FC2ブログ
2018-03-12

羽織になる前に、着物としてコーデしておこう。な梅と椿の着物、救済?コーデ。

―――――――やっとこさ梅コーデを着終わったと思ったら、もう白木蓮が咲いてらっしゃるところがちらほらあるのね、奥さん

ああ、花に追われ追われて休む暇なし、な季節の到来ですわ~


さて、もう梅の季節も終わりかけですが、この機を逃したらもう着物の形では出てこないかも知れん、と大慌てでコーデしてみました。







先日の浦和の骨董市で購入の梅と椿の柄の着物。どうにもこうにも少女着物サイズだったので、いっそ大幅改造で羽織に作り替えようと思っているブツ。

1年かけてゆっくり羽織に直してやろうと思っているので、来年のこの時期には既に羽織になっているかもしれない。

着物のままでコーデされてるのを見たいとのコメントも頂いていたし、私も見てみたかった。

そしてこのようなコーデとなりました。

羽織は浦和の骨董市で1500円だったもの。割と春の花が柄に入っているのでこの季節にはいいかと。

帯はたまさんからの頂きもの。元々はたまさんの義妹さん『冷え対策委員長』のものでした。

赤い椿柄ってアンティーク界ではありそうで意外と少ないので、なかなか椿コーデで登場することがなく、今回のこの着物がくっきりな赤椿だったためにようやく赤椿同士でコーデが出来ました。



半衿はひめ吉さんちの椿柄、廃番バージョン。





羽織なしバージョン。一見まともに着せられているようですが、かなり苦労しております。大人9号サイズのトルソーでかなり厳しい。

あっしが着ることになると更に厳しいと思われます(笑)

うーん、身幅が狭い分特に衿元が苦労するのですが、何とか着用画像を残せるよう頑張る所存です~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ