FC2ブログ
2018-07-18

枇杷の木もなく、枇杷の実も逆さまと色々やらかしている着姿ですわ。

―――――――――暑いですが、朝っぱらから室温30℃を越しているので朝っぱらからクーラーで、家にいる限りは快適でございます。…一歩外に出ると快適帝国は崩壊するけど。

そしてリビングのハムスターのハム男氏は、『寒いじゃねえか』とティッシュ山盛りにして部屋にこもられてしまうのだった…ハムスターも暑いのに慣れてしまった…


さて、枇杷コーデでございます。

枇杷の実がたわわにに実っていたのは5月末。…もう7月も半ば過ぎ

青果としては枇杷は出回っていますが、一般家庭の枇杷はもうただの葉っぱの大きい木と化しておられよう。

なので枇杷の木との撮影は諦め、蓮の開花状況を調べるついでに撮影に出向いたのはこちら。



ちゃんと咲いてました。『浦和くらしの民家園』の蓮池の古代蓮。

…数年前は入り口の道路に面した駐車場に『古代蓮見頃です』って看板が出てたのに、それ以降見なくなっちゃったなあ。 その看板が渋滞でも引き起こしたのかしら

おかげさまでいちいち内部まで入って行って確認しなくてはいかんのです。

今回は蓮コーデではないので、ここでは撮りませんよ。





浴衣単体で見ると『うーむ、見事な迷彩…』と思うんだが、着てみると迷彩と云うより変わったカラーリングの暈しに見えますね。思った以上にインパクトがない(笑)

自分がこの浴衣を見た時に手を取るか、と言われればまずスルーする感じなので、頂き物には本当にどんな発見が潜んでいるかわかりませんね。



しかし帯留めは実が下向き。更に枇杷の実がもうなっていないなら、と家にある数個の枇杷を手に持って撮ろうと思っていたのに、それも忘れている…



このコーデの撮影用に2ヶ月近くもずっと冷蔵庫に保管されてたのに、この枇杷

つーかなんで2ヶ月近くも経つのにまだこれくらいしか傷んでないのよ、この枇杷

さすがに今更喰う気もしないので、せめて画像だけは撮ってアップして差し上げた



足元はからし色の矢羽根柄足袋靴下&小雨の日の友、カレンブロッソ。



かんざしはタンタンさんからの頂きものの万年青のかんざし。

…鈴蘭柄を枇杷柄に見せかけようという魂胆のコーデなので、万年青のかんざしが加わったところで何の問題もなかろう(笑)――――――実がついてりゃいいのです。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-07-17

夏に飾りたいものが多過ぎて、週替わりになりそうな気がする7月の飾り付け。

―――――――――あまりにもふざけた暑さが続くので、涼?を呼ぶ画像をば。



―――――――青鷺と河太郎(笑)…この後、無事に青鷺は魚をゲットして丸呑みしておりましたわ。

昨日行った埼玉は飯能河原ってば、手が届くところに魚がいっぱい泳いでるんだけど、絶対捕まえられない

やっぱり鳥は凄いと思うなり。


さて、7月の飾り付け。

考えてみれば100均手ぬぐい、今でこそ年から年中新柄が出てきますが、元々は夏和小物の一環で夏にしか出てこなかった。

故に夏の柄がどんどん増えていく…そして気が付きゃ使ってない夏柄が大量。

存在すら忘れているものも沢山

そんなわけで、今年の夏はできるだけ色んな手ぬぐいを引っ張り出して、週替わりでもいいからどんどん使ってあげようと思いまして。

今現在はこんな感じでございます。





スイカに昆虫柄。数年前の100均セリアのもの。…大胆な構図はお太鼓の貼り付け作り帯に向きそうですが(笑)



これまた大胆な、10年近く前のセリアのスイカ柄の上に、至極真っ当なダイソーのスイカ柄を重ねております。

別にスイカが好きなわけではありませんが、このようにして次々と集まってしまうのが夏和小物としての手ぬぐいの恐ろしさなのです。

育ち過ぎて苔玉が見えなくなっている西洋しのぶことダバリアはいいんですが、



このスイカだらけの玄関にカサブランカは似合いませんな(笑)

170円で買った苗を庭に植えたら、その年から毎年欠かさず蕾を付けてくれるカサブランカ。

今年は7つの蕾が付きました。しばらく家中がいい香りになります。

花と云えば、カーネーション。



毎年母の日プレゼントで、タダで読売新聞販売所から貰って来るのだが、切り戻しても、植え替えても毎年1ヶ月くらいで枯れてしまっていた。

しかし毎年花を咲かせている人もいるというではありませんか。

なので今年は貰って来て速攻で2周り大きな素焼きの鉢に植え替えてみたところ、どうやら生き延び、花が終わって2ヶ月後、このくそ暑い最中に再び咲き始めましたよ~

どうやら大き目で、素焼きの鉢ってのがポイントみたいです。

カーネーションは夏の湿気と暑さにやられるので、プラ鉢だと蒸れちゃうみたいなんですわ。

この殺人的な暑さですが、何としてでも夏を乗り切って欲しいものだなあ。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 





2018-07-16

戌年・今月の、お犬様コーデ。~7月~

――――――――ははは、暑いです…もう力なく語るのみ

なのでコーデも暑苦しいもんをアップするのは如何なものか、とすっきりさっぱりなお犬様7月コーデ。









『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて150円だった、竹が密集の白地に藍染めの浴衣。

一瞬爺さん仕様のサナトリウム浴衣に見えるが、これが案外この小さい総柄が幸いするのか、着るとサナトリウム色は減る浴衣です。

で、柄が密集な分だけ地味に転ぶので、帯はお太鼓背負って帯揚げ、帯締め類で色を足すとバランスがいいような気がします。

一応7月なので七夕にちなんで竹柄にしてみた次第。

帯は変な柄のくせに万能選手な『手ぬぐい犬』の作り帯。

朱赤くっきりな帯揚げ、帯締めセットでメリハリを。

大宮の陶器市で買った100円の竹の箸置きを帯留めにしました。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-07-14

浅草のほおずき市へ行った際のコーデ♪

――――――――ふと思い立って、季節のイベントな帯を作ってしまうとその年以降、毎年の恒例行事としてそのイベントに行かねばならない…という強迫観念に駆られるのでございますが、まさにこのほおずきコーデもそんな始まり。

3年前でしたか、初めて文京のほおずき市に行ってみようと思い立ち、ほおずき柄の手ぬぐいで帯を作ったのがきっかけで結局それ以降毎年あっちこっちのほおずき市に行っている。…でもほおずきは買わない(笑)

ちなみに3年前に初めて行ったほおずき市で買ったほおずきは今年も我が家で青い実を付けております。


で今年は去年に引き続き、浅草のほおずき市に行った。関東のほおずき市では浅草が最も有名です。

そのコーデはこちら。









…狙ったわけではないが、なぜかほおずき市用コーデには矢羽根着物の組み合わせが多いです

去年、この着物を着ようとして探したのだが見つからず、冬になってようやく予想外の場所から出没。…てっきりいつの間にか処分したのだろう、と思っていたのでよかった。

ヤフオクで1000円くらいだったのかな。黒地に矢羽根の中に牡丹唐草の紗の着物です。

このカラーリングがまさにほおずき。

本当はほおずき柄の浴衣でも欲しいところですが、『これは!』と思う大人なほおずき浴衣が見つからないので~

帯は『濱文様』の手ぬぐいを無地帯に縫い付けたもの。



半衿はひめ吉さんちの『透かしほおずき』柄。 こちらの半衿が大人なので、どうしても全体的に大人コーデでないと釣り合いません。



帯留めはヤフオクでなぜか松ぼっくりの帯留めとセットで2500円だった、ほおずきの実が可愛いもの。

根付けは去年の浅草のほおずき市でゲットした真ん中が割れて中に鈴が入っているもの。



かんざしは自作。オレンジの玉かんざしにつまみ細工パーツをくっ付けてほおずきに見せかけたもの。

Uピン仕様はこれまた去年の浅草ほおずき市でゲットしてきたもの。



―――――――――これで足袋靴下までほおずき柄があれば問題なしなのですが(笑)

…どっかで作ってみないか?浅草ほおずき市限定で売ってみてくれんか。


………浅草は相変わらずのレンタル浴衣どころか袷のポリの人までいてカラフルでした…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-07-13

お向かいで車イベントがあるからやっとこさ行く気になった、『さいたま水族館』IN羽生。

――――――――近在の水族館の制覇を目標にしている我が家です。…実際名だたる関東近県の水族館はほぼ制覇しております。

んが、我が埼玉県のお膝元、埼玉名を冠する水族館には二の足を踏んだ。

―――――――――だって、川魚だけなんだもん
淡水魚だけ。

荒川水系の魚を上流から下流に向かって展示していくというコンセプトなんですが、川魚はまあ、実に地味ですよね(笑) 基本、グレー(爆)

なのでもちろん小僧も最初から『さいたま水族館は行かない』と宣言しており、しかもある場所が埼玉の奥地。ほぼ群馬より(笑)

ただでさえ興味が湧かない川魚だけの展示に加え、変に遠い。おまけに水族館周囲に他に見るべきものもない。

それだけのためにわざわざ羽生まで行くか!?

と云う訳で我が家では『さいたま水族館行くぞー』『いやだー』と云う日々のネタとして活用されるだけの場所だったのですわ。

しかしだ。

ここで急展開。

……さいたま水族館の道の向いにある道の駅みたいな『キヤッセ羽生』というとこでですね、『第1回 昭和・平成の軽自動車展示会』なんつーイベントが開催されたのですわ。

旧車イベントであれば、それがどんな場末の僻地であろうとも行くのです。

しかも今回はさいたま水族館のまん前だ(笑)

こんな機会がなければさいたま水族館、と云うか羽生そのものにすら行くことはなかろう。

さいたま水族館がえらいこっちゃつまらなくても、車イベントのついでってことにすれば『…こんなもののためにわざわざ羽生まで…』の徒労感はなくなろう。

かくして『車イベント(ついでに水族館)』行き決定。

―――――――でも着ていったコーデは車イベント仕様ではなく川魚仕様(笑)

…だって車イベント用の帯も作ってないし、当日の小雨でも問題なさそうな着物からコーデを組みたてたら、必然的に川魚に寄ったんですもの



雨だっちゅーのに結構人いますよ。『第1回 昭和・平成の軽自動車展示会』ってば。



古いものが多いので雨漏り対策でブルーシートかけられてたり、と旧車オーナーもこのような天気だと頭を抱えるものだろうなあ。



あ、ブルーシートの車は毎度お馴染み、同じ市内に住んでいる人の車です。このようなイベントでは毎回出くわす(笑)

完全な旧車イベントではないので新しいスポーツカーのカスタムカーだとかもエントリーしておりましたよ。



―――――――――ええ、スポーツカーです。超ちっこい(爆)

こちらは『スバル・サンバー』と云う軽自動車をベース(と云うかほぼボディは使われてないが)にこの黄色つなぎの人が自作したそうで、その名も『サンバルギーニ・コカウンタック』だそうです。



一人乗りです。狭いです。小僧の腹がひどいです。

で、一通りぐるぐる見終わり、この道の駅みたいなとこも見て回ったらこのようなお子様向け乗用玩具がいっぱい。

そっからもう、小僧が延々と走り屋と化してしまった…





雨脚がどんどん強くなり、他の子供が消えてもまだ一人で走り続ける小僧。

ちなみに寒いんですよ、とても。長袖の子がいるっつーのに。



…羽生市のゆるキャラはなぜか7体もいる。 埼玉県のゆるキャラ一覧では羽生市のその異様さは際立っており、『なぜ!?なぜ地味な羽生に7体もゆるキャラが必要!?』と常々思っていたのだったが、羽生市ってばこのさいたま水族館を含む一帯『羽生水郷公園』で、毎年『ゆるキャラサミット』を開催しているのだった。

恐らくそのホスト市としてのゆるキャラの多さなのであろう。

ちなみに螺髪みたいなピンク頭の子は『いがまんちゃん』といい、羽生市のB級グルメ『いがまん』がモチーフであるが、この日、この道の駅みたいなとこでは既にいがまん、売り切れてました…

もう羽生なんて来ないと思うから買いたかったのに~

まあ、このようなひっそりと鄙びたイベントでありながらも、ミニカーとか売ってるお店も出ており、やっぱり小僧はしっかり買い物をした。



屋根が抜けてるあばら東屋みたいなとこで、買ったものの確認をする小僧。

そうこうしてるうちに車イベントも終了、さっさと車が駐車場内から出ていくのを見送り、我らは次の目的地へ。



大人310円、子供100円と云う安さのさいたま水族館。 その安さからなのか、気になるのはこの天気の悪さだっつーのに人が多いってことですよ。



岩肌に同化して、嫌になるほどのグレーの世界(笑)…うーん、子連れがかなり多いんだけど、子供、こんなの楽しいか?

カメやらザリガニやらに触れるコーナーもあるけど、館内で一番華やかなのがこちら。



金魚コーナー…ええ、金魚の品揃えとしてはホームセンターの方が凄いかも知れません…



SNS用撮影スポットまで用意されているが、この昭和テイストは一体…(笑)ウーパー君は偽物ですよ。

館内をものの10分で出て来てしまった我らであった。

しかしこの水族館の肝はこちら。



屋外水槽の鯉とかその他の大型魚への餌やりが出来る。

ちなみに4年前、ここの水槽に塩素が投げ込まれ魚500匹以上が全滅。犯人はこの水族館の元職員と云う陰惨な事件が起きております。



そんな事件は忘れたかのように大型魚が大量。…この黄色ななんだか気色悪いメタボな魚は『ハクレン』といって、たまにテレビの衝撃映像系で紹介されます。川で一斉に大ジャンプする魚として。



見よ、この人の多さ。……なんでこの水族館が人気があるんだかあっしにはよくわかりません。安上がりだからか?

まあ、確かに圧倒的に未就学児連れが多かったので、幼稚園レベルだったらこれくらいでいいのであろう。小学生は騙されないぜ。

そしてようやく、川魚に特化したコーデを撮る。





画像としてバランスのいい鯉がいる池があったのでこっちで撮る。



―――――――だってこっちの水槽はこんななんだもん…気色悪いったら



足元は頂き物の足袋靴下&カレンブロッソ。



かんざしはタンタンさんからの頂きもの。


水族館内で『あら~素敵ねえ』とご年配の方にお声掛け頂きましたが、今見ると夏仕様で大変爽やかなこのコーデは、1ヶ月前の気温20度の霧雨の日には大変寒かったです。


――――――こうして、特に面白くもなかったが行くことに意義があるさいたま水族館もコンプリート。…水族館コンプリートの旅は続く…



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-07-12

2018年の浴衣企画・『綿絽浴衣を浴衣として着よう。』~朝顔柄編~

――――――――ワタクシ、数年前までは夏に正絹の着物を着ると汗ジミが怖いってんで、『着物として着られる感じの浴衣』をやたらと集め、そしてそれらは一回も浴衣としては着ないまま仕舞われ続けていたのだった。

特に綿絽は衿付きで着物として着るには申し分がない素材な上に、10年ほど前までは毎年毎年3800円くらいでヤフオクで新品のいい柄が出ていたんですよ。

―――――――最近はもう7000円近いものばっかりなっちゃったなー
…楽しみだったんだけどなー、毎年綿絽浴衣の新作チェックが。

なのでもう、綿絽浴衣は新たに増えてはいないんですが、手持ちだけでも4枚もある。

そのどれも浴衣として着たことがない。

毎年、いつも間にか浴衣の季節には妙な企画(例・昭和浴衣を着倒す 献上帯を使い回す等)が発動しているので、今年は『綿絽浴衣を浴衣として着る』に決めました(笑)

第1回目コーデはこちら。









アンティーク風味な感じの朝顔柄の綿絽浴衣。ヤフオクで新品が3800円でした。5年前くらいかな、買ったのは。

…この可愛いパステルピンクの地色が今となってはかなり微妙でございます…

いや、衿付きにすれば衿がクッションになるのでまだ大丈夫な気がしますが、浴衣として着ると浴衣の印象がダイレクト!なので『浴衣として着る』企画は結構予想以上にハードル高かったかも

この浴衣は帯に加工したらとっても素敵になるんじゃなかろうか(笑)…ああ、この企画の趣旨から早速逸脱し始めている~

帯は『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて150円の、紫のボーダー。

…そう、着物として着る分には帯がよりどりみどりなのですが、浴衣として着るとなると手持ちの半幅が少ないので、これまたコーデのハードルが高くなると判明。

…昭和の藍染め浴衣だったら、献上帯1本ですべて賄えるのになあ。

『着物として着る』のを前提に選んだ柄ばかりだから、半幅ですっきりってのが本当にハードルが高かった

もちろんこの企画のために、いちいち半幅を新しく買ったりしませんよ。手持ちで賄うのです!!


今回のコーデは近場の朝顔市に行くので、朝顔なコーデにしてみました。



ocarinさんからの頂きものの樹脂粘土の帯留め。…同じ色のものを2つ頂いているのですが、出番は蕾が付いてる方のこちらばっかり(笑)

いっそもう1個の方は上から青系の色を塗って紫系の朝顔に加工してみようか…と思っております。

色違いになれば両方出番があるでしょう。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


2018-07-11

七夕コーデを撮りに、竹林へ。

―――――――今年の七夕は大災害が起きてしまい、七夕どころの騒ぎではなくなりましたが…

『言葉がない』これに尽きます。『頑張って』なんて軽々しく言えません。だって皆、これ以上はないってくらいに必死に頑張っているはずなのです。これ以上どう頑張れと言うのでしょう。

私は自分で出来る範囲内で無理のない支援をするのみです。



…さて、季節イベントものコーデをアップした以上放置しておくわけにもいかないので、昨日、ようやく着ました。…ええ、七夕から3日経ってますが、何か?

撮影場所に決めているところが、まず人目につかない場所なので七夕コーデで出歩いても大丈夫だと思った(笑)…普通は誰にも見られないよう、庭で人通りがないのを見計らって速攻で撮る。(例・ハロウィンコーデ)

毎年牡丹コーデで使っている牡丹が綺麗なお寺、向かいには竹林がございましてね。

結構いい撮影スポットなんですわ。…場合によっては画像がホラーになるけど

そしてこの寺には3年ほど前から顔見知りの、『エセ男爵』と名付けた猫がいるんですわ。…キジ猫もいる。

5月、1年ぶりにお会いした時、口元によだれが見え、口内炎の症状かな?と思われたのでとても心配になった。

家庭内で飼われている猫であれば口内炎持ちでも生きていけるが、野良猫や地域猫ですと医療が届かず、食べることが出来なくなってあっという間に亡くなってしまうので。

…なので気になって気になって、通常なら年1回しか行かない寺に、既に2回行っている。そして今回3回目。

1ヶ月毎に訪問している気がします(笑)

―――――しかし外気温38℃の中なのです。このくそ暑い中、猫はわかりやすい場所にいるものでしょうか。

まず涼しい日蔭でやり過ごすものだと思う
……なので会えなくても仕方がないな、と思って駐車場に車入れたらば。



―――――――いたーっ!!(笑)…木陰と云うのか雑草の茂みと云うのかわからんところに寝そべっておりました。

……お寺の本堂とかの陰の方がよっぽど涼しいと思うんだけど



茂みの中にはキジ猫もいた(笑)…暑い中でもバテておらず、大変お元気なようです。



奥のキジ猫をもっとよく撮ろうとにじり寄ったら、エセ男爵様がすっくと立ち上がりました。…うーん、やっぱりお痩せになりましたねえ。でも一般的に猫は夏には痩せるからなあ。外で暮らす子は特に。



そして、キジ猫を撮ろうとすると、それを遮るようにエセ男爵様が猫じゃらしをハミハミしてみたりと、なんだかキジ猫を守ってる?な感じなんですわ。

ああ、じゃあ、しつこくしちゃ可哀そうだねえ、とあっしはとりあえず七夕コーデの撮影を済ませに竹林に移動。



気温が38℃あっても竹林は竹林、涼しいざますよ!! こりゃ意外。

画像としての見た目も涼しいし、実際体感的に涼しいので、夏場の撮影でもこの寺に来てもいいかもしれない。

ただし誰もいないようで、犬散歩のおっさんとか、試験で学校が早く終わったのであろう男子学生とかが通り過ぎ、竹林に着物の女が!!のホラー的な涼しさを提供する羽目になった。



髪飾りは自作の竹のつまみ細工。…ええ、竹だけ。

撮影を終えて駐車場に戻ってくると、茂みから這い出して来ていた2匹。



あんまり近寄るとそそくさと逃げてしまうので、できるだけ近くに寄り、望遠でエセ男爵様の口元を撮る。



うーん、まだよだれは見られるもののだらだらとひどいわけではなく、毛皮も綺麗。痩せてても病的な感じではないな、と一安心。

で、ワタクシ、いつもは無言で猫を撮っているわけですが、本気で安堵したので今回、初めて『元気でよかったねえ。じゃあまたね』と声をかけてみたんですわ。

そしたらすくっと立ち上がり、こっちに向かって歩いて来るエセ男爵。

てっきり私の横をすり抜けて逃げていくのかな、と思ってこちらもじっとしていたらば。



ええええええええええ!? エセ男爵が、エセだん(略称)がスリスリしてくるよっ





頭もナデナデさせてくれるよっ






おなかもおっぴろげ状態で触らせてくれるよっ(画像は起きあがっちゃったとこ)







そしてあっしのカレンブロッソに寄りかかってくつろいだ。ちなみにエセだんってばお手手フミフミしております。…やだわ、こんなとこまでおだんそっくりだなんて

あ、ワタクシの今回の足袋は自作のレース足袋ざます。



そしてエセだんの豹変っぷりを微動だにせず冷たい目で見ていたキジ猫(笑)

いや~どうしちゃったんだろう、エセだんってば
でも同時に嫌な予感もよぎる。

かつてあっしが『毛利』と呼んでいた巨体猫もちっとも懐かず数年、脳梗塞を患ったか?と思われる変なよろよろ傾き体になった途端に触らせてくれるようになり、その後口内炎も併発、あっという間に姿を消してしまった…

そう、馴れない猫が急に命の終わりに懐き始めるってことは多いのです…

いやああああ、エセだんってばしっかりするのよ!!

まあ、触らせて貰えたので、エセだんが現時点でもどんだけ肉肉しいかよくわかり、毛皮も綺麗でツヤツヤ、うちの猫より綺麗と云う健康状態なのがよくわかったが(笑)

…ちょっとだけ抱っこさせてくれたが、超重かったっすよ
もっと太かった時なんてどんだけ重かったのやら。

『普通に話しかけて来る奴は猫バカだからフレンドリーにしてやってもよい』と云う彼のスタンスであることを祈りたい。

エセだんのお許しも得たことですし、これからまめにご機嫌伺いに参るとするよ。



全方位スリスリされたので、帯のたれにエセだん毛がいっぱい付いた。着物にも。



家に帰ってきたら、こんな顔でおだん様がトリックアートを楽しまれていた。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 




2018-07-10

案外優秀かもよ?な頂きもの地味矢羽根麻着物で遊んでみる。

―――――――ヤフオクに出すものを引っ張り出し中で、落札後に即発送できるようにあちこちに積んであるもんだから、処分しているはずなのに一見更に荷物が増えている感じの部屋でございます。

…50点くらい処分しただけじゃ、一向に減った感じのしない埋蔵量だと判明…


んで、ヤフオクに出そうと思うものを引っ張り出している時に『…あれ?もしかしてこの帯ってばあの頂きものの地味矢羽根麻着物に合うんじゃないのか?』と思うものがいっぱい出て来たんですわ。

そう、地味矢羽根とはてんてんさんん頂いた、川魚に特化(笑)したコーデで使ったあの麻着物ですよ(笑)

着物単体で見ると本当に地味なので『うーん…数十年寝かせるか。』と云う気分になるのだが、川魚コーデで赤い鯉の入った帯とは相性が良かったんですね。

朱赤系の色とどうやら馴染む着物のようなんです。帯の柄がとても映える。

てな訳で朱赤系が効いてる夏帯とかを色々合わせてみたのであった。



朱赤の大きな薊柄の帯。…お太鼓部分に目立つシミがあり、その上から花を自力で描き足して直した。蛮行とはいえない正統派なお直しをした帯ですわ。

どうしても薊柄の着物と合わせることが多くなりますが、そうするとこの帯は着物と相殺し合って平凡になるのです。

でもこの着物に合わせたら主役。

……決して一般的ではない変な柄(笑)のくせに、自分は脇に徹する着物のようなのです。

他にも色々な帯と合わせてみる。



アンティークものと多く合わせましたが、現代もののシンプル帯と合わせてももちろん問題ないかと。

―――――――それにしても『手ぬぐい犬』の帯は、予想以上に色んな着物に合いますな

どっちかのコーデは8月のお犬様コーデで採用しよう…←まず7月を出せ。


てな訳でこの着物、これからの夏の定番着物となりそうな気配です。

ポリ混の麻なのでとにかく形態安定で、気軽に洗える上に麻だから涼しいし。

何がどう転ぶかわかったもんじゃありませんな(笑) 今更ながらにこれを下さったてんてんさん、ありがとうございます~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-07-09

今年は花が早いのに、例年より2週遅れて行ったらば、そりゃ花が終わってて当然だよね、な菖蒲コーデで上尾の丸山公園…

――――――ヤフオクで出品し、無事に落札された品が4日ほど埼玉県内でストップしておりましたがようやく配送が再開のようで、本日とりあえずは現地に着いたようです。…行き先は大分。

…ちなみに大阪地震の時も配送遅延がありました。行き先は広島尾道。…大丈夫なんだろうか…落札して下すった方は…

ヤフオクのシステムが色々変わって面倒ではありますが、Yahooが介入している配送手段を使うと、ボタン一つで現在の荷物の状況がすぐにわかるので便利ですな。

ああ、引き続き夏物の出品に勤しみます。



――――――――さて、ここに来て、ようやく花暦が正常になってきたかな?と云う感じですが、とにかく今年は桜からこっち、基本2週ほど花が早いのが当たり前だった…

当然菖蒲も2週ほど早い開花であったが、うっかりのんびりだらだらしてる間に例年よりも更に2週ほど遅れでようやく菖蒲コーデに着手。

当然花が終わってるもの、と覚悟の上です。



ご覧の有様です(笑)…ちらほらと咲き残る花もありましたが、まあ、大部分は枯れておりましたよ。

あ、上尾の丸山公園と云うところの菖蒲田です。…メガトンマーケットに割と近いです(笑)



当然人っ子一人いない菖蒲田。満開の時は人がとても多いです。



木陰の紫陽花が見頃でした(笑)―――――紫陽花コーデをここで撮りたかった、と思うほどに。





…このように撮ると何の柄なんだかわからない着物にふさわしい、この菖蒲の咲きっぷりとでもいいましょうか(笑)

まあ、菖蒲の前で撮ってることには変わりはないので、出遅れコーデとしては良しとしましょう。



――――――――しかし若干横溝も出る。



足元は頂き物の菖蒲柄足袋靴下&カレンブロッソ。



髪飾りは自作の菖蒲つまみ細工かんざし。


そして枯れた菖蒲田に見切りをつけ、さっさとメガトンマーケット上尾に移動。



骨董アンティークフェアの後に行ってから、たったの10日しか経っておりませぬ(笑)



10日しか経ってなくても結構商品が入れ替わっておりました。とにかく化繊ものが大量でしたよ。

そして、『セオαの市松浴衣』はもうなかった…(笑)

うーん、絶対うちのブログ読んで速攻で買いに走った人がいると思うな。だってあれは多くの着物の中に埋没する、目立たぬ着物だからただの化繊であればずっと売れ残る類のものなんですわ。

それだけがピンポイントで消えているってことは、やっぱり誰かが…(笑)

サイズ小さいですが、どうか活用してやってくださいませ。



傷みとヤケがなければU-カリンさんにお土産にしたいところだった龍の帯。

そして、あっしが買ったものはこちら~



ツバメ柄の銘仙。袷なので、裏を引っぺがして単衣にするざます!! 540円。



かなりオレンジ系の羽織紐。実は結構オレンジ系の羽織紐をヘビロテするワタクシなのですが、朱赤でもなく、オレンジ系のもんって1組しか持ってなかったんですのよ。

当然羽織の季節ではない今、すっかりその事実は忘れておりましたが、羽織紐コーナーにこれらがあって『あ、そう云えば…』と奇跡的に思い出したのだった。

各210円なり。


―――――――菖蒲田は空振りでも、メガトンではしっかりお買い物できた日でございました。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-07-07

七夕コーデ・2018

――――――――コーデさえ、七夕にアップしておけばよい。…着るのは後日になろうとも(笑)

と云う訳で、昨日まですっかり忘れていた七夕コーデですが、まあ、使うアイテムは半衿、帯は毎年同じだし、着物は『七夕コーデで使おう…』と思って買ったものがあるし(でも忘れていた
)、小物類の色合わせさえ決まればあっという間に完成なんですがね。

今年の七夕コーデはこちら~









『メガトンマーケット上尾』にて540円で買った、竹に渦巻き柄の単衣の銘仙。

さすがに7月に単衣は暑いと思ったが、それでも綿の浴衣を着物として着るよりかは涼しいはずだ、正絹は正絹なんだから。

まあ、今現在半袖が寒いくらいの気温なので、この天気が終わらぬうちだったらちょうどいいと思われる。

帯は七夕柄の小風呂敷を喪帯に縫い付けた作り帯。

…この頃はまだ丁寧に縫い付けておりましたなあ…今はできる限り縫わない(笑)



半衿はひめ吉さんちの七夕柄。アウトレットで手に入って超ラッキーだったもの。

帯締めにも笹だか竹だかの刺繍が入っているもの。

帯揚げは、笹の葉っぱの的に何となく黄緑にしておきました。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ