FC2ブログ
2017-05-17

時間があまりない時に限って話し好きに捕まるよね、な日常あるあるな展開の牡丹コーデ、その2。@…前日懲りたので牡丹が咲いてる別の寺。

―――――――…メダカが、消えました。ええ、去年の10月、小僧が与野の『大正時代まつり』の金魚すくいで捕って来たメダカなんですがね。

1匹しかいないので浅い水盤に飼っていたんですが、特に猫ズが悪さをすることもないのでずっと蓋もしないで飼ってたんですのよ。

本日、忽然と姿を消した

そう云えば気になることはあった。やけに水盤の水の減りが早くて『自然蒸発にしても結構早くね?』とか思っていたのだったが、そうですか、誰かが常日頃深夜に水盤の水を飲んでたんですね。

そして遂にメダカをゲットしたんですね、誰かが。

しかし昨日、小僧が突然『メダカって食べれる?』とか聞いてきたので『…そりゃ、食べれるかも知れないけどまずいと思うな』と答えてやったのだが、小僧は時々このような予知をするなあ

もちろん日々の世話はワタクシしかしておらず、小僧は捕るだけが楽しみなのでその後メダカがいなくなろうとも何とも思いませんよ。


さて、『受難の牡丹』シリーズ(笑)、第2弾。

前日の、アマチュアカメラオヤジ共の所業にすっかり嫌気が差したので、まあ、連続で同じ場所に同じような人種は集うまいとは思ったものの、気分転換に他の牡丹が綺麗な寺へと行ったんでございます。




蕨市の『三学院』。ここはギョッとするくらいに本堂がでっかい(笑)中庭も広いのでなんかテレビの撮影で使えそうな気がするんだが。

…そう云えば正月にお馴染みの『聖天宮』は先日戦隊もののロケ地として使われていたぞ(笑)

この寺は藤の方が有名ですが、牡丹も境内のそこかしこに植えられていて大変美しいのでございます。



この日はタイミング良くあまり人がいない時間だったようで、少なくとも撮影の邪魔になるような人たちはいないな、と思って撮影に勤しむ。





こっちのコーデはその1コーデに比べれば肌馴染みがいいというか、ピンク地ではあってもまだ大丈夫なんですわ、着てみると。なのでその1コーデのように『…誰も見ないでくれまいか…』な気分ではないのだが、謎の髪型の安定感が悪く、いつ崩壊するかもわからんのでさっさと撮影してさっさと帰りたいところ。

で、後向き画像を撮り終わった頃、境内をフラフラを散策している風味のおばさまが突如話しかけてきたのだった。

あ、別にお直しおばさんとか、いちゃもんおばさんとかではないんですよ。ただ純粋に『素敵ですね~』と褒めに来てくだすったのだったが。

そっからが、長い。

このおばさま、あちこちに花見に出かけるのが趣味なのでしょう。そして親切なのでしょう。この寺にも毎年のように通っているのでございましょう。

『あちらの藤が綺麗ですよ』『ああ、このお寺は藤の方が有名ですもんね』『でも前の方がもっと花の房が長くて綺麗でしたよ』『ああ、震災の年でしたか。ほとんど花が付かない時もありましたもんね』とおばさまとしては親切のつもりで『知ってることを教えてあげる』つもりでございましょう。……しかしあっしとて、毎年ではないものの何だかんだでかなり長くこの寺には通っているのでございます。

だから教えて頂かなくともどこにどんな花が植えられているかはちゃんと知ってるのでございます(笑)

だから会話に『教えてくれるのはありがたいんですが、こちらは全部知ってることなのでどうかお構いなく、…いつまた人がわわわっとやって来るかわからんのだからさっさと撮影終わらせてしまいたいんですが』というのを滲ませつつおばさまのあちこちの花見お出かけ情報をしばらく聞いたのち、やっと『貴重なお時間を取らせてごめんなさいね。では』とご丁寧な挨拶を頂きやっと解放されたかと思いきや、『本堂脇の牡丹も綺麗ですよ。ご覧になって』と。

……ええ、存じております…存じておりますとも…

近来稀に見るご親切が度を超すご婦人であった。前日のカメラオヤジとは人種が違う、この方は純粋に親切。この寺に初めて来た人だったらば、このおばさまのガイドは大変嬉しくありがたいものであったろう。

しかし残念なことにあっしには『何を今更』な情報ばかりであった。…話し掛ける人選を誤りましたな、おばさま。

あっしに髪型崩壊の不安と撮影のミッションがなければ、ずっと話に付き合ってやってもよかったんだがそうもいかず、なんだか続々と人が増え始めてきたし、もうさっさと撮影終わらせて帰りたい。



おばさまお勧め(笑)の本堂脇の牡丹。ちなみに横は墓地



まあ、1枚くらいは押さえておくか、と撮っていたらば背後の植え込みの陰から突如『ほら、ここ綺麗でしょ!!』とおばさま…

――――――――もうほっといてくれ、あっしのことは

……なんでしょうか、このおばさまのしつこさは。もしかしてあっしがおばさまに教えて頂かなくても大丈夫なくらい知識があったことが悔しかったんでしょうか(笑

知ってても知らないふりして『あー、そうなんですか。わざわざ教えて頂いてありがとうございます~』とでもさっさと言っておけばおばさまの気も済んで、さっさと解放されたのであろうか(笑)



―――――――親切だったんだかよくわからないおばさまの相手に疲れて、こんな顔が撮れているワタクシ(無修正)。

…ようやく撮り終えて帰ろうとした時に、なんだか続々と駐車場に車が。何やら何かの集まりがこれから行われる模様。ああよかった、ギリギリで撮り終えた


――――――――40過ぎてからというもの、この手の派手派手アンティークを着て歩いていてもほぼスルーされるようになって久しかったと云うのに、2日連続である意味絡まれる(笑)とは不思議なこともあるものよ





藤も綺麗ではあったんだが、ここは老人ホームのお散歩連合が道を塞いでいたので撮影スポットでは撮れず。

    いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ