FC2ブログ
2016-06-29

紫陽花コーデ、2016。

――――――さて、やっとこさコーデが季節に追いついてまいりました…長かった…しかし追いついてしまった以上、これからデットヒートが始めるのでございます。目下のレースは七夕コーデ。…帯、作らんと









浦和の骨董市で1000円だった絹紅梅の紫陽花柄。白地がベースなのでそれほど暑苦しくはないが赤系。なぜだか知らんがアンティークには全然涼しげではない紫陽花柄が多い…

青系の涼しげなもんもあるにはあるが、やっぱり高値になってしまい、あっしは安価な涼しげではない紫陽花柄コレクターと化す(笑)

まあ、梅雨の時期ってことで手持ちの紫陽花柄はほとんどが浴衣なのですがね。

帯はヤフオクで2000円前後だったかね。……紫陽花のはずなんだが限りなく別の花に見える代物(笑)

この着物と帯のコーデで紫陽花コーデなのに、紫陽花コーデに見えないものを目指しました(笑)



刺繍の半衿も紫陽花のはずなんだが葉っぱからして間違っている(笑)でもこのコーデには色がばっちり。



このコーデの唯一の良心。ocarinさんから頂いた樹脂粘土製の紫陽花の帯留めでございます。

唯一の良心にして主役。…他のアイテムが紫陽花であることを放棄気味なので、この帯留めがとても引き立ちます。

帯揚げは100均のエメラルドグリーンのガーゼスカーフ。

帯締めは自作のエメラルドグリーンのビーズ帯締めなり。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


スポンサーサイト



2016-06-28

釣りしのぶが出回り始めたが、やっぱり手が出ないので今度は100均苔玉を使ってなんちゃって釣りしのぶ作り。

―――――――さて、ホームセンターでもそろそろ釣りしのぶがぶら下がり始めましてね。『カインズホーム』では2480円だったんですよ、奥さん。

近場の『島忠』は全商品カインズよりはお高いので、もっと高いと思われる。←まだぶら下がってなかった。

で、釣りしのぶ熱が急に高まっているあっしは、それはそれは熱心に釣りしのぶを観察しましたところ。



お分かり頂けるかしら。木の根っこみたいなのがぐるぐる巻きになっているのが。

釣りしのぶと云うものはしのぶの根っこをこのようにぐるぐる巻きのお団子状にして加工するもので、きちんと管理すれば20年くらいはもつものらしい。…手間暇考えたら高いのも無理はない。

てっきり苔玉のように、しのぶの苗に苔を貼り付けたようなもんと思っていた私は、画像のように四方八方から葉っぱが出ていることが不思議でならなかったが、なるほど1玉が根っこの塊なので好きなところから葉っぱが出てくるわけですね。

純正品?釣りしのぶのなんたるかはよくわかったが、やっぱりお高くて手が出ないので、再び市販品の苔玉にしのぶ風味なシダ植物をぶち込んで『なんちゃって釣りしのぶ』を作ってみた。→前回はこちら



本物のしのぶのような繊細さが一切ないが、それでも明らかにこのようなシダな格好をしている植物ってなかなか売ってないので、見つけたときは大喜びさ。



そして今回は100均ダイソーの苔玉を使ってみる。



…使われている糸の量も凄いが、このように、真ん中の植物ぶち込み穴が小さいのがダイソー苔玉の難点で。



どっからどう見ても最初から、このシダの苗がこの苔玉に収まるとは思えず。



なので100均苔玉を解体。ミズゴケを糸でぐるぐる巻きにして成形しているので比較的解体は簡単です。



ポット苗を土付けたまま引き抜き、それにミズゴケを貼り付けながら、糸でぐるぐる。ミズゴケ貼り付けてぐるぐるを延々繰り返す。力入れて丸っこく形を整えながらやって行くとちゃんと丸になります。



そして完成品がこちら。苔玉解体から含めて作業時間トータル1時間くらいでしょうか。

市販のミズゴケ使えばさっさと作れるのでもっと早いかと。

これに麻紐を付けてぶら下げ、風鈴も付けるとこんな感じに。



まあ、本物の釣りしのぶには及ばないが、遠目にはそれらしく見えよう(笑)本物は2480円だが、これはシダ298円、苔玉108円、先日の泣きたい手描き風鈴代108円も入れたら514円で済むし(笑)

で、ダイソーの苔玉『このくっきりな緑色がなあ…』と思っておりましたが、水含ませてこのように飾ると本当に苔玉っぽく見えるのでございます。

本物の苔を使わずミズゴケを使う方は着色されてるものを選んだほうがそれらしく見えますぞよ。



この自作のなんちゃって釣りしのぶに飽き足らず、釣りしのぶ熱が収まらず、やっぱりどうしても本物釣りしのぶが欲しかったらその時に本物を買おうと思う。

…ちなみに『ほとんどの品は基本的にネットで買う方が安い』、と思っていたが釣りしのぶに関してはネットだとすっごく高いですよ。ホームセンターがお勧めです。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


2016-06-27

菖蒲コーデで5月の浦和骨董市&越谷の川っぺりの菖蒲田へ。

―――――――ええ、先日6月の浦和骨董市があったんですがね。さすがに5月の骨董市から6月頭の骨董アンティークフェアを経て、再び着物が飽和状態(もう何年も)になったので、再び買い控え気分になってしまった…

てな訳で6月の骨董市は行きませんでしたが、今回の記事は1ヶ月前の5月の骨董市のお話でございます。



川越の骨董市と重なった日なのでお店も少なめ。骨董アンティークフェアでの買い物を控えていたので、うっかり買わずに済むこれくらいのまったり感の方が自分的にOK(笑)

んが、やっぱりアンティークのお安いものが再び出回り始めた様子でうっかり1枚200円コーナーで掘り掘りしてしまう(笑)

そして買った。



ピンク×紫のピンストライプに黄色の壺たれ模様の銘仙に紫地に矢羽根の銘仙。共に200円。

矢羽根柄の方は羽織着ないと隠れないかな~と云う所にシミがあるが胴裏の紅絹が破れかぶれ。いっそ単衣にした方がいいんじゃ…なくらい
さて、どうするか。



なんか秋冬テイストの縞のお召し、そして縫い閉じてあったんで新古品なはずなんだが開いてみたらたれに大きなシミがあった七宝柄の帯。これもどう改造して締められるようにするかが課題。

斜め縞の帯締めも200円。で、トータル1000円のお買い上げ~(笑)



が、お店の人が小僧にこれを丸丸一袋くれたので、100円と換算すると100円分のおまけ付きでした。



よその子供が『ここの車汚いからいらない』と真実を語っていたお店で小僧は800円ほどミニカーを買っております…

そして新入りピチピチ遊具全部に手を出す。



しかし珍しくも糟糠の妻人喰いカバにもご機嫌伺いをしていた。

で、私は菖蒲コーデですので。

ここ数年通っている越谷市役所脇の川にある菖蒲田へと向かうのでございます。



そこそこに咲いてはいたもののこのように蕾もかなり多く、6分咲きってとこでしょうか。

…2年前に居た、謎のハリボテ白鳥は今年もおらず…となると2年前のあの光景は幻だったのか。今にして思えば貴重な画像ではある(笑)







足元は頂き物の矢羽根に菖蒲柄の足袋靴下&ヘビロテ過ぎて同じような新しいものが欲しいぞ、なウレタン草履。

髪飾りは自作の菖蒲のつまみ細工。



河川敷で自作のビニール製凧をここまで高く揚げるじいさんあり。…服とか買った時入れてくれる、あの平べったい丈夫なビニール袋で出来てるのよ、これら全部。

ここは電線がないので揚げやすいんだそうだ。

この河川敷は子供連れも多く来るのでお子様たちを喜ばせるために、フラーっと自転車でやって来て、おもむろに凧を揚げ始め、そして風向きが変わると素早く凧を回収し、そして再び自転車で去って行った粋なじいさんであった。



その傍らで段ボールの切れっぱしで土手を下る小僧。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

2016-06-24

☆手芸部☆手描き風鈴で己の器を知る。

――――――事の発端は去年の7月。文京ほおずき市で買い求めたほおずきの鉢のおまけとして付いてくる江戸風鈴であった。



………下手過ぎじゃね?(笑)金魚柄なんだが果たして金魚と呼んでいいものかわからぬ前衛大雑把感。

で、これ見たあっしは『…これならば私が描いた方がまだマシなんじゃないのかえ?一応そこそこに絵は描ける人間なんだし…』と慢心しまして。

100均でまっさらなタダのガラス玉状態の『手描き用風鈴』が売っているので、『まあ、来年気が向いたらチャレンジしましょうかね』と思っていたのだった。

そして今年。

……いきなり柄の入った風鈴は、ダイソーでは150円と値上がりしちまったんですよ、奥さん!!

特に欲しい柄があるわけでもなければ、ワタクシはさりげなく風鈴コレクターですのでいっぱい風鈴が家にある。

しかし一度150円になったものが再び100円に戻ることはなかろう…100円なのは手描き用風鈴、それのみ。

そうなると手描き用風鈴ですら貴重品に見え、遂に買って来てしまったのだった。



手描き用風鈴、この紐とか短冊のカラーバリエーションだけは豊富。他にピンク、黄緑、白もあったかな。

描く絵のイメージが先にある場合はカラーコーデするのもよろしかろう。

ワタクシは『波千鳥』を描きたかったので水色をセレクト。



で、まず紐と短冊は描くとき邪魔なので取り外す。



この状態で絵付けを開始。余談だが、この状態で『ガラスのミニ植木鉢』としても使えそうですぞよ。排水穴がちゃんと空いてるガラスの鉢って滅多にないはずだし。



まず表面からホワイトボードマーカーで下描き。…はい、皆さん、この下絵をよーく覚えててくださいね。

で、色付けは内側からするのである。内側に筆入れて塗って行くんですよ…



約1時間後に無理矢理完成させた図。…多くは語りたくはない。今回使ってない色がパレットに載っているのは、ひとえにあっしが洗うのを面倒くさがり、アクリル絵の具が乾いて落ちなくなった結果でございます。

そしてこのパレットはあっしが7歳の頃から使っているものだと明言しておく。35年前のパレット…物持ちがいいにもほどがある。



――――――――――泣いてもいいですか。

絵の上手い人間は、素材、形状、画材が何であれ上手く描けるものなんでございます。つまりあっしの絵の腕なんざろくなもんじゃない、ってことだったのでございます。

千鳥がなんだかミジンコのようになり、一羽は大変つらそうな顔をしており今にも墜落しそうで今話題のイミダゾールジペプチドが足りない模様。

そして波はムンクの叫び、サマーバージョンみたいな感じだ。

もう二度と金魚風鈴を嗤うまい…



そして紐を通して完成させたのがこちら。この面が一番まともな絵なのでございます



そして波千鳥の下手さが際立たぬように金魚風鈴も同時に吊るし、さりげなく責任のなすりつけ合いをしておく。

1個だと金魚も波千鳥も下手さが目立つが、2個だと相殺しあっていい味になる。


―――――――そして、もう二度と風鈴の絵付けはすまい、と心に誓った今年の梅雨である


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

Yahooブログは訪問者数に応じてTポイントに還元されるのですが、現在、その還元されたポイントがこの度の熊本地震関連募金へと寄付できるようになっています。

なので日々の還元されたポイントは寄付しております。

皆さまの訪問が被災地へのほんの小さな一助にもなります。訪問してくださりありがとうございます。
2016-06-23

菖蒲コーデ、2016

――――――昨日の記事の『国芳根付け』ガチャガチャ、ヤフオクで出てないかしら~と調べてみたんですよ、奥さん。

…猫又様、及び猫髑髏は平均1000円くらいから出ておりましたが、下駄は300円が相場でしたわ(爆)やっぱり誰にとってもあいつはお荷物でしかなかったようだ。

神戸開催、名古屋開催、とでどんどん所有者も増えるに従い、値段も下がって行くと思われるので『どうにもこうにも行けないが、これは欲しい!』と云う方はヤフオク等で手に入れると云う戦法もございますぞ。…むしろあっしのように浮世絵に興味なしの人間には、チケット代交通費考えるとヤフオクでゲットした方がはるかに安上がりであった…

さて、引き続き1ヶ月くらい前のコーデが…

今はもう花が終わりかな、な菖蒲コーデでございます。









ヤフオクで1500円だった菖蒲柄の単衣。…アンティークなのだろうが、やけにくっきりはっきり発色で、どうにもこうにも踊り用着物に見えて仕方がないワタクシ(笑)

春から夏の花てんこ盛り、でもお太鼓のメインが菖蒲、な刺繍帯はヤフオクで5500円くらいでございました。

半衿はひめ吉さんちの菖蒲柄。



帯留めはヤフオクで2000円くらいだったか、素材も角なんだか骨なんだかわからない、でも一見高級品に見えるもの(笑)

帯揚げは100均セリアのグラデーションスカーフと云う名の帯揚げ。



この恰好で浦和の骨董市に行ったのだった。ええ、もちろん戦利品は今の今まで隠匿しておりますよ。

この1ヶ月の間で着物と帯合わせて10点くらいは軽く増えております…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



2016-06-22

ガチャガチャのため、わざわざ行くよ渋谷まで。『俺たちの国芳、わたしの国貞』展@渋谷

――――――ええ、かれこれ1ヶ月くらい前でございましたかね。行って来たんですよ、渋谷で開催されていた『国芳国貞』展へ。

3月末から開催され、そして開催期間が長く、更に連日人気であることは知っていた。しかしあっしは浮世絵には興味がない

――――…あっしが好きなのは国芳の猫。猫の絵のみ。猫以外の国芳の絵には興味がない(笑)

歌川国芳、『多分、人間より猫が好き』なお江戸の浮世絵師。とあっしは認識している(笑)その証拠に猫の絵だけは異様に凝ってしかも生き生きしている…そして国貞と云うお人に関しては一切存じ上げませなんだ。

てな訳で今回の展覧会も『…うーん、国芳の猫絵だけ集めた催しって割と頻繁にやるよねえ。今回は別にすっごく見たい猫絵があるわけでもないし行くのはよそうかなあ』と思っていたのだ。

しかし、あっしは公式HPでこんなもんを目撃する。



会場限定のガチャガチャ。1回400円もしやがる(笑)しかしこの踊る猫又が欲しいいいい
…猫髑髏は髑髏モチーフが好きではないので特に興味なし、下駄髑髏に至っては『………』な感想しかない(笑)

で、この3種しか入ってないので1回400円と云えど、結構当たる確率は高そうではないか。

――――――と云う訳で、この猫又ゲットのためにだけ渋谷行きを決定したのだった。


で、渋谷。……一体何年ぶりに行ったのやら。優に10年くらいは行ってないはずだと思う。

そして会場のBunkamuraなんざ、20年くらい前に1回行ったきりさ。…確かその時は『モネ展』だったか…先般、モネ展がまた開催されていたので『…またやんの?また同じの公開すんの?ついこの間開催したばっかりなのに』とか思っていたらそれは20年ほど前の出来事であった。このように油断していると20年前はついこの間になります。

そして久々の渋谷は、黒かった。

……道行く人々の頭が黒い。渋谷と云う地は金髪か茶髪しか生息してないような土地だったはずなのだが。

そして道行く女の子は皆、清潔感に溢れて可愛かった。渋谷と云う地にはアバズレ風味な捨て鉢な雰囲気漂う娘っ子がたむろしていなかったか。

10年も行っていないと街も生まれ変わるものなのですなあ。ってことは歌舞伎町もかなり雰囲気変わってるのかね。行く用事一切ないけど。

で、20年ほど前に1回行っただけなので、当然迷いましてね。道玄坂を行ったり来たり。坂ですよ、坂。

やっとこさ目印の東急本店を見つけたときはすっかり疲れ果てていた。



東急を目の前にしていたら道路をこんなカートで走る二人。日テレのドラマの宣伝でございました。…確かにこれならラッピングバス走らせるよりは低予算、そして注目度だけはあるだろう。



Bunkamuraの入り口。色んな催事が同時に行われているせいか、あれだけ日々テレビで宣伝している割には入り口での扱いはこの程度。





会場入り口。…この踊る猫又様は、この後、会場内でいっぱい踊っておられました(笑)いっそのこと、これをお土産コーナーで売って欲しいくらいだ。

さて、あっしは浮世絵には興味がない人なので、猫が混入している絵のみを見て回った。なのであっという間に出てきた(笑)そして土産コーナーには長居したが。

しかし初めて本物の浮世絵を見たが、実際はあんな小さいサイズなのねー
平均でA5サイズくらいか。

あ、ここで行った時の着姿の紹介。




小ざっぱり。…半幅と足元には猫ぎっしりだけど。で、行った日はちょうど『着物で来場者にはポストカードプレゼント』期間の最終日で、他にも着物姿の方が2名おられましたよ。ちなみにあっしはコンビニチケットで入り、会場内でチケット買ってないのでポストカードはゲットできず。

真剣に土産コーナーで物色しておりましたところ、おばさまが一人『帯、国芳ですよね。まあ素敵』と褒めて下さいました。奥さん、半衿も国芳なんですよー!!

しかしなんだな、東京、しかも渋谷と云う土地柄、あまり人様の恰好にいちいち反応してくる人が少なく、もっと国芳帯に喰い付いて欲しかったところである(笑)



駅前のハチ公前の宣伝看板には猫だらけ。

帰り際、スクランブル交差点で信号待ちしておりましたら、いきなり袖を引く者あり。

どこぞの上品なおばあさまが『あら、全部猫ちゃんなのね。私は自分で着られないんだけど着物、いいわね』とお褒めくだすったのだった。

――――――かつてスクランブル交差点で声をかけてくる者は水商売のスカウトだけであったが、今やおばあさまが話し掛けてくる…隔世の感あり。


さて、戦利品。



踊る猫又の据わった目がチャーミングな絵手ぬぐい。飾る際には苦慮しそうではある(笑)



踊る猫又スタンプに、、ガチャガチャ3種、コンプリートでございますよ…猫髑髏→下駄髑髏→猫又の順に出た。コンプリートせざるを得ない。かぶらなかっただけマシと云えようか。



踊る猫又さま。若干元の絵より顔が可愛くおなりです。後ろ姿が案外可愛いのでございます。

そして、特に興味はなかったのに実際手にしたら度肝を抜かれたのがこちら。



猫髑髏。…見よ、この細部までみっちりぎっちり作り込まれている様を。ちなみにこの髑髏内には猫21匹犇めいてるんですぜー
造型士の執念を見た。これは400円でも安いと思う。



―――――――このヒトは400円は高いと思うな(爆)


…しかしこのガチャガチャ、大人気で一時期品切れを起こしたはずなのに、ガチャ前には人っ子一人おりませんで。

てっきり並ぶのかと思っていたあっしは拍子抜けだったが、ハンドル回すと『ガンラガラガラ』と大きな音が静かな会場に響き渡りすっごく恥ずかしいのだと判明。

なんだか人が多かった割にはすっごく静かだった印象あり。美術鑑賞のマナーがちゃんとしてる人、多いんですね。


東京、渋谷開催は6月頭にて終了しましたが、今現在は神戸。その次は名古屋と巡回していきます。

神戸の方の公式HP見たら土産物はそっくりそのまま同じものが出ているようなので、ガチャガチャ、頑張っておくれよ(笑)



こちらは東京開催の宣伝用、お隣は神戸開催用。…ちゃんと夏仕様になってるのに驚いた。名古屋開催は秋から冬なので、きっと冬仕様に変わるんでしょうねえ。

いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


2016-06-21

本日の猫ズ~男爵邸へようこそ~



―――――――――男爵邸(爆)……出オチで申し訳ございませんわ。

我が家に男爵、今の名はおだん様ですが、おだん様とおはるちゃんが上陸する前からあった『男爵イモ』の段ボール。

遂に加工して『なんだか野良猫が家の軒先に住み付いて子猫産んじゃったからとりあえず猫一家のために家、作ってやったわ』的な男爵邸、完成。

雑巾で拭いてもイモの泥汚れが落ちず、甚だ画像的に見苦しいので背後に季節の花なぞを飾ってみた(笑)

おだん様もおはるちゃんも、見慣れない箱だの猫ベットだのには警戒せず、すぐに愛用し始める方々なので早速設置。



『おだんのものは僕のもの、僕のものは僕のもの』なさりげなくジャイアン的なおはるちゃんが早速使っておりました…この時、おだん様はよその部屋で外界を眺めていた。

そして翌朝。



敷いてたタオルもグチャグチャに、すっかり男爵邸の主人の顔をしているおだん様がそこにおられたのだった。



…引きで撮るとこんな有様。敷き布は思いっきりずれ、毛も飛び散っており、一体深夜に何があったのか。男爵邸を巡っておだん様による強制執行が行われたのであろうか。



ちなみに結構ぎうぎうですよ(笑)…そしておだん様は顔がデカい。


こうなるとおはるちゃん用の段ボールも欲しいところだが『はる』の文言が入った段ボール、サイズ、カラー的に野菜果物系がいいのだが、そーゆーのは見当たらないのだ…残念なり。情報求む。

いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



2016-06-19

近頃の、小物のお買いもの。…主に半衿(笑)

――――――さて、今月は骨董アンティークフェアなどがあり、実はまだ記事にしてないが先月の浦和の骨董市で買った着物類などもあるので、着物や帯は恐るべき量増えておりますが。

小物系はちょっと久々に買いました。

まずは『キステ』さんの3点1080円福袋。…ああ、久しぶりだわっこれ利用するの。3年くらい前までは異様に利用しまくっていたのに



――――――七夕柄の小風呂敷。ええ、七夕も近付いてまいりましたので、これ使って喪帯に縫い付け、簡単な作り帯制作をするつもりでございます。

ずっと小風呂敷コーナーで売ってるのに、なぜかシーズン前にならないと買わない(笑)…その戦法で『銀杏柄』は売り切れてしまい買えなかった前科あり。←結局1枚500円以上の店で買う羽目になった…ああ、3点1080円でさっさと買っておけば…

で、小風呂敷2枚で作り帯を作るので、残りの1点は半衿コーナーからセレクト。



藤唐草の刺繍半衿。最近見かけるようになったマットな質感の柔らかいポリ塩瀬にアンティーク風味な刺繍もの。

…このシリーズってば、池田重子さんのアンティーク半衿コレクションの本見ると『実にそっくりだねえ…』なデザインの物が大量(爆)もちろんこの藤唐草のデザインも池田重子コレクションにございます。

しかしミシン刺繍と云えど元のデザインは池田重子コレクションで秀逸、そしてミシン刺繍でもなかなかのクオリティで、しかも基本的に500円前後で売っているので、本物アンティーク半衿には手が出ない人には結構お勧めなシリーズだと思われます。

なので見かけたら密かに買い集めておりますぞよ。

―――――――それから、ひめ吉さんちの『アウトレットまつり』の戦利品~



『どこに難があるのかわからないけどみーちゃんがアウトレットにー
』とゆうかさんが嘆いたであろう美品が半額。…そりゃ泣きたくもなるであろう(笑)



これは隠れて見えない部分に難アリ。でも7割引きくらいだったかな。



このように絶対見えない場所の刺繍が取れております。



こちらのワンポイント椿はご覧のように花びら部分の刺繍糸が飛び出しているので爆安で、85%引きくらいでした…あっしは小躍り雀でございますわ。

で、このような糸が飛び出し系の補修は簡単なのです。



『ほつれ補修針』と云う名で100均の手芸コーナーで売っております。針穴がなく、その部分が細かいやすり状。

で、このやすり部分に飛び出た糸を引っ掛けるようにして、生地の中に埋め込んでいくんですが。



このように飛び出ていた糸が。



―――――はい。美品になりました~



アーガイルの方も飛び出た糸は隠れました。…で、欠けてる部分は見えないので刺繍は付け足しません(笑)


――――――椿の方なんてこの針使って補修しちゃえば定価販売できるのに…アーガイルの方だって糸が飛び出ていると見た目で確かにお安くしなくちゃならないだろうけど、糸を見えないように処理した上でアウトレットに出せばもうちょっと高い値で出せたはずなのに…ひめ吉さんは偉いなあ


―――――――…そしてますます『ひめ吉半衿アウトレッター』人口が増えて行くのだった(笑)

先日時計草の絵を初めて描いて『ぐああああ、なんてめんどくせえ花!!』と苦悶しただけに、あの花を半衿サイズ、しかも刺繍で表現していればそりゃあの定価のお値段はむしろお安い方だ、と思い『あわよくばアウトレットで』と狙った自分を戒めた次第。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

2016-06-18

時計草



Yahooブログは訪問者数に応じてTポイントに還元されるのですが、現在、その還元されたポイントがこの度の熊本地震関連募金へと寄付できるようになっています。

なので日々の還元されたポイントは寄付しております。

皆さまの訪問が被災地へのほんの小さな一助にもなります。訪問してくださりありがとうございます。
2016-06-16

毎年恒例の与野公園の薔薇園で、薔薇コーデ2016♪

薔薇コーデの着姿の撮影は、毎年恒例の与野公園の薔薇園でございます。





…こんだけ大量の薔薇が咲いてても入園料も取られず、駐車場もタダ。――――なので花の時期は激混みでございます…なんだか年々人が増えているような気がする…

今年は開花が早めだったので急いで行ったらば、確かに咲いてはいるがまだまだ、ってところもあり。…この時から1ヶ月経っておりますが、きっと今でも断続的に咲き続けているものと思われますわ(笑)



数年通っているが、こんな薔薇があったのねえ
まだ咲いておりませんでしたが。





お気に入りの黄色い薔薇の前で撮る。…狙ったわけでもないのに雀なんだかなんなんだかわからぬ鳥がお太鼓からどんどん飛び出してきて、お太鼓が変に大きくなっております



足元は薔薇柄足袋靴下&薔薇柄刺繍鼻緒のウレタン草履。


―――――実にさっぱりした本文で申し訳ない。…だって撮るだけ撮ってあっという間に薔薇園から立ち去ってるので何年も通いなれた地だともうコメントもあまりない

で、あっしの仕事はこれにておしまいだったので、この恰好で隣の公園エリアで小僧の自転車指導鬼教官と化したのだった。…こんな格好でスパナ振り回して補助輪外しておったのさ(笑)



いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ