FC2ブログ
2018-03-17

羽織にするつもりだが、とりあえず有終の美で着物としてコーデした、梅と椿柄着物の着姿。

――――――うぬう、夏日一歩手前になるかと思ったらまた冬に逆戻りだったりして困りますな。

でもまあ、着物の場合は羽織姿であっても春の演出ができるのがいいですが。


さて、先日浦和の骨董市で購入したもののサイズが少女着物だったために身幅が狭く、着るには厳しかった着物。

羽織に作り替えようと目論んでおりますが、その前に着物の形のままコーデして着用してみよう、と。

…9号サイズのトルソーちゃんですらかなり厳しい状態でした。もっとでっかいであろう(笑)あっしが着たらばどうなるか。



―――――――とりあえず画像上では普通に着れておりますが

まあ、羽織で長過ぎる衿、短すぎる褄下が全部隠れるので違和感がないのと、短い裄も隠れてますもんね。

しかしトルソーでかなり衿元が厳しかったのに対し、あっしが着たらそりゃあ衿の角度は深くなりましたが予想外に問題なかったのでした

うーん、ワタクシが思うに、トルソーってのは洋服に合わせて西洋体型なのではあるまいか。西洋体型は立体的。体に厚みがございます。

一方日本人体型は体に厚みがなく、平べったいんですな。

そしてその平べったい体つきを上手く利用しているのが着物だと思うんですが。

立体的なトルソーちゃんだと衿元が開いてしまい、平べったいワタクシですと衿元は決まった…

やっぱり着物は着てみないとわかりませんねえ。





羽織がないとサイズの小ささは誤魔化せません。 着丈が短いだけでなく、身幅が狭いだけでも衿が抜けないんですねえ。



本日の無修正。―――――てやんでい、ちくしょーめ。

ちなみに撮影中、ずっと雨風に晒されております…



足元は珍しくも白足袋&アンティークに合わせやすいこげ茶ベースカレンブロッソ。



浦和くらしの民家園内部での撮影。ここにも赤椿が植えられてるのでここで撮影も横溝風味になりそうでいいかな、と思ったもののとにかく案内板が多過ぎる


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-03-16

木蓮コーデ、2018。その2

――――――――ああ、木蓮の花は早い。もうあっという間に満開になっているではありませんか。

紫木蓮の前で撮る、と方針転換をしておいてよかった…

んで、今年の木蓮コーデ、その2。









―――――――しかしこっちのコーデはむしろ白木蓮濃度高めなので、さっさと白木蓮前にこれ着て直行した方がいいのかもしれない…

『メガトンマーケット上尾』にて540円だった、木蓮なんだけど細部がどうもインチキ過ぎると思うが?な着物。

…木蓮の花の花芯は、このようなハイビスカステイストではない
――――うーん、それ以外は普通の木蓮なのに、なんでこんな余計な真似をしちゃったんだろうか。蛇足とはまさにこのこと。

で、この着物、単衣。

普通木蓮が咲く時期は袷ですがな。 なので『見えるとこだけ袷』、まあ、胴抜き風味に裏でも付けようかなと思っていたのだったが、この暖かさ続きで『単衣でも寒くないんじゃね?と云うかこれ着て街中闊歩するわけじゃないんだから単衣でも構わないんじゃね?』と、急遽裏地付けは放棄した(笑)

紫木蓮の前で撮るなら4月ですし、本当に日中だったら単衣で問題ないかと。

うーん、しかしやっぱり白木蓮の勢力が強いなあ。明日から再び気温が下がると云うし、本日中に白木蓮前で着てしまったほうがいいかも知れん。

帯は骨董アンティークフェアでU-カリンさんが『これこれ!』と見つけてくれたもの。

『帯500円』とか描かれた段ボール紙が設置された帯の山の中に潜伏していたのに、800円だったこの帯…お太鼓に致命的な汚れがあって工夫しないと使えない代物だったのになぜに割高!?

半衿は引き続き自作の木蓮柄。

帯揚げ、帯締めは紫木蓮のイメージでございます~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-03-14

木蓮コーデ、2018。その1

――――――――ここ1週間ほど、ずっと目がしばしばで、『うーん、若干睡眠不足気味だからなあ…』とそれが原因だと思っていたのです。

――――――鼻炎薬飲んだら、治った。…そう、花粉症活動の一環だったんですよ、奥さん。ただのアレルギーでしたの

極力屋内に避難していようとも、どっからか花粉が忍び寄る…

ああ、この季節なんて油断してるととんでもなく雑草パラダイスになるってのに、庭への長期滞在が出来ず口惜しゅうございますわ。


さて、木蓮がもう咲いている…と報告したところ、いち早くU-カリンさんが木蓮コーデに着手してくださいましたので、あっしも負けじとコーデ。









―――――――卒業式コーデではございません(笑)…この時期に紋の入った黒羽織だと卒業式感絶大ですが。

最近ヤフオクで1900円くらいで手に入れた、3つ紋の木蓮柄黒羽織。

この手のものは背中だけ絵羽ってパターンが多いですが、これは大きい総柄でちょっと珍しいかも。

着物は『百彩』と云うお店で3点1000円コーナーで見つけた、多分木蓮?と麻の葉柄の着物。

帯は今は亡き川越の『栄屋』さんで1000円の塩瀬の紫木蓮柄。



半衿は自分で描いた木蓮柄。これ作ったのってかなり昔なんですが、今見ると微妙な木蓮だな(笑)

新たに描いてもいいかもしれない。





羽織なしバージョン。 アンティークの、特に刺繍帯だと木蓮柄はとんでもない高値になりますが、このような昭和の塩瀬のワンポイント柄のものはリサイクルだと比較的お安いです。

特にアンティークテイストにこだわらないのでしたら、このタイプの方が入手しやすいかと。


――――――んで、既に白木蓮が咲き始めているんですが、考えてみたらあっしの手持ちの木蓮柄は遅れて咲く紫木蓮がほとんどなのですよ

紫木蓮は4月、白木蓮よりも長く咲くので、このように焦らずともよかったような気がする


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-03-13

そして終わっていた、陶器市…梅コーデ、その2で行ったのに…

―――――――ええ、記事タイトルが全てを物語っております。

大宮第二公園の梅まつり&大陶器市が去る3月11日で終了だったので、『うーん、最終日だからきっとろくなもんが残ってない』と思いつつも、夕方、それでも梅コーデその2で彼の地へ赴いてみたのです。



テントには幕が張られ、そして誰もいなかった…ええ、終わっていたんです。既に撤収作業真っ最中であった

まあ、どんなイベントでも最終日は早く終わるよね(笑)

てな訳で、今年は遂に陶器市には到達できず。お安い箸置き漁りは来年に持ち越しですわ。



開花が遅かった今年の梅も、だいぶ花が終わりに近付いて来ましたかね。





…なぜか梅園よりも、テニスコート入口のしだれ梅の方が豪華、という不思議。

このコーデ、色が濃い目ですがそれでも自然光マジックのおかげでマイルドになりました。



本日の無修正。―――――――陶器市、無念。



足元は、頂き物の梅柄足袋靴下&どこまでも履き倒すよカレンブロッソ。



かんざしは今は亡き『キンカ堂』にて1000円くらいだった大ぶりな梅柄のバチ型。…今、こんなタイプが1000円くらいで買えるってことないですわよね。ああ、キンカ堂…君を泣く。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-03-12

羽織になる前に、着物としてコーデしておこう。な梅と椿の着物、救済?コーデ。

―――――――やっとこさ梅コーデを着終わったと思ったら、もう白木蓮が咲いてらっしゃるところがちらほらあるのね、奥さん

ああ、花に追われ追われて休む暇なし、な季節の到来ですわ~


さて、もう梅の季節も終わりかけですが、この機を逃したらもう着物の形では出てこないかも知れん、と大慌てでコーデしてみました。







先日の浦和の骨董市で購入の梅と椿の柄の着物。どうにもこうにも少女着物サイズだったので、いっそ大幅改造で羽織に作り替えようと思っているブツ。

1年かけてゆっくり羽織に直してやろうと思っているので、来年のこの時期には既に羽織になっているかもしれない。

着物のままでコーデされてるのを見たいとのコメントも頂いていたし、私も見てみたかった。

そしてこのようなコーデとなりました。

羽織は浦和の骨董市で1500円だったもの。割と春の花が柄に入っているのでこの季節にはいいかと。

帯はたまさんからの頂きもの。元々はたまさんの義妹さん『冷え対策委員長』のものでした。

赤い椿柄ってアンティーク界ではありそうで意外と少ないので、なかなか椿コーデで登場することがなく、今回のこの着物がくっきりな赤椿だったためにようやく赤椿同士でコーデが出来ました。



半衿はひめ吉さんちの椿柄、廃番バージョン。





羽織なしバージョン。一見まともに着せられているようですが、かなり苦労しております。大人9号サイズのトルソーでかなり厳しい。

あっしが着ることになると更に厳しいと思われます(笑)

うーん、身幅が狭い分特に衿元が苦労するのですが、何とか着用画像を残せるよう頑張る所存です~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-03-11

遅ればせ、ひなまつりコーデの着用画像。

―――――――本日、大陶器市が最終日ですが、果たして私は無事に行けるのでしょうか。…行ったところでろくなもんないだろうし~な心の声に負けて行かない可能性が大ですが(笑)

さて、いよいよもって春の陽気が続いて春本番になるらしいですが。

ひなまつりコーデの着姿でございます。



――――――小道具は3色団子(笑)…わざわざこのコーデのために購入した。

そしてこのコーデがやっぱり菱餅カラーリングで同じ、なもんだから言われないとわからないくらいに3色団子もコーデに馴染んだ(笑)



羽織なしバージョン。…お太鼓が歪んで残念なり。



足元は頂きものの桜柄に猫柄の足袋靴下&白ベースの春向きカレンブロッソ。



桃の花、の代わりに河津桜にご出演頂いた。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-03-09

梅コーデ、2018。その2

―――――――もう河津桜が満開でございますのに、梅コーデ…

本当は今年はその3までコーデを考えていたんだが、多分その3を着るにはもう世間の春の気配が濃厚過ぎてダメかも。来年に持ち越しですわ。

んで、これだけはきっちり着なくては、なその2コーデがこちら。









――――――今年の梅コーデのテーマは『…アンサンブルなのか!?』ですが(笑)

その1コーデに引き続き、こちらもまたかなりのアンサンブル感でございます。

羽織は先般からちょくちょく登場している、場末の謎のリサイクルショップのワゴンで買った500円の銘仙羽織ですが。

これも立派な梅柄なので梅柄コーデで使おうと、他の着物を合わせていたんですよ。

そして全然別件の着物を探している時にこの着物、発見したのです。

なっちさんから頂いた、雪輪柄に竹とか梅とかの柄の総絞りの着物。

よく見りゃこの羽織とほぼ同じ色合いであるばかりか、羽織から見える裾部分に羽織と同じ梅の柄!!しかも黒。

ええ、もちろんこの着物のことは綺麗さっぱり忘れていたのです。申し訳ないが

忘れ去っていた上でこの羽織を買い、色々使ってみた挙句に梅コーデでも使おうと云う展開になり、そしてこの着物発見に至る。

うーん、よくタイミングよく見つけたものよ。普通だったら梅コーデもとっくに終わった5月頃に見つけて『あ~っ!!』ってなるパターンだろうに。

―――――――この着物がひっそりと叫び続けていたのかも知れない。

と云う訳でまたしてもアンサンブル的コーデです(笑)そして色合いが冬でどうしよう(笑)



帯は現代ものの踊り用と思われるポリの着物の反物から自作した作り帯、腹部分のみ。

何となく梅に見えない事もない柄の帯締めに、帯の中でひときわ異彩を放つ鮮やか紫に合わせた紫の帯揚げ。

羽織紐はその1コーデと変わらず。



半衿はしだれ梅の刺繍もの。この半衿も梅コーデでの登場が非常に多いです。


――――――ああ、3月も10日近くになり、梅まつりも大陶器市も終わりに近いと云うのに雨降りですわ。

果たしてあっしは会期中に再び大宮第二公園に行って、大陶器市でいい帯留めになりそうな箸置きを物色できるのでしょうか


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


2018-03-08

遅ればせ、猫の日コーデの着用画像。

―――――――猫の日からもうどれくらい経ったのかしら…季節柄ではない猫柄は、遅れても特に『時代遅れじゃね?』感が出ないのでいいですわねえ。

庭で撮るにしたって隠れなくていいわけですよ。――――毎年着用が遅れるハロウィンコーデは、お出かけ出来ないのはもちろんのこと庭で撮るにも常に通行人の気配を察したら隠れると云う野良猫テイストですよ。



―――――――滅多に着ないからすぐ忘れるんだが、やっぱりこの付け下げは着にくいなー

手持ちのポリ着物の中で断トツの着にくい着物です。綺麗に着られたことがない。

羽織が長くて、ちょうど付け下げの黒猫刺繍が隠れるかと思ったらば、私が着てみたらば裾が広がってくれたせいもありちゃんと姿が確認できました。

――――――そして帯の黒猫は一切姿が確認できず…



帯の柄をわからせるには、フラッシュを強引に炊かないとダメなのよ。そうすると着物がもう別物になっちまって微妙なのよ



足元はマゼンダピンクに黒猫柄の普通の靴下だったのを足袋の形状に自力で改造したもの&『きもの遊び・net』の猫ぞろぞろウレタン草履。



かんざしはタンタンさんからの頂きもの。よく見ないと猫を見落とす(笑)



コーデのアップの段階では届いてなかったので、着用の際に合流させたのがこちら。

てんてんさんからの頂きもの、黒猫の根付けでございます~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-03-07

梅コーデ・その1で毎年恒例の大宮第二公園の梅まつりに。

―――――――…今年が花粉の飛散がとんでもない、ってのもあるでしょうが、インフル…インフルも契機になって発症したんじゃないでしょうね!?『インフル花粉症』ってのが最近話題らしいし~

ワタクシ、インフルの時から鼻声がずっと治らないのよ。もしかしてインフル&花粉症だったのかも知れん。真面目に。


さて、コーデのアップの順ではなく着た順に出していきますだ。――――猫の日コーデ、ひなまつりコーデは現在まだ着ておりません(笑)

…常に花粉の動向を窺っている。




―――――――ワタクシがインフルにて自宅に蟄居していた頃、始まっておりましたの。毎年梅コーデの撮影に赴く『大宮第二公園』の梅林における梅まつりが。

まあ、この梅まつり&併設駐車場で開催の『大陶器市』はその後約1ヶ月開催するんですが。

ワタクシがインフルで行けなかった頃はまだあまり咲き揃ってない時だったと思うが、ようやく出かけられた頃には満開になっておりました。

うーん、うちの箱庭の梅の方が花が遅いかな。うちだって日当たりはいい方なんだけど。

平日で暖かな晴れた日、風もないとなるとえらいこっちゃ人がいっぱいなのよ、この梅林。



だからこの画像撮るのも一苦労。人がいっぱい写り込まない隙を狙って撮影。



足元は100均の梅柄足袋靴下&カレンブロッソ。

…手持ちの足袋靴下、よくよくチェックしてみれば一番多かったのが梅柄でした

買ったものももちろん多いが、とにかく頂くことも多いんですわ。梅柄ってば。意外とあるようでないのが桜柄でした。



この時、時間が無くって併設の大陶器市を覗けず。…ああ、箸置き。箸置きが見たかったのに~

今度の日曜で会期終了なのできっともうろくなのが残ってないんだろうなあ…

まだ着終わらない梅コーデがあるので、会期内にもう1回突進してみるけど~


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-03-06

梅コーデ、2018。その1

――――――――花粉症…とうとう花粉症になっちまった模様なんですよ、奥さん!!


くしゃみ鼻水はほぼないんだが、目が、目がああああああ


さて、今年は梅の開花が遅れたせいもあり、例年ならば終盤の梅が今頃満開ですが。

そしてワタクシは『先取り』で柄を着ない人なので、開花を待ってからそれぞれの花のコーデを着始める。

と云う訳で今年の梅コーデの登場が今頃です(笑)









―――――――アンサンブルか?ってくらいに見事に地色が同じ、白抜きの柄にターコイズと黄色だけと云う配色も同じな着物と羽織。

羽織はヤフオクで材料出品でしたが、やっぱり汚れまくっててもいい柄だったので値が上がり、3600円くらいしたんだったかしら。梅に水仙、椿などの主に冬の柄の羽織でございます。

んで、その後骨董アンティークフェアで『…んまあ、あの羽織のシリーズみたい…』な梅柄の着物を発見したのだった。3000円でございました。――――あら?私にしては結構高値なコーデですわね(笑)

帯は今は亡き川越の『はいからや』さんにて2000円の刺繍帯。

前帯部分だけが梅なので、このシーズンは前帯だけ巻いてお太鼓なしで活用されております。



帯留めは50円だった梅の箸置き。羽織紐も梅柄のトンボ玉で自作したもの。…梅コーデに使う羽織紐がいつもこれなので、いい加減他の梅モチーフ羽織紐が欲しいところでございます。

帯揚げはターコイズ。



半衿は梅と桜の豪華刺繍。…ひめ吉さんちの『梅とメジロ』が便利すぎて、ついついあちらばっかり使ってしまうのでこの半衿もなかなか登場しない(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ