FC2ブログ
2018-06-01

紐1本で衿が決まる!シンプル着付け/世界文化社

―――――――数年ぶりに図書館通いが復活し、着物本コーナーをうろうろしているとやっぱり本の顔触れが変わっております。

こちらもここ最近の本。と云っても2014年刊行ですが。

ちとタイトルに惹かれて借りてみました。



本のタイトル通り、衿元に特にこだわってる本です。

お使いの長襦袢を改造することで衿元崩れを防ごう、と云う巻頭の特集があります。

まあ、あっしの場合は『最後に、和装ブラ』でほぼほぼ衿元問題はなくなって来たのでございますが、それに抵抗がある方はこちらの本も参考にして頂くとよかろうかと。



何が感動したかと云うと、半衿を安全ピンで留めるという方法が掲載されていることです(笑)

手縫い、安全ピン、着脱式半衿の衿元の出来上がりの違いを比べているページなんですが、そもそもほとんどの着付け本では半衿の手縫いの仕方は掲載していても、まず安全ピンで留めるのもありますよ、なんて掲載しませんので、安全ピン派は『大きな声では言えないけどズボラで安全ピンなんです、すいません』と云う後ろ暗い意識が拭えなかったと思うんですわ。

そりゃネット上ではいっぱい安全ピン派は闊歩しておりますが、ネット上で溢れているのと書籍としてちゃんと紹介されるのとでは世間一般の認識が違う。

誰も彼もがネット、ネットで全部検索するわけではない。結構本を参考にする世代だって多いのです。

なので『安全ピン半衿』がこのように掲載されていることはとても有意義だなあと思った次第。

そして個人的に『あー!!あれはこーゆーことだったのか!!』と目からうろこだったのがこちら。



普通に着ているつもりなのに、妙に腰回りが太くもっさり、裾すぼまりになるように着付けてるのに、ならない…

いつもじゃないが、たまにこのような現象が起こり『うーん、どうすりゃいいんだ
』と思うものの、毎回毎回ではないのでほっといた問題。

なるほど、褄を上げながら見頃を合わせると太くなっちまうんですねー

でもさ、写真の撮り方、掲載枚数の都合で『褄を上げて合わせている写真だけ』って着付け本も結構多いわけですよ。

なので褄を上げながら着付けちゃう人だって相当数いるはずなんですわ。特に自力で着付け覚えた人は。

あっしが着付けを覚えた本も一応、とりあえず平行に合わせて丈を合わせた後褄を上げる、と云う方法で載ってましたが、なぜその『平行に合わせる』って手順が必要なのか明記されてなかったため、手順省いて褄を上げながら着付けてましたよ。

『こうしないと太く見える原因になります』と書いてあれば気を付けたであろうに(笑)

まあ、ワタクシが着るものは基本アンティークやリサイクルで自分サイズのものではなく、現代もの新品プレタよりは身幅が狭いアンティーク等は身幅が狭い分だけ腰回りがもっさりしないので、褄上げ着付けでも特に問題なく着れている場合も多かったようなのです。

しかしちょっと大きい現代ものサイズとかになると腰回りもっさりが発生していた模様。


この本は『初心者の方でも失敗しない、ちょっとした着付けのコツを掘り下げました』との謳い文句なのですが、むしろ初心者よりは、着慣れてるけど『うーん、最近なんだかここがどうにも崩れたり、変な感じになるのよねえ』と原因がわからない違和感に悩む着物ベテランの方の方がより参考になるのではないかと思いましたですよ。

結構長年着ていると、手順省いて自分流の変な癖が着付けの際に出ている場合もございます。

だけど長年自分で着ているという自負心から、改めて着付けを習おうとは思わない(笑)

本を読んで実践してみるだけならお手軽なので、『なんだか着姿がちょっと…』とお悩みの方はこの本をめくってみては如何でしょうか。

ちなみにワタクシ、『銀座結び』のやり方がわからなかったんですが、この本にちゃんと載ってたのでありがたかったです。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ