FC2ブログ
2017-11-06

『大正時代まつり・2017』に行った時の着姿。

――――――――風邪で絶賛、声がほぼ出ない状況でございます

ちゅーわけで寝込むほどではないもののそこそこ風邪でございますので気力が湧かず、今年の『大正時代まつり』の画像の編集をする根気がございません…1時間もあれば終わるんですが

なので編集簡単な自分の着姿から先にご紹介致しますわ。



――――――――ああ、単衣だよ…昨日とうとう羽織でお出かけするくらいの季節になったってのに
 まあ、1ヶ月くらい前の画像ですから仕方がありませんわな。

頂き物のこの着物は珍しくおはしょり取れるくらいの丈で、脇ジミはあるもののほぼ目立たず、上前等にも目立つ汚れもないのに、これ素材用着物3枚セットの中の一味だったそうですよ、奥さん。

素材用着物も結構掘り出し物が隠れております。

んで、この帯は自力で刺繍を移植したものですが、貼る際に家にあった澱粉のりとか使ってるもんだから、やっぱりその後細かい部分があちこちパリパリ剥がれて来てしまいましてね

最近やけにあっしのブログに出てくる手芸用ボンド『裁ほう上手』、元々はこの帯の接着のために買い求めたものでした…そしてバリバリ帯を作っている(笑)

――――――えーっと、最初から意地を張らずに『裁ほう上手』使っておけばよかった(笑)って話です。

裁ほう上手で接着し直した部分、問題なくくっ付いてます。乾いても固くなったりしません。

余談ですが裁ほう上手って、接着剤独特のシンナー臭とかがなくてなんだかフローラルな香りなんですのよ(笑)

独特の接着剤臭がないってだけでも作業ストレスって結構減るものです。

…この帯の接着、作り帯2本と結構使っているために、もうミニチューブの残りが少ない…今度は通常サイズの裁ほう上手、買ってこなくては(笑)





髪飾りは着物と色を合わせた自作の菊のつまみ細工。タッセルはダイソー。

足元は紫の鼻緒に梅と朝顔
の刺繍ものだけど年中使っている白木の下駄&ターコイズグリーンがベースの柄足袋。


実はこの日の前日『きものサローネ』に行った時の着付けの際から、着物の下はこんなことになっております。



どなたかのブログで『和装ブラは一番下ではなく一番上に付けると衿元が安定し、崩れない』と紹介されてましてね。 お名前は失念してしまいましたがお知恵を拝借させて頂いております。ありがとうございます。

あっしは常に筒袖半衿付き半襦袢で生きている人間ですので、このように半襦袢の上から和装ブラ、なわけですが、確かにこの方法で衿元が崩れてくることはなかったです。

衿を抜いてる時には本当にそれが顕著。衿を抜いてる時は、その分ブカブカするのでどうしても衿元が崩れがちになりますが、この方法ですとしっかりホールドされるので問題なかったです。

………ただし『あ~っ衿抜き過ぎたっ
』って時もずっとそのままホールドされてるので直せない…着物を着る前にしっかり衿元は決めてしまうのが大切。

ちなみに胸紐も省略できます。

意外と和装ブラを使ってない人も多いのですが、和装ブラをお持ちの方、ちょっと試してみては如何でしょうか。


     いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ