FC2ブログ
2017-03-07

持ち越し3年目になることだけは避けたかった、どう見ても冬な色彩の薔薇コーデ…

―――――――昨日、ジャパ●ットで見たスチームアイロンが気になるんですよ、奥さん。だって正絹にもOKなんですもの。皺だらけのシルクブラウスが一瞬で綺麗にー!!

着物でも問題ないのなら、お出かけ前になって『あ、すっごい皺。皺対策委員長passionpianoさんが悲しむけど致し方あるまい…』となる準備を怠るワタクシには救世主でございます。ジャパネッ●価格で税抜き9800円もしたけど(笑)


さて、もう3月。気温が春だったり冬だったりしますが、それでも3月は3月。今更ドーンと重い感じの色を着ている場合ではない気分になるのでございますれば。

で、確かおととしも『ああ、もう気分的に着ている場合じゃねえな』と翌年に持ち越しし、持ち越された去年も『あ、もう3月じゃん…やっぱり着ている場合じゃねえな』ととうとう今年になだれ込んで来たコーデがございましてね。

しかし気が付きゃ今年も3月。だがこのまままた持ち越し3年目に突入することだけは避けたかったので、明らかに春と逆行しているカラーリングなコーデですがもう強引に着ますよ

それがこちら…









―――――――どちらかというとクリスマスシーズンに着ておくべき感じのコーデですな

3点1000円コーナーがある戸田公園の『百彩』さんで3点1000円で買ったものの1つ。ご覧の通りの派手な薔薇柄の羽織。あちこち傷みがございます。でも色柄のおかげであんまり目立たない。

で、薔薇柄は洋花なので季節問わず着てOKなのですが、それが災いしてあっしの場合は結局いつも後回しになる魔の柄なのでございます…でも増え続ける柄。華やかなもんが多いからさ~(笑)

着物は浦和の骨董市で1000円だった矢羽根が横向きという珍しい柄の銘仙。お揃いにするつもりで買ったわけではないが、羽織と同じカラーリングであった。

帯は実家近くの激安着物店で500円だった赤地の薔薇柄。

半衿はひめ吉さんちの蔦と薔薇。

――――――このように赤黒黄白でのみ構成されているコーデでございます。どっからどう見ても春の気配が一切ない。

……すいません、桜コーデまでこのように明らかに着そびれを恐れて無理やり羽織シーズンにぶち込んだようなコーデ、続きます……




        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >





スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ