FC2ブログ
2017-03-19

結局卒園式には実に模範解答な入卒コーデの第2案コーデを着て行きました。

―――――――さて、昨日卒園式だったんでございますが。さっさとアップしないとあっという間に入学コーデの時期に到達するのでさっさとアップするざますよ。

結局着て行ったのは『こっちがいいな』という声が多かった第2案、模範解答過ぎる無地着物&紋付き黒羽織コーデでございます。



…別に皆様の意見に押し切られたわけではなく、純粋にこんなコーデは『入卒くらいでしか着ないよね…』という着用機会の少なさから、これを着ておこう、せっかくだからとなったわけでございます。

そりゃあの絞り着物に思い入れがあってどうしても着たい!ってんであればあれ着たでしょうが、特にそんなものもなく『あれ、着られるかな…』程度であったので、この無地着物も手に入った以上は、要はどれ着たって同じな気分だったんですよ。――――そして、コーデ考えた以上は、式に参列はこのコーデでも、第1案も家で着てみるつもりであったし(笑)

ちなみに他に和装はいねえよ、とタカをくくっていたらなんと、他にも2名いましたわーっ
…ちなみに2名とも『正しいママらしい薄ピンク系×金色帯の訪問着だか付け下げ』でございましたが。

んで、1名はPTA会長で卒園保護者代表で謝辞を述べる立場であったので、明らかに全身どこぞでセットして頂きました、な隙のない恰好されており見ていて安心感があったのですが、もう1名様は自分で着たのではなかろうが、親族か誰かの素人着付けあることが明白で、下の方で結った髷に詰まって来た衿がずーっと当たっており、ご本人も気が気ではなかっただろうなあ、と背後から見ていて気の毒でございました。

でね、入卒ファッションと一口に言っても、入の時と卒の時では全然洋服でも違うなあ、と思いましたさ。

入園、入学だと基本的に割と保護者も明るい華やか系のものをお召しですが、卒となるとびっくりするくらいに、黒い。正直洋服参加がここまで真っ黒な大人しいスーツでリクルートか!?な感じになっているとは思いもよりませなんだ。

…入の場合は純粋にお祝い的なもので明るく華やかなのでしょうが、卒となると『お子様本人の頑張りを祝す』って意味合いが強く保護者は意識的に存在感を消すコーデをされるようです。

普段派手派手な洋服な人でも恐ろしいほど地味なスーツを着ており、それはそれでカッコいいなと思いましたですよ。…本人だってこんな地味な格好したくないはずなんだが、場の雰囲気を汲み取って地味に徹するその姿勢が大人でカッコいいと思ったですよ。

うーん、こーゆーのって実際入卒に何回も参列して、それでわかって来る傾向ではないのかなあ。それぞれの地域性もあるから一概に入卒ファッションはこうあるべき!ともいえない。

『こうあるべき!』な人はお子様がおられず、入卒に関しては知識はあるが実際参列したことはない人が多いのではないか。

お子様が何人もいらしてそれこそ幾度となく入卒を迎えている方は、割と柔軟な解釈だと思いますですよ。経験値ですね。

でさ、あっし気になったんですがね。『こうあるべき!』な人も多いが『こうあるべき人間のいいなりになって好きな格好できないのはおかしい、好きなようにしなさい!』って人も多いわけですが、実はこの両極の人種、根っこは同じなのではないか?

ただ、主張すべき内容が違うだけ。なんつーか、与党と野党というか…反論のための反論というか…で、やっぱりその議論を口角泡飛ばしてする人たちって、実際は入卒には縁がない方々だったりするんですのよ…

知識よりも経験値が大事、だと思いましたですよ、入卒ファッションは。着物、洋服に限らず。

あっしの個人的見解としましては『お子様が居ればずーっと入卒は付き物なので、時には大失敗コーデとかするかと思われますが、ある程度はルールを念頭に置き、場の雰囲気を壊さぬようあちこちで手抜きしながら臨機応変』、これですかねえ。

臨機応変は頭の中にある知識だけではどうにもなるまい。経験値がものをいう。




羽織なしバージョン、そして鶴羽織のバージョン。…絶好調に皺だらけですよ、奥さん。ここまで皺だらけとは。ああスチームアイロン欲しいなあ。←せめてこんな格好の時くらいは前日からしっかりアイロンかけておけ。



ついでにとりあえず庭で着ておいた第1案。…式ではあっしの背後に口うるさそうな婆さんが座っており、最後『紋付き羽織で来る女は一体どんな女だよ』と云う顔で全身じろっと見られたんで、結果論だがこれ着て行かなくてよかった(笑)

――――――かような事態もあるのである程度ルールを守るのは大切なんざますよ
どこに落とし穴があるかわかったもんじゃない。



髪飾り系は黒塗りに蒔絵のかんざし&櫛。芙蓉の柄なのが微妙(笑)



年長担任は袴姿。1名撮り忘れた…それぞれの先生が、ちゃんとそれぞれの雰囲気ぴったりのものを選んでて感心した。

で、先生たちは足袋に草履であったが、やっぱりあくまでも担任であるって前提での草履だと思いますよ。保護者とか来賓が『上履き草履』履いていたら違和感ありありかと。ちゅーかやっぱり足元なんて担任の袴姿の方は見るが、参列保護者の方なんて誰も見やしねえ(笑)




――――――――そして、卒園記念品で貰った『お名前シール』を算数セットのパーツ1個1個に貼る作業が始まる…

貼るのは嫌だああああ!と当初絶望していたが、考えてみればあっしはつまみ細工とかの単純作業延々と、が苦にならない人間だったので案外楽しい(笑)


         いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

  >




スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ