FC2ブログ
2015-11-27

菊コーデ、2015。

――――――今年はなんだか暖か過ぎる秋なので油断していたら、もう菊とか紅葉とか銀杏とかのシーズンも終わるではござらぬか。

…焦って先週紅葉コーデで出かけてみたら『今年は暖かいので見頃は来週ですかねー…』とのことであったが…

で、菊祭りもほぼ全国的に終わったであろう頃に今年の菊コーデのアップでございますよ。









実家近くの激安着物店で500円だった、糸菊と梅の柄のアンティーク。…これを手に入れた当時はまだまだシミや汚れに対し臆するあっしでございましたので『うーん、ちょっと目立つシミがあるなあ…でも一応買っておこう、安いから』となかなか消極的な購入姿勢であったのですが、それからあっという間にシミも汚れも気にしない人間へと生まれ変わり、今となっては『ああ、この色柄で500円は安かったなあ、サイズも大きいし
』と思うように。

人の幸せ不幸せはひとえに気の持ちようでどうにでも変わる、という一例でございましょう。

で、菊という柄は割と大人っぽいとでもいいましょうか、いい年ぶっこいた女が着ても違和感のないものが多いのですが、特にこの糸菊は色っぽいというのか艶っぽいというのかそんな雰囲気があるので、他の方がお召しになっている姿を拝見しても『40代以降でも似合う花柄』のような気がしますですよ。

…逆に若いお嬢さんが着るとちょっと色っぽ過ぎる感じがしますわ。なぜか糸菊の柄はそのような色っぽさを感じる着物の地色とかだったりするもんだから。糸菊柄の浴衣なんて本当に色っぽい風情のものばっかりなのよ~

帯は浦和の骨董市で1000円だった糸菊、ではないと思うが中途半端に長い花びらの菊(笑)

この帯、手先が全く取れないくらいに短い帯だったので、とうとうぶった切られてそのまんまの『人でなし帯』となって締めやすくなりました。

半衿は、振袖用の超豪華な刺繍もの。松竹梅でおめでたい柄入ってますが、メインがこのような紅白の菊なので秋以外ではなんとなく使えない…(笑)

この半衿手に入れてからずーっとこの着物に合わせたかったのでようやくコーデが実現。

帯揚げも一応むじな菊の柄。…ワタクシの不倶戴天の敵の綸子のつるつる帯揚げ…
去年のひど過ぎる帯揚げ姿も記憶に新しい。

しかし今年は崩れにくい帯揚げの結び方をマスターしましたので、果たしてこの不倶戴天の敵帯揚げとの勝負や如何に
であったのだが、崩れにくい帯揚げ結びが勝利
…遂にこの不倶戴天の敵を撃ち滅ぼしたのでございます。――――ああ、ありがとう。崩れにくい帯揚げ結びを解説してくれた本。←未だにどの本に載っていたのかわからない。

帯締めはあれこれひっくり返したら底の方から出てきた、ozawamiさんから頂いた矢羽根柄の古布で出来た丸ぐけ。ozawamiさんお手製。

頂いておきながらすっかり忘れており、このコーデの色にも合ったので使わせて頂きましたさ。…今年の11月はozawami月間と化しております(笑)


このコーデで一応ぎりぎりで間に合った菊祭りに行ってるのでございます。…お出かけ記事が常に遅れ気味なので多分その模様は来週以降にアップされるかと思われます…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ