FC2ブログ
2017-03-10

そして、上尾で着物やらパンやら横溝やらオバチャンホンポやら(笑)

――――――――さて、昨日の続きなり。大宮を後にし、上尾の『メガトンマーケット』へと向かいます。



こんな風に羽織が店頭に出ております。この日はそこそこお客が入ってて駐車場が残り1台分であった。

そしてあの梅コーデでいきなり現れたもんだから、お客も店員も引いておりました(笑)

……いっぱい着物売ってるくせに、このように着飾ってやって来る奴はほぼ皆無なのであろう。まあ、あっしだってここだけが目的地だったらわざわざ着物着ませんよ(笑)



相変わらずぎっしりな品揃え。…でもよく見ると結構難も多いので、いざ買おうとなるとなかなか買うものがないのでした。



真っ赤だし、どうしようもないくらいの汚れがあるので買いませんが、マジョリカお召しの不思議なお召しの付け下げ。

先日黒猫上描き加工を施した、あっしの150円マジョリカお召し付け下げも謎であったが、マジョリカお召し業界で昔、このような付け下げが流行ったってことでしょうな。謎が解けてよかった。

で、あっしが今回こちらで手に入れたものがこちら~



南天柄の羽織。…ええ、先日浦和の骨董市で南天柄の羽織、手に入れたばっかりですが、何か?このように不思議とかぶる時期がございます。



所々このようなオーブ風味な色抜けがあるんだがそれも味であろう…と強引に自分を納得させた(笑)



そしてポリ?なんだかよくわからない、そして柄もよくわからない(笑)



壺にギリシャ風味な柄。これ見て『……これは是非ともセットでてんてんさんに着て頂かねば』とプレゼント用に購入。



差し上げる予定だったこの赤黒のギリシャ風味柄の帯。これだけ送るのも寂しい、と思っていたところにこのギリシャ壺柄着物発見ですよ。コーデしてみたが決して悪くはない。…送り付けてやりますから、このコーデでギリシャに行け、とは云わないがギリシャヨーグルトでも食して頂きたい(笑)

で、今回は謎のシークレットセールはなかったようで、きっちり1点540円、合計1080円でございました。…ちっ(笑)

この店はレジに行くまでどんな割引きがあるのかわからない

買い物も終わったので帰る途中、『やけに人がガンガン入っていくパン屋があるなあ…』と思って店の名前をよく見れば、それは最近テレビでよく取り上げられるようになった『ほぼ100円パンの店』であった。



『ブーランジェ・べーク』と云うお店。……これまたほぼ埼玉県内にしかない
ここが本店だったようだ。

実は我が家の近場に2店舗あるにはあるんだが『うーん、よっぽど何か用事でもない限り行かないよねあの場所は』ってデパートなりホームセンターなりに入っているので、存在は知っててもこの店のパン目当てにわざわざ出向くと云うことはなかったのだが。

今日は時間もあるし、昼飯まだだし、話のタネにちょっくら買い物してみようと思い立ち寄ってみた。



――――――7個買った(笑)ええ、本当に、ほぼ100円(税抜き)。食パンとか豪華系ケーキ風味なパンはちとお高かったですが、普通のパン屋で200円から300円くらいまでするものが100円でしたわ。大きさも100円だからって小さいわけではない。通常のパン屋と同じサイズ。



アンパンマンミュージアムでは300円するアンパンマンパン(ややこしい…)も100円。ただし中はチョコクリーム。―――――ダメじゃん(爆)…まあ、お子様はあんこ喰えないのも多いからチョコクリームが妥当なんだけど。

もちろんちゃんとしたパンなのでパン屋のパンの味ですよ、美味しいです。…ああ、この店が徒歩圏内にあったらば通うかも。これからも上尾のメガトンマーケット行ったらば、ついでに立ち寄ることにしよう。

そして、前回初めてメガトンに行った際、うちのナビに案内されて通ったルートで右折した際、突如現れて度肝抜かれたのだが、なんせ右折中なので画像撮るわけにもいかず心残りだったこの店。



『オバチャン・ホンポ』…さりげなく『BA・BAR』の洒落も効いている熟女パブ!!(笑)

この店、見覚えがあるのですが確か数年前に『ナニコレ珍百景』に出て来てなかったか?

埼玉県内の珍百景スポット巡りを趣味としていたあっしですが、まさかいきなり出くわすとは
←実は割といきなり出くわすパターン多し。

やっと画像に収められて大変満足。

と反対側を見やると、そこには横溝。



オバチャンホンポの道の斜め向かいあたりには、横溝風味な頭が飾ってある美容院あり。

―――――――――何なんだ、この亜空間な交差点。……好きかも、上尾(爆)

亜空間交差点を抜け、ほぼあと数mでさいたま市内、ってところで、これまた気になるお店があったのだ。



…前回上尾行った際にも横を通ったが、全然人気がないのでお店が開いてるんだかどうかもわからず、何だか質屋っぽい。でも『着物』と看板に入ってるんですよ。

今回は車が数台停まっていて勇気が出た(笑)のでどんなお店かとりあえず覗いてみることにした。

そしたら中はとんでもなかったのだった。



店内の3分の1はこのような着物コーナー!!きちんと種類ごとに分けられていて、お値段もそれなりにお高い。

一番安いものは500円だけど、いいな、と思う着用レベルのものは3000円から。

あ、昭和の式典用黒羽織は500円で山ほど置いてありました。

その中で別のハンガーに分けられていた黒羽織がとても気になり、それを買っちまっただよ(笑)


縫い取りお召しの鶴の絵羽黒羽織。…これ、丈が長いんですわ。アンティークの長羽織のサイズ。

普通出回ってる黒の絵羽織は基本短い70センチ台の丈なので、長い90センチ近いものは大変に貴重。

…3800円の値段が付いてたけど
んが、あっしは店に入る時『全品半額』の張り紙を見逃さなかった。

だからこそ購入に踏み切った。半額の1850円でゲットなり。

で、この店、なんで全品半額かと云うと、3月末で閉店…売り尽くしセールでございました…

まあ、定価だとちょっと高いかな、ってものでも半額なら…ってもんもちらほら見受けられたので、閉店までできる限り足を運ぼう。


このように上尾一帯でなんだか盛り沢山なお買い物行脚でございました。


―――――――幼稚園の遠足から帰って来た小僧にどの動物がよかったかと尋ねると。

『こうもり』…………こうもりかよ!?こうもりなんて夏になれば我が家上空を遊覧してるぜ

そして小僧たちが行った翌日から、繁殖のため公開中止になっていたパンダの公開が再開されたのだった…



        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ