FC2ブログ
2015-10-25

究極の進化は退化かも、その名も『人でなし作り帯』。

―――――ワタクシ、着物着始めた当時は名古屋帯をお太鼓結びできませんでしたので。

市販作り帯で糊口をしのいでおりましたが、その後『名古屋帯を3分割して作る作り帯』ってのをどっかの着物本で読みましてね。それ以降どんな帯でもへっちゃらさ、何でもかんでもぶった切ってやる街道まっしぐら。

んが、急速に増え続けた帯の山。それらをぶった切って作り帯にする作業もなかなかに面倒くさく。

――――――…お太鼓結び、マスターした方が早いんじゃね?ということにやっと気が付いたのだった。

で、今現在は、よっぽど汚れがひどくて加工しないとダメとか、よっぽど長さが足りないとかでないとぶった切って作り帯にはしなくなってしまったのだが。

その滅多に作らなくなったぶった切り作り帯の製作方法も、どんどん無駄を省いて『これだけやっておけばとりあえずOK』、レベルにまで簡素化。

進化していったかと思ったら退化していた、自分は作るのも締めるのも楽だが、帯は哀れ以外のなにものでもない、まさに『人でなし作り帯』としか云いようのない代物。

それが今現在のあっしが作る、名古屋帯をぶった切って3分割な作り帯の姿なり。



えーっと、今まではこのように、お太鼓、手先、前帯部分に3分割し、前帯部分の端は斜めに折り込んで紐を付けて縫う、ってな形。



お太鼓の形を作って手先をセットしたものを、前帯巻いてから背負う、というスタイル。

で、これのネックは『前帯が緩みやすい』ってことなんですね。どうしても紐だけで引っ張って締めるので締め具合が甘い。それが徐々に緩んでくる。

んが、ozawamiさん方式の『2部式作り帯』を締めたとき、その前帯の安定感にびっくりしまして。



お太鼓部分、そして前帯+手先の長さの半幅で構成されているもの。



胴に2巻きすると手先部分が余るので、それを折り返して、背負っておいたお太鼓にセットするというスタイル。文章だとわかりにくいか

この方式ですと、前帯は短い半幅と同じなのでしっかり締まるんですね。

ただし短い帯からこのような形の2部式帯を作るには、半幅部分の長さが足りないこともあり、1から作り帯作る分には向いてるけど名古屋帯をぶった切って作るには帯の長さと相談しなければならない



先日頂いた作り帯はそこらへんの改良版。既にお太鼓が形作られていて手先も縫い付けられています。それに半幅状態の前帯。



前帯部分がしっかり締まるのはいいんですが、今度はお太鼓がきっちりこのように作られているのがネックに。

自分好みの大きさのお太鼓になるように解いて調節しなくちゃならないんですね。

で、これらを踏まえて『前帯が緩まず、お太鼓の形や大きさが変えられ、短い帯でも作れ、背負いやすいもの』を追求したらこうなっちまったのさ。



――――――ただ、名古屋帯を3分割しただけ。ホントにこれだけ(笑)



しかも、ただぶった切っただけで端縫いすらしておりません。…どうだ、人でなしだろう(笑)

いえね、この帯去年の秋も深まった時期に何回か使ってるんですが、最初普通に名古屋帯をお太鼓結びにしようと思ったら長さが全然足りず、他の帯を選ぶ時間もなく、もちろんきちんと作り帯にして縫ってる時間もなかったのでとりあえず3分割にして装着したのですが、切りっぱなし部分は締めたら隠れる場所なのでそのまんまでも何ら問題はなかったのだった(笑)

そりゃ毎日のようにヘビロテする帯だったら縫っておかないと危険でしょうが、大概の方はまずそこまで同じ帯を酷使することはなかろうて。

なので、そのままでは締めにくくて持て余し、切っても惜しくもなく、でも締めやすくなってもそれほどは締めねえな、って帯はこんなタダの3分割ぶった切りだけってだけでもちゃんと見てくれは帯になるので、それで充分じゃないかと(笑)



ほーら、ちゃんと帯になっとる(笑)


自分にとって使いやすく作りやすい名古屋帯からの作り帯を追求したら、結局は作り帯作りのスタート地点に戻ってしまった、というお話。

…文明も高度に発達するとその先には崩壊が待っている…そして皆土に還る。

などと壮大な考古学ロマンな頭にもなってみたりもしたのだが、ただの究極の怠惰の結晶である人でなし作り帯と古代文明の隆盛と崩壊を一緒に論ずるたあ、きっとあっしの頭が大量のジャガイモとの闘いで錯乱しているのであろう(笑)


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ