FC2ブログ
2015-12-18

クリスマスコーデ、2015。その1

―――――――本当はクリスマスぎりぎりまで温存しようかと思ったが、あまりにも衝撃だったのでさっさとアップ致しますです。…これの後は引き続き落ち葉とか銀杏とか菊とか紅葉とか満載の秋コーデが出てきますよ…


なんだかもうこれ、若い柄のような気がするからヤフオクで処分しようかと思った銘仙があるのですよ。

しかし赤地に白い牡丹の柄なので『…そうか、クリスマスコーデに使えるか』と今年のクリスマスコーデで有終の美を飾ろうかと思いましてね。

それがこのコーデ。





数年前に確かヤフオクで1500円くらいだったかな。…久々に引っ張り出してみたら『…あれま。割とアバンギャルドな雰囲気で別に可愛くもない(笑)から組み合わせ次第でまだ着れるわな』と思い直したのだが。

帯は深緑色の地色が珍しい牡丹の刺繍帯、結構昔にヤフオクで8000円台まで競ったような記憶あり。

で、このようにこれだけでもう『ああ、和柄だけどクリスマスカラーのコーデね』とわかるコーデなので、これで完成形にしておけばいいものを、そこにあっしの悪い癖が出た。

『…羽織も牡丹柄でクリスマスカラーのもん、欲しいなあ…』

――――さて、着物ブロガーの方はご存じかと思うが、着物好きには着物の広告がブログの横とかあちこちに表示されますよね。

で、ブログをぼーっと眺めていたら目の端に入った商品画像が。

これはこのコーデに合うんじゃないのかしら~と早速注文、昨日、届きましたのですよ。

そして上のコーデに羽織らせてみたのがこちら…









――――――――やっちまった?…ねえ、やっちまったような気がするんですよ、奥さん

史上最悪に趣味が悪いような気がするんですが、如何であろうか。なんつーか互いが互いを殺し合い、クリスマスなんだかしゃぶしゃぶロース肉(この羽織の牡丹の柄がもう肉みたいで。でも上等な(笑))争奪戦なんだかわからぬ様相を呈しております。

羽織は『京都きもの町』さんのもの。単品(笑)……今年はこちらのお店の福袋の基本アイテム、着物、帯で欲しいと思う柄が無く福袋購入は見送ったのだった。

で、この柄もやっぱりこの牡丹柄の存在感がすごくって『ううーん、牡丹が

でも南天柄はいいなあ。しかしなんで緑地??不思議な地色よのう…』とか思っておったが、クリスマスコーデな牡丹柄羽織を探す目線になった途端に『あ、そうか。これってクリスマスカラー!!』と気が付いた。



そして牡丹の存在感に隠れているが、このような犯罪者の目をした雀っぽい鳥まで柄に混入。

この柄の着物を着る気にはならぬが、羽織としてならクリスマスコーデに活躍してくれるであろう、と楽天のポイントをフル活用して羽織単品6000円のところを半額くらいで購入。

ちゅーわけで、決して羽織が失敗なわけではないのです。むしろこれだけならば毎年クリスマスコーデに使いたいくらい。

―――――――んが、先に考えていた牡丹のクリスマスコーデに合わせたら最悪な結果になった

…帯とは相性がいいのです。ただ着物を変えれば真っ当なコーデになるのです。んが、これもまた失敗の歴史としてちゃんと着ますわ(笑)

着たらもしかしてもしかすると一発大逆転があり得るかも知れん。


あ、余談ですが、この羽織は丈の長いTLサイズでございます。このお店の羽織は通常ですと88㎝の丈なので、既製品プレタのポリ羽織としては短いのです。恐らくアンティークの平均的な長羽織の丈90㎝前後に合わせて作っているのであろうが。

袖の長いアンティークですとその着丈でちょうどいいんですが、このようにプレタの袖丈49㎝に合わせた袖丈ですと、88㎝の着丈、短いような気がするんですわ、バランス的に。

ちゅーわけで福袋ですと羽織のサイズは選べぬが、単品だと選べるので通常よりも10㎝長いTLサイズを選んでみた次第。……そしたらトルソーちゃんの身長が低くて羽織が引きずるほどになった

●おまけ画像●



―――――――――こっちの方が全然いい(笑)



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

  >


2015-12-16

その様相の一変ぶりに唖然…な今年の紅葉事情。うらぶれ&鮮やかな今年の紅葉コーデ2態…

――――――たまさんとは、『ぎゃーっアンタもそんなマニアックな本、読んでたんかい!!
』な現象がたまに(シャレではない)起こったりするんだが、先日『宦官』(確か岩波新書。清朝最後の宦官の生写真が表紙)っつーマニアにも程がある本をお互い読んでいたことが判明(笑)…それをべにおせんせーんちのブログのコメント欄で暴露しあい『何なんだよ、この宦官マニアどもはっ』とべにおせんせーに呆れられておりますが、何か?

クリスマス前の一服の大田胃散のような爽やかさでございます。

が、うちのブログをこっそりお読みくださる方々には歴史オタクが多いので、意外にも『あ、その本私も読んだ』と名乗り出る『隠れ宦官マニア』がおられるかも知れん。


さて、クリスマス前に何とかアップしておかんと猛烈に秋気味なコーデとか着姿を出し続けておりますがご容赦を。

今回に至っては2パターンの紅葉コーデ一挙公開でございます。……ええ、その対比っぷりがまた凄過ぎるので

今年は紅葉の色付きが遅いのは周知の事実でございますが、それでも一応11月末には色付いてることであろう、と大急ぎで紅葉コーデその1を考え、速攻で毎年恒例の紅葉撮影スポットへと向かったのでございます。



まずは去年、初めて出向いてみたら既に紅葉が終わっていて枯れ紅葉林と化していた『小林もみじ園』。…今年はどうやらまだ色付きが微妙…



ご覧の通り所々色付いてはいるものの、全体としてはまだ青葉。小雨もそぼ降る中、他にも紅葉目当てで来ていた客もおり『今年は色付き遅くて1週間後ですかねー』ともみじ園の方に言われていた…



そしてこちらは数年通い続ける興禅院。こちらは小林もみじ園よりも更に色付きが遅いのでますます青葉…



―――――もうね、こんな画像しか撮れないんですのよ
…紅葉コーデを紅葉と一緒に撮っているのではな、くただの雑木林を背景に撮っているだけ…小雨降っててどんより暗いのもまた相乗効果ですわー



この日、唯一色付いていたのは通常の紅葉よりも一足先に色付く広葉紅葉。



一応紅葉と一緒に紅葉コーデその1は収めましたが、その1コーデのうらぶれ感&この日のこの地の侘び寂び感(!?)が見事に一体化。…ここまでうらぶれるのもなかなかないことです(笑)



足元は紅葉に流水の柄の足袋靴下&、雨の日には最適なウレタン草履。


これですっかり気分がガタ落ちになってしまい『ああ、今年の紅葉コーデはこれでもういいや』とか思っていたら、数日後、骨董アンティーフェアで素敵なアンティークの紅葉柄着物をゲット

まだ紅葉も見頃ではなかったことも幸いし、紅葉コーデその2を展開することに。



その1コーデから2週間後の小林もみじ園。お天気も良くうって変わっております(笑)…そして平日にも関わらずやけに人が多いので『ちょうど見ごろの時期に当たったかねえ』と思っていたら。



2週間前のあの鬱蒼とした感じはどこへやら。緑、黄、赤も混じった光り輝く紅葉の園と化しておりましたのですよ~
これはガンガン人が来るのも頷ける。





どこで撮っても絵になります。ちなみにここは駐車場なのでトリミングしないと車がガンガン写り込んでおります(笑)

この小林もみじ園、毎年通ってる興禅院と道を挟んでほぼお向かいにあるのに、あっしはもう何年も『あの『紅葉まつり』ってのぼりが出てる場所は何なんだろう…』と思いつつも近寄らなかった。

ああ、こんなにも紅葉が素晴らしい場所だったのねーあああ、数年損をした



そして2週間前は侘び寂びうらぶれ感満載だったこちらの興禅院までもが様相を一変。美しく色付いているではございませんか。



こんなことならその1コーデと同じアングルで撮るべきであった(笑)でも2週間前画像ではただの青葉だったものがこのような美しい真っ赤に…



足元は紫地に紅葉柄の足袋靴下&いつだってウレタン草履。

              




















今年の紅葉コーデ、その1だけで諦めずに本当によかった…とは思うものの、この美しい紅葉の中でその1コーデを着ていたら、そのうらぶれコーデと美しい紅葉との対比が半端でなく、きっとうらぶれコーデが更にうらぶれ、どす黒いコーデと化して暗黒面へと堕ちて行ったであろう…

結果論ではあるがその1コーデはうらぶれ×背景侘び寂び、その2コーデは鮮やか×背景鮮やか、で非常にバランスのいい着姿になったのではなかろうか。

―――――通常よりもあっしの着姿が多くて申し訳なし。伏してお詫び申し上げまする。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

  >

2015-12-15

銀杏コーデ、2015。

――――――…まだ銀杏、頑張っておりますねえ…どんだけ今年は秋が長いのか

六本木で開催されていた銘仙展『きものモダニズム』展には、結局このコーデで出向いたのだった。









…画像がやけに暗かったもので露出調整したら今度は白飛びしちまったぜ

着物は今は亡き川越の栄屋さんにて1000円の銘仙。赤紫色の銀杏がぎっしり。

帯は去年、小風呂敷から自作した銀杏柄作り帯。…こっちも銀杏がぎっしり。

なのですっごく息苦しくてうるさいコーデかと思ったら、ぎりぎり柄の大きさと雰囲気が違うせいか何とか馴染んでくれたのでございました。

白飛びして見えにくいですが、半衿はひめ吉さんちの銀杏と紅葉柄~

銀杏コーデなのに銀杏な黄色があまり無いので(笑)帯揚げはからし色。

帯締めはどっかの骨董市で確か300円くらいだった着物と同じカラーのもの~


で、この着物、この色のせいで一見銀杏に見えなかったりもするのだが

案の定きものモダニズム展では『あら~、紅葉の着物なのね~』とどこかのおばさまに声を掛けられたのだった…

―――――銀杏です、奥さんっ


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


     >
2015-12-13

菊コーデで湯島天神の菊祭りへ。

――――――すみませんねえ。このようにクリスマスまでは秋の名残りのお出かけ記事が出てきますのよ
例によって1ヶ月くらい前のお出かけでごわす


菊コーデなので、菊祭りのようなとこで撮るべしとか思いつつ、一向に気温が下がらぬ日々だったためすっかりダレてしまい、気が付けばあちこちの菊祭りはほぼ終わっていた…

湯島天神はその中でもまだ開催中だったのさ。―――目的地が湯島天神に決定したのはただそれだけの理由なり。



もちろん小僧にとっては面白くもなんともなく、そして買い物も期待できぬ地故、このようにモーターショーの時とうって変わってイヤイヤ感を全身からみなぎらせております。…パンツまで出ている…





湯島天神と云うと云わずと知れた合格祈願の神社。そして『湯島の白梅』で梅が有名ですが、このように菊祭りもかなり盛大でした。…一番目立つ場所に『東京ドーム』から寄進?の菊があったりとか。



…菊人形…大河モチーフなのですが、ネームプレートが無いと誰だかわかりません。




―――――絶好調に似ておりません(爆)あ、でも菊人形を仕立ててるとこって毎年大河がテーマだったりするので人形本体を使い回すには『誰にも似せてはならない』のかも知れないな。…誰か毎年菊祭りを定点観測してないかしら。何年遡っても同じ人形使われてたら楽しい(笑)



明らかに受験生風味な方々が合格祈願の絵馬を奉納されておりました。…この膨れ上がった絵馬の数はどうよ(笑)




糸菊系な方々と撮れて満足でございます。…そしてこれさえ撮れればもう、この地に用はないのでございます…例の如く滞在時間が20分…あ、でも一般の参拝客だってそれくらいだよね、滞在時間なんてさ。



不忍池が近かったのでどんなもんか見に行ってみたらば、このような枯れ蓮池。…って、『不忍池の蓮の葉っぱは超でかい』って話、本当だったのね



わかりにくいけど、使ったかんざしと櫛にも菊の柄が入っております~


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

     >



2015-12-11

Merry Christmas!



   


ご訪問ありがとうございます。よろしければコメント等を残していってくださいませ



2015-12-10

紅葉コーデ・2015。その2

―――――実は今年の紅葉コーデはその1だけで終わる予定だったのですわ。…まさか撮り終わった後に骨董アンティークフェアで紅葉柄の着物を手に入れられるとは思わなかったので。

なので急遽その2コーデもスタンバイ。…そしたらば『…それは、その1コーデがあまりにも気の毒ではないか…』な仕上がりになったのでした。









着物は先日の骨董アンティークフェアにて『アンティーク・ジョン』さんで3000円で購入。…この着物アンティークなのに裄が65、着丈153㎝もあるんですのよ、まあびっくり。

ただし画像では分からないけどかなりあちこちにシミがあり。それさえなければすっごい掘り出し物
な大人な感じの艶っぽい着物です。

帯はその1コーデからの使い回し。これまた骨董アンティークフェアで500円だった紅葉柄帯。

半衿はひめ吉さんちの色変わり紅葉、和菓子みたいで美味しそうな色味の帯留めもひめ吉さんのもの~

帯揚げも先日のコーデからの使い回しの一杯のかけそば帯揚げ。……あちこちからの使い回し多いですが、それが急遽考えたコーデの証拠。


――――――そしてその1コーデの時は緑の葉っぱばかりで微妙過ぎた紅葉スポットに再びこのコーデ出向いたのでございます。……そしたら見事な色付き方に変貌を遂げていた(笑)同じ場所とも思えぬくらい。

てな訳で、あまりにもその対比っぷりが凄過ぎるので、今年の紅葉コーデの着姿は2つまとめて一挙に公開しますですよ。コーデだけでなく着姿までもがとことん哀れでうらぶれているその1コーデに涙してくださいませ…



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

     >


2015-12-09

紅葉コーデ・2015。その1

――――――はい、もう世間はクリスマスなのでね。今更秋風味なコーデをアップしている場合でもないのだが今年は本当に紅葉の色付きが遅くって遅くって、今が見頃なんですのよ、こちらは~

ちゅーわけで、紅葉とか銀杏とか菊とかの秋アイテムが出し終わったらクリスマスになってる、と思われる。

でも考えたら12月のコーデってクリスマス以外には特にない(笑)ので間を持たすにはちょうど良かったかもしれん。


さて、紅葉コーデその1。

…当初、『このコーデで六本木で開催中の銘仙展、行って来ようかな―』とか思っていたので銘仙コーデです。







……ワタクシの手持ちの銘仙の紅葉柄はそこはかとなくうらぶれ感が漂うものばかりなので、それらが結集するとこのように実にパッとしないのです。

―――――しかしこれほどまでにパッとしないとは思わなんだ

着物は原宿の『シカゴ』さんで1000円。



…ええ、紅葉がいっぱいなのですが、このくすみ感がパッとしない原因。…たとえ見た目がパッとせずとも着ると案外普通ってパターンが多いですが、この着物に関しては見た目通りのどんより感でございましたよ

羽織は浦和の骨董市で2000円。

帯は骨董アンティークフェアで500円。

押し絵細工の紅葉の帯留めはその昔、今は亡き『キンカ堂』にてパーツで売っていたもの。

半衿は紅葉柄の端切れ。

帯飾りのようにしてますが、つまみ細工の紅葉は使ったかんざし。



結局このコーデで銘仙の展示『きものモダニズム』には行きませんでした…そして『せめて紅葉と一緒に撮れば何とかなるのでは…』と紅葉スポットにこれ着て出かけてみたら、まだまだ緑の葉ばかりで大変微妙なコーデが更にうらぶれたのだった…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


     >

2015-12-08

コミケ(笑)以外で初めて東京ビッグサイトに行っちまったよ、な東京モーターショー・2015。…ええ、着物記事なんですよ、これでも…

――――――んまあ、もう1ヶ月以上平気で経ってましたわ。そしてお出かけ記事は既に山のように溜まっており、クリスマスコーデが来年1月半ばのアップになったらどうしよう

そんな若干今更感のある記事な上に、内容は着物好きにはほぼどうでもいいような東京モーターショー(笑)

話は2年前に遡る。

当時2歳児であった小僧であるが、既にその時から『愛読書は絵本ではなく車雑誌』であった。…中古車雑誌をずーっとめくってるんですぜ。そしてその手つきが帳面を素早くめくる番頭のような素晴らしさだったため、実家の親は『手先が器用』と褒め称えていた。……今現在はむしろ不器用の範疇に入るのだがな

そして東京モーターショーなるものは2年に1回の開催。

他にもっと覚えるべき言語があるというのにいち早く『とうきょうもーたーしょー』という単語を発していた小僧。

しかし2歳児連れでの混雑する場所は絶対にごめんだったので『2年後にまだ車が好きであれば』と夫は言った。

―――――そして2年後。まだまだ車が好き、というかミニカーが欲しいというコレクター気質に特化された小僧。

youtubeでミニカーばっかりアップしている動画を見ているが、その中から早速東京モーターショー限定トミカの情報を仕入れ『東京モーターショー…』とブツブツ言っていた。

しかしモーターショーってところは入場料、大人一人1600円も取りやがるんでございます。毎回通っている方にはそれが当たり前なのでしょうが、一切車に興味が無くただ付き合いのために行く者からすれば『…そうですか。自分とこの車を見て貰ってゆくゆくは買って頂くための展示会なのにその大事なお客様からお金を取るんですか。むしろ見に来て頂いてありがとうございます、と手土産を渡すべきではないのか。そんなことしているから車屋の冬の時代があったのではないのですか。』とおだん様が入るワタクシ。

…しかしあっしのような意見も少数ではなかったようで、今回から『夕方4時以降は700円』という入場料設定ができたのでございます。

決してタダではないが、それでも1600円×2と比べれば格段にディスカウントなのでございます。これならばまあ、行ってもよかろう。

着物に着替えて、休日でゴロゴロ床に転がっていた夫と小僧に『さて、モーターショーに行くか』と告げたところ小僧は狂喜し夫は驚愕した。…2年前の自分の発言をすっかり忘れていたようだ。

で、着て行った着物のコーデ。






もちろんあっしは車好きではないので、いっさい車にちなんでおりません。結局猫アイテムが増えたのであえて云うなら猫コーデと云うべきであろうか。



夕方4時以降に入らねばならないのでこんな薄暗い夕方。んがかなりこの時間からの入場者も多く、アフター4導入はまずまず成功だったのではなかろうか。…どうでもいいが、なぜ小僧はこのようなポーズで記念写真を撮るのだろう…

会場は東京ビッグサイト。―――――ワタクシ、この場所にはコミケでしか来たことございませんわ(爆)だから第一印象としては『ああ、モーターショーって人が少ないっ』と思った。



コミケを知る方はわかってもらえると思うがこのように連絡通路が空いてるんですよ
…コミケの時はここには人がぎっしりで酸欠になりそうなくらい空気が悪い…

小僧のお目当てはひたすら限定トミカなので販売ブースに向かう。



んが狙っていた限定トミカはとっくに売り切れ…



非売品ではあるがこんな変なトミカも展示。




特に車好きでもないのでこれ以降、私はイベントコンパニオンのお姉ちゃんを狙うことにする(笑)



モーターショーのイメージとしてはやっぱり『露出の高いコンパニオン』というイメージしかなかったのだが、案外露出高め衣装の人は少なく、それゆえそのような衣装のお姉ちゃんが出てくるともうカメラ小僧による大撮影大会(笑)



タンタンさんの喜びそうないっぱいアタッチメントのくっ付いたトラックのような重機のような奴があったので撮ったらば、そこに着物の人

…あたしゃ、モーターショーに着物で来るような物好きはあっしだけかと思っていたよ。しかもこの方『昭和のダサンブル(なな吉さん命名)』をお召しでしたが、ワタクシ、しばらくこれが着物とは気が付きませんでした。

そうか昭和のださウールとかダサンブルは色柄によっては洋服の中に埋没し、変に悪目立ちしない特性があるのでございますね。

ワタクシ、特に着物イベントでもないようなイベントで見かける着物姿の大半はこのようなウールなのでございます。

そしてその方々を見るにつけ『ウール…やっぱり捨てたもんじゃないよねえ』と思う。自分が着るとなると躊躇しても、人様が着ている姿を見ると『あら、案外素敵』と思うのです(笑)



あっしの愛車は2年後に買い換え予定ですが、今度の車はこれにせよ、と小僧の仰せ。



去年1年間小僧が現を抜かし、そしてとうとう飽きたスズキ『ハスラー』。…あっしの好きなピンク色(笑)まであるのに黄色が無いのはおかしい、絶対にそのうちに黄色が出るはずだと言い続けていたのだが、遂に登場。『ほら出たっ
』と叫ぶワタクシに、喜びのあまり変なポーズで記念撮影をする小僧…



会場内で一番試乗(ただ座って写真撮るだけ)待ち列が長かった車。

意図して黄色の車ばかりを撮ったのではなく、今回各社の目玉的な商品には黄色が多かったのさ。



会場内に居たことを証明する唯一の画像。



さすがに金かかってるので会場の逆ピラミッドな壁面にはプロジェクション・マッピング。…ああ何もかもコミケと違う(笑)


帰り際、外で異様に長いフライドポテトを喰っておったらば、40代以降と思われるおっさん3人組がデジカメモニター覗きこみ、『お前、両手に花じゃねえかよ~』とか言いつつ鼻を伸ばしてニヤニヤしておられました。

――――――やっぱりこれこそが今も昔も変わらぬモーターショーの楽しみ方というものであろう(笑)


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2015-12-06

シックな『大人アンティーク』な着物&派手派手麻の葉絞り羽織で秋コーデ。…もう冬だけど…

―――――――先日の『骨董アンティークフェア』に着て行ったコーデでございます。



…重症の口内炎の持病があるのに変わらず喰い続け、冬に備えて丸々とお太りあそばされているおだん様が真理を説かれておりますが。

ええ、前回の骨董アンティークフェアで3000円で購入したこの着物を着て行きたかったのです。…地産地消の着物ブログを目指しているので(笑)

この着物、色柄が大変に大人なのでコーデ次第でかなり長く着られる逸品でございますゆえ、今回は『賞味期限が近いコーデ』を考えた次第。









柄の紫の色に合わせて紫系の羽織とか帯を合わせましたらね、もう本当に大人で大人で…
ハマりすぎるくらいでしたのであえてこのように補色の黄色系を合わせましたさ。

羽織は今は亡き川越の『栄屋』さんにて1000円。存在感が大なので割と合わせやすい羽織ではあるんだが、傷みっぷりも相当で若干着用に躊躇。



こーんな風に裂けてるとこが思いっきり目立つ場所だし
…ちなみに『乳』の部分は『裂けて糸状』になったもので構成されているんでございますよ(笑)んが3本の矢ならぬ数十本(数百本??)の糸で構成されてるのでぶっちぎれないだろうと思ってそのまま…

この着物は菊と紅葉の柄が目立つので、帯は菊柄刺繍帯。『ICHIROYA』さんにて素材用で買ったので安かったが汚い代物(笑)

半衿はひめ吉さんちの色変わり紅葉刺繍半衿。

所々に赤を効かせたコーデでございます。

赤の帯揚げは元々兵児帯だったもの。3分割してあっしと赤唐辛子さんとなっちさんで分け合った。一杯のかけそば帯揚げ。

羽織紐はくろりんさんからの頂きもの。…このスモーキーな紫系のビーズが色んなコーデに合うもので、毎年羽織の時期にはヘビロテです。くろりんさん、改めてありがとうございまーす

さて、帰宅後気が付いた衝撃の事実であるのだが。



このように振り部分が見事に縫われておりませなんだ
…ちょっとほつれてる、とかなら発見しやすいのだがここまで見事に堂々と縫われていないと逆に見落とすわ
ちゅーか、どんだけ着る前にチェックをしないんだ、って話ですわな。

しかし色の派手さに目を奪われて細部にまであまり人目が届かなかったのが不幸中の幸いかと。


この恰好でこの着物を買わせて頂いた『アンティーク・ジョン』さんに伺ったら、ちゃんとこの着物のことは覚えておられて喜んでくださいましたよ~

…そしてこの恰好で小僧のお迎えに行ったらば、なぜか女児には『かわいい~』とウケ、男児は『なんでそれ着てるの?』を連呼し、小僧は『また一人でどっかに行ったね…』という微妙な顔をしたのだった。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

     >



2015-12-03

『骨董アンティークフェア』2015.冬の戦利品♪

―――――――ヤフオク等で着物類をかなり処分した後に、このような催事に行ってはいけません。

……空いたスペースにそっくりそのままぶち込めるだけの量の買い物をしてしまうからさ……

てな訳で元の木阿弥。おほほほほ。

さて、先日のさいたまスーパーアリーナの『骨董アンティークフェア』でのお買い物紹介。



…ワタクシ、ギンガムの大きさこそ違えど赤ギンガムチェックに紗綾型が縞のように入ってる変な(笑)銘仙をヤフオクで処分したばっかりなんですよ。あ、1円で落札されました(笑)んが、落札者はうちのブログをご覧になってくだすっている方でとても喜んで頂けたので、よかった、よかった。

で、この着物ってばその銘仙と基本的なデザインが同じ…グレー部分が紗綾型じゃないだけで。

なんでしょうねえ、このようなデザインは1枚は所持していろってことなのでしょうか。

ちなみに『天下人』いうお店で350円でございました。…1枚350円、3枚で1000円でしたが、欲しいものはこれしかなかったのさ。



田中翼さんのお店『wing』さんでのお買い物。500円均一の山で先にこの2枚を持っていたおばさまが山に戻した隙に掻っ攫った。

薬玉柄は赤地は若過ぎるか
とは思ったものの、江戸小紋みたいに白の点描びっしりで、遠目には赤赤しさがそれほどございません。きっと着てみたら思ったよりも地味、ってレベルかと思いますぞよ。

唐草びっしりの地に矢羽根の着物は大人アンティークって感じでございます。羽織で遊べそうで楽しみ~



『アンティーク・ジョン』さんでのお買い物。もう数年、このお店を楽しみにしております。毎回素敵な染めを持ってきてくれるので。

で、今回は3000円コーナーで3枚!も買いましたよ(笑)

萌黄色の羽織は桜の柄が大きく入ってるし、色的に春向きなので桜コーデで使えそうです。

真ん中のものは『あ、正月!!』と思った、これでもかってくらいにおめでたい柄。…せっかくだから竹の柄も入ってりゃよかったのに~…帯とか羽織を竹柄にして『松竹梅』コーデでも致しましょう、正月に。

そして、数年間ずーっと探していた『アンティークの綺麗な紅葉柄』着物、やっと出会いました~

当初は派手な紅葉柄を探しておりましたが、見つからぬうちに年を重ねてだんだんシックなものを好むようになってきたのでちょうどよかった(笑)

このタケコプターみたいな種もちゃんと描かれているのがポイント

…今年の紅葉は色付きが遅くってまだまだ紅葉コーデもイケるので、さっそく着てしまおうかしら。


今回のお買いもの合計は6枚。…6枚というとそれほど多くはないようですが、それでも大きなレジ袋2つ分になりましてよ


――――ええ、再び買い物は自粛しますが、地道に処分し続けてスペースがまた空いた頃には次回、6月の骨董アンティークフェアがあるのでございます…賽ノ河原状態です。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ