FC2ブログ
2018-04-17

今年の『放置系菜の花』はパッとしないので、ちょっと遠出な河川敷で菜の花コーデ。

――――――――うーむ、本当に今年は菜の花、いまいちでございましたなあ
…いや、観光資源にしているところはがっつり管理されてるので綺麗だったかも知れんが、『放置系菜の花』、ほっといても毎年勝手に生えて咲いてるような場所はてんでダメでした。

で、ワタクシが数年懇意にしている横溝屋敷と割と近い菜の花畑もパッとせず。

そしたら新聞の埼玉版に県内のある場所の菜の花が見頃、とかカラー写真で載ってたんですよ。

……新聞の埼玉版から常に多大な恩恵を受けるワタクシ(笑)

その場所は車で我が家から小一時間かかりますが、そこなら一面の菜の花見られるかも~と出かけてみた次第。



江戸川河川敷に数キロにわたって自生する菜の花ってことですが…このように撮りますと確かに『んまああ、ずっと菜の花が!!』って感じです。新聞掲載写真も似たような感じでした。

しかしこれは花にかなり近寄り、中腰姿勢でないと撮れない画像。



―――――――実際、大人の目線で引きで撮るとこんな感じですよ
…これくらいでしたら、うちの近場の河川敷でも普通に見られる光景でございました…

わざわざ小一時間かけて来るんじゃなかった

しかしこんな場所でもカメラ親父がいるのが驚き(笑)…よっぽど今年は菜の花が壊滅なのでしょうな。





薄い黄色に白抜きの柄なんて色飛びするだろうと思っていたのに、予想外にきっちり写っている謎の柄(笑)

そして地元民の夕方の犬散歩コースらしく、通りすがりの柴犬散歩のおっさんに『和服で草むらになんて珍しいですねー』と言われる…

――――――ええ、この女は和服で田んぼでつくし狩りとかしますのよ(笑)

もちろん今回はこの背後の菜の花を狩りましたわ。



これまたなんだか横溝が発動。



足元はからし色矢羽根の足袋靴下&白ベースのカレンブロッソ。



このような淡い色のカレンブロッソで草の中をうろうろしていたら、このように草木染めが発生。まあ、雑巾で拭いたら綺麗に落ちましたけど。

徹底的にひどい目に遭わされている我が家のカレンブロッソでございます…



髪飾りは自作の菜の花のつまみ細工。



狩って来た菜の花。もうかなり種が出来ちゃってますね。やっぱり今年は梅以外は花の開花が早かった…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 



2018-04-16

牡丹コーデ・2018。その1

――――――――そして、雀は来なくなった…
どうか他にいいねぐらを探しておくれ…

ちゅーわけで連日伐採作業に勤しみ、ようやく本日全部終わりましてございます。

そしてこんなことをしてる間に、既にご近所の鉢植え藤は花が終わってしまい、牡丹も既に咲き終わっているお庭多数。

ああ、このコーデ、ちゃんと牡丹の前で着られるのかしら









先日我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』店にて150円でゲットしてきた桔梗ツツジ(笑)に牡丹の刺繍帯。

こちらからコーデを構成していった。

―――――――この帯の牡丹度は控え目。なので着物が明らかに牡丹!!なものでなければ。

からし色と白の大輪の牡丹に藤矢羽根の銘仙。数年前ヤフオクで1100円だったかな。

矢羽根が意匠化された藤なので、藤コーデで使ったり牡丹コーデで使ったり、となかなか優秀な着物です。



半衿は数年前に羽衣牡丹さんから頂いた端切れ。半衿として使いたい、使いたいと思いつつ数年。やっとこさ活用出来て嬉しゅうございます。

帯揚げ、帯締めは着物の色と合わせてみました。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-04-15

紫木蓮目当てで出かけてみれば、突風に煽り煽られ横溝屋敷。

――――――――横溝屋敷の惨劇、再びでございます…

●あらすじ●
紫木蓮コーデの着姿を撮りたくて『もう咲いてるだろう』と横溝屋敷の紫木蓮前まで出向いてみれば、まだ咲いてなかったという悲劇に見舞われ、その数日後、ようやくその紫木蓮も満開との報に接したので、急遽考えたリベンジ紫木蓮(でもないが)コーデで再びの横溝屋敷。



――――――花が咲いてても、なぜか画像がどんより暗い横溝屋敷(笑)



紫木蓮は白木蓮と違って葉っぱも同時期に出てくるので白木蓮の花だけ、に比べるとちと見劣りしますかね。

んで、背後に写る柳の揺れっぷりから察して頂きたいのですが、強風です。



強風の日を選ばずともとは思うでしょうが、このように既に花びらが風に吹っ飛ばされており、『風が収まる頃には花が残ってないかも…
』と不安になったので撮影強行。



風に煽られ羽織も着物の袖も裾も踊る。



このわけのわからない羽織の吹っ飛び具合から強風通り越して突風なのがお分かりいただけるかと。



本日の無修正。――――――強風です、はいっ!な宮尾すすむ現わる。



本日の横溝。――――――きっと、母屋に入ってはいけない身の上の女。





羽織なしバージョン。…ちなみによく目を開けて笑ってられるな、ってくらいの強風でございますれば。

強風により、三脚倒れること3回。よくぞデジカメがクラッシュしなかったものよ



本日の無修正。その2――――――ぶべーーーーーっ!!

ああ、裾よけを赤にしておけばよかったわ(笑)……誇張でも何でもなく、突風激しき臨場感溢れる画像の数々でございました。

帰る頃には口紅にいっぱい砂埃くっ付いててジャリジャリ。相当この日のコーデも砂埃を吸ったことであろう。



…そんな惨劇に見舞われやすい横溝屋敷ですが、春休み期間中、あのような僻地にある公園のくせしてお子様連れが結構ウロウロしておりまして油断なりませんでした。

もちろんお子様が学校に行ってるような平日はガラガラですが、長期休み等はそこそこ客の入りがいいみたいなので、このようなテーマの撮影でのんびり長居してやろうと目論む方はご留意くださいまし。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-04-13

桜コーデ、その3は『市民の森』&『見晴公園』再び。

―――――――我が家の金木犀がとうとう洒落にならない高さになってしまいましてね。この時期葉っぱがとんでもなくわさわさ茂るので、雀ご一家のお住まいだとわかってても仕方なく大幅剪定を断行中なんですがね。

…昨日、第1回剪定を行った際には雀様が『な!?一体何をしてくれるんですかああああ!!』とばかりに目の前を低空飛行で通過して行ってくれたんですが、夕方戻って来て、まだ作業中の木を向かいの家の屋根からじっと眺める雀様たち…

そして本日も剪定なんだか伐採なんだかわからぬ作業中、スカスカになって来た枝に雀様が様子見に来られ…ああ、切ないったら

金木犀ってば枝が密集してて小鳥サイズの鳥のいい寝ぐらなんですわ。カラスが入って来られないくらいのぎうぎうの枝ぶりがお気に召した雀ご一家、1年くらい住んでたんだけどなあ。

…でも巣があるわけではなかった…純粋に密集枝の中で安心して寝てらしたのねー

てな訳で連日伐採作業で筋肉痛でございます。


さて、半端なく忙しかった今年の桜コーデの最終章。

近所のソメイヨシノも桜吹雪だし、まだ八重桜も咲いてないし、で結局『ここのしだれ桜がまだ綺麗!!』ってことが判明した市民の森へと行きます。2日連続です。



一番綺麗なしだれ桜はこの辺の数本なんだが、もちろんそのような木は宴会の方々が下にいらっしゃいます(笑)

この木はギリギリでその方々がトリミング出来た。



夕刻の黄色みの強い光が当たるので、木の外側のしだれ桜部分前で撮るとこのようになる。そしてくつろぐ花見客多数(笑)

公園内をうろうろして、桜が綺麗にまだ咲いてて、人がいなくて光の具合が最適な場所を探して撮ったのがこちら。







本日の無修正。――――――さすらいのアームレスラー



なかなか穴場的な場所なんだが、着物で来る物好きはあっしだけではなかったようで、珍しくもお二人、着物姿がいらっしゃいましたわ。うーん、どこぞのおよばれの帰りだったのかしら。



前日横溝画像が撮れた場所、翌日更に花びらが散っております。うーん、これだったらやっぱりしだれ桜前で撮るべきですわね。



足元はふでぺんさんからの頂きものの小桜柄足袋&白系カレンブロッソ。



髪飾りは画像だとほぼわかりませんが、頂き物の桜の蒔絵が施されている笄を付け毛の根元にブっ挿しております~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-04-11

ちょいと久々、着物半額デーのお買いもの@ちゃくちゃくちゃく南中野。

―――――――毎月10日が着物半額デーな我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』でございますが、ここ最近、10日が土日だったり(土日祝だとあっしは行けない)、平日なので行ってみても『買うものがない…
』状態だったのでございます。

それでも10日が平日であるならば、あっしはへこたれずにとりあえずは店に向かうのです。

……んで、開店2分前に到着したんだが、誰も並んでない……普通なら5人くらいは既に並んでるもんなんだが

なので『え!?今日着物半額デーじゃないの
』と、今月の月間セール予定表を貰ってない人間は慄いた。

そしたら停まっていた車から一人、あっしの後すぐにもう一台車が入って来て、一人。

珍しくも閑散とした状態での着物半額デー開始でありました。ちゃんと半額デーでした。

前回覗いた時と品揃えは変わっておりましたが、相変わらず最近は帯の数がかなり少ない。

しかし今回、ワタクシは帯ばかりゲットでございます~(笑)

それではご紹介。



……何?ただの白い無地の帯??と思われるでしょうが、あっしの記事のコメント欄まできっちりお読みの方は『このタイミングで…すげーな
』と思われることでしょう。

ワタクシ、菜の花コーデの記事の辺コメント入れしてから店に向かったんですがね。

そのコメントに『薄い色の無地帯があれば布用マーカーで描いて新たに菜の花柄の帯を作りたい』旨のコメント入れたんですよ。

―――――――そしたら真っ白でラメ入りの無地帯、あった(笑)

真っ白の無地帯って滅多にないんですよ。 からし色、朱色は結構あるんですが、それだと地色が濃いために布用マーカーで絵を描いても絵がちゃんと見えない。

なので布用マーカーで絵を描くつもりなら、何色でもいいけどかなり薄い色の無地帯でないといかんのです。

この発言の直後にこの帯発見。……これは新たに菜の花帯を作れって思し召しでしょうな(笑)





こちら2本は素材用。 黒の喪帯は貼り付け帯の土台に最適ですが、しかし貼り付ける布が薄い生地の場合は土台の黒が生地から透けて見えてしまうのです。

なので白系、アイボリー系の土台になりそうな帯も欲しかった。

…素材なのでこのようにきっちり撮らんでもいいんですが、以前の『にょろん帯』のように、素材にするつもりでいたら『ああああ、その帯、欲しいです!!締めます!!』というべにおせんせーがいらして(笑)、結局素材になる前に締めてくれる方の手に渡ったこともございます。

この2本も万が一『ああああ、その帯締めたいんですけど!!』って方がいらっしゃるかも知れないので、とりあえず全容をアップするなり。

――――――そのような方がいらっしゃればコメント欄で決意表明してくだされよ(笑)



まあ、踊り系の半幅ですな。でも源氏車。……小僧の車イベントへの同伴の際の衣装として、明らかな源氏車柄を集め始めました(笑)

そして今回の掘り出し物がこちらでした~



シックな刺繍帯。…牡丹は明白だが、もう1つの柄が『桔梗のようでもあるが明らかに枝があるし、恐らくはツツジ』だと思われます。牡丹とツツジなので今の時期の帯ですわ。

―――――桜が終わって呆けているところに既に牡丹が咲いている報が届き、虚脱を通り越してグレ始めていたワタクシですが、せっかくだ、この帯、今年の牡丹コーデで使ってやるべか。

ちなみに丸帯か!?ってくらいに重い袋帯ですわ~


以上5点、300円の半額の150円×5の750円のお買い上げでございました。

ここ数ヶ月買いたいものがない状態でしたが、ようやく必要な実用品&喜ばしい掘り出し物に出会えましたわ。

…実用品を安く手に入れられるのも喜ばしいことではあるが、やっぱり掘り出し物を150円!ってのは何物にも代えがたい魅力ですからねえ(笑)

来月にも期待致しましょう。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-04-10

桜コーデ、その2で見晴公園&市民の森の桜。

―――――――…スギ花粉よりもヒノキにやられていると思われるワタクシでございます…目は痒くないんだが、鼻が…鼻がまさに『アレルギーで気道が塞がる』って感じなんだようううう

花粉によるアナフィラキシーショックによる死亡例ってないのかしら。絶対あると思うんだけど。でも『花粉で死んだ』って死因としては情ないですわよね(笑)…花粉が遠因で薬の飲み合わせで死にかけたたまさんのような人もいるけど。←晒しもの(笑)


さて、そんなヒノキ絶好調な日々、帯に点鼻薬、目薬(小僧用)をぶち込んで、それでも桜を求めて彷徨うのでございました。



ここ数年通っている、『見晴公園』&『市民の森』。…市民の森はこのように桜並木があり、でも比較的花の時期でも大混雑にはならない穴場スポット。

今年は向かいの畑の菜の花、『菜の花まつりを開催』と銘打った以上何がなんでも咲いて頂かなければ!!って感じだったのかそこそこ咲いておりました。…ちなみにこの2年ほどはほぼ咲いてなくて菜の花まつりもあったんだかなかったんだか



市民の森と道路挟んで向かいの見晴公園はこの風車が目印。



このようにソメイヨシノの綺麗な場所もあるにはあった。



んが、ご覧のようにかなり散り始めているとこがほとんど。…今年はソメイヨシノに関しては出遅れ気味でしたわ~





散り始めの哀れなソメイヨシノの前にこのコーデで突っ立ってしまっては、桜も立つ背がないというものだ

八重桜まで待ってやればよかったですかねえ…



無表情は若干横溝入ってる?



足元はふでぺんさんからの頂きものの小桜柄の足袋&土埃と花粉にまみれておりますよカレンブロッソ。



髪飾りは自作つまみ細工第2作目のもの。…今にして思えば超雑に作ってあるのに、桜の季節に毎回ヘビロテ。

そろそろまともな後継を作ってあげてもいいかもしれない。



んで、見晴公園で着姿撮影も終わり、ついでに市民の森側を覗いてみたところこちらはしだれ桜が見頃だったのでした。



ソメイヨシノは終わり気味でも八重系しだれ桜がまさに見頃。…もちろんいい花見場所なので下には人が宴会してますよ(笑)


―――――――んが、ソメイヨシノもほぼ終わり、見頃はこの桜だけとなれば、残りの桜コーデその3は何としてもこの前で撮影しなくてはなるまい…

てな訳で、2日連チャンでここに通う羽目になります(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-04-09

菜の花コーデ・2018

―――――――菜の花…今年はどこもあまりぱっとせんですなあ

通常だったら一面黄色になってる土手とかも、なんだか黄色がまばら。…菜の花は寒さに遭わないと蕾を付けませんが寒過ぎても生育が悪くてこんな事態を招くんですな。

んが、それでも続ける菜の花コーデ。

――――――――菜の花アイテムは半衿と帯とかんざしだけ(笑) そして着物は黄色系と云う縛りあり。

縛りがあった方が案外コーデの選択肢が狭まる分だけ楽なのでございます。









現在菜の花まみれの玄関で撮っております。そのせいで逆光気味ですが大目に見て頂きましょう。

着物は『ちゃくちゃくちゃく南中野』で580円、と珍しく高値で売られていたポリ。あちこちシミがあったのに

…ヒヤシンスなんだか粟、稗等の雑穀なんだかよくわからない柄(笑)

で、もちろんそこはあっしですので、580円で買う代物ではない、と全品100円デーでゲットしてきた。…シミ汚れとポリ素材から見て100円が妥当なところでございましょう。

そしてポリなので洗ってみたら、綺麗にシミ汚れは落ちた。どんだけ前の汚れだかわからないのに、よくぞ落ちたものよ
おかげで後顧の憂いなく着れますわ。

帯は数年前に、喪帯に自分で菜の花の絵を描いた(笑)

既製の、しかもポリと思われる帯に絵を描くのは絵の具が載りにくいこともあり、紙に描くのとは勝手が違うので当然下手くそなわけですが、しかし帯になった途端に下手くそでも『味がある帯』と認識されるのでございます。



半衿はひめ吉さんちの菜の花。ワンポイント柄。生成りベースです。

帯揚げは抹茶ミルクのような色の綿の端切れ、通称『ビンボーダー』(笑)

帯締めも同じ色でまとめております。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-04-08

桜コーデ、その1で撮影御用達の寺のしだれ桜。

――――――――やれやれ、本日で春休みが終わりますわ。…今年は桜の開花が早かったために、春休みと同時にあっしの着物姿の撮影にあちこち連れ回され、特に遠出もしなかった小僧は大変遺憾だと思われますが。

んで、今年の桜コーデの着姿でございますよ~

…本当に今年は満開になるのに3日しかかからなかった上に、散るのも早かったんですが、ワタクシはまたしても油断していたのです。

『普通、桜は散り始めるまで1週間はもつ』と。

そして油断が仇となった。



ご覧のように、既に花吹雪が始まっていた…



更にお目当てだったしだれ桜は既に葉っぱになっているではありませんか

この10日前に木蓮撮影に来たときは蕾も固いままだったのよ
咲く気配なんて無かったのに、10日の間に咲いて、そして散っていたのだった。



既に葉っぱのしだれ桜より遅れて咲く、可愛いピンクが濃い目の八重しだれ桜も既に葉っぱが出始めてる状態。

しかしこの桜の前で撮るしかございません。





あ、でもこの着物の桜の柄ってば割と控えめな分量なので、わっさわさ咲いてる桜より、花少なめの方が似合うかも知れない。

入学式に桜がない、と踏んだ新一年生保護者が新一年生を引き連れて撮影しておりましたわ。

桜の時期であろうともあまり他の撮影の人とはバッティングしない寺なのに、今年の桜は珍しい現象を引き起こしますわ。



風のいたずらで八掛が綺麗に見えた。



足元は滅多に履かないので安もんで、ポリ混だから毛玉が出来てますぜな白足袋&くすみ系ピンクのツボに白木の台風味なカレンブロッソ。



髪飾りは、まだ自分でつまみ細工を始める前にヤフオクで手に入れた桜もの。…でも手が込んでるので、自分で作れ、と云われたらお断りな代物(笑)


―――――――このように、今年は桜に振り回されておりますが、危惧したとおりに既に藤が咲き始めてるんですのよ、ご近所で。

…去年咲かなかったご近所の藤、今年うちが咲かなかったらご近所は咲いたのでジェラシー(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-04-06

急遽、リベンジで今年の木蓮コーデ、その3。

――――――――さて、昨日お伝えしたように、満開の紫木蓮前で木蓮コーデを撮ること叶わず。

しかし今、ようやく満開との報なので、急遽木蓮コーデリベンジマッチでございます。









木蓮コーデちゅーても今回は半衿と帯だけですが。…しかも帯の木蓮は非常にわかりづらい。柄が大きくても(笑)

着物は『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて150円でゲットの大人テイストカラーの大きめ矢羽根お召し。

この着物ならこの帯が合いそうかも~と思った。

同じくちゃくちゃくちゃく南中野で150円だっけ、210円だっけ??定価の300円では買ってないはず、の木蓮の刺繍帯。

しかし真っ黒な木蓮なり。帯の地色は羊羹色。…なので元々は赤系の帯に黒の色を掛けてみた代物なのでは?説浮上。

刺繍糸部分は綺麗に黒になったが、地色の赤は赤みが残って羊羹色になったのでは。

まあ、高値の花の木蓮の刺繍帯、しかも珍品が150円だか210円で買えたのは僥倖でありましょう。

――――――不穏過ぎてコーデが難しい帯だったけど(笑)



半衿は引き続き、自作の木蓮柄。…ああ、やぱり木蓮と云うよりホタルブクロに近い…

帯揚げは黒白ストライプにしてシャープに、帯締めの緑は着物の色から取りました。



とりあえず、木蓮柄黒羽織も合わせてみた。――――――不穏感、倍増(笑)

やっぱりリベンジマッチとしては、この羽織も持参すべきでしょうな。



羽織紐はozawamiさんからの頂きものを付けてみました。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-04-05

紫木蓮目当てに行ってみたら、フライングでしたよ横溝屋敷…な木蓮コーデ、その2。

―――――――横溝屋敷にまつわる惨劇でございます…

ワタクシ、紫木蓮が咲く着物姿撮影に向く場所を長年探しておりましたが、実はこんなところにありましたの。



――――――――それは『横溝屋敷』。…いや、あっしが勝手に横溝屋敷と呼んでいる、埼玉の片田舎にある『難波田城公園』っつー、城塞跡に古民家群を移築して作ってある公園なんですがね。

…ここで着物姿を撮ると、やけに横溝写真が撮れるもんだから(笑)

ええ、ご覧の通りにソメイヨシノが満開。うちの近所の紫木蓮も既に満開通り越して散っている時期でありました。

――――――なので焦った。『まだ花の便りがないけど、本当に大丈夫なのーっ!?』と。

この公園、週に2回ほど『難波田城公園花だより』という情報を発信し続けてくれていて、そのおかげで過去記事を遡ったらここには紫木蓮が咲く、という事実が判明した。

しかし今年はまだ紫木蓮の情報が一切記載されてなかったのだった。

…でも我が家の近場の民家の紫木蓮は軒並み満開を過ぎており、車で30分くらいの距離のこの公園の木蓮だって似たようなものなのではないか…と不安に。

てな訳で、まだ情報は出てないけど少しは咲いてるはずだ、と踏んで木蓮コーデ、その2で公園に出向いたわけですよ。



ええ、ちょうどソメイヨシノはどこも満開でございました。しかしワタクシの目的はひたすら紫木蓮。

そして、辿り着いた木蓮はこのような有様だった。



―――――――思わず横溝的に撮っちまいましたわ。どこに木蓮が?



正解はこれ。――――――ええ、情報が出ないのは、ひとえにまだ咲いてないからだったのでした

かろうじて2輪ほど、うっすらと紫木蓮の蕾とわかる程度に咲いておりましたが、これではこの前で木蓮コーデを撮る甲斐がない




なので公園内の終わりかけのコブシの花の前で撮るワタクシ
…ええ、紫木蓮どころか白木蓮ですらないんですが。一体何しにここに来たのやら。



もうやけになって、咲いてない紫木蓮前で撮るワタクシ。



羽織を脱ぐと、一際哀しい紫木蓮の帯が。



本日の無修正。―――――――こんなはずでは…

勝手に横溝屋敷呼ばわりした天罰が下ったのでしょうか。と云うかこの公園の花だより情報は正確です。情報を待って撮影に赴いてください皆さまも

ちなみに現在はようやく紫木蓮もほぼ満開のご様子なので、急遽リベンジ的に考えた紫木蓮コーデで再び赴いてやる所存ですが。


さて、不発な撮影も終わったので次なる目的地へ。





―――――――つくしを狩る(笑)

いやあ、毎年菜の花狩りに行く田んぼ、畦道にはつくしがいっぱいだったなあと思い出しましてね。

今年はつくしは食す方針でして、我が家の犬走りに生えていた合計25本は既に喰った(笑)



ちなみに去年菜の花撮った場所はこんなんですよ
…今年はもう、全然ダメ。別の一角だけ菜の花が咲いてました。菜の花まつりがあるので。

ああ、数年前はこの見渡す限りの畑が黄色だったのになあ。

――――――ちなみにあっしは上記のような格好でこの畑に突入しております。黒羽織の着物姿の女が何やら
畑で一心不乱にブチブチと。…横溝的風景。

酷使され続けているカレンブロッソも『…ちょっ、いくら私が全天候型スニーカー的草履を標榜してるからって田畑にまで遠慮なく踏み込まなくったっていいじゃないのっ
』とお怒りなことと思う。



そしてつくしを狩り終って帰宅したらば、おだん様が目を光らせていた。



狩って来たつくし。画像だと少なく感じるわあ。これらは卵とじと天ぷらになった。



どうでもいい豆知識。つくしはカサが開いてない方が新芽的でよさげな感じだが、カサが開いてないと中の花粉(胞子?)がそのまんまなので食べるととても口の中でざらざらしてよろしくありません。

カサが開いているものを徹底的に水に晒して花粉を落として食してくださいませ。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ