FC2ブログ
2015-11-20

『ゆるゆるかたかた』展@下北沢に行ったっす。たまさん&タンタンさんと共に…

―――――あらま、気が付いたら3週間近く経っているわ。…たまさんがこの日の記事をアップし終わってしまったら、なんだかあっしもアップしたような気になってしまっていた


…年1回のたまさん&タンタンさん&あっしの逢瀬の記録である。


―――――ちゅーか、たまさんとあっしは東京と埼玉に住んでいるわけだし会おうと思えばいつでも会えるんだが、お互い段取りが面倒くせえ、という理由で超多忙なタンタンさんに伝書鳩のような役目を押し付け、更にタンタンさんを多忙にさせているのでございます。

で、なぜか年1回の逢瀬は秋。…寒くもなく暑くもない時でないとたまさんが稼働不能になるから(笑)

しかしながら小僧を抱えるあっしの都合を最優先してくれるので、『日にち、行きたい場所はまかせます』とのことであったのだが。

候補で上げられた日程の期間中には下北沢にてozawamiさんの個展『ゆるゆるかたかた』が開催中となっており、『うーん、ozawamiさんにもしばらくお会いしてないしなあ。んが、他のお二人は興味なかったらわざわざお連れしても気の毒だしなあ。んが下北沢が会場だからひなこさんのバイト先の着物屋さんもあるしなあ。さて、どうしよう…』と悩んでおりましたところ、タンタンさんよりメール。

『さて、今度の逢瀬はどこに致しましょう?私はozawamiさんの個展で型染め体験をたまさんとすることになっております~

――――――なんですと

…タンタンさん、あーたいつの間にozawamiさんとお近付きに
さすがステルス、隠密行動でどこへでも潜入しておりozawamiさんの作品も個展の開催も既にご存じであったようだ。

てな訳で『はいはいはいっあっしもその日に下北沢に行くざます
逢瀬は個展に決定で』と返したところ。

『たまさんのリクエストはひなこさんのバイト先の着物屋さんにも行きたい、だそうですわ。働いてるひなこさんが見たいんですって~』と、タンタンさん。

――――――なんですと

…あっしが電波系の人ならば『ぎゃーっ
あたしの頭の中を覗かないでっ見ないで~
』と絶叫しそうなほどの見事な一致ではござらぬか。

なんつーかO・ヘンリーの『賢者のおくりもの』に匹敵するような素晴らしさ。←意味不明

かくして今年の逢瀬は『下北沢でozawamiさんの個展&ひなこさんの働く着物屋さんツアー』に決定。

心配事と云えば、お天気。

雨だったら着物着ませんよ宣言はお二人から出されていたが、数日前からたまさんの足が若干おかしく歩行困難気味とのことで雨だろうが晴れだろうが着物は着ませんよ、とのこと。

予報では1週間前では曇り。その後、日が近付くにつれ曇りのち雨予報に変わり、とうとう雨予報に変わり、前日に至っては遂に横殴りの大雨予報にまで発展したのだった。

まあ、あっしが用意していた着物コーデが天気がどうであろうとポリだったので、別に雨でも問題はないのだが、あっしだけ着物になる可能性大。

『…ははは、今日はこんなに穏やかに晴れてるのに、本当に明日横殴りの大雨になるの~
』と前日にいい気になって予報が外れるとか思っていたところ。

――――――深夜から雨が降り出しやがりましてね。気象予報士も伊達ではない。

小僧を幼稚園にぶち込みに行った際にもいよいよもって雨は本降り&風も出てきた。

支度をして出かけた途端に更に雨は調子に乗り、横殴りの雨登場。

……パーキングから駅まで歩く5分くらいの間が最も横殴りの雨のピークでございましたのよ、奥さん
ええ、きっとタンタンさんを伝書鳩にこき使っている罰があたったのでありましょう。

『ははははは、ポリだから濡れても平気だもんね。しかも濡れてるからポリの弱点静電気も起きなくていいんだもんね、あははははは』と駅に向かう時点で既に壊れていたワタクシであった。

何しろ横殴りの雨の中着物ってだけではなく、皆さまへのお土産&柿4個、というかさばるうえに微妙に重い荷物まで持って歩いているのでございます。壊れないはずがない。

一番難儀な駅への道も何とか終え、あとはもう車窓の人。

……下北沢に近付くにつれどんどん雨足が弱まり、現地に着いたら傘が必要ないくらいの少しの雨になっておりました……あああああ、こうなると傘が邪魔っ

初めて足を踏み入れた下北沢という地は入り組んだ細い路地にいきなり小洒落た店が密集しているという、地図がなきゃ、いや地図があっても迷うだろう…な感じ。



ozawamiさんから頂いた個展案内はがき裏の地図を必死に見ながら会場を探すも、『あとちょっとのところで迷う』という事態に。

ウロウロと行きつ戻りつしつつ『本当に…こんな奥まった住宅街にギャラリーみたいなのがあるの

』と思いつつフラフラしていると背後から『あすかさ~ん
』と呼ばれる。タンタン氏なり。もちろん洋服…

まさかこんなところに、ってな場所にギャラリーは存在しており、型染め体験があったので先に来ていたたまさん&タンタンさんであった。――――もちろんこの二人もここへの道を迷っている(笑)



大雨だったもんだから、たまさんももちろんだがozawamiさんも洋服さ。

…洋服姿、公開しちまったよたまさん。ちなみにこのカーキ色の割烹着、あまりにこの日のアーミーなカネコ服とテイストが似ていたものだから『家から着て来たのか』と暴言を吐くワタクシ。実際は借りたもの。



あっしは時間が読めないので型染め体験は申し込まなかったのだが、お二人はあっしが到着までにほぼ完成。

たまさんの型染め半衿の記事はこちら




お二人が型染めの最終仕上げの説明を聞いている間にギャラリー内をうろうろ。



型染め帯『ヒエログリフ』内に猫発見。なんでも、ちゃんとヒエログリフでozawamiさんちの歴代の猫全てのお名前が入ってるそうですわ~
…ヒエログリフが読める方だけがニヤニヤできるというシステム。



既にどなたかが柿の差し入れを置いて行った様子、のところにさりげなくもう1個持参した柿を追加しておく(爆)



皆さんと一緒に撮影。…んが、洋服姿を晒すにはしのびないのでトリミング施しましたよ、せめて集合写真の時くらいは(笑)

そして色々とお話したあとに帰り仕度モード中、なにやらタンタンさんとひそひそ話をしていたたまさんがおずおずと『…あの~後学のためにお伺いしたいのですが、この帯いかほどで~…』と。

で、予想外の金額に狂喜乱舞したたまさんがその帯、お買い上げ(爆)その記事はこちら



『あら、買っちゃったわどうしましょう』『うふふふふ』『うへへへへへ』と何やら壊れ笑いをする3人。…あああ、洋服姿のタンタンさんを公開するのは気が引けたのだが、この楽しい画像は捨てがたかったのさ~すまぬ。

背後に陳列されてる青のイカット織りの生地使った帯は『あら、これはあすかが好きそうよ』とozawamiさんに云われたのだが『あー、これ。20年くらい前にバリ行った時同じようなもん買って、今本棚カバーになってる…』と暴言を吐く。


しかも歴代の黒猫のお気に入りの寝場所と化している。…おだん様は昇らない。


さて、個展をお暇して向かうはあっしの愛する『サイゼリア』(爆)――――雨もすっかりやんでおり、無駄に傘が邪魔…

                              後編へと続く。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ