FC2ブログ
2018-01-26

寒々しい冬千鳥な羽織のコーデで、しながわ水族館にアザラシを見に行った。

―――――――小僧の最近のブームが『アザラシ』なんですのよ、奥さん。図書館でやたらとアザラシの写真集的なもんを借りやがる。…あのぼってりしたシルエット、にんまりした顔がお好みらしい。

…夏に、直立不動で水中でボーっと浮いているゴマフアザラシの『タル』君のいる茨城の大洗水族館に連れてったと云うのに、その時は特にアザラシに興味を示さず、タル君も水に浮いて寝ていた…

近場ではアザラシがいる水族館、動物園はそこそこありますが、『しながわ水族館』はやけにアザラシの数が多く、そしてアザラシ館なるスケルトンな場所もあり、ついでに基本的に割と地味な水族館のために有名どころより人が少ない。

…年末の平日であれば尚更であろう。

てな訳で、うちから品川までは割と遠いのだが、それでも高速使えば1時間半あれば余裕で着くであろう、と珍しくも高速を使って向かったのさ。

――――――――そして年末、仕事納めの直前故か大渋滞にハマる

目的地までの中間地点が大渋滞、なのであれば速攻で高速から下りてその地点を回避してしまえばいいのだが、その一番近い出口までが大渋滞なのでございます。それ以外はスムーズ…

だから逃げるに逃げられない。抜け道もない高速の落とし穴でございます。

―――――――結局、下道使ってしながわ水族館まで行った方が早かった…

ちなみに我が愛車のナビ『エリ子』はまたしても本領発揮し、渋滞でハマってピクリとも動かない時間が数十分続くと、自分で渋滞の赤い線を表示しまくっておきながら『あら?高速下りて別のルートに行ったのね?』とわけのわからぬ判断をし、勝手に『次の信号を右折です』とか言い出しやがる。

結局渋滞個所から抜け出し、順調に走り始めた時点で我に返って『あら?まだ高速??』と再び高速でのルートを表示し始めたのだったが、エリ子よ…



見終わって出てくる頃には暗くなってるだろう、と水族館入り口で先に着姿を撮る。…紺色羽織の地味っぷりは半端ない。



かんざしはタンタンさんからの頂きもの。あ、今思い出した。千鳥の形のかんざしがあったんだからそれ使えばよかったっすね。 足元は千鳥柄の足袋靴下&カレンブロッソ。

しながわ水族館は都内にある水族館の中ではいまいち知名度が低く、まあ、展示内容もこじんまりとしていて『小さなお子様連れだったら疲れない程度に楽しめる』とこでございます。大規模水族館に慣れている人だと『…つまんねー』な内容ですよ。

ちなみに場所は明治まで使われた鈴ヶ森刑場跡の近く(笑)



そんなこじんまりとした水族館なのでSNS映えを狙える写真スポット作ってたりします。…クラゲ水槽、足形のとこに立つとスポットライトが付いてクラゲと撮れます。



ワタクシの愛するオオカミウオ。…ただ岩場に潜んで口開けてるだけ(笑)



このアシカは何しているかというと、客にケツを向けておならをしているのです…



強風の屋外、イルカプール。まだイルカショーが始まっていなかった。



ペンギン水槽が『え!?』と思うほど小さいのだが、狭いからこそ常にペンギンがうじゃうじゃと写り込む。

葛西臨海公園とかこども自然動物公園のペンギン水槽はでっかいのはいいんですが、でっかいのでペンギンがバラけ、一緒に画像に収めようと思うとペンギン様が流れつくのを待たねばならない。

ここは通りすがりにすぐにペンギンと撮れる穴場です(笑)



さて、目的地のアザラシ館。ここは全面ガラス張り(強化アクリルであろうが
)でスケルトンなのです。渡り廊下の下もアザラシがぐるんぐるん回りながら泳ぐ。…ちなみにこのヒト達はもう、素直に動画で撮った方がいいわ。結構な速さで泳いでじっとしてないのでブレまくる。



なんと、貸し切り状態でしたわ。…年末の平日の閉館間近だからであろう…

ちなみにドーナツ状の建物の中、周りをぐるんぐるんと泳ぐアザラシなのでずっとここにいると気持ち悪くなりますよ。酔う(笑)

そして、大渋滞に巻き込まれて予想以上に到着時間が遅れたのが幸いしたのか、見るつもりがなかった魚の餌付けショー、イルカショー、アザラシショーが全部見れたのだった。

館内が狭いので、ちゃんと順番にショーが見て回れるようなタイムスケジュールになっているんですね。



ワタクシ、人生で初めてイルカショーを生で見る。…子供の頃からこの手のショーには一切興味がない人間だったのでねえ(笑)

うーん、イルカって本当に頭がいいんだなあ。犬好きさんはイルカも好きになると思うぞ。このおりこうさんっぷりには。

強風の屋外なのでそれはそれは一気に冷えました…



冷えたところで更にまた屋外、のアザラシショー。開演前『上がっておいで』の声をちっとも聞かないアザラシ。

うーん、アザラシはおバカだなあ(笑)この自由気ままっぷりは猫好きに受けると思う。



ショーと云ってもアザラシにはできることは少ない…そうなので、アザラシの説明の最中。1匹だけやたらと『ぶえーっぶえーっ』と文句垂れてる、黄色の謎の調教道具で鼻づらをぐいぐいされているアザラシ、名を『あすか』と云う…

基本的にできることは少ない、のでこんな芸。



鼻息でハーモニカを吹く(爆)……イルカは曲に合わせてちゃんと歌っていた。大違いです(笑)



覗き穴みたいなとこから一瞬顔を出す芸。…でもこの後このヒトはそのまま水中散歩に出かけ、ショーから離脱。

本当に好き勝手な生き物、それがアザラシ…



小僧はこのぬいぐるみを買って帰った。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ