FC2ブログ
2017-05-16

我ながらイタいと思うので、できればスルーして欲しい時に限ってばっちり捕まるよね…な着物あるあるな展開の牡丹コーデ、その1。@牡丹の時のいつもの寺(笑)

―――――――季節の花もの、薔薇までは着終わったので次は菖蒲。菖蒲が綺麗に咲くまでちょっと間があるのでここらで一息つけますわ。

さて、今年の牡丹コーデ。

『そろそろヤバげで来年着られるかどうかもわからない…
』明日をも知れぬ(着る本人の老化っぷりが)派手派手系アンティークに限って牡丹の柄が混入しているものが多く、もうさっさと牡丹のこの時期に着てしまうか…と派手系アンティークな牡丹コーデが続いたんでございますが。

…やっぱり着た感じは『………』なわけですよ

ブログだと画像だけ、しかも写りがいいものを更に年齢詐称加工もするのでまともに見えるんですが。

――――――実物はやっぱりアレさ
なので『できるだけ誰にも会いたくない。さっさと撮ってさっさと帰って脱ぎたい…』と云う心境で、毎年牡丹コーデを撮るお寺へと向かったのでございます。



通常牡丹の見頃はG・Wですが、今年は開花が早まったのにもかかわらずどっかで嗅ぎつけてくるのか、しっかり見頃を外さない連中が既に大挙して群れていたのでございました…

平日の昼間って老人ホームのお散歩?とかアマチュアカメラサークルとかにぶち当たる時があり、大変危険ではあるのだが、今回、まさにそれにぶち当たったのだった…

老人ホームな方々は、基本、車椅子で職員が誘導しているのでこちらに群れて来ることはまずないですが、問題はアマチュアカメラサークル。

彼らは花を撮り終え、さあ、そろそろ撤収しましょうかな時にあっしがやって来たもんだから『あ、ちょうどいい具合にい被写体が来やがった。ついでに撮っとけ。ラッキー♪』な具合に、遠くから一眼ぶら下げてにじり寄ってくるんでさあ。

………でね、つくづく思うんだが、一眼カメラオヤジってのは一人で行動している人は礼儀正しく撮る時も一言断りを入れてくれる人が多いんだが、このようなサークルで数人で行動している輩ってのは本当にタチが悪くて、当然のように断りもなく撮るのはもちろん、なんか『自分たちは撮影のプロ』と勘違いでもしているのか、こちらが彼らからしたら『チャチな』カメラで撮ってると余計なアドバイスを入れて来るバカ者もいるわけですよ。

で、ワタクシはこの寺に関しては既に9年?くらいは通っており、着物の場合、どの場所のどの花の前で撮るのが一番マシか、どの時間が光の具合がいいかとか熟知しておるのです。

なのでとにかくさっさと撮って帰りたいあっしは、さっさとその定位置でスタンバイしていたところ、思わぬ敵が、強風。



……ええ、強風だと着物の場合はこのように袖もぶっ飛んでしまうので、一瞬風がやんだ隙に撮らねばなりません。

で、その時のあっしは三脚に付けたカメラのモニターをずっと中腰で睨んでおり、カメラオヤジ共としてはそんな格好撮りたくない(笑)

オヤジ共はあっしがカメラの前に立ってセルフ撮影している時に便乗して撮りたいわけですよ。

ずーっとモニター睨んで中腰のあっしの背後から『着物の柄、合ってるんじゃないか?』とか『立ち位置がわからないんじゃないのか?』とかカメラオヤジ間でのボスみたいな感じの奴の話声がいちいち癪に障るんで、『…こいつらには便乗でいい写真なんぞ撮らせてやるもんかい』と、風がやむまで延々モニター睨んで中腰でいたらば。

カメラオヤジ間での下っ端と思われる者がとうとう話しかけてきたのだった。

てっきり『ど素人の着物の女が、撮りに来たもののよくわからず立ち位置を決めかねてモニター睨みっ放し』だと勘違いしたオヤジが『あのー、この牡丹の支柱を隠すようにこの前に立ってみてはいかがでしょう?』と下っ端なので丁寧におずおずと話しかけ来たのであったが。

『毎年牡丹柄の着物でここで撮影してるんですこの寺で自分が使いたい画像が撮れる場所はここだけしかないんです光の具合とかもわかってるんです自分のカメラでのベストアングルはちゃんとわかってるんです今は風が強くて着物が翻るので撮影できないのです』と句読点なしで畳みかけてやりましたところ、迫力に恐れをなしたのか下っ端オヤジはすごすごと後退し、それでも感じの悪いボスオヤジと共に、風がやんだ隙にあっしが撮影した時に便乗して撮影して、撮らせてもらった立場のくせに礼も言わずに立ち去りやがりましたよ。

―――――離れたところからの盗撮ならともかく、面と向かって断りもなく正面から撮っておいて挨拶もなく立ち去るなんざ人として間違ってると思うぜよ。せめて頭くらいは下げろ。

このように、アマチュアカメラサークルのオヤジ共ってのは『いいカメラ持ってる自分は凄い』と勘違いしているバカ者がいてハタ迷惑でございます。離れたところから『バレてないつもり』で盗撮するのは好きにすればと思うが、平然と堂々と断りもなく撮っておきながら偉そうにアドバイスして来るような輩は許さん(笑)

…そう云えば10年ほど前にも別の場所で藤コーデ撮ってたら、そのようなサークルに出くわし、そのグループは『カメラ小僧?』な感じで平均せいぜい30代くらいだったんだが、あっしがコンデジでセルフ撮影しているのを横で観察。写ったモニター見て『へえー。そんなカメラでもちゃんとしたもの撮れるんだねえ』だとさ。

――――――写真ってのは機材の良し悪しではございません。撮る人にセンスがなければどんないいカメラ使ってたって凡庸な画像しか撮れませんですわよ。

その証拠にスマホのカメラであってもセンスがある人の画像は本当にプロ級。

いい道具さえ持ってればいいものが撮れると思ってる時点でもうダメだと思うな。

……かつて同人誌を描いていた時にも下手くそ過ぎる奴に限って『レトラセットのスクリーントーン(高い)にセリフ入れはロットリングのペン(滅茶苦茶高い)』ってな奴がいたなあ(笑)

上手な人はデリーター(安い)のトーン、にそこら辺のペンで描いても上手かった。

まあ、この『いいものさえ持ってれば…』幻想はどんな業界にもはびこっておりますし、着物業界にもそれは大いに当てはまりますが。

それは別の話なんで今はやめておこう。



――――――そんなオヤジ共に囲まれたせいでこんな顔が写っているワタクシ(無修正)。





――――――――修正すればこのようなでっち上げも容易です(爆)

…しつこいですが、修正画像だからマシなんですからねっ
現物はあっし本人ですら『頼むからも誰も見ないで立ち去ってくれないか』な感じですよ

しかしこれでこの着物に関しては気が済んだ。冬場に羽織プラスバージョンでコーデしてみて、それ如何によっては処分の方向になろう。



足元は珍しくも白足袋&牡丹唐草の刺繍鼻緒のウレタン草履。


―――――しかし今年の牡丹コーデ着用時の受難はまだ終わらない…この翌日、その2コーデで別の寺に行ったらば今度はお節介なおばちゃんにとっ捕まる羽目になる…


       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 







スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ