FC2ブログ
2016-10-20

井上さんと矢羽根が勢力争いしている単衣&いっそのこと捨てようかと思っていた、葡萄と柘榴と稲穂の帯コーデ。

――――――ああ…じゃがいもの季節が到来ですよ、奥さん。そのうち柿も上陸してくるであろう。←わかる人だけ笑ってくださいよ、もう…


さて、一気に寒くなったのでもう袷だけで充分かと思っていたら本日夏日。…そりゃ、金木犀も二番花咲かせてやるぜ!って気にもなりましょうや。

おかげさまで単衣のコーデをアップするのに何の躊躇もございません。









3点で1000円コーナーのあるリサイクル着物店(と云うか一角)『百彩』にて、確か3点1000円で買って来たものの中の1枚。

色が全体的にくすみ系で錆び朱色がポイントカラーの着物なので、これも秋単衣向き。

んで、この着物見ていたら『…ああ、これにはもう捨てようと思っていたあの帯が合うんじゃないか。1回も締めてないんだからせめて1回だけでも日の目を見せてやるか…
』と思いましてね。

かれこれ7年くらい前?の浦和の骨董市で500円の、亀甲柄に葡萄と石榴と稲穂の柄の明らかに秋テイストな帯。

シンプルだけど秋にはぴったりなので、かなり汚れも目立っていたがとりあえず購入。

そしてコインランドリーのセルフでドライクリーニングできる機械に放り込んで洗ってみたのだが、汚れは落ちず、逆に帯の糊が落ち、帯芯もくたくたになり、更に生地も弱ってしまい、あちこち裂けてしまったのでございます。

ここまで傷んでしまってはもはや素材用としても活用できず、そのまま何となく段ボールの底に詰め込んだままなかったことにしていた(笑)

んが、今回この着物に合わせるに至って、あちこち修復し作り帯にして何とか締められるようにした。

汚れが落ちなかった帯であるが、同じく薄汚れ感漂うこの着物とは好相性(笑)汚れは汚れに馴染ませる。

半衿は錆び朱色の撫子と流水の柄。

帯揚げは帯の柄の色に合わせてオレンジ、帯締めは錆び朱。

さて、帯も満身創痍であるが、この着物もなかなかのパッチワーク着物。



まずは胴はぎ。なかなか頑張って柄合わせされております。



うーん、これわかるかしら。おくみ幅が足りなくてここもツギハギされてるんですが、ミシン目みたいなとこがツギハギされてるところ。…柄があまりに合いすぎてて全然気が付かなかった…



胴はぎによって丈が長くなり、足りなくなった衿の長さもツギハギで補っております。…ここもお見事。

しかしこんなに頑張っているのに掛け衿が思いっきりずれている(笑)



このようにちゃんと着付けでは背中心が真ん中に来ているんですのよ。



でも背中心を綺麗に合わせると、掛け衿はこうなる(笑)

――――――あっしは妙にずれる掛け衿の位置を何回も何回もやり直し、そして背後に回って真実を知ったのだった…

いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ