FC2ブログ
2017-07-30

浅草寺のほおずき市『四万六千日』に行ってきました。

――――――――昨日は浅草は隅田川花火大会でございましたがね。午後3時からずっと雨だったのに開催とな

夕方5時ごろ、公式HPを確認してみようと思ったら、『今日やんの!?本当にやんの!?』な方々が殺到しているようですんごい負荷かかってるのか、ページが開けませんでしたが(笑)

テレ東の花火中継のゲストのしょこたんの浴衣がふりふの黒猫のやつでした。…『中野の猫ばばあ』と自称するだけあります、さすがです(笑)


さて、その隅田川のお膝元?浅草。

毎年7月9日、10日開催のほおずき市に行って参りました。…どうも近場の入谷の朝顔市と日を置かずして開催されるもんだから(入谷の朝顔市は7月6、7、8日開催)、毎年存在を忘れる

浅草のほおずき市は『四万六千日』と呼ばれ、7月10日にお参りすると四万六千日参拝したのと同じご利益がある、とのことでございます。

――――――んが、あっしはお参りせず、ただただほおずき市限定根付け欲しさに浅草寺をうろうろした(笑)



―――――――雷門は工事中でした…(笑)あっし、浅草寺には着物を着るようになってから数えて6回くらい(回数見ると多いようですが、割とうちから近いので。車も電車でも1時間以内。)しか行ったことないと思うんだが、いつだってどこかが工事中なんだわさ。

この巨大提灯が畳まれてる時もあった(笑)



浅草寺への参道、仲見世はアーケードがないので『…ああ、日傘持ってかないと暑いよねえ。でも今や人であふれている浅草。日傘なんて差せるのかしら…』と思いつつも日傘は用意してきたのだが、このように偽物葉っぱで多少は日陰を作ってあったので日傘がなくても何とかなる感じでした。

それに平日昼間だからなのか、縁日の割には人が少ないと思いましたですよ。



ええ、今の浅草と云えばレンタル着物。時期的に浴衣ですが、もちろんどこを撮っても写り込む、写り込む(笑)

日本人も多いですが、かなり外国人のレンタル浴衣率高し。そして言語がタイっぽい方が多い。

……そりゃ、タイ人でしたら日本の暑さの中、浴衣で歩いてても汗だくになることなく平気でしょうよ…本当に汗一切かいてなくて驚きましたわ(笑)



レンタルではない自力で着て来た組ももちろんいます。うん、でも着方ですぐそうとわかりますよね。だって家から着て来てるんですもん。この暑い中。当然崩れるしよれよれ感も出ます。

レンタルは明らかに綺麗すぎる着付けで、半幅をこれでもかな飾り結びにし、荷物が少な過ぎる上に髪型も綺麗にまとめ過ぎてる(笑)

キツネ面のグリーンの彼女たちは、レンタルと明らかにわかる感じでしたが、グリーンのお嬢さんの選んだ着物のセンスがとても良くて、彼女は際立ってました。

――――――そしたら夕方の日テレのニュース番組でインタビューされてた(笑)…埼玉から来たそうですよ(爆)

そして袷のポリの人もいた…
二尺袖で振袖っぽい帯結びをして貰ってます。きっと振袖、着たかったんでしょうねえ…もちろん外国人。そしてやっぱり平気な顔していた

ちなみにバリバリアンティーク!の方も居ました。んが、レンタル浴衣の華やか系の洪水の中、華やかアンティークはとっても危険よ、奥さん!!

……だって、レンタル浴衣にありがちな色柄に見えたんですもん
…あっしは遠目で『あ、可愛いレンタル着物。アンティークっぽい』とか思ってました。

そして近寄ったら絽目で、衿元もがっつり刺繍半衿で、帯も朝顔柄のお太鼓のアンティークでしたのよ。完璧なアンティーク朝顔コーデ!!

でも、でもレンタル浴衣の中にあると埋没して同じに見えたのよーっ

…これが自分なら大ショック

うん、あっしはアンティーク着るからとってもいい着物を完璧なコーデで着ているってのはわかるけど、普通の人には『レンタル着物』にしか見えないんだなあ、と思いました。

―――――――似たようなプリントの安物がいっぱい溢れている場所には本物、あえて着て行かないってのも有りかと。

だってほとんどの人には本物と復刻安物浴衣の柄の区別なんかつかないのよ。

その現象がわかってて、あえて『私たちはレンタルじゃないからね』をアピールな、藍染めの竺仙浴衣とかをお召しのグループも居ました。




ほおずき市でございます。ほおずきの鉢は風鈴付きのものが2500円。どこのお店でも同じ。

もちろん鉢ものほおずきは浅草歩きの邪魔になるので、それほど買って帰られている人は見ませんが、枝ものほおずき、ほおずきの実だけ籠に入ってる飾りものとかは手頃な価格で持ち運びやすいためか、記念に買ってる人も多かったようです。

ちなみに風鈴だけ500円、で売ってる店もそこそこありました。…いっそ下手くそな風鈴だけでも買って帰ろうかと思いました(笑)

お目当てだったほおずき根付けは、境内の店で買うとお高いです。仲見世でもいっぱい売ってるのでそちらでお買い求めくださいませ。



本堂前に三脚設置して撮るのも迷惑ですし、人がいないこの弁天堂で一応、ちゃんと浅草に行ったことアピール(笑)丸で囲んだところに、ちゃんと浅草寺の文字あり。



んで、お目当てのほおずき根付け、無事にゲットしましたですよ。…こんなにたくさん…

いやね、店ぞれぞれで若干お値段が違ったりして、平均で1個370円くらいなのですが、3つで1000円のお店があったんです。そのお店はこのかんざしも実が割れて中に鈴が入ってるタイプも売っていた。

実が割れるタイプは大ぶりで、それでも400円とかだったかな。かんざしは850円。

これらはお土産として既に各地に発送されている…(笑)



それから仲見世にある『コマチヘアー』さんで、『これは木蓮!?』なかんざし発見。850円とお手頃価格。

ええ、木蓮コーデに使う髪飾りがなくって、毎年悩んでいたんです。いっそつまみ細工で作ろうかと思っていたところだったので、木蓮に見えるかんざしゲット出来てラッキー

お目当て品も無事に買い終え、私にしては長居でしたが1時間ほどで浅草を後にする。



上野駅内のアトレのポスターが大変可愛いでございます。…そうか、コウノトリは絶滅危惧種なのでハシビロコウが代役なのか(笑)

と云うかこのポスターの主役はハシビロコウにしか見えんが(爆)

ところ変わって南浦和の大谷場氷川神社。



久々に南浦和駅を使ったので、前々から『どんなとこなんだろう…』と気になっていた神社に立ち寄ってみた次第。駅のすぐ近くです。



こちらはお狐様でもなく狛犬でもなく、狛雉。…浦和の調神社の狛兎といい、結構変わった動物が役割を担っているさいたま市内の神社。

もちろん社務所も開いてないようなこじんまりとした神社ですよ(笑)

で、ここで失礼して着姿撮影。





――――――地元民ってことで歓迎されているのか、浅草寺で撮ったものより写りがいいです(笑)

早速浅草で手に入れたほおずき根付けを装着しております。



足元はふでぺんさんから頂いた、紅白市松の足袋&浅草の長谷川商店でお気に入りの鼻緒を新しい台に挿げ替えてもらった下駄。…浅草に行ったので浅草にちなんだものをコーデにぶち込んだ。

この神社の近くのデパートには、上尾が本店の100均パン屋『ブーランジェ・べーク』が入っているのです。なので久々に100円パンでも買ってやるかと行ってみた。



―――――――――ジバ、とは名乗っていなかった(爆)アンパンマンもキティちゃんも、ちゃんとお品書きには明記されてるのに、これは『キャラクターパン』になってた…

確かに著作権的にどうこう、よりも仕上がり的に問題あるよね、このジバニャン(爆)

中身はカスタードクリーム。100円なり。


    いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

    



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ