FC2ブログ
2017-05-31

薔薇コーデ、2017。

―――――――やーっと袷のコーデ、これでおしまいですよ。…もう既に、夏…

今年は牡丹コーデが多かったので、薔薇コーデは控えめにこれだけでございます。









あっしの行きつけ、お馴染み『ちゃくちゃくちゃく南中野』店にて、半額デーに150円でゲットした、紫地に白薔薇の着物。

生地の質感とか柄の雰囲気は昭和な感じなんだが、裏が紅絹だったり袖がちょっと長かったりとアンティークのようなそうでないような着物。…たまにございます、戦前、戦後のものを寄せ集めて仕立てたような着物(笑)

帯は、3年、4年?くらい前に有楽町の大江戸骨董市に遠征した時に『tento』さんとこでゲットの刺繍帯。

ずーっと『ああ、あの帯使わなくちゃ…』と気になっていたのだが、とうとうここまで寝かせてしまった。やっとデビュー。



この驚きの価格!!……ええ、値札付けっ放しで隠匿しておりましたのよ、申し訳ない

パッと見どこも汚れてない、綺麗な帯なんで『ええええええ!?ゼロ1個少ないですけど!?』と詰め寄ったのだが『細かいスレとか小穴があるんです~お安く仕入れることが出来たので…』と。

このようなところがtentoさんの変わらぬ人気の土台だと思いますよ。商いは正直に。

目立つ場所に致命的な汚れやシミがあっても平気で高値で売って『いいものよ』と言い張るような店だってございます。

そのような『売れて日銭稼げればいい』なお店はちゃんとあっしらだってしっかり見ています。

……それにしても、このような『難あり激安帯』でしたらあっしでしたら速攻で買ってしまうところですが、こちらの帯、閉店間際までずっと残ってたんですのよ

結構東京もん(笑)は『安かろう、悪かろう』と思われそうなものには手を出さないんだなあ、と感心?した記憶があります(笑)

―――――――ハッキリ言ってアンティークは、綺麗な傷みのない状態のものを高く買っても、着た際にビリっとかが平気であったり、逆に『いつ崩壊してもおかしくないのにもう10年崩壊しそうで崩壊しない』という崖の上にも10年、なものとかが混在していて、要は賭けなのでございますわ(笑)

だからあっしの経験から云わせて頂くならば目立つ場所に致命的な汚れ等がなく、よく見りゃ確かにスレがいっぱいある、ってくらいならばお安いものは買っておいて損はないと思います。

毎日毎日ヘビロテすることはないんだから、スレはスレのまま平気で10年くらいは維持できます(笑)

…それにお安く、若干難ありのものの方が気楽に使えて、とっても活躍してあっという間に元が取れますわ。

あ、でもスレは維持できることが多いですが、『裂け』は危険よ、奥さん!!

裂けが見られる着物や帯はもう、どっからどのように裂けるかわからないので手を出さない方がいいです…

半衿はozawamiさんのクロスステッチのピンク薔薇。

帯揚げは『ビンボーダー』(笑)、綿のボーダーの布。

帯締めは赤にしてみました。


―――――――ああ、それにしても『薔薇の羽織』はあっしはいつ着るつもりなのか

『薔薇は年中OKな柄だし~♪』と調子に乗って綺麗な柄見つけると買ってるんだが、何だかんだで薔薇柄を薔薇の季節以外で着ることがほとんどない…

秋薔薇のシーズンだって決して羽織が必要な寒さじゃないし~

…しょうがない、羽織シーズンになったら『薔薇柄羽織を着倒せ』な企画でもするかね…←多分、このまま忘れる
  
        いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 




スポンサーサイト



2017-05-30

牡丹コーデ、その3で、全然関係ないけどイチゴ狩りに行った(笑)

―――――――本日ようやく復活でございますよ、奥さん。んで、しばらくろくにパソコンに向かわない日々だったんですが、そしたら『背中の痛み』がなくなった…

そうか、背中が固まったような痛みはパソコン作業からくるもんだったのか
寝具が合ってないのかと思っていたぜ。

ああ、でもこのように復活したので背中の痛みも復活でございますねえ。ストレッチしてもなかなか効かなくてねえ、もう…


さて、まだまだ今月の出来事だってのに遠い昔のおとぎ話のような感じのする、G・W中のお話でございますれば。

今年は曜日の並び、天気が良すぎて、遠出した日にゃ行きも帰りも大変だろう、ってことで片道1時間以内の近場をうろうろしておったわけですが。

イチゴ好きの小僧が床に転がって『イチゴない~?』と聞くのでございます。…この人はイチゴシーズンになると毎日1パック喰い続けるイチゴ星人。

ちょうどその日、イチゴは切らしていた。だってイチゴが安い店、G・W中は混雑で店に行きたくないんだもん

そうか、イチゴか。んじゃ、ちょっくらイチゴ狩りなるものに行ってやろうじゃないか。

…ええ、イチゴ狩りなんざに行くよりはスーパーでパックイチゴ買った方がはるかに安上がりなのでございます。

んが、あっしは今までイチゴ狩りなんぞに行ったことはないので話のタネ、物は試しで行ってみることにする。

で、イチゴ狩りで検索すると、近場にはそれなりにイチゴ農園はございますが『要予約』だの5月になれば値段は下がるのに未だに平均1500円(大人)くらいで『…どうせろくに食えやしないのにこの金額払うのはなあ…』と悩んだところ『JA南彩菖蒲グリーンセンター』と云うところが、ダントツで入園料が安く、予約不要であった。

で、イチゴ狩りですが一切イチゴと関係のない牡丹コーデ最後のその3でお出かけです。…田舎の方に行けばどっかに牡丹が咲いてるだろうと思った(笑)



一点透視なイチゴビニールハウス(笑)こう撮るとすっごく広大に見えますねえ。まあ、普通サイズだと思われますよ、実際は。

まず『JA南彩菖蒲グリーンセンター』なる所に行ってみたら、そこは大変繁盛しているJAの直売所。

その一角でイチゴ狩りを受け付けておるのですわ。で、日によって、その敷地内にあるビニールハウスか、提携農家までマイクロバスで運ばれるかになるんですが、この日は提携農家に連行されました。

ちょうど昼ごはん時間過ぎた頃だったんで人が少なくラッキー。…あっしらの後の回は『…さて、昼飯喰ったし今度はデザートだ』ってな感じの人で混んでいた。



――――――安いったって、『大人1000円』の入園料ですよ、奥さん。そりゃ喰わねば(爆)

長い袖を帯締めに挟んで気合が窺われます。そしてビニールハウスはビニールハウスなので袷着物では非常に暑く、目が笑っていないワタクシ。

頑張って喰い続けたつもりでございますが、ハッキリ言って『イチゴ狩りのイチゴは決して美味くはない』と云うことがわかった…

………だって冷静に考えたらこの暑いビニールハウス内なわけですよ。当然イチゴだって生ぬるいわけですよ。

半端に生ぬるい果物って決して美味しいとはいえない…
それに生ぬるいイチゴってあんまり甘さを感じなくて微妙…生ぬるいと酸味がきつく感じられるような気がするんだがどうだろう。

イチゴ狩りは一大レジャーと云うか産業として定着しておりますが、なぜ誰も声高に『でもイチゴは家で冷やしたものの方が美味いですよ』と言わんのか。

イチゴ好きの小僧ですら余り喰わずに『もういい…』とビニールハウスを後にした。

まあ、何事も経験でございます。一家揃って『イチゴ狩りはもういい』という結論に達したのだった(笑)

ええ、我が家は菜の花を狩ったり、水草を狩ったりしている方がお似合いさ。



ちなみにこのような『ザ、農家』なお宅にマイクロバスで案内されました。この農家では米も売っていたので『彩のかがやき』を買って帰ったのだが、その米は美味かったです。


そして、どこにも寄り道することなく、ただイチゴ狩りだけ行って帰って来る我ら(笑)

このままでは牡丹コーデが無駄になるので、その1コーデでカメラオヤジに囲まれたあの寺、再び。



まあ、かなりの花の見頃は過ぎてますが、それでも時間差で咲く牡丹もあるのでまだまだ牡丹は撮れました。…でももう、誰もいない…そうか、来年からは見頃が過ぎた頃に行けばいいんだな(笑)



この恰好で歩いていても、農家の人にも誰にも何も言われなかった…うーん、まあ、落ち着いてるっちゃ落ち着いてるんだけどやっぱり家族連れってのがストッパーになるんだろうか。



足元は牡丹柄の入った足袋靴下&牡丹柄のウレタン草履。



人がいなかったせいなのか、なんと2年ぶり!の再会。『エセ男爵』様ですよ!!お元気でおられたのですねえ。

相変わらずもふもふで毛艶も良く、そして目付きが猫の目付きではない。…絶対この寺のご本尊の仮の姿(笑)



で、エセ男爵様がにゃごにゃご鳴いていると、どっからともなく呼ばれて出たキジ猫。



2年前も仲良しだったね君たちは。キジ猫の腹が大きいのはただの肥満です(笑)この方々はちゃんと耳に桜カットを施されて管理されてます。

――――――『毛利』氏は去ってしまわれたが、2年ぶりに変わらぬ姿を見せてくれたエセ男爵に会えて嬉しゅうございました。
       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2017-05-28

集めたつもりはないのに集まる似た者同士の夏物…

―――――――只今ウィルス性胃腸炎まっただ中でございますのよ、奥さん!!
…実は小僧が1週間ほど前に患い、完治したと思ったらあっしが感染さ。

おかげさまで昨日は小僧の運動会だったんですがね、あっしは死体と化しており寝たきりでございましたのよ。

本日、ようやく椅子に座れるくらいまでは回復した。…いや~腸から栄養の吸収が出来ないとびっくりするくらい人間、弱るねえ
階段すらまともに登れない…

ちゅーわけで体重3キロ減って体脂肪が3%増えました。…脱水ですがな。


さて、オペラピンクやマゼンダピンクのように若干毒のあるテイストでもなく、ただただ純粋に『ああ、可愛いわねえ』なパステルピンクはさすがに賞味期限が短かろう、と思って意図的に集めてはこなかったはずなんですが。



――――――――気が付きゃこんだけ集まってる、パステルピンクの夏帯…ええ、夏帯ばっかり。

夏帯以外ではこのような現象は起こらない。

あっしの手持ちには『青系の夏着物』『朱赤オレンジ系の夏帯』も数多いのでございますが、それらも意図的に集めたわけではなく、『安く出回ってる夏物(平均価格500円)を手当たり次第に買ってたらこんなことになってた』のでございます…

…つまりこのパステルピンクの夏帯も『安価に出回る夏物』の類なのでございましょう。

ちなみに上から1000円、1000円、500円、150円、150円と云う有様ですよ(笑)

そしてこれも『シリーズか!?』な異様に似たカラーリングの着物…




いずれも夏お召し…だと思って来たがもしかすると夏銘仙なのかも知れない…結局良くわからない夏着物。

柄こそ違えど紫にターコイズと云う配色。

最初手に入れたのはこのトルソーに着付けてる着物(探しまくったが現物見つからず。あら?寄付しちゃったかしら??←記憶が定かでない)、500円。

その後ヤフオクで菖蒲柄の夏着物を探してて『あ、この着物と似てるけど安いからいいや』と確か2000円以下で落札。

そして先日、うさぎ好きさんから頂いたのが百合柄。……ここにきて、この配色の夏着物がシリーズ化しており、安価アンティークの部類であると知る(笑)

ええ、きっとご覧になってる方の手持ちの中にも『ああああああ!あるよ、うちにも!!この配色の夏着物!!』が存在しているに違いない。

せっかくなのでこれらの着物と帯をコーデしてみた。







トルソーちゃんの方は既に去年、もうピンク帯でコーデし終わってるし(笑)


――――――――面白いので、そのうちこの3パターンの着姿を並べてみますわ(笑)

……ちなみに朱赤系オレンジの夏帯は増えて増えて増えまくっており、もう並べて撮る気力も起きない…

        いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


2017-05-25

藤コーデ、のつもりでいたら、なんだか藤濃度が低くて結局『なんとなく春の花』コーデ…

―――――――今年の春はとにかく『賞味期限切れ気味のものはさっさと着ておくべし!!』モードになってしまい、やけにガラガラしておりますがご容赦を(笑)

この着物もアンティーク調なプリントが気に入り、色違いで2枚も購入したのでございますがさすがにそろそろヤバくなってきたかしら…と時期的に藤コーデで使おうと思い立ち、結構藤ものを投入したにもかかわらずちっとも藤濃度が上がらず結局藤コーデと名乗るのは断念した。









『アッシュ・エル』の卒業式用二尺袖のポリ着物。…色違いで所持している地色がマゼンダピンクのものは振袖でしたよ…さすがに振袖だと使い勝手が悪すぎなので縫い詰めて二尺袖にした。

えーっと新品で4900円くらいだったのかな。まあポリの新品としては妥当なお値段だったと思われる。

ガラガラではありますが、柄の色がシックなので『いかにもポリの鮮やかアンティーク風味』と違って若干高級感があります。

んで、この着物ってば藤も入ってはおりますが、目立つのは牡丹と菊なのですよ。なので最初は牡丹コーデで使うつもりで、今年はとりあえずは藤コーデに採用しようと目論んでみた。

……うん、やっぱり素直に牡丹の帯を合わせて牡丹コーデと名乗った方が良かったっすね(笑)

帯はヤフオクで3600円だった、藤と菖蒲の細かい刺繍がびっしりの帯。

ええ、この帯も藤がびっしり入ってるんですが、同時に菖蒲もびっしりで、結局色んな柄が混在しているこの着物に合わせたら、この帯も『色んな花一味』になってしまったのだった…

半衿は藤唐草の刺繍もの。…ええ、ここにも藤なんですが、意匠化藤、しかも唐草文様なので藤っぽさはかなり少ないです…


―――――ええ、この着物は来年は牡丹コーデで登場させるつもりです…


…ちなみにガラガラであっても地色のせいなのか、ジロジロ見られることはないコーデでございました。

       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2017-05-24

全品半額デーには速攻で売れちゃいそうなものがないか、3割引きデーに物色@ちゃくちゃくちゃく南中野店

―――――――ええ、『骨董アンティークフェア』が6月13,14日にありますがね。それに備えて買い控えなくてはなりませんが、それでも定点観測は必要なのでございます、例の店は(笑)

今週末から全品半額セールが3日間あるちゃくちゃくちゃく南中野店ですが、そうなると開店からぎっしり車が並んで停められないパターンもあり、このような日は着物狙いの人は多くないと云えども最近ご新規な着物狙いも増えております事ですし、速攻でいいものが売れてしまう恐れあり。

てな訳で、昨日は『パパママカード提示で3割引きデー』だったので、下見を兼ねて行ってみたのですわ。

着物半額デーから約2週間、そろそろ品物にも変化があるかな、と。

―――――――何やら、羽織ものがごっそり並んでましたわ
羽織は基本全品100円扱いなのですがね(笑)

100円だろうとシーズンオフになったのでなかなか売れないのか、それなのに続々入荷するのか、羽織だけでハンガー2個分、特設羽織売り場が出来ておりました。

まあ、『こ、これは!!』なお宝レベルのものはなかなかないんですけれども。

それでもみつくろって来たのがこちら。



『赤い線虫』な羽織(爆)意味不明な柄の銘仙の羽織です。100円。100円ものは割引なし。

とりあえず赤系はクリスマスものに使えるかな、と押さえておく。



…画像だと不穏な感じだわ
『水木しげるの丁寧過ぎる点描絵バージョン』みたいな感じの大きな菊の柄のお召しの羽織。100円。



イメージ的には印傳みたいなツブツブで柄が表現されてるぎっしり柄の羽織、100円。

派手派手な赤の着物の上から羽織って引き算コーデに使えるなー、次に来たときに残ってたら買おう(100円でも即決しない)、と思ってたら着物半額デーに行ったら残っておらず、てっきり買われたのだと思っていたら、昨日再び発見。

…多分着物半額デーで先に来た人間が籠にぶち込み、吟味の末あっしが帰った後に戻したのであろう。他にも『あ、これ。他の人がキープしてた銘仙…』とかも舞い戻っていたし(笑)

ほほほ、正月に中華寺院の前で着てやるさ(笑)

んで、本日のメインイベント。



この状態で帯コーナーにぶち込まれていたんですのよ、この帯。

『黒繻子で、たれに鈴の刺繍…これってもしかしてもしかしなくても十中八九お太鼓の柄は動物よね!?鈴だから、もしかしてもしかすると猫もあり得る!?』とはやる心を抑えつつ、広げてみたらば。



――――――――そうですか。そんなご面相で可愛らしく鈴と遊んでいやがるんですか、獅子よ。毛玉だらけで手入れの行き届かないご面相の悪い長毛猫ではないですよね、君は。

ちゅーか、獅子の隣の鈴は寺の呼び鈴?みたいなでっかいヤツで可愛いってもんじゃありませんが

ええ、唐獅子に鈴、の刺繍帯でございました…これは300円商品なので3割引きで210円。

帯芯が薄くて固く、ミシン刺繍と思われるので現代ものなのかな?

傷みもなくて綺麗なんですが、『なんだよ、獅子か…』という落胆が相まって210円でも高く感じた『ちゃくちゃくちゃくの呪い』がここにも(爆)

――――――ミシン刺繍でもこれだけのクオリティなんだから300円だって爆安なのよ、奥さんっ

まあ、ワタクシは龍とか獅子柄とかは持ってないので(龍柄はさっさと龍好きな人の手に渡った)、『大人アンティーク』を目指し始めているあっしのコレクションに加えておこう。


『ちゃくちゃくちゃく』の仕入れルートは謎なんで、とんでもないお宝が平気で300円で並んでいる事も珍しくないのだがさすがに『アンティークの猫刺繍帯』までは流れ着いてこないかな~

…いや、仮に流れ着いてあっしが150円とかで手に入れた日にゃ、そこであっしは全人生の運を使い果たし、更にそれ見た着物ブロガーから一斉に妬まれ、妬み殺されるであろう。葵の上だわ


―――――――ちゅーわけで、またしても刺繍帯が増えたというお話(笑)

       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 





2017-05-23

適当な猫ものコーデで、『暇な時の川越』(笑)

―――――――さて、相も変わらず川越に対し尊大なワタクシ。

その日も暇だったので『…じゃあ、川越にでも行ってやるか』という上から目線で、着なくちゃいけない季節ものコーデも残ってなかったので『じゃ、川越と言えば猫だろう』と猫コーデ。

暑くもなく寒くもない、湿気もないし静電気もない4月ってのが一番ポリには適している季節。ここぞとばかりの今年の4月はポリばっかり着ております。




川越お約束画像。G・W直前のお休みで天気も良かった割には人は予想よりは少なめ。

…前日、富士山方面に行った時サービスエリアで小僧は『富士山ジオラマ型イワコー消しゴム』を悩んで買わなかったんだが、翌日のこの川越で同じもんを土産屋で発見し、結局買った。

――――――なぜ富士山近くで買わず川越で買う




猫だらけだった菓子屋横丁近くの無料休憩所は、今は猫2匹だけになってしまったそうだ…貧相な猫でも海外からの観光客に取り囲まれ、撮影大会になっていた(笑)

この日は菓子屋横丁でお祭りというのか何かイベントをやってたようだが、あっしらが辿り着いた頃には既に終了(笑)



いつもの寺で着姿撮影。…白い着物がレフ板効果なのか、今回は奇跡的に無修正で済みましてございます。

―――――こんな無修正シリーズは面白くないな(笑)



常日頃ウレタン草履ばかり履いているのでこの草履の鼻緒の固さと重さに徐々にやられているワタクシ。

足袋靴下はピンク地にレース柄、ワンポイント黒猫刺繍のもの。



火災で焼けてしまったところの店がほぼ復活していたのではなかったかな。…まあ、火災後に土地を売ってしまったとこも数軒あるので、そこには目新しい別の店が入ってましたが、まあ今風でお洒落な食べ歩き用のを売ってるよそからの資本が明白なので、お客が少なかったですわ…

菓子屋横丁に求められているものは『ぎうぎうの駄菓子屋感』であって、お洒落食べ歩き店だったらばここでなくてもOKだよね。



で、大事件だ~!!べにおせんせー!!

…パン屋の前のパンダ、撤去され姿を消したと思ったらこんなところに。しかも色が黒白から緑白になっちょる!!

一体どんな悲劇が起きて緑白になっちまったんだい!?何の説明もないから謎で謎で……

てな訳で菓子屋横丁の発砲スチロールアートも、たまに様子を窺っておかないと油断ならない…

そして菓子屋横丁の後は車で移動して、『ねこかつ』さんに。



――――――――珍しくも可愛い顔の撮れた子爵(笑) ちょっと行かない間に顔ぶれがかなり変わっておりました。



車停めてる『丸広』デパートの駐車場から見える、この看板が長年の謎。←昔からある。

なぜ素直に『加藤自動車』にしないのか



髪飾りはどこに猫がいるんだかわからないけどいるんですよ、なかんざし&100均ダイソーの玉かんざし。

……敷き布に使った10年以上前の100均手ぬぐいの柄が微妙。当時は猫ものってだけで飛びついたが、今だったら買わない柄だな(笑)

       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2017-05-22

今年はろくに買ってませんのよ、100均夏和小物…

―――――――ええ、毎年100均の夏の和小物が出揃うのは4月も半ばでございますれば。

今年は100均和小物の総本山?とも云うべき(株)●ジサキさんの関係者と思われる方から、販売情報のコメントを頂いたりもしたので、夏和小物が出揃うのを今か今かと楽しみにして、そして販売日に走ったのでございます。

……そして、完全に出揃ったと思われる頃まで足を運んだのでございますがね。

今年は、今年はあっし的には欲しい!と思うものがほとんどなかったのでございますよ~
あれだけ数が揃ってるのに欲しいものがないってのも、とっても贅沢な話でございますが。

買って来たものは『あ、可愛い!これ欲しい!!』というより、『これは必要』という至って冷静な購買動機。

――――――こんな年もある。



セリアではこの手ぬぐい2枚だけ。



色と柄の配色が綺麗で、半衿にも使えそうな桜柄。そして小僧用の●ーゲンバスの柄。

バスの柄は小僧の給食ナプキンに加工されました。



桜柄は控えめな帯にもなりそうな感じ。…相変わらず端の斜めっぷりが絶好調だけど(笑)



『can do』にて椿の柄の手ぬぐい。これは冬場の玄関飾りの敷き布に使う。…100均手ぬぐいは冬場にも少しは出ますが、イベントものがほとんどなのでこのようなスタンダードな冬の柄が夏に出てれば買っておく。



割となマイナーな100均『ミーツ(ワッツ)』にて。これは今年の新作ではないな。去年も出ていたはずだが2色揃ってるのは見たことなかったのでゲット。完全なる実用品。半衿として(笑)

そしてこの100均が侮れないのは、結構面白い小物が潜んでいるところ。



こんなご立派な目付き悪し黒猫のミニポーチが、100均に。…まあ、似たようなもんは和雑貨屋でずっと昔から580円くらいで売っており、パクりは明白なんでございますが100均だと思えばお買い得でございましょう(笑)


―――――――ああ、風鈴も扇子もいっぱいあるのに欲しいものがないって…

そうかと思えばあれもこれも欲しいもんばっかり!!
な当たり年もあるので、そのような年に備えて今年の残った予算は100均貯金にでもしておくか(笑)

        いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2017-05-20

端午の節句コーデで、鯉のぼりが大量にぶら下がっているらしい御用達の田んぼに行ってみた(笑)

――――――あらやだ、たかが2週間前の出来事なのに、大昔のような気がするG・W中の出来事。

端午の節句当日になって『あっ!!やべ。本日が端午の節句じゃないのさ!!』と大急ぎで端午な吹き流しコーデを考えたわけですが。

せっかくのこの吹き流しテイストなコーデ、鯉のぼりを前にして撮ってやりたいじゃないか。

てな訳で近場で鯉のぼりが大量にぶら下がってるようなイベントはないかな~と探したところ、あった。



―――――ええ、ほぼ毎年、あっしがコスモスコーデでコスモスを撮りに来るところ。そして秋には彼岸花、水草も狩りに来たことがあったな(笑)な、地元住民でもないのにやたらと通いまくる見沼田んぼ。

目の前の畑には秋になればコスモスが満開ですわ。

まさか5月にはこのようなイベントをやっていようとは…どんだけあっしの御用達なのさ、この地は(笑)

んで、この鯉のぼりイベントってば地元自治会の地元のイベントでございましてね。10時から午後2時で終わり。5日だけ。という短期決戦でございましてね。

このイベントをネットで発見したのが午後12時過ぎ、で、なんだかんだで着替えて、この地にやって来る頃にはちょうど2時頃だったのですよ。もう終わりの時間。

んが、別に地元野菜を買うわけでもなくただただ鯉のぼりと撮りたいだけなので『さすがに鯉のぼりの撤収はのんびりやるだろう』と思っていたのだが。

…『あ!?本当にここでやってるんかい!!』と他にメイン会場がなかったか、この場所を通過し、それらしきものがなかったのでぐるっと回って戻って来る間のほんの10分くらいの間、なんだか鯉のぼりがごっそり減ってる

そう、午後2時過ぎた時点で『さー、いっちょ鯉のぼりは片付け片付け!!』とどんどん引き下ろされてしまっていた…

本来ならば300匹くらいぶら下がっていたのよっ



あっしらが辿り着いたときには、この最後のメインのロープにぶら下がってる魚群のみになってしまっていた…

そして地元自治会の人々は、これですらさっさと片付けようと待ち構えておりました…





ので、さっさと撮らねばなりません、背後に撤収作業の軽トラが何台も停まっているのがまたプレッシャー(笑)

しかしこのような快晴、ってのはなかなか人物画像を綺麗に撮るには至難の業でしてね、普通に撮ったら顔が陰になって真っ暗なんですな。だからこの快晴のさなか強制フラッシュなんですよ、奥さん。

晴れ過ぎてて顔が陰だらけになって全然綺麗に撮れないって場合は強制フラッシュで撮るのがお勧めです。



――――――強制フラッシュたかないとこんなですよ、奥さん。また出た無修正シリーズ(笑)眩し過ぎてやってられない顔でございます。



なんだかよくわからず連れて来られてみれば、どんどん鯉のぼりが減っていく祭の後のようなところだったので、小僧は大変ふて腐れておりましたが、どっかのお子様が風になびいてない鯉のぼりをひっつかんでいるのを見て自分も参加。



そしてただただ無意味に雑草と戯れるだけ、という雑草と同化なTシャツの小僧。

―――――そうこうしているうちにこの最後の砦のメインのロープも外され、ひたすら撤収中なイベント終わりになってしまったので早々に退散。

まあ、この地は小僧の好きな『カインズホーム』と『イオン』が近いので、それらに寄ってから帰ることにする。

んで、カインズホームで小僧が好きな『イワコー消しゴム』を物色していたらば。

何やら売り場担当の男性がつかつかと寄って来て『着物でいらっしゃいますが、本日何かございましたか?』と聞くのです。

いやあ、たまに着物でついでにカインズに来ることはあるんだが、初めて聞かれましたよこんなこと

そしたら『本日、もう既に3名の方が着物でいらしていて、だから何かあったのかと思いまして…』とな。

――――――いや、あっしの方が『一体何があった!?』と聞きたいですよ。こんな場末の地のカインズに昼過ぎまでに既に3名もの着物姿の人間が来るなんて非常事態ですよ。

て云うか、売り場担当なのだから仕事を放棄してわざわざあっしに質問に来ないでくれたまえ(笑)…レジ打ちの時についでに聞くってならともかく、他の仕事してたのよ、その兄さん(笑)

……結局子供の日の場末のカインズに、着物姿があっし含めて4人来た謎は解明されぬままであった。

カインズの後はうちからはちと離れた100均セリアに行ったのだが、なんと、店舗ではなく店舗より上の階の駐車場に停めてあっしらはエレベーターで下のセリアに降りようとしていたら、横の非常階段から同じ幼稚園だったママが上って来た!!

……ええ、このママは割とうちから家が近いので、わざわざお互いこんな離れたセリアに来る必要性なし。しかもこの奇跡的としかいいようのないタイミング。

ああ、幼稚園にはたまにふらふら着物で行ってはおりましたが、さすがにここまでのコーデで行ったことはなく、できれば知り合いに会いたくないようなコーデであったのに、なんでこのタイミング…

……そのママは年の功で一切顔色を変えず、着物にも一切触れずであったが、同行の娘っ子2名は明らかに動揺を隠せない顔をしたまま立ち去ったのだった…(笑)



足元はタンタンさんからの頂きものの菖蒲柄の足袋靴下&水色ギンガムチェックの草履、に見せかけた布張り下駄。今は亡きキンカ堂にて500円。



髪飾りは自作の菖蒲のつまみ細工のかんざしにダイソーのタッセルをぶら下げたもの。

        いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2017-05-19

牡丹コーデ、2017。その3

―――――――さて、『もうヤバげだと思うがギリギリ大丈夫だろうか…』な賞味期限切れ気味コーデばかり続き、その妙なオーラなせいか妙な方々に行く先々でとっ捕まっていた今年の牡丹コーデですが(笑)

ラストのその3コーデは、普通です。









――――――いや、普通なんですよ、普通。でもあれらのコーデが続いた後では地味に見える…しかし安心感はある(笑)

『骨董アンティークフェア』で1000円だった牡丹柄の着物、葉っぱ部分は何の柄なんだかわかりません

帯はかなり昔にヤフオクで9000円近くまで闘った、深緑地に牡丹の刺繍帯。

…うーん、昔落札した刺繍帯の方が何だかんだで出番が多い優れものばっかりなんですよ。近年、『あ、これ可愛い。これも安い』と買い込み続けた帯はそのまま存在を忘れられ、なかなか出番すらないこと多し。

牡丹の刺繍の色に合わせた100均のスカーフ帯揚げ。そしてオペラピンク色に黒の矢羽根柄の帯締め。この帯締め、いくらだったかしら…確か100円から300円の間(笑)

半衿は今年の牡丹コーデを通して使いっぱなしのもの。


この安心(笑)のコーデのおかげで、これ着て出かけた際には一切妙な人々に絡まれることなく終わったのだった。

…ってことはやっぱり自分でも妙、と思ってると妙な人を呼び寄せてしまうと云うことか
 
       いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

2017-05-18

結局3日後にまた行ってる、『ちゃくちゃくちゃく上尾』店…そしてメガトンでのお買いもの。

――――――――メダカ、干からびて煮干しフレグランスを放つブツになって先程遺体が発見されましてね。

まあ、見た目はすっかり煮干しなんですが一応暈し入れときます。…そして煮干し、ではなくメダカはダイイング・メッセージを残していた。



―――――――――――犯人の遺留品の白い毛。…そうですか。



――――――――この手の犯行の下手人の候補に真っ先に挙がるのはドタバタ暴れているおはるちゃんだが、実際の黒幕はおだん様ってパターンが多い。

……っていうか殺めたのならばせめてちゃんと食してやりなさいよっ
メダカも死に損じゃないのさ


さて、ちょうど1週間前でしょうか。余り着物の品揃えがよろしくなく、買うものがほぼないので1回行っただけで『もういいや…』と見放していた『ちゃくちゃくちゃく上尾』店に久々に足を運んだのは。

で、結局女性限定半額デーだったのに一切買うものがなく、再び『もういいや…』となったところに、階下のスーパーでお土産で買ったミニカーに小僧が色めき立ち『行きたい』とぬかしたのは。

そして3日後、行ったのでございます…ええ、もう純粋にスーパーだけのためにわざわざ往復約2時間ですよ、奥さん。

上尾店が入ってる『バリュープラザ』ってのは駄菓子屋だのやけにガチャガチャが大量に設置してあるゲーセンだのがあり、それだけで小僧は楽しいのでございますが、着物が品薄なのがあっし的にはがっかりさ。

んで、行ったこの日も携帯会員半額デーでございましたので『…んじゃ、せめて小僧のズボンでも100円で買ってやるかな…』と覗きましたところ、なんだか和装小物が適当にぶち込まれているところにぐるぐる巻きにされて、それはあった。



―――――――笑ってくださいよ、奥さん。またしてもピンクの絽帯(爆)でも刺繍ものは見逃せなかった。150円でございます。

うーん、しかしうちにはすでに大量にピンクの絽帯があることだし、この帯も汚れっぷりが結構著しい。それに柄的に橘って冬の柄…うーん、絽帯じゃなければなあ。

で、ワタクシ、この刺繍部分を切り抜いてですね、喪帯に貼り付けると云う『アップリケ帯』に挑戦してみたいなあ、と思ったわけですよ。

幸いにしてお太鼓なんか扇面がどどーん、な柄なので、細かい切り抜きはあまりございませんしね。

このままだったらほぼ帯として使わない事必至なので、まあ150円ですし、ここはいっちょチャレンジしてみたいと思います。

――――――で、判明したうちの新車のナビ『エリ子』の悪行。



前回行った際には赤線のように案内したエリ子。…ええ店の前ではありますよ、でも線路挟んで、しかも道は行き止まり。結局青線のようにあっしが自力でルートを見つけ出し、店へ到達したのですがね。



―――――――――なんでこのように素直に案内できないのか。今回あっしが自力で選んだルート。

実にわかりやすい大きな通りではないか。なんでわざわざ陸橋を渡らせ、住宅街のどん詰まりに案内する!?

…高度な嫌がらせというよりとんでもない馬鹿なんじゃないのか、エリ子…

てな訳で、すっかりエリ子を信用しなくなり、事前にルート確認をしっかりするようになったワタクシでございます。…どんな反面教師だ、エリ子…


んで、昨日は『うーん、そろそろメガトンにも何か入ってるかなあ』と1週間ぶりに行ってみたのです。

…着物はほぼ動きがございませんでしたが、前回見かけた『これは地味だから私は着ないな~…』って思った銘仙とかが売れてしまっていた(笑)

で、店頭の帯ぶち込まれワゴンの中で発見したものがこれ。



―――――――地味ですがな(笑)カーキ色というか国防色というか…なつつじ柄の刺繍帯。ええ、刺繍なので見逃せなかったのです。540円。

でも最近、このようならしくない色のものにも果敢にチャレンジしてみようと云う意欲が湧いているので、あれこれコーデを考えてみたいと思う。…たとえ大失敗だとしても。



ocarinさんが今のマイブームが絞りの帯揚げだそうなので、とりあえずみつくろって来たもの。各216円。

藤色と、薄ぼんやりした暈しの黄緑系。



―――――――あら?もしかしてこの帯と合う??

ってことで差し上げるつもりでいたのが、自分で隠匿(笑)


さて、6月は『骨董アンティークフェア』があることですし、そろそろ買い控えて骨董アンティークフェアに備えなくては(笑)

         いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ