FC2ブログ
2015-12-30

2016年用、年賀状コーデ♪

―――――――暮れの元気なご挨拶、ではなく暮れも暮れが押し迫った晦日、大晦日に渡って披露されるのが定番と化して参りました。来年用の年賀状のコーデでございます。

まずは小僧用。



1点500円、2点だと800円、3点だと1000円で買えるコーナーがあるリサイクル着物のお店『百彩』にて、もちろん3点1000円の中に組み込んで買った、モスリンの男児用アンサンブル。

変に勇壮な鷹とか虎柄ではなく、ポップカジュアルな感じの男児着物は貴重なので即買いだったのだが、小僧、この着物着せたらばサイズがギリギリで
肩上げも腰上げも必要なし。…そしたらすっごく貫禄のある若旦那風味になってしまった小僧であった(笑)

肩上げ、腰上げがあるだけでお子様らしさが出るものなのねえ…

ああ、しかしこの着物ですら来年には着れぬとなると、あとは『可愛くない昭和の紺地の絣系アンサンブル』くらいしか残ってないのよ、男児には
本当になぜに男児はある一定の身長に達すると途端に可愛くない着物しか存在しないのか。女児はいよいよもって可愛さ全開の着物しかなくなるってのにさー


んで、小僧の着物と何となくお揃い風味にしたくって、何となく色とかが似ているものをかき集めてみたのがあっしのコーデ。









小僧用着物がターコイズ、青、薄い黄色、茶色、カーキで構成されているので、それらの色が入ったコーデを目指した。

…そしたら条件に合う羽織は昨日ぶーたれていた『超短い羽織』しかなかったのだった…
もうこの際柄が秋ってことには一切眼を瞑る。

着物は浦和コルソ骨董市で2000円だった、斜めの矢羽根に色んな花柄の入っている着物。数年寝かせてやっとこさの登板。

そしたら奇しくも羽織と袖丈、裄がばっちりだった。

帯はかなり昔にヤフオクで1000円で落札した薄い黄色地に牡丹の刺繍の帯。

帯揚げ、帯締めはクリスマスコーデの時に使ったものがそのままこのコーデにも何となく合ったので使い回した(笑)

羽織紐は原宿の『Paris kids』と云う300円均一アクセサリーの店で買ったネックレスを分解して羽織紐に加工したもの。

半衿も明るいターコイズ系に梅柄の刺繍のもの。



…このように単体でそれぞれの画像を撮ると『…色的には同じだけど似てはいねえな』ってな感想になると思われるが、実際これらのコーデを着て並んで撮ると『…お揃いってわけじゃないけど何となく似た感じにはなってる…』のでございます。あくまでも私見で。

まあ、着物ブロガー友達にこのコーデの年賀状送ればそこら辺は斟酌してくれるだろうが、一般友は『ふーん、また着物かよ』の一言で終わるであろう…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

>
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ