FC2ブログ
2018-06-05

かつて、床の間と呼ばれた場所の地獄絵図。

――――――なぜか年1回くらいのペースで『収納の記事をお願いします』とリクエスト頂くのです…

ええ、再三申し上げている通り、収納とは読んで字の如く『収めて、納める』なわけですよ。

我が家の惨状はもう、収納ではない。

それでもレジ袋に突っ込まれて押し入れにぶち込まれているだけならまだ良かった。

見た目、とりあえずは納まっているから。

―――――――しかしもう、今の我が家はこんな有様でございます。



この部分だけ撮ると床の間なのです。一応季節に合わせて掛け軸は替えている。

ちなみにこの掛け軸はヤフオクで2000円でしたわ(笑)

んが、この床の間もアングルを変えるとこうなる。



―――――――どうだい、悲惨だろう(笑)…完全に物置きと化していればまだ救いがあるのだが、一応掛け軸と飾りものまで置いてあって、床の間として細々と生きているのがまた哀れ。そしてこのような状態だと埃がたまりやすいので、頻繁にダスキンモップで掃除されてもいるのもまた哀れ。

最初は押し入れに入らなくなったものがとりあえず一時的に床の間に置かれただけだったのだが、一旦そのように置き場所にしてしまうともうダメですな。

よくテレビの片付け特集とかでも言われていることですが『そこに置くからものがそこに集まる』のです。

更に引きで撮るとこんな地獄がまだある。



はい、床の間の前にはベビーベットがあるんだが、もちろんベビーベットなんてもんはどこの家でもただの物置と化す代物でして、例に洩れず我が家も小僧が赤子の時から既に物置。小僧、ベビーベットで寝ないんだもん

そして小僧が赤子の時は小僧用品で占められていた場所にまで、今着物が侵略。

ちなみにベットの下の段には小僧の服がぎっしりですよ。

…ええ、わかってるんです。この何でもとりあえず置き、な場所のブラックホールなベビーベットがあるからこそ物が物を呼ぶのです。

ベビーベットを処分して収納用品を置けばかなりすっきりするはずなのです。

それがわかっていてもう何年も放置しているのは、ひとえに『見るのもうんざり』な状態だからでございます。

そう、全面的に絶望的に散らかっている部屋を見た時『…どっから手を付けたらいいんだ…』と立ち尽くすでしょう。

今まさにその状態が数年続いているわけでございます。



これに更にトルソーちゃんまで置いてます、普通は。


――――――しかし話は変わりますが、今、今までで最高に庭が片付いているのです。

理由は4月に一気に伸び過ぎた木の枝を伐採したからです。

1本枝をすっきりさせると今度はこっちの木も気になる。で全ての木を綺麗に整えたわけです。

そして枝が綺麗になると地面。落ち葉が積もりっ放しだったのが気になり、掃除。

そうなると雑草も気になるってんで引っこ抜き。

そしてどんどん庭が綺麗になってくると新たに花も欲しくなる。

綺麗だとやっぱり手入れも億劫ではなくなるので、習慣化されて綺麗な状態がずっと続くのでございます。

……そう、小さなことからコツコツと。

たった1か所でも集中的にそこを綺麗にしてしまうと、どんどんそれが周りに及んで行くのです。

汚れて行く場合も同じですな。


ちゅーわけで今、とりあえずは人様に分配、で少しずつ着物類を減らしているところでございます。

分類→発送、という流れが習慣化されますとその後、ヤフオク等での処分も億劫ではなくなる。

……ああ、『着物、帯、まとめて50点セット!!』とかでヤフオクで処分すれば一気に片付くのになあ(笑)

でも送料高の昨今、業者でもない一般人には送料が高くなるのが気の毒でなかなかその処分法には踏み切れませんが。


とりあえず、残り半年ではありますが『床の間から着物を一掃する』を目標に頑張りたいと思います。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ