FC2ブログ
2017-01-04

お正月コーデ、2017。~持て余し羽織と闘う~その3

――――――――腹、治りましたわ、奥さん。常備すべきは正露丸及びビオフェルミンでございますねえ。

まあ食事も正月モードから通常モードに戻ったのでもう大丈夫であろう。あ、しまった。黒豆買ってあったのすっかり忘れておったわ


てな訳で腹は消化不良であったが正月コーデは確実に消化しております。

今年の正月コーデの最終回はこちら。




―――――――――ええ、こいつはなかなかの逸材でございましょう?(笑)

眩しいくらいに鮮やかな発色。しかもぺかぺか光る綸子。…この朱赤がもう、とにかくすごくって

『羽織は派手な方がいい』と調子に乗って派手なもんを集中して集めてた時期、『●ンエイ』さんで13000円くらいであったか。…このような柄で状態もいいので●ンエイさんにしてはいいお値段(笑)

肩上げされておりましたが、それを取れば一応大人サイズでございます。

そして『羽織は派手な方がいいが、派手過ぎても途方に暮れる』とよく学んだ(爆)

この羽織もその2コーデ同様、完全に脇役に徹してくれる主張のない着物としか合わない…

んが、『そう云えば、この羽織とカラーリングが似ている着物があったなあ』と思い出し、その着物は脇役に徹してはくれないタイプであるのが気がかりであったがとりあえずコーデしてみた。









今昔きもの市であったか、tentoさんとこで購入した雪持ち柄の着物。……羽織でほぼ柄が隠れておりますが

うーむ、使われてる色は羽織も着物もほぼ同じなので馴染むかと思ったんだが、結構散漫な印象になりましたな。

羽織を主役にさせてなるものか、と云う着物の負けん気が垣間見える感じで…

帯の色合いもなんだか全体と馴染み過ぎてメリハリがなくなった感じ…

――――――――このコーデ、失敗したかも(笑)



先日購入のダイソー箸置きも、椿なのに梅の柄と並ぶと梅に見えてしまう始末

半衿はおめでたい柄てんこ盛りのゴージャスな刺繍もの。

帯揚げ、帯締めは着物と羽織の同系色。


正月コーデなので華やかな着物と合わせてしまったが、そうでないなら大人なシンプルなお召しとかがこの羽織には合いそうですわ。そっちの方が羽織が主役として引き立つ。

このように『羽織と闘う』ことが目的になると、結局どのようなコーデをしたかったのかを見失いますな


いつも応援の1クリック
ありがとうございます

   https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ