢羽根柄ビーズ半衿!!

夏の時期に使わねばもったいないのでいっぱい使いたいと思いつつも、本当に使うのがもったいないのでなかなか使わない、という二律背反に陥る半衿です(笑)


この浴衣を入手当時より年を喰いましたが、こうして見るとこの色は落ち着いてるし柄そのものも子供っぽくはないので帯回り次第で結構長く着れるアイテムだったようです。

…ああ、まだ使ってない絽の芙蓉柄帯があるのよ

来年はその帯でコーデ致しましょう。忘れなければ。


――――――で、『犬は?』の声が聞かれそうな、8月も残り1週間…




                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 



2018-08-22

☆手芸部☆金魚供養な手描き風鈴…再び。

―――――――ここ数日涼しかったもんだから、また気温がちょっと上がっただけですっごく暑く感じるざますよ。…この夏の激暑を乗り切ったと云うのに…

ちなみに今年の夏のプールはほぼぬるま湯な温度が普通だっただけに、今、適正な水温になったつーのにそれが寒く感じるらしく、昨日のプールの客は呆れるほど少なかったです。


さて、金魚供養な風鈴描き…第1弾はこちら

で、その後も更に没する金魚が急ピッチで増え続けたので、ダイソーで手描き用風鈴を探して歩いたんですよ。お盆は。

ダイソーはまだ夏物売り尽くしを頑張っておりますが、セリアなんぞは不届きにもお盆前からハロウィンに肩入れしていたので、夏和小物探しはお盆がタイムリミットであろう。

―――――いやー、びっくりするくらい風鈴が売ってない

ワタクシ5軒ほどダイソーを回ってみたんですよ。でもまだ夏物は売ってても風鈴がない。

なので出先であっても、ダイソーを発見したら片っ端からとりあえず風鈴があるか覗くというお盆でしたわ。…横浜の中華街の中にもダイソーがあったのでもちろん覗いた(笑)

んが、全然見つからないので『これはもう、来年に持ち越しだな…』と諦め、割と狭い一番近いダイソーに別の用事で行ってみたらば、そこには風鈴が全種類残っていたのだった



150円の絵付き風鈴もあれば、あっしが欲していたこのグラデーションが美しい風鈴も残っていた。

幸せの青い鳥は一番近いところにあった、と云いたいところですがこの青い風鈴は涅槃なアイテムと化すのです…

あ、ちなみにタンタン氏情報によると、この風鈴はもうメーカー欠品だそうですよ。だから店頭に在庫があるだけ。――――よく残ってたなあ、一番近いダイソー。と云うか真っ先にここに行けばいいじゃないか、私。



―――――やっぱりこのまま飾った方がシンプルで大人で美しいと思う。

水色の方がグラデ幅が少ないのよね。一応箱開けて全部確認してみたが、水色は全部こんな感じでしたわ。



さて、この風鈴に同じくダイソーで売ってるユニポスカのパチもん(笑)と、手持ちのガラス系にも描けるペンで絵付けしていくのでございます。

もう2個目なので描いてる行程は撮ってないですよ。

前回の風鈴に11匹もの金魚を描いて『とってもぎうぎうで息苦しいです!!』との評価を頂いたのですが、今回は更に犠牲金魚の数が増え、22匹…

22匹もの金魚を描いてられない。スイミー状態で描くのもどうよ

てな訳で、大きい金魚を1匹=金魚10匹で換算し、大きい金魚を2匹描き、残りの2匹は小さく和金を描くというデザインに決定。

それがこちらでございます~



ぐるっと紹介していきますよ。まずは大きい赤白丸金魚が1匹。



その隣に丹頂という金魚1匹。



そしてわかりにくいけど、和金2匹となっております。…あ、おとといもう1匹新たに死んだので、和金を付け足さねば…



一番見栄えがいいアングルはここでしょうかね。青紅葉に水紋の柄も付け足しております。

―――――ああ、なんということでしょう。供養のために描き続け、手描き風鈴の腕が上がっている

人間、どんなところに伸びしろがあるかわかったもんじゃありませんわ



もう1個、青の風鈴は手付かずで残っておりますが、来年用にしっかり保管しておく…

来年は今年のような激暑ではありませんように


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 






2018-08-21

紫陽花柄綿絽浴衣コーデで、金魚すくいのためだけにまつりリベンジ。…そして誰もいなくなった…

―――――連日辛気臭い記事で申し訳ございません。…今年の夏は金魚の惨劇ネタなくして語れないのでございますよ…


さて、まさかたった1日で金魚すくいの金魚11匹が全滅と云う恐るべき地獄を目の当たりにし、今年の激暑が本当に災害級であると思い知ったわけですが。

しかしこの金魚11匹全滅は私の油断と不手際に拠るところが大きく、『…もしかしたら、万全の体制で金魚の運搬&お迎えをすれば大丈夫なのでは…』との一縷の望みを抱いて、翌日も再び金魚すくいのためだけに蕨は『機まつり』に参戦でございます。

――――――それでもだめならもう、本当に今年の夏は金魚すくいは諦めよう。



―――――すいません、我が家はメインストリートの終点側の方から行くのでこんなに人が少ないように見えてます。

駅に近い方からだと、人が多くてちっとも進まないような場所もありますよ。



で、この日はまつりの3日目。日曜でございます。…金曜から月曜までやってる…妙な日程ですわ

もちろん一番人出が多いのが土日でございましょう。

なので店も土日だけは必ず出るってとこもあるようなんですが、なんと前日あった金魚すくいの店3店中2店がもう閉店していた…

昼間っからお客が来て早々に店仕舞いしてもいい売り上げになったのか、それともこの暑さで金魚があかんのか

結局前日と同じの黒出目金がいない店で、小僧とワタクシが2回ずつ金魚すくいをやった。



…惨劇の前に自分の着姿を出しておかねば

紫陽花柄の綿絽浴衣。 あっし個人としては紫陽花柄を紫陽花の花盛り過ぎてから着るのは如何ともしがたいのでありますが、なぜかあっしがかつて所持していてヤフオクで叩き売った紫陽花柄浴衣と同じものを着ているお嬢さんが数名いらした(笑)

ってことは新品じゃないので逆に入手が難しいのに、なぜ



足元は千鳥柄の鼻緒に台に千鳥柄の焼き印がある下駄。ヤフオクだったかどっかのショップだったかで2000円くらいだったのかな。

これ履くときはいつも足袋履いてたので、素足では初めてでしたがとても歩きやすかった。

前日がかかと3cmのウレタン草履だったんですが、ウレタン底でもかかとが3cmだと結構歩き疲れました。

でもこれは6cm。普通の靴でもヒールがないペタンコ靴は疲れますもんね。

浴衣に合わせるとなんだかこのかかとの高さがごついような気がしますが、歩きやすさと疲れにくさではかかとが高めがいいような気がします。



かんざしは桜柄のとんぼ玉。…もう紫陽花に桜、とどうでもよくなっております。色で合わせてみただけ。



小僧とあっしの合計4回の金魚すくいの成果がこちらなのです。…何としてでも丸系金魚の変わり種が欲しいワタクシが頑張りました。

運搬には5リットルのバケツ。しかもガンガン曝気(酸素をガンガン取り込むことね)した水。

酸欠と水質悪化で死なせてなるものか。

で、すくって速攻で帰ったので、家に着いた時点では皆さん生きておられます。

そして衣装ケースに水入れて、たっぷりの水で水質悪化を防いだ。

――――――ところが、家に着いて2時間後あたりから次々に…

翌日が終わるころには既に残り3匹。

……最後の1匹は元気だったので『この子だけでも生き残るか!?』と思っていたら、すくってから3日後に亡くなってしまったのだった…

―――――――もう、今年の夏は金魚すくいをやるまい。

今シーズンの金魚の犠牲、なんと33匹!!


…どんだけ金魚すくいやってんだよ、って話ですが、金魚すくいはチャレンジしないと上達しないからさあ



あまりの大量死で庭に埋めるとこもなくなり、とうとう鉢植えにまで埋めたらば、突如葉っぱが巨大化したミニ薔薇。…蕾が2個付いております。ああ、命のリレー。


そしてその33匹目が死んで終わりかと思ったらば、ここ数日の急激な涼しさでいきなり6月末にすくって元気だった子が弱り始め、数日具合悪そうにしていたと思ったらついに先程力尽きた…



……見事に今年の金魚すくいシーズンにすくった金魚が全滅してしまった……

ちなみに1年以上我が家にいる金魚は皆元気にしております


――――――さて、供養の風鈴描きがはじまりますよー…



こんな辛気臭い記事を丑三つ時にアップしているのをじっと見る白黒の影。



猫までが横溝風味を醸し出す我が家。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 






2018-08-19

力強い花柄と矢羽根の綿絽浴衣で、蕨の『機まつり』へ。…そして金魚の惨劇は続く。

――――――…こんなに涼しいのに、あまり虫の声がしないという不思議。

やっぱり涼しくなるにしても、異常高温からいきなりスコーンと涼しいってパターンだと、虫だって心の準備ができていないのかもしれない。…と云うか生きてるんだろうか、虫は

気が付けば、庭にいっぱいいた小さいバッタが消えている…

クロハウリムシだけはどんな気候だろうが必ずナデシコ科の植物を狙ってやって来て、蕾を食い散らかしてくれるんだけどよ


さて、金魚の話ばっかりで申し訳ありませんが、今年は金魚の話題しかないので仕方がない(泣き笑い)

浦和まつりで黒出目金含め11匹をすくったにもかかわらず、全滅。

…仕方がないので翌週の蕨市の『機まつり』に賭けることにした。



この祭り、合計4日間もあるんです…そして激暑の時期。金魚、大丈夫なのかしら…

と危惧されたので初日に行きたかったのだが間に合わず、2日目に参戦。



今年は私はやけに紺地の浴衣をよく見ましたわ。実際は全国的には白地浴衣が流行っていた模様ですが。

去年も思いましたが、なぜか浦和まつりと蕨の祭りとでは、客層が違うのかかなり浴衣姿のレベルが違う。

…こちらはお洒落な人が多い!!と云うかカップル、若い人が多いんですな。

浦和まつりは割と中学、高校生くらいが多い印象です。

なので中高生が多いと作り帯率が高くなりますが、それより上の20代が多くなるとお値段もちょっとお高めでちょっと洗練。ヘアメイクも気を使います、な感じの綺麗な子が多くなります。



あっしはこのコーデです。着るとかなり地味な印象になるんですわ。



連日の小僧のプール通いに付き合って、日焼けでおっさん風味な足ですが、何か?

…もう爪に何か塗る気も失せてしまったらしい。素足にウレタン草履です。



かんざしは薄い紫に何かの花のとんぼ玉。



機まつりは月遅れの七夕みたいなもんなので、七夕飾りがメインストリートを飾ります。

ここは電動でディズニーキャラが動くという凝った作りなので、常にこのようにお子様の撮影スポットと化しておりました。



蕨市には河鍋暁斎の美術館があるんですわ。だからこんな飾りも。



…それにしてもプラスチックの七夕のべらべらした飾りは、ちょうど顔の位置に低く設置されてると汗ばんだ肌にへばりついて大変遺憾



去年この金魚すくい屋ですくった金魚、まだ元気なんですよ。だから数軒ある金魚すくいの中からこの店を選んだ。

んが、この店には黒出目金がいなくて、他の店にまで遠征。

そしてそっちの店であっしは黒出目金を含む丸系金魚を合計7匹もすくった…持ち帰りは5匹までだったけど。

そして合計11匹の色とりどりの金魚の戦果に浮かれた。なぜそこまで簡単に大量すくえたのか考えず。

家から持参した500mlくらい入る容器に8匹入れ、残りはそのまんま1匹ずつ持ち帰り袋に入れたまま、金魚を車に置いて小一時間ご飯喰いに行ってしまった。

夜であろうとも車内の温度は暑いままだった。

――――――帰ってきたら、容器の中の7匹は死んでいた…かろうじて黒出目金が1匹生き延びていた。

1匹ずつの袋入りの金魚も無事。



11匹が4匹に減ってしまった。私の完全なる油断と不手際により

しかし生き残った4匹も翌日には全滅した…ちゃんとケアしたのにもかかわらず。

なのでもしかしたら、速攻で家に持ち帰って万全の体制で面倒見ても、結局はちょっとだけ生き永らえるだけだけだったのかも知れない…


11匹が丸1日で全滅してしまったので、翌日も再びまつりで金魚すくいのリベンジです。

もちろん家では万全の体制で金魚を待つ。

――――――そして、金魚の惨劇はまだまだ終わらないのでありました…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 




プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ