FC2ブログ
2015-11-30

1年寝かせてよかったぜ…『奇跡の再会!!』かと思いきや、一転…の矢羽根の刺繍帯のお話。

――――――常に記事が遅れ気味のワタクシでございますが、1年寝かせた記事なのでございます、今回のは。

そして1年寝かせたおかげで当初の感動巨編の予定から一転、トホホなどっちらけなオチへと…ええ1年寝かせた甲斐があったというものでございましょう。せせら嗤って頂いてナンボのワタクシでございますれば。



ここにアンティークの矢羽根の刺繍帯あり。7~8年前にヤフオクで確か3600円だったか。

帯幅が狭い上に画像では分かりにくいがお太鼓の刺繍に結構致命的な傷があり、前帯部分の刺繍も解けているというかなりの難アリ品であったのだが、矢羽根の刺繍帯は見逃せず難アリとわかった上で落札。

で、そんな難アリでもお気に入りでそこそこ使っておりまして、それに伴いますます帯は傷んでいったのでございます。

なので『この帯の後継となる、似たような帯ないかな~』と探しておりましたところ、1年前の大江戸骨董市にてtentoさんのお店で発見したのでございます。

『あ!これは本当によく似てる~こりゃラッキー
』と大喜びして購入。家で並べてみたらば。

―――――そこには『よく似てる』以上の光景が広がったのでございました。



…上が1年前にtentoさんとこで購入の矢羽根帯。下が手持ちの矢羽根帯。……刺繍の色こそ違えど、ほぼデザインが同じでんがな



お太鼓を並べてみると、花を付け足したり、紐を付け足したりしているものの基本的デザインは同じ。



前帯部分も基本的部分は同じ…ちなみに1年前購入の帯は刺繍部分が増えて一見豪華ですが、刺繍の腕や糸の質は手持ち帯の方が上でございました(笑)

しかし後継の、似たような帯を探していた身には似たようなを通り越してほぼ同じなデザインの帯を入手でき『これは奇跡だわっ
』と浮かれ、早速記事にするつもりでなんだかんだと1年経っちまいましてね。

『ああ、そろそろ記事にしてしまわないと~』と焦り始めたとき、その記事を拝見したのです。

透。さんが横浜今昔きもの市での戦利品をアップされておりまして、その記事の中にこの画像があるではありませんか。



――――――――似ているねえ…というかこれもまた『ほぼ同じ』デザインの刺繍帯ではないかい!!

これまた細部は微妙に違うけど、全体としてほぼ同じの帯(笑)

びっくりしたあっしは透。さんにコメントを入れましたところ『以前にも花の部分が違うだけでほぼ同じ帯がヤフオクに出てたことが…』とのこと。

『アンティークは1点もの』という謳い文句はあてにはならない、と常々言い放っているワタクシですが、大量生産の銘仙、織りの帯と違って刺繍帯までもがほぼ同じもんが出回っていたとは

これでは『赤黒金の市松の地に狆の帯』を笑えません。←アンティークやリサイクルをよく覗く方なら『ああ、あの帯…』とすぐにわかる、それほどによく出回っている帯。

ああ、1年前に購入してすぐに『奇跡の帯!!』とか言って浮かれて記事にしなくてよかったですわ~まさか1年後にこのようなオチがあろうとは。まあブログネタとしてはとても美味しいのであるが。

――――しかしなぜにこのようにほぼ同じデザインのものが
しかも刺繍の腕はまちまちなので同じ職人、同じ工房による作とも思えない。

刺繍帯のオーダーなんぞしたことはないのでそのシステムはさだかではないが、『柄見本』みたいな絵柄が各呉服店とかに存在して、それの中から選んで注文するシステムであったのではなかろうか。で、個人個人によって細部の刺繍を付け足したり、好きな糸で刺してもらったりと融通が効いたのではないのか。

…刺繍帯はずーっと1点ものと信じていただけに衝撃が大きかったが、こう考えたら案外お揃い帯は水面下でかなり存在している模様。


かなり昔、付き合いのある着物ブロガーさんの大半がなぜか『赤黒市松のウール』を所持しており、『ぎゃははは、ならばいっそ赤黒市松ウールでオフ会でも』とか盛り上がったものだが、もしかしたらこの矢羽根刺繍帯でも似たような現象が起こるのではないか。

―――――――ええ、お持ちの方は是非こっそりと名乗りを上げてくださいませ(笑)



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



2015-11-27

菊コーデ、2015。

――――――今年はなんだか暖か過ぎる秋なので油断していたら、もう菊とか紅葉とか銀杏とかのシーズンも終わるではござらぬか。

…焦って先週紅葉コーデで出かけてみたら『今年は暖かいので見頃は来週ですかねー…』とのことであったが…

で、菊祭りもほぼ全国的に終わったであろう頃に今年の菊コーデのアップでございますよ。









実家近くの激安着物店で500円だった、糸菊と梅の柄のアンティーク。…これを手に入れた当時はまだまだシミや汚れに対し臆するあっしでございましたので『うーん、ちょっと目立つシミがあるなあ…でも一応買っておこう、安いから』となかなか消極的な購入姿勢であったのですが、それからあっという間にシミも汚れも気にしない人間へと生まれ変わり、今となっては『ああ、この色柄で500円は安かったなあ、サイズも大きいし
』と思うように。

人の幸せ不幸せはひとえに気の持ちようでどうにでも変わる、という一例でございましょう。

で、菊という柄は割と大人っぽいとでもいいましょうか、いい年ぶっこいた女が着ても違和感のないものが多いのですが、特にこの糸菊は色っぽいというのか艶っぽいというのかそんな雰囲気があるので、他の方がお召しになっている姿を拝見しても『40代以降でも似合う花柄』のような気がしますですよ。

…逆に若いお嬢さんが着るとちょっと色っぽ過ぎる感じがしますわ。なぜか糸菊の柄はそのような色っぽさを感じる着物の地色とかだったりするもんだから。糸菊柄の浴衣なんて本当に色っぽい風情のものばっかりなのよ~

帯は浦和の骨董市で1000円だった糸菊、ではないと思うが中途半端に長い花びらの菊(笑)

この帯、手先が全く取れないくらいに短い帯だったので、とうとうぶった切られてそのまんまの『人でなし帯』となって締めやすくなりました。

半衿は、振袖用の超豪華な刺繍もの。松竹梅でおめでたい柄入ってますが、メインがこのような紅白の菊なので秋以外ではなんとなく使えない…(笑)

この半衿手に入れてからずーっとこの着物に合わせたかったのでようやくコーデが実現。

帯揚げも一応むじな菊の柄。…ワタクシの不倶戴天の敵の綸子のつるつる帯揚げ…
去年のひど過ぎる帯揚げ姿も記憶に新しい。

しかし今年は崩れにくい帯揚げの結び方をマスターしましたので、果たしてこの不倶戴天の敵帯揚げとの勝負や如何に
であったのだが、崩れにくい帯揚げ結びが勝利
…遂にこの不倶戴天の敵を撃ち滅ぼしたのでございます。――――ああ、ありがとう。崩れにくい帯揚げ結びを解説してくれた本。←未だにどの本に載っていたのかわからない。

帯締めはあれこれひっくり返したら底の方から出てきた、ozawamiさんから頂いた矢羽根柄の古布で出来た丸ぐけ。ozawamiさんお手製。

頂いておきながらすっかり忘れており、このコーデの色にも合ったので使わせて頂きましたさ。…今年の11月はozawami月間と化しております(笑)


このコーデで一応ぎりぎりで間に合った菊祭りに行ってるのでございます。…お出かけ記事が常に遅れ気味なので多分その模様は来週以降にアップされるかと思われます…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


2015-11-26

『本日の新入りズ』~猫ハウスの正しい使い方~

――――――おだん様がワタクシの顔見ながら口パク鳴き『サイレントミャー(…安心している時に出るらしい)』をされたのですよ、奥さん。

おお、遂におだん様が心を許されたか、と思いきや吐かれました。

…単に気持ち悪くてえずいていたらしい。繊細で大変お気の毒でございます。


さてちょっと久しぶりな『本日の新入りズ』。…もう半年以上経っているのだからいい加減新入り扱いもどうかとは思うが、まあ、初心者マークも1年間は付けねばなりませんし来年3月までは新入り扱いしてやろう(笑)



ある朝、猫部屋を覗きに行ったらばこんな風に猫ハウスがひっくり返っていたのです。

どうせ深夜に2匹(意外にも見てないところではおだん様も密かにはしゃいでおられる。見つかるとバツが悪そうな顔して知らんぷりするが)で遊んで暴れていたのであろう、と戻そうと思ったら、重い。





……中で強引にくつろがれていたおはるちゃんでございました。



それを冷ややかに眺める牢名主テイストなおだん様。

そんなおだん様の耳には今、ハゲがある。



――――――おはるちゃんに正面から猫パンチ喰らったらしい。爪あと&ハゲ。


冬に備え、どんどん巨大肥満化しているおはるちゃんによる下克上ストーリーが着々と進行中の模様。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


 >



2015-11-25

謎の隠れキャラ『冷え対策委員長』も加わり、なんだか慌ただしい@下北沢

―――――うーむ、記事タイトルにキレとコクがございませんわ。申し訳ない。下北沢編の続きでございまする。

ozawamiさんの個展を辞する頃はちょっと遅めのお昼の時間。

あっしが『ドリンクバーのある店ならどこでも…』とリクエストしたところ、たまさんがお持ちのipadにてグーグル先生をお呼び出し。(たまさんはグーグルマップをこのように呼ぶ)



何やら深刻な打ち合わせのようだが、地図上でファミレスを探しているたまさん&ozawamiさん&一緒に個展を開かれていた大坂さん。

……そしてすかさず『サイゼリアがあるっ
』と見つけ出す、サイゼリアを愛するワタクシ(笑)

何やら駅の付近にあるらしく、駅の付近にはひなこさんのお勤めの着物屋さん『きもの長谷川』もある。

とりあえず駅方向へと移動して行くあっし&たまさん&タンタンさん。

――――――久々に会えて楽しかったぞよ、また会う日までさらばじゃozawamiさん



駅に向かう途中の細い路地でよさげな雰囲気の場所を見つけたのでたまさんに撮ってもらった図。あ、この菊の髪飾りもozawamiさんからの頂きものざます。…もちろんご本人はきっちり忘れておりました(笑)

さて、グーグル先生によるとサイゼリアの場所は『きもの長谷川』よりも先にあり、『…んじゃあ、先に着物屋さんに寄ってみようか』と相成る。さて、ひなこさんの出勤日であればよいが。←もちろん前もってご連絡を入れて確認するって真似は致しません(笑)あっしらはいつだって行き当たりばったり。

――――お店には洋服姿のばびこさんがお店番としておられたのだった。

『あー今日はばびこさんの出勤日だったのですね。実はひなこさんの労働姿を見たいとの御仁がおられまして…』と来訪理由を伝えると、なんと『あ、あとから来ます』とのこと!!

通常お店は一人体制なので、平日に二人でお店番は珍しいことなのです。その珍しい日に当たったのでございます。

じゃあひなこさんが到着するまであっしらは昼飯食ってきまーす、と長谷川さんを後にする。


……なんつーか、下北沢の駅付近のサイゼリアは場末感漂う若干薄汚れたビルの地下にあり、立派な郊外店ばかり見ている身には微妙であった(笑)

そして中はお洒落な若者がぎっしりひしめいていて、隣のテーブルの男女混合チームは試験勉強していたようでその隣であっしらうるさいおばさん3人がぎゃあぎゃあと話し込み、大変迷惑そうであった。…すまないねえ。

さて。

実は前もって『参加者が増えます』とのことだったのだ。このツアーは。

その追加メンバーはたまさんの義妹(たまさんの夫・じゃあっくま氏の妹君)さん。

たまさんの義妹さんと云えばたまさんの記事にはたびたび登場するお方ですが、ご本人はコメント等で乱入するわけでもなくただ一方的にたまさんに書かれるというお人。

で、たまさんの記事からの事前情報としては『棒のように痩せている』『ここぞという時に足を引っ張って邪魔してくる夫がいる』『しっかり者』といういいんだか悪いんだかよくわからない情報(笑)

ワタクシ、数年前にたまさん経由で義妹さんから立派なアンティークの刺繍帯を頂いたことがございます。あ、でも今回それすっかり忘れてました。改めてここで御礼申し上げます。

その義妹さんとはサイゼリアにて合流予定。

『…あの女のことだから、きっと何か買いこんで持ってくるつもりだろうよ』とたまさんが予言したとおりに、何か買いこんで、義妹さん登場

なんつーか、非常に安定感と安心感のあるNHKのベテランアナウンサーの様な語り口調の義妹さんは大層『冷え』を憎んでおられ『私、あすかさんを是非暖めて差し上げたくて…』と冷え対策グッズを大量に持参されたのだった…



頂いた大量の冷え対策グッズ(笑)…なんでも義妹さんは高齢出産後から数年後、原因不明の不調に見舞われ漢方医に辿り着いたところ『冷え』が原因と宣告。以来、冷えを憎む『冷え対策委員長』として会う人会う人に冷え対策グッズを配って回るようになったようだ(笑)

義妹さんから冷え対策グッズを頂いた人間は、体調不良になると『さては冷え対策を怠ったわね』と責められますのでご注意を(爆)

あ、この記事書きながらもこのレッグウォーマー愛用しております。暖かいです。



今は亡きお嬢に激似の付箋も頂きましただ。…まだ存命中に見つけておいてくれたそうですが、私の手に渡る頃にはお嬢も他界してしまった…
うん、これはおはるちゃんの顔ではないのよ。おはるちゃんは微妙にデブ子の顔が入っている(笑)



最近冬に向けて肥満まっしぐらでますますデブ子に似て来ているおはるちゃん。



タンタンさんからは相変わらず『…どこで仕入れればこんなに安く…』てなもん満載のお土産が。猫柄の小風呂敷、3枚で58円だったそうですよー

猫缶のふた?と思ったものは『じゃがりこ専用カバー』でしてね。これ使いたいがためにじゃがりこ喰わないのに小僧はじゃがりこ買いたがる。ちなみにカップ仕様でコンビニで売ってるおっとっとにも使えました(笑)



猫柄の布巾は全柄違うという凝り具合。あ、それからクリスマス仕様になってるチョコも頂いたのだった。もちろん速攻で小僧に奪われたので画像が無い。

さて、義妹さんも揃い、あっしも残り時間が少なくなってきたので『きもの長谷川』さんへ。



出勤してきたひなこさんにも会えました
…雨だったのにちゃんと着物。偉いです~



ひなこさん詳細。この縞の着物『…もしかして踊り用??』と聞いたらば『そうなんですよーでも可愛いから着てるんです』と。このように着物のジャンルにとらわれずに自分テイストで着こなすのがひなこさんの凄いとこ
あたしゃ『昭和のださウール』と呼んでいる独特の絣のウールですら、ひなこさんが着こなしているのを見ておったまげましたさ。

…滅多なことでは人を褒めない(笑)たまさんがひなこさんの着用画像を日々楽しみにしているのもうなずける。

その滅多なことでは人を褒めないたまさんに骨格美人(これ、最大の賛辞ですわ。『骨格がダメな奴は上をどんなに盛ったってダメなもんはダメなんだよ』とはたまさんの持論。昨今の土台問題といい含蓄ありますわな)と評されたばびこさんは洋服姿だったのでお写真はお願いせず。

そのばびこさんに対し『以前お会いした時にオタク喋りでびっくりしたので、普通にお店番してて安心しました~』との暴言を吐く(笑)

…いや、以前お会いした時はイベント中だったのでばびこさんが記憶飛ぶほどハイになっておられたそうで、普段はどちらかというとアンニュイは雰囲気な方です。

そう考えると第一印象って後々まで影響残して怖いですな。あっしも気を付けねばを思った次第。

きもの長谷川さんでは義妹さんが探してたサイズ大きめの黒羽織を見つけてゲットされておりました。


そしてここでタイムアウト。皆さまと下北沢の駅でお別れでございます~



個展で購入したのは大坂さんの『キシャーっ』猫の柄のかんざし(『猫好きは皆、この柄に反応するんですねー』と仰っていた)。くるみボタンはozawamiさんからお土産で頂いた。

――――家に帰ってきたら小僧はナポリタンとそばという炭水化物のみの組み合わせを喰らっていた。



…下北沢に着いた途端に必要なくなった傘は『雨に濡れると猫柄が浮き出る』ものだったのだが、これを見せびらかすことなくただただ邪魔なだけの物体と化していたので、ここで見せびらかすことにする。

                             ● 完 ●
     

いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


  >


2015-11-22

ハロウィンとクリスマスの間の息抜き、な11月の飾り付け。

――――――郵便局に荷物を出しに行ったらば、窓口のお兄ちゃんが伝票をしばし眺めてうろたえながらこうのたまったのですよ、奥さん。

『あの…これ、どういったものなのかよくわからないんですが危険物ではありませんよね。スプレー缶とか…』

伝票には『名古屋帯5本セット』と書いておいたんですがね(笑)

着物に縁のない人あるあるでございます。


さて下北沢記事の途中ですが、予想外に無駄に長い文になりそうだったのでこちらの簡潔な文で済む記事を先にアップすることにしましたわ。…あの手の記事は時間がたっぷりある時くらいしかアップできませんのよ~
おのれ連休

で、ハロウィンのやかましい飾り付けは撤去され、クリスマスの賑々しい飾り付けが始まる前の11月。

今年はこんな感じになっております。





去年、銀杏柄の帯が欲しくて銀杏柄の小風呂敷で作り帯を作った際、予想外に必要枚数が少なくて済み丸々1枚余ったので、そのまま小風呂敷として正しく利用。…ああ、そろそろ銀杏も見頃でしょうかねえ。

紅葉の造花も飾っております。



『やーねーカルテット』の敷き布は100均セリアで手に入れた紅葉と竹の柄の手ぬぐい&ちぃ舎んさんから頂いた濱文様の焼きイモ柄手ぬぐいハンカチ(笑)

紅葉と竹の手ぬぐいだけでは無駄に風流、になるところであったが焼きイモハンカチの参入によりすっとこどっこいな気配が添加され大変にありがたし。



出窓側は相変わらず黒猫ぎっしり確かな満足状態ですが、紅葉の葉っぱを散らして秋風味


……例年11月の飾りつけは地味以外の何物でもない感じなのだが、今年は割と強めの色が揃ったおかげで普通になったようだ。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

2015-11-20

『ゆるゆるかたかた』展@下北沢に行ったっす。たまさん&タンタンさんと共に…

―――――あらま、気が付いたら3週間近く経っているわ。…たまさんがこの日の記事をアップし終わってしまったら、なんだかあっしもアップしたような気になってしまっていた


…年1回のたまさん&タンタンさん&あっしの逢瀬の記録である。


―――――ちゅーか、たまさんとあっしは東京と埼玉に住んでいるわけだし会おうと思えばいつでも会えるんだが、お互い段取りが面倒くせえ、という理由で超多忙なタンタンさんに伝書鳩のような役目を押し付け、更にタンタンさんを多忙にさせているのでございます。

で、なぜか年1回の逢瀬は秋。…寒くもなく暑くもない時でないとたまさんが稼働不能になるから(笑)

しかしながら小僧を抱えるあっしの都合を最優先してくれるので、『日にち、行きたい場所はまかせます』とのことであったのだが。

候補で上げられた日程の期間中には下北沢にてozawamiさんの個展『ゆるゆるかたかた』が開催中となっており、『うーん、ozawamiさんにもしばらくお会いしてないしなあ。んが、他のお二人は興味なかったらわざわざお連れしても気の毒だしなあ。んが下北沢が会場だからひなこさんのバイト先の着物屋さんもあるしなあ。さて、どうしよう…』と悩んでおりましたところ、タンタンさんよりメール。

『さて、今度の逢瀬はどこに致しましょう?私はozawamiさんの個展で型染め体験をたまさんとすることになっております~

――――――なんですと

…タンタンさん、あーたいつの間にozawamiさんとお近付きに
さすがステルス、隠密行動でどこへでも潜入しておりozawamiさんの作品も個展の開催も既にご存じであったようだ。

てな訳で『はいはいはいっあっしもその日に下北沢に行くざます
逢瀬は個展に決定で』と返したところ。

『たまさんのリクエストはひなこさんのバイト先の着物屋さんにも行きたい、だそうですわ。働いてるひなこさんが見たいんですって~』と、タンタンさん。

――――――なんですと

…あっしが電波系の人ならば『ぎゃーっ
あたしの頭の中を覗かないでっ見ないで~
』と絶叫しそうなほどの見事な一致ではござらぬか。

なんつーかO・ヘンリーの『賢者のおくりもの』に匹敵するような素晴らしさ。←意味不明

かくして今年の逢瀬は『下北沢でozawamiさんの個展&ひなこさんの働く着物屋さんツアー』に決定。

心配事と云えば、お天気。

雨だったら着物着ませんよ宣言はお二人から出されていたが、数日前からたまさんの足が若干おかしく歩行困難気味とのことで雨だろうが晴れだろうが着物は着ませんよ、とのこと。

予報では1週間前では曇り。その後、日が近付くにつれ曇りのち雨予報に変わり、とうとう雨予報に変わり、前日に至っては遂に横殴りの大雨予報にまで発展したのだった。

まあ、あっしが用意していた着物コーデが天気がどうであろうとポリだったので、別に雨でも問題はないのだが、あっしだけ着物になる可能性大。

『…ははは、今日はこんなに穏やかに晴れてるのに、本当に明日横殴りの大雨になるの~
』と前日にいい気になって予報が外れるとか思っていたところ。

――――――深夜から雨が降り出しやがりましてね。気象予報士も伊達ではない。

小僧を幼稚園にぶち込みに行った際にもいよいよもって雨は本降り&風も出てきた。

支度をして出かけた途端に更に雨は調子に乗り、横殴りの雨登場。

……パーキングから駅まで歩く5分くらいの間が最も横殴りの雨のピークでございましたのよ、奥さん
ええ、きっとタンタンさんを伝書鳩にこき使っている罰があたったのでありましょう。

『ははははは、ポリだから濡れても平気だもんね。しかも濡れてるからポリの弱点静電気も起きなくていいんだもんね、あははははは』と駅に向かう時点で既に壊れていたワタクシであった。

何しろ横殴りの雨の中着物ってだけではなく、皆さまへのお土産&柿4個、というかさばるうえに微妙に重い荷物まで持って歩いているのでございます。壊れないはずがない。

一番難儀な駅への道も何とか終え、あとはもう車窓の人。

……下北沢に近付くにつれどんどん雨足が弱まり、現地に着いたら傘が必要ないくらいの少しの雨になっておりました……あああああ、こうなると傘が邪魔っ

初めて足を踏み入れた下北沢という地は入り組んだ細い路地にいきなり小洒落た店が密集しているという、地図がなきゃ、いや地図があっても迷うだろう…な感じ。



ozawamiさんから頂いた個展案内はがき裏の地図を必死に見ながら会場を探すも、『あとちょっとのところで迷う』という事態に。

ウロウロと行きつ戻りつしつつ『本当に…こんな奥まった住宅街にギャラリーみたいなのがあるの

』と思いつつフラフラしていると背後から『あすかさ~ん
』と呼ばれる。タンタン氏なり。もちろん洋服…

まさかこんなところに、ってな場所にギャラリーは存在しており、型染め体験があったので先に来ていたたまさん&タンタンさんであった。――――もちろんこの二人もここへの道を迷っている(笑)



大雨だったもんだから、たまさんももちろんだがozawamiさんも洋服さ。

…洋服姿、公開しちまったよたまさん。ちなみにこのカーキ色の割烹着、あまりにこの日のアーミーなカネコ服とテイストが似ていたものだから『家から着て来たのか』と暴言を吐くワタクシ。実際は借りたもの。



あっしは時間が読めないので型染め体験は申し込まなかったのだが、お二人はあっしが到着までにほぼ完成。

たまさんの型染め半衿の記事はこちら




お二人が型染めの最終仕上げの説明を聞いている間にギャラリー内をうろうろ。



型染め帯『ヒエログリフ』内に猫発見。なんでも、ちゃんとヒエログリフでozawamiさんちの歴代の猫全てのお名前が入ってるそうですわ~
…ヒエログリフが読める方だけがニヤニヤできるというシステム。



既にどなたかが柿の差し入れを置いて行った様子、のところにさりげなくもう1個持参した柿を追加しておく(爆)



皆さんと一緒に撮影。…んが、洋服姿を晒すにはしのびないのでトリミング施しましたよ、せめて集合写真の時くらいは(笑)

そして色々とお話したあとに帰り仕度モード中、なにやらタンタンさんとひそひそ話をしていたたまさんがおずおずと『…あの~後学のためにお伺いしたいのですが、この帯いかほどで~…』と。

で、予想外の金額に狂喜乱舞したたまさんがその帯、お買い上げ(爆)その記事はこちら



『あら、買っちゃったわどうしましょう』『うふふふふ』『うへへへへへ』と何やら壊れ笑いをする3人。…あああ、洋服姿のタンタンさんを公開するのは気が引けたのだが、この楽しい画像は捨てがたかったのさ~すまぬ。

背後に陳列されてる青のイカット織りの生地使った帯は『あら、これはあすかが好きそうよ』とozawamiさんに云われたのだが『あー、これ。20年くらい前にバリ行った時同じようなもん買って、今本棚カバーになってる…』と暴言を吐く。


しかも歴代の黒猫のお気に入りの寝場所と化している。…おだん様は昇らない。


さて、個展をお暇して向かうはあっしの愛する『サイゼリア』(爆)――――雨もすっかりやんでおり、無駄に傘が邪魔…

                              後編へと続く。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



2015-11-18

さて、今年のクリスマス柄ニトリ帯(笑)

――――――やっとこさハロウィンネタも終わりましたので、ようやくこの記事に辿り着きましてございます。

もうとっくに10月からニトリにおかれましてはクリスマスものを陳列され、いち早くクリスマス帯を手に入れんがためにニトリへと走られた着物ブロガーさんもそこそこいらっしゃるご様子。

去年から販売し始めたニトリのクリスマス柄テーブルランナー。半幅サイズなので着物ブロガーには『ニトリ帯』として人気を博したものの、あまり商品の在庫数が豊富ではなかったようで手に入れられずに終わった方も続出。

…で、その方々が今年は真っ先に走られて手に入れられたようで、よかった、よかった。

あっしも1ヶ月ほど前に購入したが、ハロウィン記事が終わるまで温存しておこうと思ったらここまでずれ込んだわけさ

てなわけで、今年もニトリ帯販売中。買って来たのはこちら~



―――――もう、半幅サイズテーブルランナー(555円)は1本ずつしか買ってませんよ。…どうせ羽織着ちゃうと見えないんだし、と胴に巻く分だけしか買わなくなった(笑)

ニトリ帯のいいところは色がシックってとこですな。柄は可愛くても色が抑えめなので大人のクリスマス風味。というかテーブルランナーなので別に帯として大人が使えるように考案されてるわけではないんだが。

で、何やら楽しげな柄のランチョンマット(277円)もあったのでこれはお太鼓の作り帯用にとゲット。


例年、ニトリのクリスマスものはこの時期には既にかなり品薄になってくるので、果たしてまだニトリ帯の在庫があるかどうかはわかりませんが興味のある方は是非ニトリへ~



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


  >

2015-11-16

11月も半ばになりましたが、やっとこさハロウィンコーデを着終わりました…(号泣)



―――――ええ、このように顔も生活態度も話題のYahooモバイルCM猫『ふて猫』(…このような顔の猫、どっかに居ないかしら~と見事におだん様を発掘したあっしの慧眼に拍手)よりもふてている、おだん様に責められても文句は言えないのでございます。

…例年ハロウィンコーデをハロウィンまでに着終わらず、11月頭に何とか着て誰にも発見されぬよう庭で撮影、を慣例としておりますのに今年はとうとう11月半ばまでずれ込んだ

それもこれも我が家の前の道でガス管工事が行われていたせいなのです。…交通整理の人が日がな一日立っとるがな

他のコーデならまだ見つかっても無言でやり過ごせますが、とっくに終わったハロウィンのコーデを人目に晒すわけには参らず…貧乏が憎いです←?

しかも今年はコーデが2パターンもあるのが災いした

――――つーわけで、もう一挙に2パターンアップするざますよ。



ハロウィンコーデ、その1。…このように、無駄に顔を作り込まなければならないコーデ(笑)

付けまつ毛ガンガン&化粧濃いめにしたらば高見沢な骨格が強調されて、更に真黒おかっぱのせいか『うーん、スネイプ先生…』ってな感じの顔になっておりました。

顔の骨格が限りなく男顔の方は、化粧をすればするほど迫力のオカマみたいになるので要注意でございます。



ハロウィンコーデ、その2。…もう、毎年恒例となりました。画像だと金髪にしか見えないが実際は明るい茶髪、のぐるぐる頭ヅラ&るん
ポーズ。

毎年この枯れかかった藪風味の庭をいかがなものかと思うものの、それがハロウィンコーデにはマッチするのでございます。


―――――ああ、ヅラの季節になりましたねえ…(笑)

…そう云えばクリスマスコーデはなんとかクリスマスには着ているのにハロウィンコーデはなぜかこのような扱い。

やっぱり真剣味が違うのであろう。

いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


       >




2015-11-13

テーマが謎、な紫地の水玉銘仙&150円のポップな立涌帯コーデ♪

――――――えーっともう1年ほど前になるのかしら。あっしの行きつけのリサイクル店『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で例によって着物半額デーで150円で手に入れた帯がありましてね。

ポップな感じではあるものの『銀杏柄の作り帯の土台に使えそう…』とか思い、素材にするつもりでしたが記事にアップしましたら『この帯、いいです。似たもの探したいです』という方がおられ、『だったら差し上げます、150円ですし(笑)』と人様へとどんぶらこと流れていくこと決定(笑)

んが、『…まあ、ちょっと面白い柄かもしれないので1回コーデして使ってみてから差し上げますね』と言い放って1年…

―――――すみませんねえ
天鼓さん。春からずっとコーデは考えてあったのですが、着たのはつい最近でございます。

で、コーデがこちら。









……ガラガラの印象ばかりが残りがちですが、あっしは基本的にはこのようなポップ系の銘仙が手持ちの6割でございますので、こーゆーコーデはあまり悩みません。というか花柄と違ってむしろ楽。

ただしテーマが謎で『いつでも着れる』ようなコーデ故にここまで着用が遅れた…

骨董アンティークフェアで500円で購入の紫地に水玉の銘仙。

そして紫と相性がいいのが真っ黄色。前述の150円帯でございます。

…しかしこの帯、ご覧のように界切り線?が異様に低い位置にありますのよ~
たまにあります、このような位置にある帯。



かなりポップな感じのコーデなので、半衿は『手に入れたけど、どうやって使ったらいいものか…』と悩み続けた、ひめ吉さんの『アニマル・パラダイス』(笑)

…この半衿、合う着物は持ってるんですが合う帯がないのよ~(笑)アンティークの花柄とか合わないし(爆)

そうか、こーゆー帯に合わせたらいいんですね。



帯留めは羽衣牡丹さんからの頂きものの薔薇と黒猫のレジンの帯留め。…半衿の中に居る唐突にピンクなウサギちゃんと色を合わせてピンク。帯締めにもピンク入ってるもの~

で、テーマとしては謎だがあえて言うなら『アニマル系…?』なこのコーデ。着て行くなら動物園とかがお似合いであろう。

―――――んが、事もあろうにあっしは東京モーターショー(…片田舎で水草狩ってたくせに何を浮かれた場所に、と思われるだろうがトミカ…限定トミカを欲しがる者が我が家にっ&夫が車好き)に着て行った
テーマ違いにも程がある。


…ということで何とか着終わったのでご連絡くださいませ、天鼓さん。お送りしますので~


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

  >

2015-11-12

コスモスコーデで、またしても水草を狩る(笑)

―――――先日のお買いもので『…ああ、本当にヤバいわ。買ってる場合ではないわ。本気でヤフオクに出さねば
』と物凄く焦燥感に駆られ、遂に一念発起。昨日から地道にヤフオクに出し始めましたよ~もう着ないと思われるようなものを。

あ、まだ全然品数少ないので出揃ったら改めて紹介致しますわ。基本的に1円スタートでございます。激安崇拝者のあっしですので、他の方にもできるだけ激安で手に入れて頂きたく(笑)つーかその程度のクオリティのものばかりなんですが

…着てくれそうなお知り合いに差し上げ行脚の旅をしてもいいんだが、そうしますとね、こちらは貰ってくれるだけでもありがたいのに貰ってしまった方の方が恐縮されて色々とお返しをくださいますのよ

『貰ってくれるだけでもありがたいんだ~っ!!』と申しましてもいい大人がやっぱり物貰っておきながら黙ってるってのも気が引けるのでございましょう。てな訳で減ってもまた何かしら物を頂くので結局は変わらないのであった。

――――その点ヤフオクは『欲しい人がそれに見合った金額ぶち込んでゲット』する方式ですので。お互いフェア(笑)と申しますかビジネスライクと申しますか。なんだか余計な気の使い合いをしない分だけヤフオクの方がよろしいかと。

…しかししばらくヤフオク使ってなかったら仕様が変わってて慣れるのに大変でごわす。


さて、今年のコスモスコーデ。例年通ってるコスモス畑でございます。





実はここ、9月の彼岸花コーデで撮影した場所のとなり(笑)…後方に見える土手が彼岸花の咲いていた場所なり。

9月、10月、11月頭まで色々と撮影に使える片田舎(笑)――――そして側溝には金魚用の水草もわんさか生えている。







コーデだけのトルソーでのアップの際には『帯と着物の柄の大きさが同じくらいでガチャガチャとうるさいかな』な感じでございましたが、着てみたらそれほどでもなかったのでした。

んが、それは肉眼で見た時であって、画像となると全体が均一に目に入ってくるのでやっぱり画面上だとうるさいかも~

うーむ、やっぱりこの着物はあっしの守備範囲ではないような気がします。ヤフオクに出しますのでどなたかが着てくださるといいなあ。

―――――で、この恰好でもちろん金魚用の水草は狩っていった。今度はバケツ持参さ(爆)



しかしさすがに用水路の水もほとんど止まっていて、水草狩りも来年の春以降でないとできなさそう。この水草を何とか春まで培養しておけないものかしら…



こうやって飾ってると案外綺麗でかわいい水草。薄曇り程度のこんな光でもちゃんと光合成で酸素の泡を出してるのがラブリーだったりするのだ。

――――――んが、これは飾りではなく水槽投入前の最後の消毒ポイントなので、この後金魚にがっつり喰われる運命にある…



…喰われるとこんな感じ
&チョコエッグの敗北の歴史……マリオはなぜか同じもんばっかり出やがりましたのさ
スターウォーズは今まで一切かぶってないっつーのに。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

      >
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ