FC2ブログ
2017-07-05

☆手芸部☆昭和浴衣を日傘に。8年ぶりの傘貼り職人(笑)

――――――…なんだか桔梗コーデといい、8年ぶりに復活?なもんが今年は多いざます。

台風だから…ってわけでもないが、昭和浴衣を日傘に作り替える作業に勤しんでおりました。



先日、我らが『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で150円で手に入れて来た流水柄の昭和浴衣。

柄が涼しげで素敵なんだが、結構踊り浴衣に見えるのと、あちこちシミも多く『うーん、浴衣として着るより日傘に加工してみたいなあ』と思っていたもの。…1ヶ月くらい考えて、再び半額デーが巡って来たのでゲットした(笑)



解いて、洗って漂白。パーツのみになった状態。

それぞれの日傘キットによって作業工程の若干の違いがありますが、基本的には三角形の型紙に合わせて必要枚数生地を切り抜いていきます。

で、ひたすらその三角形の生地を縫いつないで円形にするだけなので、実はとっても簡単なのが日傘作り。完成形が特殊な形状のためにすっごく難しいと思われがちなんですが。

慣れれば1本2時間くらいでサクッと作れるんじゃないですかねえ。

で、出来上がったものがこちら。



………流水柄で涼しげだと思ったのに、柄の配置を一切考えずに作るとこのようにサイケな感じの傘になりました……



まあ、実際使うとなるとこのようなアングルで見えることが多かろうと思うので、これくらいの見え方だったらそこそこ涼しげではあるか?

藍染めの昭和浴衣にはとても合いそうな感じですよね。


日傘、100均手ぬぐい4枚でも作れます。



8年前に作った100均手ぬぐい使用の日傘。



100均手ぬぐいは四隅がこのようにきっちりミシンがけされてるので、その部分を有効活用すれば端の始末の手間が省けてかなりいいのです(笑)


8年前はやけに日傘キットがお安い時期があって、1組1380円とかでしたわ。今は2000円くらいはするのかな。

…今回は、8年前に作ったものの1回も使わぬままだったので『…これ、私には要らないものだったわけよね』と判断された日傘を分解し、そのパーツを使い回した(笑)

今回作った日傘も『これ、やっぱり要らなかった…』と数年後に分解されぬよう、頑張って使いたいと思います

       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ