FC2ブログ
2018-06-17

骨董アンティークフェア初日に行きました♪・2018.初夏。…蓮帯軍団が往く。の巻

―――――――――さてさて、いよいよさいたまスーパーアリーナに乗り込みますよ!!



既に会場前の行列は消えており、入場はスムーズ。しかし荷物まみれのてんてんさんをこのまま会場内引き回しの刑にするわけにもいかぬので、コインロッカーにまず一時停止。



何やらああでもないこうでもない、とコインロッカーと格闘しているU-カリンさんとてんてんさん。

なんだか妙に小洒落た画像になっております(笑)



通常でしたら開場して1時間くらいは人の入りが多くて熱気に溢れ、場所によっては通れないくらいの人だかりだったりするんだが、うーん、今回は人も少なめと云うかお店の方も全体的に品薄?って感じでちょっと搬入量が少ないのかな??もしかして消防の検査でも入ったの??(笑)ってな感じの、妙に整然とした陳列のお店が目に付きましたわ。



毎回、染めの面白いアンティークものを多く持ってきて下さる『アンティーク・ジョン』さんのとこに突撃。

…いっつも派手な目立つアンティークを磔状態でぶら下げてるのが目印なんですが、今回はこのようにシックな有松絞りだったため、一瞬来ていないのかと思った

popinsさん情報によると、今年は有松絞りがキテるそうなんですね。だから珍しくもこの場所に有松絞りがぶら下がっていたのか。



ここで『熱中症対策に塩入り飴を…』とおもむろにてんてんさんに飴玉を渡される(笑)…それを喰らっている図。

そう、この方の荷物がやけに多いのは、とにかく色んなものを隠し持っているからに他ならない(笑)

アンティーク・ジョンさんとこであれこれ物色していると、たまさん登場!!



手に手を取って初顔合わせを喜ぶお二人。―――――を、冷やかに傍観しているかのような立ち位置のワタクシ(笑)

で、この時周囲に目が行ったのだが、あっしらの周りに人だかりが出来ている…

それにテレビカメラ抱えた兄ちゃんまでいる

……そりゃ、背中に同じ柄を背負ってる着物の女が4人もいれば、撮影素材として使いたくもなるよな(笑)

人だかりの原因は、蓮帯でございます。

とにかく、受けが良かった。

蓮の花は美しいので好きだけど、でも着物や帯の柄としては滅多なことでは見つからない…と悩む方が一般でも非常に多いということでございましょう。

中には『この帯は作家さんに描いて貰ったの?』と問うおばちゃんまでいて、一斉に『これは手ぬぐい!手ぬぐいなんですよーっ!!』とわめくワタクシ達(笑)

市販の手ぬぐいを喪帯とかの無地帯に縫い付けたりしている、と申告するとおばちゃんは一様に『へええええ!よく考えるものねええ』と感心してくださるのだが、逆に手ぬぐいは帯の素材としてしか見ない業界(笑)に10年以上潜伏していると、『…なぜ、これを考え付かないのか…』と思う。

まあ、考え付かないのはひとえに『着物を着ないから』でしょうな。



お次は1点500円の山があるお店に移動。…なぜか一人カメラ目線でまじめな顔でピースなU-カリンさん(笑)

ここでもあれこれ物色していたんだが、皆さん今回は『できるだけ買わない』宣言しているものだからなかなかお買い上げに結びつきません(笑)

と我らの背後から突然『ちょっとよろしいですか?』と声が掛かる。

さっきのテレビカメラの兄ちゃんが音もなく背後に忍び寄っており、『某ケーブルテレビの夕方のニュースの取材でインタビューをお願いしたいんですが…』と兄ちゃんが口にした途端に、今の今まで仲良く談笑していたと云うのに私以外の4名は一斉に皆私から目を逸らし、他人のふりして静かに、かつ素早い動きで八方に散ったのだった…

―――――――――――何てヤツらだ。とマジに思ったですよ、あっしは(爆)

…いや、一般のおばちゃんがこのような取材依頼をされますと、普通はまずうろたえて仲間同士で爆笑、そして『アンタ映りなよ』『いや、アンタが』のレジ前の会計の譲り合い的光景の後にようやく2名くらいが妙にへらへら笑いながらインタビュー受けるってパターンかと。

なのにこの方々は、瞬時に状況を把握して自分の身だけを守った(笑)

それもこれも全員ブロガーだからの成せる技でありましょう。自分のスタンスが決まっている。

で、顔出しNGの方が逃げたのは理解できるが、てんてんさんは顔出しているではないか。

しかも『京都から来たばかり』という取材する側にしても美味しい素材ではないか。

なのに皆と一緒に逃げ、こんな画像を撮っている。



――――――――カピバラ顔で取材を受けるワタクシ。

…ちゅーかまあ、この取材の内容が『どちらから?』はいいとしても『このような大きな骨董市が開かれるさいたま市をどう思われますか?』とかの質問が出たので、他の方々にしてみれば『……さあ。』としか言いようがなかったであろう

しかしあっしはそこはそれ、日頃から『地産地消の着物ブロガー』と自ら標榜しておりますのでね。

『さいたま市は他にもお安いものがいっぱいの骨董市が開かれているのでお勧めです。是非いらしてください』てなことを言い、どこの関係者だよ的な模範解答を瞬時に繰り出す(笑)

このケーブルテレビの番組は、さいたま、上尾、伊奈の地域だけに放送している夕方の20分のニュース番組な上に、放送はこの日の翌日。――――骨董アンティークフェアが終わった後でございます。

普通、この手の催事の取材の場合は『会期は本日まで』とかの紹介が入り、少しは時間の余裕を持たせるものだが終わった後に放送とは(笑)

このケーブルには加入してないし、結局放送で使われたのかどうなんだかわからぬまま。


―――――――――わかったのは『皆、卑怯者。』ってことだけでございます…

                             ――――――続く。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ