FC2ブログ
2016-11-24

モチベーションの低さによる準備不足は如実に祟るよ、な七五三お参り編。

―――――――雪ーーーーーー

雪ですよ、奥さんっ
本当に降りやがりましたわ。おとといは気温20度くらいまで上がって暑かったちゅーのに。…やっぱりどうかしている、ここ最近の天候は。

で、雪の影響がどう出るかわからないので幼稚園はさっさと自主登園になっており、行ける人だけ行くのでございますがどうせ家にいたところで雪だ雪だと一人で騒ぐのだから、まだ幼稚園に頑張ってやって来た他の者共と一緒に雪だ雪だと騒いでいた方が楽しかろう、と小僧は幼稚園にぶち込んできましたわ。連休にさせてなるものか。


さて、連日続いている七五三ネタの最終回でございます。今回はお参り編。

スタジオ撮影とお参りは別日で予定していたので、てっきり混雑が緩和された12月も間近な頃に(というか今週土曜の浦和の骨董市に合わせてついでにお参りしたかった、私としては。…七五三のお参りは骨董市のついで(爆))行くつもりでいたらば、夫がいきなり『明日休みになったから明日お参りに行く』と言い出しやがり。

――――――ええ、一切用意してないんですよ。小僧の七五三の着付け用部品は。

日が決まってから腰紐、付け衿、脱げ防止用の草履のかかとゴム、そしてあっしの帯を作り帯に加工、それらの制作に着手するつもりでいたのだ。――――――…それらを一晩で!?

こうなったら丁寧に作っている場合ではない。とりあえずお参りの最中だけ使えればいい、と徹底的に無駄を省いた部品類の製作開始。



小僧の付け衿。割と固めに織られている綿の白生地を短冊状に縫い、手ぬぐいを適当にカットし背中に縫い付け、紐を作って縫い付けるだけ。…時間がないのでもちろん手ぬぐいの端は裁ちっ放し。



んが、アクシデント発生。目測で『これくらいで足りるだろう』と思っていた紐、なんと小僧の太鼓腹には全然足りず(笑)、急遽紐の長さを足しました…ああ、これものんびり計測している暇がなかったからの二度手間。



腰紐も1から作るつもりでいたのだが、これが案外腰紐って長い筒状のものを縫ってひっくり返して縫い閉じるってのが時間かかる作業でしてね。

数年前に帯作った際に余った手ぬぐいの端切れで作った、でも妙に短くてほぼ使ってないこの腰紐の存在を思い出し、これを半分にカット。真ん中部分に幅広ゴムを縫い付けて完成。

ひめ吉さんちの『ぷち孫』ちゃんの七五三の際に、ゆうかさんが作っておられたお子様用腰紐を参考。

お子様は紐でぎうぎうにされるのに慣れてないので、伸縮性があるゴムを一部分使ってあるだけでもかなり楽だと思います。大人用に作ってもこれは便利かもしれない。

で、結局全ては一晩では終わらず、あっしの帯の加工と草履のかかとのゴム取り付けはお参り当日に完成させた。

最後の部品点検で『この羽織紐のSカンが小さ過ぎて、羽織の乳に余りしっかり固定しないんだよねえ…』とは思ったものの、まあ、お参りの間だけでも何とかなるか、と見切り発車。……ええ、今回のこの七五三ではこの手の不安要素が現実に悲劇をもたらすのです…



とにかく混雑は避けたかったので午後も夕刻近い時間に行っているのですが、それでもこの人の多さ。…考えてみたらスタジオ撮影と同じ日にお参りしていたら、どうしたって撮影の方が先になるからお参りはこの時間になるよな…

で、予想外に母も着物がかなり多くて正月よりも大人の着物率が高い有様(笑)

でもレンタルが大半と思われる。草履とお揃いの礼装バッグ持ってたから(笑)…これが自前で家から着て来たとなると礼装バッグは役立たずで邪魔なだけなのでまず使いませんわな。

で、基本的に皆さん大人しい装いですが、一人だけ裾模様にやけに赤が目立つ柄の訪問着、小物系も赤な方がいました。んが見た目がむしろ振袖が似合うお年頃だったので、『七五三では母が目立ってはいけない』とはいうものの、母の年齢にもよるなあ、と思った次第。そのようなお年頃の方が大人しい地味着物着たって似合わないと思うんですよ。バランスって必要だと思う。



拝殿前は初詣並みの列。



なぜならこのように必ず皆さん、拝殿前で撮影に勤しまれるから(笑)列がなかなか進まないのです。

ちなみに七五三のお参りは昇殿して参拝なのですが、お宮参りのように1組1組呼ばれるのかと思っていたら、まとめて10組くらい一気に呼んで、一気に終わらせまた次の10組、とベルトコンベアー方式でございました。…まあ、退屈な時間は子供にとっては短ければ短い方がいいよね。

待機中からギャン泣きで『帰る、帰る』と絶叫していた3歳女児が儀式の間だけは静かにしていた。で、終わって部屋出た途端にまたゴネ始め、やっぱり3歳女児はちゃんとわかって抗議行動をするなあ、と感心したのだが、連れの5歳のお兄ちゃんがひたすら無表情で無の境地で無言だったのが哀れであった。…お兄ちゃんだってお祝い子さまなのよっ
彼の記憶には七五三は辛い思い出と刻まれたであろう。



ワタクシの着姿。…やっぱりこのようなツルツル綸子系で淡い色だと着崩れ感がよりはっきりしますなー



かんざしは鼈甲風味の菊の柄の平打ち。



あっしの撮影の邪魔をする小僧。←本日の主役、邪魔者扱い(爆)

……で、羽織紐がぶら下がっているのがお分かりでしょうか。懸案の羽織紐がやっぱり固定が甘く、Sカンがすぐに外れてしまう。動かないスタジオ撮影ならOKだったが、お参りともなると、こんな姿でも結構動き回りやがり腕ぶん回したりたりして簡単に外れてしまうんでさあ



そして気が付けば羽織紐の姿はなく…紛失。…そう、懐剣の白い房があるから羽織紐がなくても何となく気が付かないものなのですわ。『あーっ羽織紐がないっ!!』と気が付いたのは帰る時。



…年賀状とかにはこっちの画像の方がスタジオ画像よりもはるかにいいんじゃね?な一家揃ったスナップも羽織紐、ございません。

先般の画像修整のようにあとから羽織紐画像、添加してやればとは思うんだが、うーん、あのソフトではちょっと無理かも。高機能ソフトお使いの人なら一発ですわ(笑)

まあ、はっきり言って年賀状で七五三画像使われていても全体で人は見るので、羽織紐があろうが無かろうが問題にはしないと思うが。


で、こっからが若干オカルト?気味話。

実は神社仏閣で『持ち物を落とす』という行為は『厄払い』的な意味合いがあるので羽織紐は厄払い的に無くなったのだ、と探さず帰ろうとしたら『羽織紐、落としてましたよ。社務所の方に届けました』と仰るご婦人がおられるではないですか。

―――――そうですか、では一旦落とすが見つかる運命なのですねこの羽織紐は、と社務所に受け取りに行ったらば『どのような羽織紐ですか?』と言われる。

……『白い房の付いた男児用の羽織紐』としか言いようがないですよねえ。で、ほとんどの七五三男児羽織紐が全部そのように表現できる(笑)

『……えーっと言葉で表現したらどれも同じになっちゃうんですが。つい今しがた届いている羽織紐があるはずですが』と言ったらば『はい、届いているんですが一応確認はしなくてはいけないので』と…

で、そっからがまた不思議で普通ならその現物をこちらに見せて確認させて返却、になるであろう。

ところがまず先に遺失物受け取り届というものをびっちり書かせ、それがここの規定ならしょうがねえなと思い書いたらば、なんだかまだ裏で協議をしている。

男性スタッフがぼそぼそと何やらうちが落とした羽織紐を手に相談中。

『じゃ、返しちゃっていいね』と相談が終わってから『ではお返しします』とやっと返って来たのだが、何なんだ。なんだったんだ~っ
同じ時間に同じ地点で羽織紐落とした奴なんていないだろうよ。謎過ぎる。

で帰宅後、お宮参りの際に頂き、『七五三のお参りの際に返納してください』と言われていたお札とお守り、返納を夫に託したらお札だけ返してお守りを忘れている…

そしてこの日、この撮影を最後にあっしが長年愛用してきた8段伸縮、バッグにもすっぽり入る三脚が姿を消した。

……七五三で返すべき物を返さなかったから、あっしの三脚が身代わりに!?それとも純粋に厄落とし?

お守りは正月にまとめて他のお守りと一緒に返納するにしても、三脚失踪は謎。

―――――失踪するなら使えない羽織紐のほうでよかったのにー(笑)


使えない羽織紐はその後、外れやすいSカンを外し、がっちり留まるカニカンをくっ付けました。次に着る人のために…

それからこれから七五三を迎える方にご忠告。

『ちょっとの間なら何とかなるだろう、は何とかなりません。小物類に不安要因があれば徹底的にそれを改善して当日に臨むべし』

お子様の機嫌だけが不安要因だとしたら……当日のお子様次第ですな(笑)



これにて、徹底的にモチベーションが低かった割にはネタに事欠かなかった小僧の七五三、終了。あたしゃ再びよその家の娘っ子の七五三用意に現を抜かすよ。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ