FC2ブログ
2015-12-06

シックな『大人アンティーク』な着物&派手派手麻の葉絞り羽織で秋コーデ。…もう冬だけど…

―――――――先日の『骨董アンティークフェア』に着て行ったコーデでございます。



…重症の口内炎の持病があるのに変わらず喰い続け、冬に備えて丸々とお太りあそばされているおだん様が真理を説かれておりますが。

ええ、前回の骨董アンティークフェアで3000円で購入したこの着物を着て行きたかったのです。…地産地消の着物ブログを目指しているので(笑)

この着物、色柄が大変に大人なのでコーデ次第でかなり長く着られる逸品でございますゆえ、今回は『賞味期限が近いコーデ』を考えた次第。









柄の紫の色に合わせて紫系の羽織とか帯を合わせましたらね、もう本当に大人で大人で…
ハマりすぎるくらいでしたのであえてこのように補色の黄色系を合わせましたさ。

羽織は今は亡き川越の『栄屋』さんにて1000円。存在感が大なので割と合わせやすい羽織ではあるんだが、傷みっぷりも相当で若干着用に躊躇。



こーんな風に裂けてるとこが思いっきり目立つ場所だし
…ちなみに『乳』の部分は『裂けて糸状』になったもので構成されているんでございますよ(笑)んが3本の矢ならぬ数十本(数百本??)の糸で構成されてるのでぶっちぎれないだろうと思ってそのまま…

この着物は菊と紅葉の柄が目立つので、帯は菊柄刺繍帯。『ICHIROYA』さんにて素材用で買ったので安かったが汚い代物(笑)

半衿はひめ吉さんちの色変わり紅葉刺繍半衿。

所々に赤を効かせたコーデでございます。

赤の帯揚げは元々兵児帯だったもの。3分割してあっしと赤唐辛子さんとなっちさんで分け合った。一杯のかけそば帯揚げ。

羽織紐はくろりんさんからの頂きもの。…このスモーキーな紫系のビーズが色んなコーデに合うもので、毎年羽織の時期にはヘビロテです。くろりんさん、改めてありがとうございまーす

さて、帰宅後気が付いた衝撃の事実であるのだが。



このように振り部分が見事に縫われておりませなんだ
…ちょっとほつれてる、とかなら発見しやすいのだがここまで見事に堂々と縫われていないと逆に見落とすわ
ちゅーか、どんだけ着る前にチェックをしないんだ、って話ですわな。

しかし色の派手さに目を奪われて細部にまであまり人目が届かなかったのが不幸中の幸いかと。


この恰好でこの着物を買わせて頂いた『アンティーク・ジョン』さんに伺ったら、ちゃんとこの着物のことは覚えておられて喜んでくださいましたよ~

…そしてこの恰好で小僧のお迎えに行ったらば、なぜか女児には『かわいい~』とウケ、男児は『なんでそれ着てるの?』を連呼し、小僧は『また一人でどっかに行ったね…』という微妙な顔をしたのだった。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

     >



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ