FC2ブログ
2017-09-05

作ったものの、まあ、使いませんでしたよ、これ(笑)な品々…

――――――――そろそろ夏物の整理をば、と押し入れひっくり返しておりましたところ、出て来たんです…

かつて『あ、これ簡単に作れるし、便利そう!!』と飛びついて作って、そしてろくに出番がなかった方々が

ほとんどがまだ着物初心者レベルだった頃に作ったもの。初心者レベルの頃と云うものは『この趣味がどれくらい続くか分かんないし…』と、とかく安く上げようとする傾向があり、作って使えなかったもの達も『既製品買うより安いし~』と作ったものばかり。

で、安く作ったものってのはやっぱりそれなりのビジュアルなので、はっきり言ってそれはそれは微妙なんですわ(笑)

着物歴が長くなるに連れて、入手価格は安くても品物そのものはとてもいいもの、とかが増えていき結果、ますますそのチープ感漂う手作りものと合わなくなって来る…

まあ、着る着物の傾向によっても全然違って、『え?私同じもん作ったけどバリバリ使ってるけど?』と云う方もおられるかも知れない。

しかしアンティーク者のあっしには、結局出番がないものがほとんどであった。

それではご紹介



これは何バッグ、と云う名前だったか…反物幅の端切れで作るエコバッグ的なもの。

着るつもりで落札したこの矢羽根銘仙の裾の汚れがとても気になり(今だったら一切気にしないレベル)、結局解いて素材にしよう、と思ったもののこの柄は帯にするには地味…と無駄に持て余してしまった反物から作ってみた。

……そしてバッグになっても持て余してしまった

中にはそこそこ物が入るものの、持ち手部分からとにかくものが入れにくい。やっぱりバッグってガバッと口が大きく開くものでないと使い勝手悪いですわ。

これも改良次第で使いやすくなるかも知れませんが、ご覧の通りビジュアル的にもなかなか微妙で『…別に使わねえか…』と放置。



手ぬぐい等で作る『東袋』。長方形の布を折り畳んで縫うだけですし、帯とか作った余りで簡単に作れるので『帯とお揃い~
』とかやりたくなったわけですが、これもまた、どうにもビジュアルがチープ過ぎまして

なんつーか、弁当箱持ち歩いてるみたいなビジュアルになっちまうのさ。

サイズ的にも弁当箱サイズになるので物もあまり入らず実用的ではない。



ただの布、ではない。『ももんがコート』と呼ばれるもの。長方形の布を折って両端を縫い留めるだけで、『素敵なコートの出来上がり!』と紹介されていたのでねえ。

着物初心者にありがちな『これ1枚あれば羽織も着物コートも買わなくて済むわね、安上がりでラッキー』な発想が出た。



実際着るとこんな感じのシルエットになります。丈の長さによってロングコートになったりします。

んで、これがどうにもシルエットが『上っ張り』感が満載で
この生地はまだいいですが、生地によってはすっごくみすぼらしいビジュアルに

生地の素材や色柄によって雰囲気は変わるんですが、そもそもアンティーク者、こんな羽織もの、要らないよね?(笑)

…アンティーク者にとっての一番の楽しみは羽織、と言っても過言ではないくらい、羽織にこそアンティークの醍醐味があると思うんですよ。

でも着物初心者の頃は、まず着物、それから帯、小物と続いて買い揃えていくわけで、羽織に到達するのは最後。

アンティークではない着物の方はあまり羽織に興味がなく、上等の道行きや着物コート持ってればそれでOK!な方もおられましょう。しかしアンティーク者はとにかく羽織、欲しいんです(爆)

――――――今でこそ、アンティーク好きの先人が多く、初心者の方はアドバイスがいっぱい貰えると思いますが、当時はそんな人は皆無で『アンティーク好きになったら着物コートとか買ってもほぼ使わないよ』とか教えてはもらえなかった…

こんな羽織ものも然り。羽織の上からのショールとはやっぱり違うシルエットになるので、羽織の上からこれ、使うことないですし…

それに生地幅が広い分だけ重さもあり、袖を通しているもののしょっちゅう肩からずり落ちて来てしまい、羽織紐かショールピン的なもんで固定したい、と思うほどの結構ストレス多きアイテム。

防寒具としての役目を担わせるために無駄に高いしっかりしたウール生地とか選んで作ってるもんだから、ますます重い。

ちなみにこのももんがコートの生地の代金で、安めの羽織なら3枚くらい買えましたさ(笑)

どこが『羽織買うより安上がり』、なのであろう。

……結局これ、着物には使えないので家で膝かけとか寒い時の羽織ものとかになってます



これらの品々は君野倫子さんの本に紹介されてたものがほとんどだと思いますわ。…君野さんも本当にこれらを作って、ちゃんと活用してるんでしょうねえ?(笑)

本当に着物の傾向によって持ち物、羽織ものが全然変わるので『これ、使えませんよ』とは一概に言えないのですが『簡単に作れて便利そう』と思うものは要注意。

簡単には作れても便利かどうかは疑問、なもんが割と多いからだ

それに結局、時間かけて頑張って作ったものはやっぱり愛しいので頑張って使うが、簡単にあっさり作ったものはほとんど思い入れがないので作るだけで気が済むことが多いぞ
どうかご注意ください。



        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



着物・和装カテゴリーへはこちらをどうぞ

 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ