FC2ブログ
2018-01-18

2017年、12月の浦和の骨董市♪

―――――――野菜の価格が少しだけ下がって参りましたわ、奥さん。ちゅーか年末年始はどうしても野菜が高くなるのが慣例なので、それに不作が加わっての暴騰であったのでしょうか。

まあ、でもしばらくはキャベツともやしとニンジンで喰いつなぐ所存ですが。


さて、年末の浦和の骨董市。…月頭に『骨董アンティークフェア』があったのですが、そちらでは買い物は羽織1枚着物1枚だったので、なんだか不完全燃焼で月末のこちらに足を運んだ次第。



お天気も良くてかなり暖かかったのかな。結構賑わっておりました。

12月は来ないことが多い、小僧御用達のミニカーを売ってるお店も来ておりまして、小僧は800円分のミニカーを買いましたわ…



…人喰いカバには見向きもしなかったのに、よその子がよじ登り始めた途端に自分も参加。

糟糠の妻をほったらかしていたくせに、その妻が他の男に言い寄られた途端に所有権を主張する男あるある(笑)



着ていったのはボロボロ穴あき南天羽織のコーデ。

このコーデの羽織と着物を買った200円コーナーのあるお店にも出向いたのだったが、特に買いたいと思うものもなくこちらもすぐにお店から出ちゃったので、お店の人はこの羽織がかつてこの店で売ったボロボロ羽織で、晴れての凱旋だとは気が付かなかったことだろう。



足元は煉瓦色の別珍足袋&カレンブロッソ。



髪飾りはマド・松本さんからの頂きものの矢羽根柄の櫛。



後ろ姿が何となく横溝になってるけど(笑)…ってあっしの体の歪みっぷりが凄いですわね

さて、戦利品でございます。でももう既に正月コーデで使ってしまってるものばっかりだけど



松竹梅と見せかけて、松竹桜。でも一応蕾の梅の枝も入っております、な変な柄(笑)

このそれぞれの弱弱しい枝ぶりが、とても藪風味を醸し出すのです。1000円。



青紫地の繻子に大きな橘の柄の帯。2000円。…こんな感じの帯だったら骨董市では1000円が妥当なとこなんだけど、さすがにこの色は滅多にないのをちゃんとわかってらっしゃる(笑)

青紫ってアンティークの着物、羽織にとても多い割には帯は少ないのですわ。なので2000円出してもこの帯は買いでした。



青く写ってますが、うーん、縹色っていうのかしらこれより明るくて緑がかってる色です。椿と梅の刺繍帯、3500円。

この色も着物には多いですが、帯はとても少ないです。刺繍も見事で未使用品なので3500円でもお買い得だと思いました。

―――――――結局、骨董アンティークフェアで買わなかった分、こちらで買ったような感じだ(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-01-17

虫喰いだらけのボロボロ南天羽織をメインに据えたコーデ。

――――――――遡って12月末のコーデなり。浦和の骨董市に着ていこうと用意したものざます。









―――――――12月、というより完全に秋の風情ですが(笑)

浦和の骨董市で200円で買ったこの南天柄の羽織。柄がいいなあ、と思って手に取ったらばモスリンにはありがちで小穴が山ほど。

もちろん店の人にも『それ、小穴がいっぱいよ~』と言われたのだったが『いえ、根性で全部直してでも着ます』と宣言したらば『んまあ、そこまでしてくれれば着物だって喜ぶわよ~』と称賛されたのだった(笑)

そして一緒に買った3歳児用被布はタダにしてくれたのだった…ありがたいことよのう。

んで、南天柄のふさわしい時期まで寝かせておいた次第。



一番大きな虫食い穴がこれだった。



縫い込み部分の生地を切り取って、裏から『裁ほう上手』で貼り付けて補修。…まあ、アップで見れば柄がつながってませんが全体的に見れば破れ部分がなくなったのでいいかと。



ここも広範囲で断続的に穴だらけ。



こちらはもう、補修がほとんどわからなくなる程度になりました。

本当に山のように穴がありましたが、柄的にあまり補修がわからないので雑でも大丈夫なのがいいですわ(笑)

んで、このシックな渋い色目の羽織なので、それに合わせて着物もこうなった。

この羽織を買ったお店で同じく200円で買った縞の着物。

購入時期は1年くらい違うけど、色が見事に合いました。





羽織なしバージョン。帯は『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて150円。これまた刺繍の崩壊がかなりあって自分で直しましたさ。

これまた着物との色合わせが見事だった。…そして羽織、着物、帯、の色が揃って行った結果このようなシックなコーデとなりました。

半衿は、遠目にはなぜか豹柄に見える、からし色に紫の唐草模様。

斜め縞々の帯締めはどこで買ったんだったか…浦和の骨董市かメガトンマーケット上尾のどちらか。恐らく200円。


―――――――このようにとてもシック、ちゅーか地味なコーデ故、年末年始の華やか系コーデのさなかにアップしては更にみすぼらしさが増すであろう、とここまで公表が先延ばしにされたのでございました(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-01-16

2017年、11月、12月の頂きもの。

―――――――さてと、ようやく去年のネタに戻って参りますよー(笑)

あっしの誕生日が12月なおかげで、12月近くになると色々と頂くのでございますがまずは11月から。



――――――――野菜(笑)…ああ、今これを頂いていたらひと財産ですわねえ。白菜、これくらいのものが今だと400円してますわよ、奥さん。おかげで白菜が使えないのよ
 鍋ものはキャベツともやしで生き延びている。

大根が1本329円ってのを見たときは、どんな暴力だと思いましたわ。

たまさんちからの頂きもの。ご友人★さんの御実家で作った野菜だそうですわ。

ニンジンが大量なのはたまさんちがニンジン嫌いのため(笑)

…うちは小僧が『ニンジンは全部俺にあげること』と宣言するくらいにニンジン大好きなので、もうこれらのニンジンは残り1本ですわ。

昨日もカレーにぶち込まれた1本分のニンジンを小僧が喰った。兎年なのが災いしたのか。



『紅葉柄の着物がなかなか見つからない~』とぶつくさ言っていたら、ひめ吉さんちのゆうかさんから頂いてしまった。



羽織紐に改造したらよさそうな、猫ブレスレッドも



てんてんさんからは矢羽根の着物にまっ黄色の紅葉の帯。唐草柄の端切れを頂きました。



柄のアップはこんな感じ。



国芳の、結構大きくて本当にこれ、印籠サイズだったのね
な印籠根付けと、紅葉の箸置き、そして源氏車というか御所車?に松の帯留めも頂きました。



くろりんさんからはいきなり大瓶入りのコーヒー豆(笑)にその他黒猫もの。季節柄サンタのチョコなども頂きました。

数年ぶりに手動のコーヒーミルを引っ張り出し、小僧が3日ほどウキウキとゴリゴリ挽いておりましたが、すぐに飽きて今ワタクシが日々ゴリゴリ。



この猫型マグネットフック、買おうかなあとか思っていた矢先だったのでまさにラッキー!!



―――――――たまさんちから今年も届いた巨大バウムクーヘン(笑)…時、既に誕生日も終わっていた。



ので新年を寿いでやりましたとも(笑)



ocarinさんからはシュシュ、ハンカチ、御伽犬の帯留めを頂きました。



ワタクシ、御伽犬というものの存在を知らなかったのですが『雌雄一対の犬張り子』なんだそうで。

早速初詣用コーデで使っているのですが、まだその初詣に行けてないのでございました…


たまさん、ゆうかさん、てんてんさん、くろりんさん、ocarinさん、ありがとうございましたーっ



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-01-15

お正月コーデ、その3で毎年恒例のお寺へ初詣。

―――――――さて、ようやくこれでお正月コーデの着姿が終わりますわ~

正月コーデ、その3で川口にあるお寺へと初詣に行ったざます。

大概三賀日も過ぎた頃に行くので、基本混雑に遭ったことはございませぬ。

しかし今回は寺入り口で交通整理の人が立ってて『おおお?珍しいこともあるもんだ』と思ったらば、初詣客対応ではなく、なんと葬式対応であった…

間もなく通夜が始まる摸様であった



しかし葬式を控えていようとも、寺の中は通常モード。普通に護摩炊きとかしてるし。



しかしあちこちに葬式の鯨幕があるのには閉口。…ああ、いつも着姿撮ってる場所からだと鯨幕が写り込むのよ~

毎年山門前に張り出される『今年の漢字』前で撮るんです。今年は『安』だそうですわ。





そして、その安の字は、数日来の強風に煽られたのか真ん中から破けたところを透明テープでつなぎとめられて、背後には鯨幕~

うーん、『安』が真っ二つ。…縁起でもない。書き直してみてはどうか。

そんな背景のせいなのか、このコーデもパワーを発揮できてないような気が。

…ちなみに帰り際にこれ撮ってるんですが、来た時にはいなかった弔問客がほんの15分くらいの間に集まって来ていて、この周りには弔問客がうろうろしておりますの。

まあ、その弔問客は暗めの平服の若者ばっかりだったので、今どきの若者らしく見て見ぬふりをしてくれましたが、この寺の隣のの消防署の消防隊員には2階からガラス窓越しにがっつり見られておりました…




足元は煉瓦色の別珍足袋&いい加減汚れまくっているおめでたい柄のウレタン草履。

かんざしはてんてんさんからの頂きものの、桐と矢羽根モチーフのセルロイド。


―――――――今年の正月コーデの中では一番派手なコーデが消化不良のまま、正月は終わってしまったのだった…



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-01-13

お正月コーデその2で、寒風吹き荒れる動物園へ…

―――――――約10日ほど前だってのに、期間限定イベント?がらみなコーデだとすんごく昔の話のような気がして嫌ざますね。

まだまだ正月のお出かけ記事は残っております。…それよりも前の年末のお出かけ記事だって滞っている。


さて、今年のお正月コーデ、その2ではあっしの実家の近くの動物園に行ったんですのよ。…実家に行くついで、ではない。別日。正確には元旦に実家行ってから2日後。もちろん実家には寄らない(笑)

その日は、って冬休み中は特に寒風吹き荒れることが多かったんだが、この日は殊にそれが顕著でございましてね。

そんな日に、しかも閉園45分前になってやって来ると云う愚かな一家。…冬場は閉園が30分早くなることを忘れていた。もちろん調べてこない(笑)

んが、この動物園にはコアラもいればカピバラ温泉もあるってのに小僧の目的は『モルモットを触りたい』。

冬休みに学校から借りて来た本が、たまたまこの動物園の本であったのだ。

そしてその本にはふれあいコーナーのモルモットとか蛇とかが載っていて『ボールパイソンがいるんだよ、ボールパイソン』となぜか蛇に執着もする小僧。



入り口付近にはレッサーパンダに刈り込まれた木が。 そしてこっからがこの動物園の真骨頂、登山。

いや、ふれあい広場に行くには急坂を延々歩くんですわ。

ええ、それ知ってるからワタクシはカレンブロッソで武装ですよ。



ふれあい広場にはボールパイソンはいなかったが白蛇様がいた。お正月の縁起物であろうか。



アルパカは大層ご機嫌斜めなようで、つばを吐き散らかし、誰も近寄れない(笑)



ここんちの名物は『モルモットの橋渡り』。…仕事が終わったモルモットがダッシュで橋を伝って家に帰る、それだけ。 ちなみにものの数秒で終わります(笑)

んで、ふれあい広場へ行くと云う目的は達したので、あとはひたすら閉園ギリギリまで回る。



マヌルネコは可愛いなあ
…野生ネコの中まではとびきり可愛いと思うんですのよ。



マヌルネコの屋外キャットウォークがあるのですが、そこをうろつく姿は毛の長い家猫(笑)



せわしなく動き回るレッサーパンダ。ちなみにこの藪ってば、この日のあっしの着物の柄にそっくり(笑)



この動物園の頂きにあるペンギンヒルズ。…年末にも別の水族館で同じペンギンがぎうぎう状態を見たので別にもういい…



仕事を切り上げてさっさと部屋に帰りたいペンギンと、それを見守る小僧のどたま。強風っぷりを物語る。

で、この動物園の特にうらぶれたゾーンに足を踏み入れてみる。

動物園のいわば裏通り、みたいな場所。

ワタクシ、小学校の頃の遠足でこのゾーンに来た記憶がございます。



本日の無修正。――――――恐竜使いの魔女。

……ただただ山の斜面の開けたところに、コンクリの恐竜が設置されている……

ええ、あっしが小学生だった頃にはここにはコアラなんていませんでしたしね。この恐竜ゾーンも比較的目新しいものだったので小学生には人気だった覚えがあるんですよ。



しかしこのようにいい感じに環境に同化し、いずれはそのまま土に還るんじゃないかと思われる輩とか



そうかと思えばなぜかこの2匹だけ大失敗なペイント施されていたりとか



雑木林に同化してティラノとか(爆)



せっかくなので、ティラノザウルスと一緒に着姿を撮る(笑)…雑木林に馴染む着物だわー…



『俺を置いていくなー!!』なティラノ。


ちなみに小僧はさっさとこんなコーナーには見切りをつけ『もう帰る』というので、変な写真が撮りたかったあっしは先に小僧と夫を下山させた。…ええ、まさに下山なんですわ。ここからメインストリートに戻るのって。



うーん、画像だと大したことないなあ。でもなかなかの急勾配の山道なんですのよ

しかも人っ子一人いないわけだし、照明もないのでうっかり足踏み外して遭難したらどうするんだ

ああ、でもこんなこともあろうかとカレンブロッソ。



無事に小僧たちと合流し閉園時間に入口に戻って参りました。撮影スポットのクジャクがイルミネっております。

その前でちんまり突っ立ってる小僧。



完全防備のワタクシ。…でも顔から冷えるのですわー
顔だけは隠せないから。



閉園時でこの明るさでイルミネーション…あまり意味がないと思われます…



カピバラのイルミネーションがあった。

――――――結局、コアラもカピバラも見ないまま、動物園を去った我らであった。



髪飾りは届きたてホヤホヤだったocarinさんからの頂きものの絞りのシュシュ。


―――――――カレンブロッソによる登山、下山は全然問題ないですよ(笑)…ただし平地と違って普段使わないような部分を使うので後日筋肉痛にはなったが。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-01-12

今更感満載ですが、お正月の飾り付け。

――――――――…飲酢人間のワタクシですが、しっかり正月期間中に酢を飲み始める前と同じ体重に戻りました…

お酢パワーをも凌ぐ、餅の実力恐るべし。

そりゃあね、普段米は茶碗に半分以下しか喰わないのに、餅は平気で1日6個とか喰ってるわけでして、太らないはずがない(笑)


さて、そんな正月モードの飾り付け。





今回はいろいろと新しいものが増えております。タペストリーにした小風呂敷も新顔。

『たまのお散歩』というシリーズで、白黒ハチワレ猫が柄に混入。



元々は可愛い顔ですが、そこはあえて『おだん加工』を施しておだん様に寄せますよ(笑)

通りを見下ろす不遜な顔の猫になりました。



結局レジンものがどんどん増えております。ほとんど猫だけど…

昔1000円ショップで買った飾り棚、小僧が生まれて悪さをすると困るので6年封印されておりましたが、やっと復活。



100均の造花の中に生の水仙。…12月頭に咲き始めてしまった水仙は、まだまだ咲いてくれております。ああ、良かった。正月を越してまで花が長持ちしてくれて。

しかし考えてみれば、正月用の花って最近のモダンな花の組み合わせはともかく、昔ながらの正月花の場合は基本、すっごく長持ちするものばかり揃えてるよね。松、千両、菊とかさ。



マレーシア原産のくせに寒い玄関でも元気なダバリア。お正月バージョン。



出窓側。黒猫小ネタバージョン(笑)





外からでは隠れて見えてなかった棚の中の方々はこちら。



ダイソーに売ってた十二支タペストリーが可愛かった。



――――――――寅は茶トラ猫だと思うな(笑)



七五三用に用意した紅白の帯締め、そしてつまみ細工で即席正月飾りを作る。



帯締めをからませて輪っかにして、つまみ細工をくっ付けただけ(笑) ついでにocarinさんからの頂きものの白猫お守り袋さま。

正月が終わったら、それぞれ分解して元の任務に戻ればいいだけなので、この手の正月飾りもありだな。


そして正月も10日以上過ぎたので、明らかに正月!なものは撤去した今の飾り付け。





門松系には御退場願って、そしてますます招き猫だらけに…



ocarinさんからの頂きもののミニチュア振袖も出しました。


――――――1月中はこれでいいですが、これと言ってテーマのない2月がすぐにやって来る…


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


2018-01-11

『はれのひ』被害で振袖、着られなかった方、よろしければ。

―――――――本日の読売新聞の記事。



横浜市はこのような対応をとっていくそうです。…だから多分八王子の方も何とかしようと思うんじゃないかな(笑)

んで、やり直し成人式をするならば、再度レンタルなりで振袖を用意しなくてはなりませんが、まあ、今回の事件を受けてあまりにもひどいってんで同業他社も支援に乗り出すそうですし、善意の『うちに振袖一式あります。着ないですからどうぞ』って方々もそれはそれは山のようにいらっしゃると思うので、今回の事件で着られなかったお嬢さん、希望するのであれば全員、何らかの形で振袖は着られるのではないかと。

うちにも振袖、ございます。



…ちゃくちゃくちゃくで100円!!で手に入れたものですがね(笑) 全品100円だったからこの値段ですが、本来なら980円でした。シミ汚れもない美品です。

この100円で手に入れた振袖が果たしてヤフオクではどれくらいの値段になるものか検証するつもりでいたのですが、出品が面倒でだらだらしているうちに振袖シーズンは終わり、成人式も終わった。

次の成人式用振袖シーズンまで待つか~と思っていたところのこの事件でしたので、事件の被害に遭われた方でもし、この振袖を希望される方がいらっしゃいましたら遠慮なく内緒コメントででもご連絡くださればと思います。

―――――うーん、でも同業他社のレンタル店の方も格安で支援してくれるとは思うので、この昭和な感じ(あ、でも平成だって30年…平成ものかもよ
)の振袖をあえて着たがるお嬢さんもおらんかしら

と云うかそもそも20歳のお嬢さんがこんなブログなんぞ見ないか(笑)

まあ、何らかの形で巡り巡って、被害者の方の目に留まればいいなと思います。


―――――――今回の事件で着物ブロガー間では『若いお嬢さんがこの事件のせいで着物なんか二度と着ない!!ってなったらどうしよう…』と云うご心配の声が多く聞こえますが、私はそうは思わないんですよ。

人は、叶わなかった夢は諦めきれないものだから(笑)

何となく選んで、当日何事もなく着付けてもらったけど、それが苦しくて苦しくて大変だった。ってお嬢さんだったら二度と着ない、となるかもしれませんが、そもそも今回は着たかったのに着られなかったわけだから。

かなりの金額をほぼ親御さんが負担して、それは絶対に戻らないであろう事が確実なので、昨今の親思いのお嬢さん達は親の負担も考えるとまた新たにレンタルして振袖着たい、とは言い出しにくいかもしれません。

でも絶対に本人は着たいはずなんですよ。

なので同業他社の方々にはなんとしても頑張って頂きたいところです。…嫌な物の見方ですが、今回の事件の被害者の支援を率先してすればですね、おのずと自分とこの会社の名前も知れて、そして今後の集客にもつながるわけですよ。高い広告宣伝費を払うよりも、有意義でしかも効果は絶大だと思いますがね。

実際、速攻で被害者の方限定の『振袖で撮影、お出かけ無料キャンペーン』を実施するお店もございます(笑)


払った大金は戻って来ないので親としてはたまったもんじゃないと思いますが、でも被害に遭った新成人には『ひどい目にはあったけど、多くの人たちが自分たちを救済するために走り回ってくれた』と云う経験は宝になるのではないでしょうか。

当日、なんとか救済されて着ることが出来たお嬢さんの中には『ああ、こんな風に大急ぎで着物を着せさてくれるんだ。自分もこの道進んでみようかな』と思う方もおられるかも。

業者憎んで、着物憎まず。

……案外10年後とかに『振袖詐欺事件に遭ったけど、逆にその事件がきっかけで着物が好きになった』と云う方が着物ブロガーとして活躍しているかもしれませんよ(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 




2018-01-10

思ったよりも双子ではなかった中振袖コーデ…

―――――――結局、成人の日に初詣、行かなかったんですわ

…だって雨予報ではあったけど本当に降って来てしまって、しかも今年からさいたま市の成人式ってば午後から開催になってて、成人式後のお嬢さん方が神社までやってくる頃にはかなり暗くなっている~

……それにしても成人の日は天気悪いことが多いですが、『今年は午後から雨でよかったねえ…』とか言ってたら、式が終わる頃に雨本番っちゅーオチが待っていたのでした。

んで、生で今年の成人式振袖お嬢さんが見られなかったので、せめて新聞でチェック。



埼玉版には成人式発祥の地、蕨市の成人式の模様がモノクロで掲載。

―――――――スマホ掲げるお嬢さんの袖口から思いっきりババシャツ、見えておりますが

モノクロと云えど、お顔はくっきり。知り合いには確実に身元がわかるであろう、な写真なので写ってるご本人たちも『きゃーっ
すんごく大きく写ってるー
』とお喜びであろうが、一名様は『…ってぎゃーっ

』な事態でございましょう…

撮る方は、まあ、全体的な雰囲気と被写体の顔の笑顔しか狙っていないと思うので、細部がどうこうまでは見てないと思うが、掲載する側、せめてここに気が付いてやってくれよ

気が付かないってことはやっぱり着物に縁がない人なんだろうねえ…


さて、そんな色々と起こった成人式でございましたが、結局着ておらぬ初詣コーデ。

その着物とそっくりな中振袖を持っているので『双子気味コーデをしてやるか』と思い立ち、帯、小物類は同じにしてどれだけ双子になるか検証してみた。









10年以上前、ヤフオクで5000円以上したのではなかったか。茶シミがいっぱいで、それを修正液で塗りつぶすと云うとんでもない狼藉を働いております。初期の蛮行でございます(笑)

結果確かに茶シミは隠れたが、今度は修正液のところが光の具合でくっきり浮かび上がると云う有様で結局お出かけ用にならず、撮影用にするにしてもこの昭和感絶大な雰囲気のものを今更活用してみようとは思わず…まあ、お荷物と成り果てている気の毒な着物なわけですよ、奥さん。

いやあ、実に久々に引っ張り出しましたよ

そして、先日の初詣用コーデの着物と並べてみると。




――――――――あらやだ。思った以上に双子ではなかった…

正面からだと柄の配置が似ているので、遠目には何となく似てますが背後からだと全然違いますな

かように人の記憶と云うものはあてにならぬものなり。


まあ、せっかくこちらもコーデしたことですし、同じヘアメイクでこの2パターンを着てみるとどうなるのか検証してみたいと思います。

…そしたら、途端に双子コーデに見えてくると思うな(笑

着る人間、ヘアメイクが同じとなると、今度はそっちに印象が左右されるから。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


2018-01-08

成人の日に初詣、のコーデ♪

――――――――んまあ、横浜と八王子の着物レンタル会社が成人式当日になってトンズラとか
…結婚式場に
花婿が来ないってレベルの大惨事ではないですか。

同じ着付け会場使ってる別のレンタル会社と着付け会場のホテルの人たちが、一生懸命何とかしてあげようと動きまわっていてくれているそうで、幾ばくかのお嬢さん方が救済されているといいですねえ。全員は無理だろうから

…なんつーか、初めて聞いたよ、こんなニュース
今までこんな詐欺事件(だと思うよ、だって振袖を買っても手元に届かず『当日着付けでお渡し』って人いるもん)、あったか??


そんな事件の起きている本日、成人の日でございますが。

毎年成人の日にうちはお馴染みの神社に初詣なのです。…成人式帰りのお嬢さんを見たいから(笑)

で、少なからず振袖姿が多い神社なので、あっしのコーデはこんな感じに。









『メガトンマーケット上尾』にて540円だった昭和の中振袖。…柄も凝ってて綺麗なのに色味が地味なので、羽織着ちゃうと隠れてますます地味になる中振袖(笑)

でも本日は新成人が主役なのであっしはわざわざこのくらいにトーンを落としております。

黒の絵羽織でもよかったが(笑)、それだと新成人の関係者だと思われるので、つつじ色に南天の刺繍のアンティークの絵羽織を。

シンエイさんで1800円でしたわ。



このようにたばこの灰が落ちた?ような小穴があるせいで1800円とお安かった。



でも衿の折り返しのおかげで綺麗に隠れて見えないからいいのです(笑)



帯留めはocarinさんからの頂きものの御伽犬。

羽織紐はパールだけ、のシンプルなもの。帯、帯揚げ、帯締めは正月コーデからの使い回し。



半衿ももちろん使い回す。…使える時に使わないと、次いつ出番が回ってくるかわからない…





羽織なしバージョン。この錆び朱系の色が多いのが昭和ものの特徴ですな。留袖もとにかく錆び朱が多く使われております。

――――ちなみにこの中振袖と異様に雰囲気が似ている中振袖、既にもう1枚持っているワタクシ…

近日中にこのコーデと双子気味なコーデでも出してやるかのう…(笑)




                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2018-01-06

お正月コーデ・2018。その3

―――――――さて、今年の正月コーデもこれでラスト。…まあ、正月期間中に着終わらなかったコーデは『何となく華やかな1月寿ぎコーデ』として、今月中に頻繁に出てくるわけですが(笑

なぜかU-カリンさんの嘆きに配慮して派手コーデを投入。









―――――――――安女郎、再び(爆)

いや、この橘の着物は12月の熊手市でも着ましたが、そもそも熊手市に着たのだって『…あ~これは正月にも着れるわ。1回着て仕舞うのも面倒だから正月にも着てやれ』との企みの上なのです。

…着てみたら予想外に安女郎感が薄れてしまいましたが。

派手な色でも揃えると、統一感が出てシックに転んでいくいい例でしたので、今回は紫の羽織を投入。

赤×紫は艶っぽいですな。

羽織は10年ほど前にヤフオクで素材用で980円だったもの。シミも穴もありますが、なかなかどうしていい色で、結構優秀選手です。

紅白の矢羽根なので正月にも向いていよう。





繻子地にでっかい橘の帯は、これまたまだ記事にしていない年末の浦和の骨董市での戦利品。2000円。

本当にこーゆー色の帯って少なくって。オペラピンクとかの方が見つけやすいかも

半衿は煉瓦色のおめでたい柄入りの刺繍もの。

帯揚げ、帯締めは帯の柄の色に合わせました。



――――――――このように、正月コーデの3パターンの中では一番派手なコーデで、毎年行ってる寺に初詣してみれば、なんと葬式!!

…通夜なので暗めの平服の人が多かったですが、もちろん普通に初詣も受け付けているわけで、あっしが悪いわけでもないのになぜか不謹慎感が半端ない…




                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ