FC2ブログ
2017-03-16

決して3月のコーデではない、木蓮入ってるけど。などんより気味なコーデ(笑)

―――――――ああ、木蓮も咲いているので先日蛮行八掛お直しを施した木蓮着物も着なくちゃなりませんが。

その前に『…コーデしてみたけど、どうにもこうにも春は遠い感じ…』なコーデもアップしておきます。連日卒園式コーデで飽きた(笑)









――――――先日入手の『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で150円の『羊羹色地にまっ黒な刺繍の木蓮帯』をメインにコーデしたらこうなった。

…ええ、帯が何の柄なんだかちっともわからない有様です

とにかく帯がクール、と言えば聞こえがいいが、ズドーンと重い色彩なので、それに合わせて今の時期となると羽織も必要で手持ち品のコーデとなると…こうなるわけですよ。

うーん2月だったらいいかな。少なくとも3月半ばの暖かい日に着るコーデではないな(笑)

着物は実家近くの激安着物店で500円の個性派の縞の銘仙。…引っ張り出すのって9年ぶりじゃないのか

羽織は先日上尾のメガトンマーケットで540円の『オーブな南天柄羽織』なり(笑)…背中にもオーブ風味な色抜けがありますよ~

半衿は赤紫の絞りの端切れ。帯揚げは着物の色、帯締めは羽織の色から取りました。





羽織なしバージョン。この帯にはこの着物はとても合うと思います。妖しげで。

しかしやっぱりこの帯ってば着物をかなり選ぶなあ。あと思い付くコーデと云ったら、持ってないけどモノトーンストライプの着物とか?着物を完全に脇役にしないとすぐにこの木蓮がふて腐れて姿を消す(笑)


―――――それにしても木蓮柄なのにこれほど木蓮前で撮るのが微妙な帯もあるまい

        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2017-03-15

卒園式コーデ、第2案。…無難で安心感(笑)

―――――――さて、昨日の続き、卒園式コーデの第2案でございます。

第1案は『絞り着物』だけが問題だったので、2案は無地の着物。







……実に正しい入卒コーデですよ(笑)逆に『入卒そのものはそこまでかしこまった式典ではないのだから色無地×三つ紋黒羽織はむしろちゃんとし過ぎでないかい?』との声が聞かれそうですぞよ。

だって一つ紋の黒羽織は2枚ありますが丈が短いんだもん。できることならこの丈の長い三つ紋の方が着たいのさ!!…大丈夫、縫い紋だから格は低い!!←何なんだ、この格引き下げ合戦は。ああ、きじっちさんが紋問題で悶々としていたのがよくわかるわあ

着物は先日『メガトンマーケット上尾』で540円で購入の無地。帯は昔実家近くの激安着物店で500円だった引き抜き帯、昨秋の七五三でも使った。

半衿は自分の結婚式で使ったもの。帯揚げ、帯締めは第1案と同じもの。

で、昨日の皆さまからのコメントを拝読するに、あの鶴の羽織が大人気なんですね。

この着物のコーデに羽織だけ鶴のものに変えるとこうなる。



―――――――…うん、私もこっちの方がいいなあ(笑)そして絞りの着物だろうがこの無地の着物だろうがどっちでも構わないような気がして来た。

だって絞りの着物は別に普段から着て歩いても構わないから、着用機会がないまま死蔵…ってことにはならんでしょうし。

しかしこの無地の着物は羽織がないとちょっと汚れがうっすらわかるので、柄もの羽織とかと合わせるにしても羽織シーズンにしか着られません。

このような式に着ておくのがベストかな、と。

しかしそう考えると羽織も羽織で、鶴の羽織は紋のない絵羽柄なのでまあ、正月コーデとか気合が入ったコーデとか横溝(笑)コーデでもジャンジャン使えるわけですよ。

――――――――しかし三つ紋黒羽織ってそうそう使うこと、なくないか?…ええ、式典以外では横溝コーデで使うくらいですよ(笑)

で、この先使う機会としては入学式、その次は7年後の卒業式ですよ。…来月の入学式には羽織なしにする予定であったので、実に7年後にしか出番がないことになる。…横溝コーデでフル活用でもしない限り

そう考えると再び迷走が始まるのであった…
……ああ、どこの家でも死蔵気味になる黒羽織に光を与える横溝コーデって素晴らしいわあ(爆)


着物が絡んでくる式典と云うかイベントってもんは七五三、成人式、結婚式がメインで、そこら辺ではさすがに成人式以外は親も着物着たりするパターンが多いので情報も多く、時代に即して『今はこうですよ』なパターンも数多く
、したがって規則がっちがちがあまり残ってはいないような気がしますが、入卒で着物となるとまあ、よっぽどの着物好きでもない限り着ないわけですよ。

そして時代の流れで昭和と今では入卒着物人口が減り、今、いざ着てみようと思うと、昭和の時代のマナー、常識とかを引っ張り出して来ないと五里霧中なわけですよ。

んが、その昭和の入卒の黒羽織文化もなんだかその昭和だけの特殊な空気の中で生まれた解釈だったりして、一方で戦後の着物教室文化それぞれの解釈の影響を受けてる考え方の人々があちこちで『こうあるべきですよ!』と暗躍してて、まあ、はっきり云ってもうわけわかりません(笑)

―――――しかし1年ほど前だったか、幼稚園で配られる幼稚園児抱えた家庭向け月間フリーペーパーみたいなもんの『入園、卒園ファッション、先輩ママたちの声』とかいう対談ではあっしは『…ねえ、この人馬鹿?ねえ、馬鹿なの??』と云う人を見た。

対談なので文章だけですがね、『…私は入園式には着物で行ったんだけど、着物もいいよ。』―――ここまではいい。

『あ、でも着物は足袋履くから、足袋にスリッパっておかしいでしょ?だから和装の際は上履き用草履を持ち歩くといいよ!』とのたまった。――――――あたし、こんな着物のマナーって初めて聞いた(笑)

足袋は歩いてるうちに汚れるから替えの足袋を用意するのは、特に座敷とかに上がる場合には必要であろう。んが、『上履き用草履』って…逆にスリッパが必要な室内に『草履』と云う土足で練り歩いてるようなものではないのかーっ
綺麗な室内用だから、って問題じゃない。

しかもそれに対し『へえええ、そうなんだー!勉強になった』と他のママたち…

―――――――このようにして無責任発言がどんどん知らない人たちに拡散していくんですよ、ああ、恐ろしい…

これも入卒における着物文化が、時代に即しつつも正しく連綿と受け継がれず、時代時代で断絶してしまった結果であろう。

まあ、この変な知識ひけらかしママは一体どこでそんな知識?を入れ知恵されたんだかわかりませんがね。
 

ああ、結局何が言いたいんだかわからなくなって来たわ
どのコーデを着るかは結局はその日の天候と気分によって決めるよ。←ここまでの議論が全部無駄。


        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


2017-03-14

卒園式コーデ、第1案。…色々迷走中…

―――――――小僧の卒園式、土曜ですよ、奥さん。で今頃卒園コーデで迷走って…

あっしが前回黒羽織着たのは小僧の年中入園式(年中から入って来る子もいるので年少、年中と入園式がある)ですが、その直後くらいに『ほばーりんぐ・とと』のとんぼさんが実に詳しく黒羽織のお話を記事にして下さいまして、浅学の身には大変ありがたい記事だったのでございます。

が、そこで『じゃあ、紋付きの黒羽織とか着てれば中の着物が普段着レベルでもOKなのね?紬以外なら…』と勝手に解釈。

本当に普段着レベルのものを中に着るつもりで用意していた。

そして先日、鶴の柄の絵羽織を購入したので『どうせならこれが着たいなあ…』と紋付き羽織からこちらに変更。

で、とりあえずコーデしたのがこちら。









『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で290円(笑)で買った、鹿の子の総絞りの着物。…もちろんどんなに豪華に見えても絞りはお洒落普段着扱いなのは存じております。なので黒羽織をプラスすればいいと思っていた。

羽織は『古着や&越後や』で1850円で購入の鶴の柄の絵羽織。紋はなし。

帯は浦和の骨董市で500円だった松の柄の袋帯。

帯締めは『メガトンマーケット上尾』で200円の白に金糸のもの。

帯揚げはozawamiさんに昔に頂いたタマネギ染めのもの。そのナチュラルな色なおかげで全然出番がなかったのだがこのようなコーデに合うとわかって急に重宝(笑)



半衿は藤色に竹と梅の柄。帯と合わせて松竹梅、そして鶴の羽織でめでたさ満載。

―――――――このコーデでいいね、これで決定。とか思ったものの、一応これでも大丈夫なのか確認するため入卒における黒羽織を調べたところ。…暗雲。

………絞りはダメっていうんでさあ
まあ、色無地とか江戸小紋とかを中に着ている人がほとんどですな。

んが、『子供の頃母が何かとイベントの際には総絞りの着物を着て参加していた』と云う話も聞いたことがあるし、昭和の時代、総絞りの着物はその格云々よりもとにかく『贅沢の象徴』として着物着ない人でもその高さだけは知っていたので未だにある一定の年齢の人には総絞りってだけで『んまあああ、贅沢!!』と感嘆されますよ。

入卒で紬系がダメなのは紬は元の起源がくず糸の再生であるからなので、どうしたって礼装になりえないのはわかるんだが(紬に絵を描いてる訪問着とかあるけどさー
)、絞りは振袖はもちろん、絵羽柄の訪問着とかだってあるので絞りと云っても礼装扱いになったりならなかったりするのが混乱を招く原因かと。

で、この着物の場合は、と云うかこのコーデの場合はどうなるのだー

強引にこの絞り着物を着るならば、羽織で確実にランクアップした方がいいと思われるので紋が付いてる方がいい。それならマナー違反とわかっていても一応羽織で善処はしました、と云い張れる(笑)



ありがたくも先日3つも紋が付いててめでたいったらありゃしない羽織を100円でゲットしている(笑)

で、一方の鶴の羽織をどうしても着たいなあ、となった場合は…中は無地の着物の方が無難でしょうな。

――――――この3つ紋羽織に無地の着物を素直に合わせないところがあっしの反骨?精神なり(笑)


まあ、幼稚園の卒園式にはあっししか着物着て来る奴はおらんだろうし(この3年の観察の結果)、着物着ない人間にはただただ『ちゃんと入卒らしい着物コーデ』にしか見えんのだし、そもそもうちの幼稚園は別に格式ばってはいないので、『絞り着物に鶴の絵羽織』コーデでも誰も何も思わないこと必定なんですがね。

しかし着物ブロガーなので記事にアップしないわけにもいかず、そうなると絶対『あら、この人何も知らないのね、おバカさん』と『私は何でも知っているおばさん』がせせら笑ってくれるだけならいいが『あ、これでいいのね、真似しよう』とあっしは確信犯的にマナー違反な格好しているのに、その画像だけで『それが正しいもの』と信じ込んでしまう人が無きにしも非ず。

…それがあるからネット上の左前画像は物議を醸すんですよ。知らない人は本当に知らないので左前は着ないのが常識じゃん、ってのが通用しない。左前を載せるなとは云わないが、せめて『これは鏡越しの左前画像です』とでも一言追加してくれんか。もちろんそのように丁寧に記載している方はいっぱいいらっしゃいます。

ああ、話が逸れたわ。つまりあっしのようなアウトローでも一応、それなりに礼装を勉強し、本来の正しい『こうあるべき』ってのは知ってるんですよーっ!でもアウトローだから素直に実行しないのよーっ!!ってのをお伝えしておきたい。

しかし小心者なので(笑)安全パイと思われるコーデも一応用意。…卒園式コーデ、第2案に続きます…


        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >





2017-03-13

3店舗はしごすれば、そりゃいっぱい増えますよ(笑)大量買いの記録…

―――――――ええ、先日お馴染み『ちゃくちゃくちゃく南中野』店』の月1の着物半額デーだったのです。…そうなると足を延ばして最近パトロールすべき店にラインナップされた上尾の『メガトンマーケット』とはしご、決定。

…いや、記事にしたのはつい数日前ですが、前回行ってから10日は経ってます。10日あれば回転がいい店だと品揃えが変わるのでちょうどいいくらいの間隔でしょうか。

で、まず『ちゃくちゃくちゃく南中野』へ。

今回もスタートダッシュから10分ほど遅れたので、既に着物狙いの者共が大量にかごに突っ込んで既に他の売り場をぼんやり回遊しているところでしたが、あっしはしっかり欲しいもんを発見したざます。



比翼が付いてない上に裏が紅絹なので多分アンティークの留袖。…襲は紛失したようだ。ocarinさん、こんなもんでどないだ?150円なり。



紅葉柄の浴衣。かなりよれってて寝巻感があるんだが柄は綺麗。洗ってアイロンでびしっとなるだろうか…150円なり。



…これは100円コーナーなので割引なし。んが、何年も探していた『アンティーク並みに長い黒羽織』、卒園式直前になってやっと見つけましたよ
丈85㎝。あ、実際アンティークだと思われます。羽裏がアンティークな派手な羽裏。…昭和ものだと軒並み白の綸子の羽裏なんですよね。礼装らしく白くしてる。

手持ちの紋付きの黒羽織、既に2枚持ってますがいずれも70センチ台で短いんです。やっぱりアンティーク好きとしては長め丈が欲しいわけで探してたんですが、全然見つからなかった…のに卒園式直前にしかも100円でゲット(笑)

先日鶴の柄の長い丈の絵羽織を買ったばっかりだっつーのに、ああ、このように重なること本当に多し。

『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で予想外にいい買い物が出来、気を良くしてそのまま上尾まですっ飛ばします。





…店頭の帯コーナーのこの乱雑なぶち込まれっぷりが凄い(笑)大量にぶち込まれているので掘るのが大変な『メガトンマーケット上尾』店。

この店は回転が早いので10日で品揃え変わってました。で、今回は買い物たくさん(笑)



店頭の羽織コーナーで寒風に晒されていた羽織。昭和ものが多い中、アンティークが2枚同時に入荷ってのは珍しいかも。



黄緑色の無地。紋がないのでただの無地ですな。…これも入卒アイテム。『ちゃくちゃくちゃく』にも無地は多いですが、軒並み汚れてるんです
上尾の方が値段は張りますが(540円…)綺麗なもん見つかる率高し。

で、これもうっすら袖とか汚れてはいるんだが、どうせ着るときは羽織で隠れるんだから良し。



七宝柄の帯に白に金糸の礼装用帯締め、からし色×臙脂の帯締め。…このようにギリギリになって入卒アイテムを買い揃えるワタクシ(笑)





柄が見事、でもいつどこで着るかわからん中振袖。ちなみにすでにかなり似た雰囲気の中振袖を持っていて、この前日引っ張り出して『…これ、着ないよねえ、処分しようか、どうしよう…』とか思っていたくせにかなり似たこの着物買っている
本当によく似ているので双子コーデとかできますよ、マジで。

…しょうがない、来年の正月コーデに使って画像並べてどれだけ似ているか検証してみるか(笑)

――――――この日もお会計は定価の1点540円でしたわ~
ちぃさんが先日出向いた際は『5点で500円』と云うとんでもない事態だったらしいのにー

ああ、その日に当たれば小物は1点200円×2の400円で計算されるとしても、着物類は5点買ったので2500円が500円だったのにーっ

…シークレット過ぎるセール、許すまじ(笑)



そして3店舗目のはしご、閉店半額セール真っ最中のこのお店。あと約2週間で閉店ですが、どんどん追加で品を出しているのでギリギリまで通っても損はないと思われます。だって前回は置いてなかった丸帯が500円でいっぱい出てたのよ…しかもそれが半額になる…

あ、ネットで探しても出てこないかも知れんので住所載せておきます。行けるようなお近くの方は是非。

『古着や&越後や上尾店』  上尾市日の出3-5-31  木曜定休



鼓に薬玉柄のごちゃごちゃ柄の銘仙を買った。定価は5000円…5000円だったら買いませんが半額の2500円なので、妥当なところであろう。

これも前回覗いたときはなかった。ギリギリまで諦めてはいかん。



ついでに100円パンもまた買った。…アンパンマンのクオリティに対し、ドラえもんとキティちゃんのクオリティが大変遺憾。キティちゃんはカスタードクリーム。ドラはチョコクリーム。

――――――で。

実は昨日も再び上尾に行った(笑)いえね、昨日は完全に頼まれものだけ買いに。前回見かけたもののそれぞれに難があるので『これでも要りますかー?』とお伺いを立て、了承を得たので売れないうちにさっさと買いに走った。





鳳凰柄の訪問着と鶴(よく見りゃ鶴でした。金糸刺繍が凄過ぎて鴛鴦かと思った)の留袖。…鳥柄好きのうさぎ好き(…ややこしい)さん、こんなもんでどないで?





むちむち唐子の火消しが活躍する付け下げ、唐子好きのひめ吉ゆうかさん、こんなもんでどないだ?



――――――そしてたったの3日でここまで増えた(笑)

        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2017-03-11

木蓮も咲き始めているので、木蓮着物のボロボロ八掛のお直し。

――――――――ああ、木蓮が咲き始めてしまった……

例年しだれ桜の頃に咲くものだからまだ猶予があるかと思っていた。やっぱりこの冬は暖かかったんですね。

となると大急ぎでこれのお直しをしなくてはなりません。



『骨董アンティークフェア』に出展されていた『アンティーク・ジョン』さんで3000円で購入の木蓮としだれ桜の着物。

木蓮柄は大変人気なのですが割と訪問着とかそちらの礼装系の柄として使われることが多くて、このようなアンティークの小紋柄って安価ではなかなか見つからない。

故にこれを発見した際は速攻で購入ですよ。―――――そして家に帰ってびっくりした。



八掛が擦り切れてボロボロですよ。ふき綿までもがベローンとしてますよ…
でも現場では全然気が付かなかった。相当木蓮柄着物の発見で舞い上がっていたのだろう。

ここまで凄いとガロンレース付けるとかの騒ぎではなく、もう潔く八掛引っぺがして新しく縫い付けるしかなかろう。

…単衣でもイケる季節の柄ならそのまま単衣にしちゃうんだが、木蓮はまだ羽織が必要なくらいの時期…



で、容赦なく引っぺがしたところ。胴裏残して、綺麗に八掛け部分だけ取り外すなんて真似はしませんよ。

ヤバそうなところだけ引っぺがし、適当なところでカットした。



うちには頂き物の薄手の生地の解き反があるのでそれを活用。解き反、一反あると何かと使えて便利ですよ。うそつき袖とか作れるし、このように半端に生地が必要な際にも使える。



とりあえず長さ、幅を合わせてカットしたものを並べる。…これを『とりあえず袷』に見えるように縫い付けていくわけです。



明らかによれよれ感が漂いますが、とりあえずは袷になっているのでよしとする。



こんな感じの柄八掛だと思って頂こう(笑)

もちろん超素人の八掛なので、絶対その後引きつれたり袋になったりするであろうが、そこは素人ならではなので直すのも適当に解いて縫い直すだけ。…プロがきっちり縫ったものはそうそう簡単に解けない。

ボロボロ八掛が直り、木蓮シーズンにも間に合ったのでよござんしたわ。



―――――――ただしこの着物は先日入手のクールな木蓮帯とは合いませんことよ


        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2017-03-10

そして、上尾で着物やらパンやら横溝やらオバチャンホンポやら(笑)

――――――――さて、昨日の続きなり。大宮を後にし、上尾の『メガトンマーケット』へと向かいます。



こんな風に羽織が店頭に出ております。この日はそこそこお客が入ってて駐車場が残り1台分であった。

そしてあの梅コーデでいきなり現れたもんだから、お客も店員も引いておりました(笑)

……いっぱい着物売ってるくせに、このように着飾ってやって来る奴はほぼ皆無なのであろう。まあ、あっしだってここだけが目的地だったらわざわざ着物着ませんよ(笑)



相変わらずぎっしりな品揃え。…でもよく見ると結構難も多いので、いざ買おうとなるとなかなか買うものがないのでした。



真っ赤だし、どうしようもないくらいの汚れがあるので買いませんが、マジョリカお召しの不思議なお召しの付け下げ。

先日黒猫上描き加工を施した、あっしの150円マジョリカお召し付け下げも謎であったが、マジョリカお召し業界で昔、このような付け下げが流行ったってことでしょうな。謎が解けてよかった。

で、あっしが今回こちらで手に入れたものがこちら~



南天柄の羽織。…ええ、先日浦和の骨董市で南天柄の羽織、手に入れたばっかりですが、何か?このように不思議とかぶる時期がございます。



所々このようなオーブ風味な色抜けがあるんだがそれも味であろう…と強引に自分を納得させた(笑)



そしてポリ?なんだかよくわからない、そして柄もよくわからない(笑)



壺にギリシャ風味な柄。これ見て『……これは是非ともセットでてんてんさんに着て頂かねば』とプレゼント用に購入。



差し上げる予定だったこの赤黒のギリシャ風味柄の帯。これだけ送るのも寂しい、と思っていたところにこのギリシャ壺柄着物発見ですよ。コーデしてみたが決して悪くはない。…送り付けてやりますから、このコーデでギリシャに行け、とは云わないがギリシャヨーグルトでも食して頂きたい(笑)

で、今回は謎のシークレットセールはなかったようで、きっちり1点540円、合計1080円でございました。…ちっ(笑)

この店はレジに行くまでどんな割引きがあるのかわからない

買い物も終わったので帰る途中、『やけに人がガンガン入っていくパン屋があるなあ…』と思って店の名前をよく見れば、それは最近テレビでよく取り上げられるようになった『ほぼ100円パンの店』であった。



『ブーランジェ・べーク』と云うお店。……これまたほぼ埼玉県内にしかない
ここが本店だったようだ。

実は我が家の近場に2店舗あるにはあるんだが『うーん、よっぽど何か用事でもない限り行かないよねあの場所は』ってデパートなりホームセンターなりに入っているので、存在は知っててもこの店のパン目当てにわざわざ出向くと云うことはなかったのだが。

今日は時間もあるし、昼飯まだだし、話のタネにちょっくら買い物してみようと思い立ち寄ってみた。



――――――7個買った(笑)ええ、本当に、ほぼ100円(税抜き)。食パンとか豪華系ケーキ風味なパンはちとお高かったですが、普通のパン屋で200円から300円くらいまでするものが100円でしたわ。大きさも100円だからって小さいわけではない。通常のパン屋と同じサイズ。



アンパンマンミュージアムでは300円するアンパンマンパン(ややこしい…)も100円。ただし中はチョコクリーム。―――――ダメじゃん(爆)…まあ、お子様はあんこ喰えないのも多いからチョコクリームが妥当なんだけど。

もちろんちゃんとしたパンなのでパン屋のパンの味ですよ、美味しいです。…ああ、この店が徒歩圏内にあったらば通うかも。これからも上尾のメガトンマーケット行ったらば、ついでに立ち寄ることにしよう。

そして、前回初めてメガトンに行った際、うちのナビに案内されて通ったルートで右折した際、突如現れて度肝抜かれたのだが、なんせ右折中なので画像撮るわけにもいかず心残りだったこの店。



『オバチャン・ホンポ』…さりげなく『BA・BAR』の洒落も効いている熟女パブ!!(笑)

この店、見覚えがあるのですが確か数年前に『ナニコレ珍百景』に出て来てなかったか?

埼玉県内の珍百景スポット巡りを趣味としていたあっしですが、まさかいきなり出くわすとは
←実は割といきなり出くわすパターン多し。

やっと画像に収められて大変満足。

と反対側を見やると、そこには横溝。



オバチャンホンポの道の斜め向かいあたりには、横溝風味な頭が飾ってある美容院あり。

―――――――――何なんだ、この亜空間な交差点。……好きかも、上尾(爆)

亜空間交差点を抜け、ほぼあと数mでさいたま市内、ってところで、これまた気になるお店があったのだ。



…前回上尾行った際にも横を通ったが、全然人気がないのでお店が開いてるんだかどうかもわからず、何だか質屋っぽい。でも『着物』と看板に入ってるんですよ。

今回は車が数台停まっていて勇気が出た(笑)のでどんなお店かとりあえず覗いてみることにした。

そしたら中はとんでもなかったのだった。



店内の3分の1はこのような着物コーナー!!きちんと種類ごとに分けられていて、お値段もそれなりにお高い。

一番安いものは500円だけど、いいな、と思う着用レベルのものは3000円から。

あ、昭和の式典用黒羽織は500円で山ほど置いてありました。

その中で別のハンガーに分けられていた黒羽織がとても気になり、それを買っちまっただよ(笑)


縫い取りお召しの鶴の絵羽黒羽織。…これ、丈が長いんですわ。アンティークの長羽織のサイズ。

普通出回ってる黒の絵羽織は基本短い70センチ台の丈なので、長い90センチ近いものは大変に貴重。

…3800円の値段が付いてたけど
んが、あっしは店に入る時『全品半額』の張り紙を見逃さなかった。

だからこそ購入に踏み切った。半額の1850円でゲットなり。

で、この店、なんで全品半額かと云うと、3月末で閉店…売り尽くしセールでございました…

まあ、定価だとちょっと高いかな、ってものでも半額なら…ってもんもちらほら見受けられたので、閉店までできる限り足を運ぼう。


このように上尾一帯でなんだか盛り沢山なお買い物行脚でございました。


―――――――幼稚園の遠足から帰って来た小僧にどの動物がよかったかと尋ねると。

『こうもり』…………こうもりかよ!?こうもりなんて夏になれば我が家上空を遊覧してるぜ

そして小僧たちが行った翌日から、繁殖のため公開中止になっていたパンダの公開が再開されたのだった…



        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



2017-03-09

梅コーデ、その2で箸置き掘りに、再び大宮第二公園。及び上尾へはしご。

―――――――『染めQ』買いに走ったら、欲しい色がなかった…ので別店舗へ走らねばなりません…まあ、蛮行お直し付け下げは牛歩の歩みで進捗すると思われます…


さて、その日小僧は年長児の『お別れ遠足』なるもので上野動物園へ行き、通常より1時間早く家を出て、そして1時間遅く帰って来ると云う、幼稚園児の母ちゃん狂喜乱舞な日でございましたので。

あっしもがっつり予定を入れたのでございます。時間はたっぷりさ。

と云っても、梅コーデその2で再び大宮第二公園の梅林で撮影、及び、併設の陶器市でアウトレットの箸置きを掘り、その後上尾の『メガトンマーケット』まで足を延ばすと云う計画。

お天気も良く暖かく、幸先がよろしい。



お天気も良く暖かいので平日昼間でも混雑ですよ、大宮第二公園。でも駐車場が広大なので混雑してても停められなかったことがない(しかもいい場所がいつも空いてる)と云うマジック。

だいぶ梅も終わりかけておりました。会期長いから…約1ヶ月。そしてもう、梅は撮らない(笑)背景に梅が入ってればそれでよし。



まず、羽織なしバージョン。…屋外の自然光、そしてこのような芝生の上で撮りますと着物の色柄がなんだか馴染んでちっとも派手ではございません。予測の範囲内でございます…



羽織ありバージョン。……背後から通りすがりのおっさんが撮ってるとは気が付いていたが、まさかこのようにがっつり写っていようとは(爆)面白いのでトリミングせずにそのまま載せてやる。

でっかい一眼構えてこのようなとこでウロウロしてるカメラおやじは被写体探してハンターになってるので、勝手に断りもなく撮ってても『わざわざ撮ってやってるんだぜ』と云う尊大な意識で盗撮していると意識すらないのだが、このような小さなコンデジでこそこそとにじり寄ってコソコソ去っていくのは『す、すいませんすいません、撮らせて貰いますー!!』ってな感じで可愛げありますな(笑)

あ、『盗撮、許せない!!きーっ!!!
』と過剰なまでにお怒りになる向きの方がおられますが、まあ、確かに犯罪ではあるんですがね、盗撮されるだけの価値があなたにあると云うことなのですよ。

――――――さっさと削除できるとはいえ、わざわざどうでもいい画像を撮るものですか(笑)

『盗撮許せない!!
』の発言を見るにつけ『……アタシ、未だかつて着物着て歩いてて盗撮、されたことないけど…』とやるせない気持ちになっている方が山ほどおられます。

それに大丈夫、40過ぎたら確実に盗撮激減します!!(爆)…撮る方だってできれば若くて美しいお嬢さん撮りたいんだから(笑)あたしゃもう、どんなに目立つ格好でも滅多に盗撮されませんよ
逆に見なかったことにされる…

なので期間限定の選ばれし者のロイヤルデューティーだと思って悠然と構えておやりなさい。そしてちゃんと顔を作って微笑んで差し上げなさい。その余裕があなたの魅力となるでしょう。

って読売新聞の人生相談の担当の一人の出久根達郎氏のような口調になっちまったわ。←あっし、この人の回答大好きなんですのよ。すっきりさっぱり甘ったれを切り捨てるところが(笑)でも人情味もある。

あ、でもねおばあちゃんになっても着物姿で盗撮される人いますわよ。…その方は本物。その存在、佇まいそのものがもう絵になり美しいのでございます。盗撮されるにしてもそこまでのレベルを目指したいものですわ。



足元は100均の派手系梅柄足袋靴下&お正月にはヘビロテな柄のウレタン草履。

あ、おっさんに気を取られる画像だったが、やっぱりこのコーデ、着ちゃうと『柄が小さいのがごちゃごちゃしてるけど普通…』ってな感じになりましたわね



併設の陶器市。…チラシが入ってない、と思っていたら数日後に新聞1面使って(埼玉版)デカデカと宣伝していた。

それによると『陶器、食品、着物まで』とか紹介されており『着物までええ?』とびっくり。…ええ、覗いたことなかったものだから。今回は小僧もおらず、時間もあるのでテント村も奥の方まで見て回りましたよ。



山ぶどうの籠まで売ってた…謳い文句が『山のルイ・ヴィトン 日本のエルメス』ですってよ(笑)

ええ、ちらっと見たお値段は8万とか平気でしてました…売れるのかしらね、こんなところで



確かに着物、と云うか反物と帯は売ってました。でもこんなところで慌ただしく買う人、いるのかね

西陣織の帯で25万とかしてたし~



そしてアウトレットコーナーの100円の箸置きコーナーから掘り出して来たのがこちら。…前回掘って来た千鳥と竹は見つからなかった…やっぱり千載一遇の出会いだったのだろう。

…あっしがガチャガチャガチャガチャとずっと音を響かせて掘り出していたものだから、誰も居なかった箸置きコーナーにはその後人が群がった。


さて、この後は上尾に向かって走ります。大宮第二公園から上尾の『メガトンマーケット』までは車で30分くらい。

で、予想外に他の店も見つけたりしたので記事は改めます~

        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2017-03-08

あちこち難ありで150円!、な桜柄の付け下げの上描きお直し。

――――――――来週卒園式ですよ…卒園式が終わるともちろん入学式まで小僧は家にいつもいるわけでして、そうなると絵の具とか引っ張り出しての上描きお直しがなかなか厳しいのでございます。

なのでさっさと入学式で着る予定の付け下げのお直しを終わらせてしまわねば!!



あっしの行き付け、着物も置いてるリサイクル服店『ちゃくちゃくちゃく南中野』店にて発見の桜柄の付け下げ。

この水浅黄色とぼやーんとした全体の雰囲気がどうにも『襦袢?』みたいな感じが漂うんだが、あちこちやっぱり難があるものの目立つ上前には難がなかったので、『うーん、これは上描き蛮行お直しでいけるか!?』と判断し購入。あ、半額デーで買ったので150円ですよ(笑)



上前以外で目立つ難ありは、後の膝裏あたりに来る柄、この桜だけがこのように茶色に変色。これなら上描き戦法でかなり復活するであろう。



――――――ワタクシの蛮行の友、100均アクリル絵の具と、あっしが小学1年の頃から使ってるパレット(笑)…アクリル絵の具を使ったまま放置したために色が落ちません…

そして中学の頃から使ってる面相筆。



茶色く変色部分にとにかく上から白アクリル絵の具を塗り込んでいきます。



まあ、ここだけアップで見るとまだまだ茶色部分は残ってますが、あまりやり過ぎると今度は他の花との色の差が出てくるのでここら辺でストップ。



裾部分を引きで撮ってみると、このようにどこが茶シミだったのか、ほぼわからないくらいになりました。



その次の難あり箇所。これはくっきり目立ちます。左袖のこの汚れ。これには新たに上から柄を描き足して隠さねばなりません。



―――――――描き足した(笑)…この部分もアップでここだけ見ると他の花とは明らかに描き方とか塗り方のムラがあるんですが、袖全体としてみるとまず汚れがあった場所に柄を足した、とはわかりません。



ほら、わかりませんでしょ?――――――で、ここまでは大成功だったのでございます…



実は一番目立って厄介な難あり箇所がこちら。ちょうど肩から衿にかけての退色というか脱色というかな色ムラ。よく見りゃ脇の汗ジミもある。まあ、脇汗ジミは着付けの段階で隠れるかなという感じですが。

で、こっから迷走を始めるのでございます…

ここの上描きを大胆に行ったがために、バランスとるために更にあちこち上描きする羽目になり、もちろん現在進行形なので最終的にどうなるのかまだ闇の中…

とりあえずこれから必要な材料『染めQ』を買いに行かねばなりませんわ


―――――――マジョリカお召し猫柄上描き付け下げのような逆転ホームランを勝ち得るのでしょうか。果たして『あーあ、これじゃもう着れないよ、もったいない…』となるか

ひいいいいい!あっしだって怖いわ
…成功するよう、どうか祈って下され皆さま。←祈りの力を利用する他力本願。

        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2017-03-07

持ち越し3年目になることだけは避けたかった、どう見ても冬な色彩の薔薇コーデ…

―――――――昨日、ジャパ●ットで見たスチームアイロンが気になるんですよ、奥さん。だって正絹にもOKなんですもの。皺だらけのシルクブラウスが一瞬で綺麗にー!!

着物でも問題ないのなら、お出かけ前になって『あ、すっごい皺。皺対策委員長passionpianoさんが悲しむけど致し方あるまい…』となる準備を怠るワタクシには救世主でございます。ジャパネッ●価格で税抜き9800円もしたけど(笑)


さて、もう3月。気温が春だったり冬だったりしますが、それでも3月は3月。今更ドーンと重い感じの色を着ている場合ではない気分になるのでございますれば。

で、確かおととしも『ああ、もう気分的に着ている場合じゃねえな』と翌年に持ち越しし、持ち越された去年も『あ、もう3月じゃん…やっぱり着ている場合じゃねえな』ととうとう今年になだれ込んで来たコーデがございましてね。

しかし気が付きゃ今年も3月。だがこのまままた持ち越し3年目に突入することだけは避けたかったので、明らかに春と逆行しているカラーリングなコーデですがもう強引に着ますよ

それがこちら…









―――――――どちらかというとクリスマスシーズンに着ておくべき感じのコーデですな

3点1000円コーナーがある戸田公園の『百彩』さんで3点1000円で買ったものの1つ。ご覧の通りの派手な薔薇柄の羽織。あちこち傷みがございます。でも色柄のおかげであんまり目立たない。

で、薔薇柄は洋花なので季節問わず着てOKなのですが、それが災いしてあっしの場合は結局いつも後回しになる魔の柄なのでございます…でも増え続ける柄。華やかなもんが多いからさ~(笑)

着物は浦和の骨董市で1000円だった矢羽根が横向きという珍しい柄の銘仙。お揃いにするつもりで買ったわけではないが、羽織と同じカラーリングであった。

帯は実家近くの激安着物店で500円だった赤地の薔薇柄。

半衿はひめ吉さんちの蔦と薔薇。

――――――このように赤黒黄白でのみ構成されているコーデでございます。どっからどう見ても春の気配が一切ない。

……すいません、桜コーデまでこのように明らかに着そびれを恐れて無理やり羽織シーズンにぶち込んだようなコーデ、続きます……




        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >





2017-03-05

蛮行リメイクな猫上描き付け下げコーデで6年ぶりの川越骨董市&『猫まみれ展』♪

―――――――ああ、もうそろそろ卒園式コーデを考えなくてはなりません。そして入学式で着る予定の付け下げも蛮行お直ししなくてはなりません。そして小僧の算数セットにも名前を記入しなくてはなりません…


さて、今年の猫の日コーデでは、『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で150円で買った謎のアールヌーボー風味の付け下げに猫の柄を上描きし、見事逆転ホームランを勝ち取ったわけですが。

猫の日には着ておりません(笑)

どうせ数日中に川越の市立美術館で開催中の『猫まみれ展』に行く予定だったのでその時着る腹積もりでおりました。

『猫まみれ展』、8日、18日、28日の『8』が付く日は川越きもの日にちなんで着物姿の人は入館料100円引きだったんですわ。

22日の猫の日も100円引きであったが、どうせ川越行くんなら、28日には川越の骨董市もあることだし、猫まみれ展だけ行ってもどうせ20分も会場にはいやしない私なので(笑)骨董市と猫まみれ展の2本立てで行った方がいいな、と判断。

2月の28日は平日なので川越骨董市もすいているであろう。

…確か最後に川越の骨董市に行ったのって腹が大きかった頃、出産前ですよ。実に6年ぶりくらいですわ。

喜多院の駐車場にすんなり車を停めて、骨董市が開催されてる成田山別院に向かうと。



―――――――――そこに『小春』嬢、出現(笑)

…ええ、浦和の骨董市でも数年前からたまに参加されており、浦和では雑草喰ったり、出展者の段ボール喰ったりして怒鳴られたりしている小春嬢ですが川越にもいらしていたんですね。

会場内は結構ぎうぎうなので外の公道のフェンスにくくり付けられていた小春嬢であった。



平日なのでやっぱりお客は少ない方ですな。土日にあたるとそれはそれはぎうぎうになる。…んで、やっぱり川越は早仕舞いの傾向が強いです。昼過ぎなのにもう撤収作業始めてるとこが…

6年ぶりでしたが、6年前とほぼお店の顔ぶれは変わってないような感じですかね。

価格的には川越観光地価格なので浦和の方がいいものが見つかればお得かな。浦和の骨董市に来ているお店もいるし。



――――――浦和にも来ているおばちゃんのお店、先日の『朝顔と百合柄の銘仙の羽織』はまだ売れてませんでした(笑)あ、でも浦和じゃ出しても売れないからか出してなかった羽織とかがいっぱい下がってて、そして浦和で見たときより安くなってた羽織もあったのでそれを購入。



『紫の薔薇の人』な羽織(笑)暈し地に紫の薔薇柄でございます。



3800円が1500円まで下がってました。下がった理由は小穴を発見したからだそうですが、まあ全然気にならないレベルでお手頃価格になっていたので購入。

川越の骨董市でのお買い物はこれだけ。

で、他の店で水玉柄の紫の別珍の透ける羽織ものをお召しの金髪おかっぱの方がいらしたんで『んまああ、金髪×紫の羽織。補色で素晴らしいコーデだわ!!』とか思ってにじり寄ってみたところ、なんとこれで遭遇するのは3回目のとものすけさんだったのでした。



―――――ろくにイベント等に行かないあっしなので当然着物ブロガーに遭遇することも少ないのですが、なぜかそらこさんに次いで遭遇率が高いのがとものすけさん。…実は去年までそのお名前も正体も知らず『…このお人は絶対ブロガーなはずだーこのお洒落さ』と思っていたのだが、去年ようやくひなこさんのお友達と判明し、ご本人の素性を知ったのでございました。

……おばちゃんに囲まれて羽織をめくられ、お太鼓の柄を確認されている図(笑)

そして今度はあっしに襲いかかるおばちゃんたち(笑

あっしのこの日のコーデが控え目な色彩の猫だらけコーデだったものだから、『自分でも着れるかも』心をくすぐったようで大層称賛されたのだが質問攻めにされて30分くらいその場で捕まった

その中のお一人がどうやらSNSはチェックしているようで、『その帯留めは100均?』『帯揚げも100均?』と説明するまでもなく実に詳しかったですわ。…『きもの遊び・net』のウレタン草履も知っていたので、あっしのことは知らずとも密かにあっしのブログもいつの間にか流れ着いて見ていたことがあるんではないのか?(笑)

でもそこまで詳しいのに着物、着てないんですよ

『いちいち『何があったの?』って聞かれるから』だそうですが、せっかく着物着てても誰も振り向かない川越、着物姿が多い骨董市に来ているのにここで着物着ないでいつ着る!?(笑)

予定外におばちゃんたちにとっ捕まってしまい時間がなくなり、大急ぎで骨董市を後にし『猫まみれ展』へ。…まあ、距離的には車ならすぐの場所なんですが。

――――――――帰り際、小春嬢は軽トラの荷台で飼い葉を喰っておられましたわ(笑)…どうやって運搬されて来るのだろうとずっと疑問だったので、荷台に積まれて来ることが判明してすっきりした。



行った証拠写真。……なぜに羽織紐もバッグもすんごい斜めっぷりなのであろう。

猫まみれ展、物販がないんですのよーー!!図録くらいしかない
…ああ、ポストカードとか欲しかったのになあ。

巡回展なので各地を回ってますが、他の地ではグッズがたんまりあったとこもあるのになあ。

おかげさまでやっぱり20分もいなかったっす(笑)



市立美術館の向かいには川越城本丸御殿がある。…結婚前に1回入ったことがあるのでもういいや(笑)



猫まみれ展看板前だと光の具合がよろしくないので移動して撮影。上描き猫がわかるアングルで撮ってみた。

あ、後ろ姿撮るの忘れた
…後ろの裾にいる太い猫が~



足元は、これまた奇しくも着物と同じ色のくろちくの足袋靴下&きもの遊び・netの猫ぎっしりウレタン草履。

バッグはかっぱさんからの頂きものの、足袋靴下と同柄のもの。



髪飾りは100均cando のもの。まだ帯留めに加工前だったので珍しくも正しい使い方をした(笑)



――――――――これの存在を忘れて付け忘れていたぜ。小僧がダイソーで買った200円商品の猫耳付きイヤーマフ…

        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ