FC2ブログ
2018-07-21

綿絽浴衣を初めて正しく浴衣として着て、朝顔&ほおずき市に行ってきました。

―――――――ああ、夏休み…

てな訳で、この先1ヶ月くらいは変な時間に記事のアップでございますよ、奥さん

さて、朝顔市は7月の早目の時期にあらかた終わってしまうものですが、今年は6月末から7月頭が土日だったもんで、その日程で朝顔市がこの辺でも終わってしまっております。

ここ数年、鳩ケ谷の地蔵院という寺の朝顔&ほおずき市に通っておりましたが、同日でこれまた近場で朝顔&ほおずき市が開催している場所があるというではありませんか。

なので新規開拓で今年はそちらの方に足を運んでみることに致しました。







蕨駅前の商店街の朝顔&ほおずき市。

…終了1時間前に行ったのが悪かったのか…うーん、失敗したかも
な閑散ぶりでしたわ。

いやね、一応商店街の歩行者天国でいろんなお店出てるんですけどね。

ただの歩行者天国的な感じで『お祭りです!』な雰囲気が皆無。もちろんこの時点で浴衣を着ているのは、朝顔ほおずき売り担当の花屋さんのお嬢さんたちだけ…そしてワタクシ。

――――――大失敗した感、アリアリ(笑)

…もっと早い時間ならば浴衣とか甚平のお子様とか居たのかもしれない。

現にヨーヨー釣りも金魚すくいもスーパーボールすくいもあり、思いっきり夏祭り仕様。

しかも金魚すくいは1回100円と破格値だったので、もちろん小僧は金魚すくいに血道をあげ4匹ゲット。

…画像撮る前に2匹お亡くなりになったが、残る2匹は元気に泳いでおります。

で、お子様の喜ぶお店はこっちの方が多いのですが、朝顔&ほおずき市らしくて浴衣姿も多く、祭り的な風情があるのはやっぱり鳩ケ谷の方だったなあ…と。

まあ、あちこち行ってみないとわかりませんわな。

なのであっしは鳩ケ谷の方がよかったわあ、とか思ったのだが、小僧としてはお子様向けの店が多いこちらの方を気に入った模様(笑)

んで、ワタクシの浴衣姿がこちら。



綿絽浴衣を初めて浴衣として着ております。…いや~、心許ないったら

そして、今年初めての浴衣なもんで、すっかり衿芯を入れ忘れ、衿が決まりません。

やっぱりイマドキのペラペラ浴衣の衿にはもちろんのこと、しっかり分厚く作られている昭和のコーマ地のものでも衿芯は通しておいた方がいいですな。

衿の決まり具合が全く違う。

それにしてもびっくりしたのは、綿絽って本当は涼しいのねーってことですわ(笑)

絽目から風が通ってとても涼しい。セオαよりもはるかに涼しいと思うぞ(爆)

――――――今年の浴衣企画が綿絽を積極的に着る企画でよかったわ。



足元は朝顔と梅の柄の刺繍の鼻緒の下駄。

元々は違う台に付いてた鼻緒ですが、履き倒してその台がボロくなりいい加減廃棄目前。しかし鼻緒はまだ綺麗だったし、とても気に入っていたのだった。

ところが挿げ替えのできない裏面にウレタンべったり全面張り仕様の下駄だったため、『この下駄を破壊して鼻緒を取り外し、その鼻緒を新しい台に挿げろ』、と云う無茶な注文を浅草の長谷川商店さんにしたわけよ(笑)

当時はまだ店頭のその場で挿げて渡してくれたので、個性派の押しの強い女将さんとあれこれやり合いつつも希望通りのものを仕上げて頂き、女将から『あら、いいのが出来上がったじゃない』との言葉を勝ち取ったのだった(笑) 

……女将さん、元気かな。 



髪飾りは羽衣牡丹さんからの頂き物の朝顔でございます~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ